Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

転職時の最終面接の連絡は遅い?不合格連絡はいつくるのか

転職時の最終面接の連絡は遅い?不合格連絡はいつくるのか
転職活動は、今の職場より自分にあった職場を見付けたということです。その企業で、最終面接にこぎつけたのはとてもラッキーな事です。そのような最終面接の連絡はとても気になります。連絡がきたときの対処法など、転職に役立つ話をさせて頂きますので是非参考にしてみて下さい。

初回公開日:2017年9月14日

更新日:2017年9月14日

記事に記載されている内容は2017年9月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


仕事をしながら転職ってどうするの?

有給を活用する

今の職場の有給は残っていますか。辞めてしまうなら、残っている有給は最大限に利用しましょう。なかなかとらせてくれない企業もありますが、有給をとる権利はあるのでしっかり伝えるべきです。

有給を利用してハローワークに通うなど面接を行うなど、転職に有効に使うのが良いです。ハローワークは日曜日にもあいている所もあるので、有給を有効に活用し就職活動をした方がよりスムーズにいくでしょう。

求人誌などもチェックし、電話しやすい平日などは、有給を使って転職活動をしましょう。最終面接の際は、なるべく転職先の日程に合わせておきたい所なので、今の職場を休めるように何日かは余裕をもって残しておきましょう。

インターネットを活用する

近年、とても普及しているのがインターネットを使った転職活動です。たくさんの転職サイトがあるので、無料なものも多いです。とりあえず登録だけしておくのも良いでしょう。いくつか転職サイトを紹介します。

・リクナビnext
国内最大級の求人サイトです。登録していなかったら無料なので、とりあえずこちらに登録しておくべきでしょう。求人を出している企業数も多いです。

・BIZREACH
転職で年収をあげたい人にお勧めの転職サイトです。こちらは現職の給料が年収500万円以上の方限定サイトですので、より良い条件で求人に期待できるといえるでしょう。

・DODA
人材業界国内2位のDODAが運営してる総合転職サイトです。非公開求人が増えてきているので、登録しないと閲覧できない良質な求人が多いといえるでしょう。幅広い分野の求人があるので是非おさえておきたいサイトです。

休日を利用する

現職の休日を利用しましょう。有給申請することなく気を使わずに転職活動できます。企業によれば転職活動を理解してくれ、休みの日に最終面接などを合わせてくれる所もあります。ですが、自分からその旨伝えるのではなく、面接希望日を聞かれたときに、休みの日を希望しておく程度にとどめておくべきです。

ハローワークも自分の住民票がない地域でも、紹介はしてくれるので、休みのときに空いているハローワークを探して、足を運んでみるのも良いです。登録がまだの人は、身分証明書などが必要なので、あらかじめ連絡して何が必要か調べておきましょう。

転職時の最終面接の連絡について

遅いと感じたときは?

最終面接の連絡を待っている間は、たとえ1日でも遅く感じてしまいます。待っている連絡は遅く感じてしまいがちですが、長くて二週間は落ち着いて待ってみても良いでしょう。もし、二週間以上たっても連絡がこない場合は、問い合わせてみましょう。最終面接は企業側も時間をかけてしっかり選びたいところなので、少し時間がかかってしまう可能性もあるでしょう。

合否の連絡はいつ頃?

最終面接が終わり、合否の連絡がくるのはだいたい3日後です。だいたいが一週間以内には連絡くることが多いでしょう。最終面接のときにあらかじめ、いつ頃連絡がくるのかどのような方法で連絡がくるのか聞いておくのも良いです。企業から伝える日数は一週間、長くても二週間と答えることが多いです。

一週間すぎて連絡がない場合は、自分から企業に最終面接の結果について問い合わせてみてはいかがでしょうか。合格の場合の方が、他の企業にとられない為にも連絡が早くくるケースが多いです。

不採用の場合は、郵送で履歴書の返送のともに書面で不採用の連絡くることも多いので、こまめにポストをチェックしておきましょう。良い求人はすぐになくなってしまうので、連絡を待っている間も、最終面接で安心せずに転職活動をどんどんしていきましょう。

転職時の最終面接の連絡が電話で来たケース

最終面接の連絡は、ほとんどが電話でくることが多いです。そのときにきちんと対応できるように、マナーの復習をしておきましょう。電話対応もしっかり見られています。常に最終面接のつもりで対話しましょう。

電話でのビジネスマナーは?

・3コール以内に素早く電話に出ましょう
電話は3コール以内に出た方が失礼がないでしょう。最終面接の連絡を待っている間だけでも、電話を常に話さず持っておき気づけるようにしておくべきです。

・静かな場所に移動する
当たり前ですが後ろが騒がしいのは失礼です。素早く静かなところへ移動しましょう。

・メモ帳・ペンを用意する
後から聞きなおすことや忘れないようにするためにも、メモをとっておくのがベターです。出勤日や必要な物など、今後重用なことを伝えられることもあるので、忘れないようにしなければいけません。

以上、3つの事は転職してからも仕事をするうえで、とても大切なことなのできちんと身につけておきたいポイントです。

電話に出られなかったらどうするの?

最終面接についての連絡がきたのにも関わらず出られなかったら、タイミングを見計らって適した時間にかけ直しましょう。昼休みの時間、終業間近はさけておいた方が良い時間です。また、かかってくるまで待とうとするのはNGです。

かけ直すときは、出られなかったことに対するお詫びをきちんと述べましょう。そして、連絡を頂いたことに対するお礼の言葉を伝えます。

かけ直しても担当の人が出るかも分からないので、「最終面接を受けている旨と自分の自己紹介」「電話がかかってきていた件」を伝えたうえで担当の人に取り次いでもらいましょう。聞かれたら答えるのではなく、自分から伝えるべきことは伝えた方がスムーズです。

転職時の最終面接の連絡がメールで来た場合

最終面接の連絡がメールでくることもあります。インターネットを通して応募した際に多いでしょう。こまめにチェックして、すぐに対応できるようにしておきましょう。友人としているようなメールではいけません。メールにもマナーはあるので、しっかり覚えて最終面接に臨みましょう。

メールでのビジネスマナーは?

・メールが最適なのかを考えよう
連絡方法がメールが最適なのかを考えます。転職先からメールがきた場合はメールで返信するので大丈夫でしょう。

・電話と併用するべきこともある
始めて送信するときなど、届いてないままということを防ぐために「電話で送らせて頂いてますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。」と一言伝えておいたほうが良いです。

・読む相手のことを一番に考えよう
伝えたい事より、相手が何を伝えてほしいのかをわかりやすく書きましょう。ビジネスに関わらずメールは顔が見えませんので、相手のことをきちんと考えて悪い印象を与えることがないようにするべきです。

メールで連絡きた場合の返信はどうするの?

・件名で内容が分かるようにする
件名だけで、本文を読まなくても内容を簡潔にまとめられているのが理想です。最終面接を受けた旨での連絡なのか、はたまら質問があるのか件名に入れておきましょう。

・メールの本文打つときのマナーを知ろう
本文まず転職先なら「(会社名)御中」担当者がいるのなら「(会社名) ○○様」と誰宛なのかを正式名称できちんと書きましょう。本文の最後には、誰からなのかきちんと分かるように自分のことも書きます。

・返信のときの「Re:」はおいておく
件名に返信するときにつく「Re:」ですが消しがちですが、返信だと分かるようにおいておいたほうが良いです。しかし、ラリーが続くとRe:も多くなるので一つで良いでしょう。

転職は新しい人生の第一歩

いかがでしたか。最終面接までたどりつけたら夢の転職まで第一歩です。入社するまでは電話やメール連絡がほとんどですので、きちんとマナーを身に付け「きちんとした社会人」であることをアピールしましょう。

転職ということは、社会人経験が有りということですので、マナーがきちんとしていなかったら恥ずかしいです。どの転職先でも使うことがあるので、一度ビジネスマナーを復習しておくのも良いでしょう。最終面接も成功させて自分にあった素敵な転職先であると良いです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related