Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

転職活動時のネクタイの選び方・おすすめの色と結び方

転職活動時のネクタイの選び方・おすすめの色と結び方
転職する事が当たり前になりつつある時代に、ネクタイ選びはその人にセンスを問われる大切なアイテムとなっています。そこで、転職時におけるネクタイ選びのポイント、ネクタイを中心としたあらゆる考え方をまとめてみました。

初回公開日:2017年7月20日

更新日:2017年9月12日

記事に記載されている内容は2017年7月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


転職活動の際のネクタイの選び方

益々、少子化が進む中で企業の人手不足は益々深刻化しており、自分の勤めている会社が明日潰れる事があってもおかしくない時代です。そんな中、企業人として勤めていく上で会社選びは重要であり転職も当たり前の時代に突入しています。

今勤めている会社が今後明るい展望があるのか、それとも、売上が落ちる一方で今後は潰れる可能性が高い会社であるのか、考えたことはおありでしょうか。後者であるならば、転職を考える必要があります。昔のように辞めていく人間を裏切り物と考える古い習慣が未だに少し残っておりますが、気にしないで転職してしまうのも、これからの時代では当たり前になります。

転職活動は就活の時の面接と異なります。就活生の時は、ユニフォームのようにみんながリクルートスーツを着ており、男性であれば赤か青のストライプネクタイなど、定番が決まっておりますが、数年社会人を経験した方の転職活動になりますと、同じ様なリクルート姿で転職面接に行ってしまいますと頼りない印象を与えてしまう可能性があります。

転職する際に気を付けたい身だしなみについて確認していきましょう。

転職する際、ネクタイ選びの重要性について

職種や、勤めてきた会社の年数によって今まで所持してきたネクタイの本数は違うと思います。営業職を長年されてきた方なら多い方では10本以上ネクタイをもっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ネクタイによって相手に抱いていただく印象が変わってきますのでネクタイ選びは本当に重要事項であります。

ネクタイ選びの色と柄、注意点について

ネクタイの色については、なるべく明るい色を選ぶ事がおススメです。結構やってしまうのが、無難な色選びです。紺色やグレイなど、ぱっと見た感じの印象がはっきりと残りません。確かに、濃い色は信頼性を高めるのに効果がありますが、転職の面接時は印象を残す事が大切です。

明るい水色や明るい緑、明るい赤色など、インパクトの残る色を選択すると効果的です。はっきりとした色が出ているおススメのブランドもありますので、後ほどご紹介していきます。明るい色でほかの転職者と差をつけることができます。

次に柄についてですが、無地とストライプをオススメしております。無地もストライプも真面目な印象を与える事ができます。転職時につけて行くのを避けた方が良い柄としては、ドット柄があげられます。少し遊んでいる印象が強くなりますので、ドット柄はやめおいた方が良いです。

もし転職面接の後にパーティがあり、おしゃれをしていきたいという理由であったとしても、転職の時は無地かストライプで行きましょう。パーティ用に鞄の中にドット柄のネクタイはしまっておくと良いです。

そして、注意点ですが、ネクタイの太さです。ネクタイの太さは細いものから太いものまで色々な用途の物がございます。ネクタイの太さ選びの基本は、スーツのジャケットの襟部分の太さに合わせると良いと言われております。スーツの襟部分が太いジャケットにも関わらず、細いネクタイを選んでしまうとせっかくネクタイの色も柄もばっちりであったとしても、バランスの悪い印象をあたえてしまいますので、注意が必要です。

ネクタイを買いに行く前に、ジャケットの襟の太さを確認んしておくと良いです。一番良いのは、スーツを着ている時にネクタイを選びに行くことです。店員さんにも相談しやすくてベストなネクタイ選びができるでしょう。

できれば、一次面接と二次面接、最終面接用に3本買っておくこともお勧めします。

転職時は印象が大事

今までスーツを着る仕事ではなかった方にとってはネクタイを締めるなんて事は年に数回あるかどうかという方もいます。もっているネクタイも1本しかない方もいると思います。それも、就活の時に買ったものを社会人になってからも使っているという方もいると思います。

転職活動をする時に、学生時代に買った就活用のネクタイでいってしまうと、頼りないイメージを面接担当者の方に抱かせる事となってしまいますので、それなりに他のスキルの積んできた頼りになる方だという印象を抱かせるようにした方が賢明です。

転職に関わらず装飾には「こだわり」をもつ

転職をする上でネクタイ選びだけポイントを説明してきましたが、目につきやすいから気を抜けないというだけの話です。ネクタイのみが良かったとしても、髪型、スーツ、靴、鞄、メガネの清潔感が欠けていたら、転職の面接官はどう思うかは想像できると思います。装飾品はすべてに自分の「こだわり」を持つことが大切です。

自分の「こだわり」が集結したときにオーラになります。なぜそのシャツを選んだのか、なぜそのメガネを選んだのか、髪型はなぜその髪型なのか、すべて明確に答えられ自慢できる理由を答えられるようにすると心持も変わるでしょう。

転職の時だけではない ネクタイピンについて

ネクタイピンについては個人の嗜好による面が大きいです。印象としてはカッチリとした印象をした方がネクタイピンをつけているイメージです。そして、紳士のイメージです。

ただ、そんな紳士を意識してつけている人ばかりではありません。カレーを食べる時にネクタイがカレーにビローンとつく事を防ぎたいだけの方もいるでしょう。しかし、ネクタイピンはそれだけの用途ではありません。

ただ、だらしない事をしているとすぐになくしてしまうので、自分の性格と相談して使用を検討しましょう。スーツを着ていてもかなり歩く営業職の場合は頻繁に歩いたり、車で乗り降りが多かったりしますとピンがずれやすいです。その時に、落としてしまう事も多々あります。さらに、神経質な方ですと、ネクタイピンのどの位置でシャツとネクタイを挟むのか、また、ネクタイピンをどの高さで挟むのか、とこだわりがまた悩む所でもあります。

カッチリとした印象を与えたい方にはオススメしますが、そんなにこだわらない方には、ネクタイピンの着用はオススメしていません。

ネクタイピンは色気である

パーティであったり、イベント、そして、転職面接や、転職先で初日の挨拶など、特別な時につけていくのは気持ちが引き締まって良いでしょう。ネクタイピンをしっかりつけているとだらしない印象はないですし、細かい所まで仕事してくれる人なんじゃないかなと思う面接官もいるでしょう。転職の面接時には、その小さなこだわりが良い印象に繋がります。

また、仕事終わりにネクタイピンをつけている方がバーで飲んでいたら少しセクシーな印象も抱きます。暗がりに、シルバーは似合います。時計であったりネクタイピンであったり、男性でおしゃれができる部分のネクタイピンは重要なアイテムだと思います。でも、なくしやすいため注意が必要です。

低予算でも安心のネクタイ選び


そんなに、予算がかけられないという方でも、オリヒカやスーツセレクトなどの大型スーツ店で問題ありません。先ほど書いた色と柄を意識しながら選んでいけば良いでしょう。店員さんにネクタイ選びを相談するのもお勧めです。自分では選ばなかったような色や柄など、新鮮な意見をいただける事もあります。

騙されたと思って自分の選ばなかった柄を買ってみた所、思いのほか反応が良いという場合があります。その時、自分がいつも同じようなネクタイしかえらんでこなかった事に気づき、店員さんにいつも相談するようにしているという人もいます。

ちなみに、ユニクロやコンビニ、100円均一などでネクタイを購入するのはあまりお勧めいたしません。デザインの工夫の無さや、素材の悪さ。光沢感など、明らかに安物であろうというのが分かる人には伝わってしまいます。安いネクタイを買う時は、緊急な時だけにしておく方が良いです。

ネクタイを買う時のオススメ店

予算によって違ってきますが、少し奮発してネクタイ1本に1万円以上かけれるのでしたら、ブルックスブラザーズのネクタイがオススメです。柄はシンプルなデザインが多く、さらに光沢感があります。転職先の面接官の中でも分かる人がみたら良いネクタイをしているとすぐに分るでしょう。

また、ティンプルを作った際も立体感があり、ネクタイの太さなどバランスのとれたネクタイです。正規店で買うと1万円以上かかってしまいますが、アウトレットなどで購入する場合は1万円を切って売っておりますので、そちらも確認してみるとお値打ちなネクタイを発見でしょう。しかし、明らかにブランドを全面的にだしたデザインは避けましょう。面接官の中で、妬みに思う方がいらっしゃったら損だからです。

転職は見た目がすべて、履歴書のネクタイも油断禁物

転職時には、履歴書を書くと思いますが、その時はもちろん勝負ネクタイで写真を撮るのが賢明です。履歴書に映っているくたびれたネクタイでは、転職の面接官は「裏では手を抜く奴だ」と思いかねません。履歴書の写真を撮る前にネクタイ選びに時間をかけておくが大切です。書類面接で落とされては悔しいです。

ネクタイの素材について

転職の時につけて行くネクタイで気を付けたいのが、店員さんが似合うと薦めてくれたネクタイだとしても、ニット系の素材の生地はやめておいた方が良いです。シルク系の素材の方がパリッとした印象を相手に抱いてもらいやすいからです。

ニット系の素材はカジュアルな印象が強い為、受ける業界によっては良いかもしれません。たとえば広告業界に面接に行く時には業界風な印象を相手に与える事ができるでしょう。

転職時に洗練されたネクタイ選び まとめ

転職時には洗練された男を演出したいところです。今まで積み重ねてきたスキルや余裕感を演出しなければならないと思います。そんな時に役立つアイテムがネクタイであったり、ネクタイピンです。

ネクタイの選び方をまとめますと、色は明るめの無地かストライプです。ドット柄はやめておきましょう。転職時の面接などはパーティ会場ではありません。ネクタイの太さに注意が必要です。ネクタイは基本、着るスーツのジャケットの襟幅に合わせる事、ジャケットの襟幅が太いにも関わらず細いネクタイをしているとアンバランスな印象となります。

ネクタイピンについては、無くさないように注意が必要です。自分のこれからの職種の状況や、環境を考えながらネクタイピンをつけるかどうか判断していきます。ただ、ネクタイピンをつけていると洗練された印象を抱かせる事ができ、男の少ない装飾品の一つである事から、ネクタイピンを使いこなす事でセクシーな印象も抱かせる事ができるという事も留意しておきましょう。ただの、ネクタイがビローンとするのを防ぐアイテムではありません。

かっこいいと言われたい

子どもの時から、「女子にはモテたい」と男性の多数の人が思うでしょう。ネクタイ選びは些細な事だと思うかもしれませんが、まずはひとつひとつのネクタイ選びから丁寧に選択することが大切です。

仕事のできる男は女性にもモテると言われております。ひとつひとつの面接も丁寧に乗り切る事が大切です。最終面接だけ転職で頑張ればいいと思う人はいないと思いますが、一次面接から全力で丁寧に向かう姿勢が大切です。その積み重ねが、モテるオーラと、そして、転職成功へと繋がると信じております。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related