Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

就活で何もしていないとどうなる?これから就活を始める方法

就活で何もしていないとどうなる?これから就活を始める方法
就活時期は誰にでも訪れる人生の一時期です。人によって活動のあり方はそれぞれですが、皆が一斉に行動するので様々な焦りや誤解を生みやすいのです。人生を豊かに過ごす為の企業探し、それが就活です。何もしてないと焦る就活は人生の線路を大きく踏み外す恐れがあるのです。

初回公開日:2017年7月26日

更新日:2017年9月12日

記事に記載されている内容は2017年7月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


就活で何もしないとどうなる?

そもそも就活は何故、必要なのか。

学生を終えて社会人として就職する為の活動が就活です。社会人の仲間入りをする為の会社探しの為の活動です。内定を得ることは目指す目的の一つですが、何のために就活をするのかをよく考えておくことが大切です。その就活の一時期を見誤ること、何もしてないという後悔に苛まれるような状況を作ることは、とても望ましくない状況です。

就活の時期は人生で最も大切な時期ですが、逆にそれに捉われ過ぎることは、何もしてない場合より人生にとってマイナスになる場合もあれば転じてプラスになる場合もあります。むしろ何もしてない方が良かったと思える結果や出来事に遭遇することもあり得るのです。

就活でしか得られない貴重な体験。

就活は人生における一つの節目で、体験する出来事ですから、その時期にしか体験することができないような側面があり、その時期に体験しておくべきである要素を含んでいます。単に周囲が就活に動くから、何もしていない自分も一緒に就活に参加するというような、逆に周囲が何もしてないからと安易に流された発想で日々を活動してはいけないのです。

自らの人生にとって重要な節目、この時に何もしてないことはあってはならず、実を結ぶべき決意があり、とても重要な節目です。

就活は小児で言えば七五三、成人式といった行事のように節目行事のような意味を指す解釈も、もちろんあります。しかしビジネススキームから考察すると大企業における人材分析と獲得、著しい広報企画が発動している重要な時期なのです。

就活には、後に起こるかもしれない転職とは、明らかに異なる重要な要素が多く含まれているのです。企業の採用を中心に分析すると、いわゆる子飼い育成ができる、そんな人材を企業側は求めるのです。子飼い採用は将来的には経営陣に至るかもしれませんし、そうでなくても重役クラスの役職に結びつく可能性も秘めているのです。

ですが、それはとても先の長い将来のことであって、大半の企業にとって学生の就活であれば才能豊かな人材を一人でも多く獲得したいというところ、いわゆる青田買いの場に過ぎないのです。この就活の時期でしか大規模な青田買いをしてくれる機会はないのです。

そんな就活を怠るとどうなるのか。

就活時に何もしない、時期を逃すということは、大企業への現時点での就職機会があり得なくなります。将来的に大成功を収めて有数ハンティングされることでもない限り、大企業の重役職への道は開かれないとも言えます。

就活そのもので何もしてないことで波に乗れず、結果として何もしてないと周囲に思われたとしても、特に人生に問題はないものです。

何もしてないことで公務員や大企業に就職が叶わなくても豊かな人生は、必ず人それぞれの形で到達することができるからです。

むしろ公務員と大企業による草刈り場である就活時期を外して、何もしてないという信念を貫くことが、自分らしい人生に出会うことができることもあります。

就活で特に何もしてないのに内定がもらえる人

就活で特に何もしていないのに内定がもらえるような人は、全く存在しません。よく就活時期に、そんな人の噂話になりますが、妬みや嫉みに依存した単なる噂に過ぎないのです。

実は様々なその人なりの、誰にも言わない、何もしてないように見せているだけのカラクリがあるのです。得てしてそんな工夫については公言もしない、約束として守るような秘密の場合もあります。ほとんどは公言しても何ら問題のないのですが、公言せずに内に秘めることが多いのです。

じつは人生における成功者は多くを語っているようで本当に秘訣となるような事柄は、何もしていないかのように公言しないものです。皆が同じ方法で成功した場合、いつの日か自らが転落する要因に結びついてしまう可能性があるので隠せることは極力、隠す場合が多いのです。

つまり無駄なおしゃべりは自らに返る、これをいつから認識できるか、何もしてないと平然と見せかけるほどに、上手く活用できるかどうかで人生が大きく変わる要因があります。

何もしてないように見える人でも実は苦労をしている

就活は大企業や公務員になる為の一大イベント期間です。新聞やテレビでも企業による就活開始時期や今年の状況などがよく話題にされます。この表向きの賑やかな流れの中、慌てず、自己流の準備が既に済んでいる人だけが何もしてないように見えるだけなのです。

実は何もしてないわけではなく、イベントの時には既に準備を終えて、後は結果を待つばかりという状態です。

勝負は戦略で決まると言われるように勝負の場では何もしてないようで決着が付いている、これを実践しているに過ぎない隠れ優等生なのです。フライングではありません。まさに時の政府がよく使う戦略的互恵関係がそこにあります。

例えば、目当ての企業がセミナーを開くとします。何歳で参加できるのか、答えは赤ん坊からです。親と一緒だと通えてしまいます。

では自らの意思と体で、一人でとなると18歳以上が成人に扱われますし、アルバイトなどで一定の社会経験と貯蓄を経験した者からです。20歳以上は確実な成人なので独力でセミナーへの参加が可能です。

20歳から参加したとしても、就活の頃にはセミナー歴2年です。企業へのアピールは既に十分なのです。就活の頃には既に何もしてないように見せて決定付けることがこれで可能になります。

何もしてない、ところが苦労を重ねている証拠。

何もしてないどころか、生まれながらにして経験は少なからず、誰しもが重ねているものです。そのポイントに、いつ気付けるか、そこが就活の開始であり、成功の重要な要素の一つになります。まさに気づくまでは何もしてないと思える状況なのです。

就活の流れでは就職する先の企業の人、先輩方などと事前の面談を重ねます。それが親であったり、親戚、知人であったり、プライベートで出会う縁ある人である場合、とても就活のハードルは下がることになります。そんな人を大切にするということがいつから意識して始められるか、就活はいつでも始められることなのです。

いわゆる縁故の世界です。しかし縁を頼ったとしても実力が伴わなければ必ずしも採用には至りません。途中で必ず弾かれます。弾かれない知識と実力を、就活の時点で全てマスターして発揮できる状態だからこそ、単なる通過点となり、何もしてないと周囲に思われる余裕が持てます。

そして縁故と書きましたが、縁を頼る、縁を結ぶということは、どんな業種でも仕事でも将来にわたるとても重要な要素の一つになります。小児の頃から縁を大切にする育て方を経ていると大人になる頃には膨大な縁が築かれているのです。それだけで人生の宝にもなり得ます。

縁による就活は小学生から既に始まっている。

縁に関して何もしてないどころか、保育園や小学生の頃を思い出しますと、じつに様々な教育の中に友達百人というキーワードや歌が必ず混ざっていることに気づきます。

子供向けですから、分かりやすく歌やリズムで覚える傾向がありますが、大人になると縁と呼び、もちろん死ぬまで縁が付いて回り、大切にしている事柄です。縁を制することが就活成功の最短コースなのです。企業や経営者にとっては当たり前の事柄です。一般的にそんな頃から就活を意識せず、何もしてないものです。

まさに就職に関する何もしてないと思われる状況です。全ては目の前にありつつも、意識を向ける向けないという事象の差に過ぎません。

さらに加えますと人生における仕事の中身、じつは小学校で既に人生において必要な事柄の全ての要諦を習ってしまうものです。中学校や高校、大学というものは学問としてさらに深める、効率化や多様化を学び、広げていく過程に過ぎません。

つまり小学校でこれという仕事や企業を決めてしまうと、本当に就活すべき時期に辿り着いた時点で磨き続けてきた人にとっては就活は単なる通過点です。それこそ何もしてないように見えるほどになります。

2月・4月の時点で就活で何もしていない人のこれから。

就活で大学3回生である2月や4回生になった4月が何かと話題にされることが多いです。ただどちらの時期から就活を始めるかと問われると断然、2月です。後々、何もしてないと慌てる要因になるからです。

4月に4回生になると学業最後の一年です。卒業論文といった研究も悔いなく通過したいところです。大学4回生、生涯2度とないイベントが盛りだくさんだからこそ、しっかり迎えやり遂げることが重要です。

何もしてない人は、まず自らがどんな特性を持っているのか、メンタル面を探ること、そして就職後を見据えて適切な体力を養うことをベースに設定します。メンタル面を探る中で自らの適正が見えたり、これまで見えなかった縁を発見することもできます。

体力はどんな仕事でも必要な基礎スキルです。健康に自信がない場合は、一期一会の機会でもある就活での採用はとても難しい要因の一つとなるので、全てのベースである健康は生涯に渡り、大切にすべき要素です。就活に合わせて体も鍛えます。

就活では焦りは何も生まない。

周囲の動きで目に留まるのは何といってもリクルートスーツで電車に乗る友人です。既に準備をして出かけるのです。自分を振り返ると何もしてないからと焦って慌てますが、準備はあるかどうかがとても重要なポイントです。彼らは既に準備を終えて行動しているのです。何もしてない状態で、いきなり行動には移れません。移っても徒労に終わってしまうものです。

何もしてない状態から、まず周到に準備をします。就活においては一事が万事、準備が全てです。面談は一次二次三次と用意されている企業もありますが、あくまで箔付けとステップアップ講習程度です。

用意周到に準備した者ほど内定は確実。

学生と企業における面接場面というものは自らの人柄を品行方正であることを伝える程度のものです。

では企業はどんなところで採用を考えるのか、それは学生自身がどれだけ伸びしろがあるか、それに期待できるかどうかということです。学生が企業に入る目的で周到な準備と思えることをどれだけ積んで面接に臨んでくれているかということが判断の基礎になります。いわゆる仕事に向ける熱意と理解の度合いです。

これは就職後にどれだけ長期間、頑張りができるかということに繋がります。高校野球の優勝校で選手で活躍した人や社会人野球で優勝したというような経験を持つ人がその出来事でもって根性を明白なものとして採用が即決される決定打になるということもあるのです。

逆に言えば、集めた内容が全くもって無駄となっても面接の場面で、自らの発想が企業側を唸らせるほどに優れたものであった場合、それだけで、採用を決定付けることもあると言うことです。これは機転が利くということで伸びしろが大きいということを指します。

何もしてない人はまず、自分の向き不向き性向を考える。

何もしてない人は就活でまず、最も大切にしたいのが己を知り、相手を知れば百戦危うからずと言うように、己を知ることです。

22歳の若さで高齢者になる頃を想像することも難しいとは思いますが、明確な将来のビジョンを持てる人ほど強くなれる素養があります。早くからビジョンを持てるということは、あとは積極的に人生を煮詰めるだけなのです。何もしてない人生なぞ、誰一人いないのです。いかに早くそれに気づき方向を定めるのかが重要です。

何もしてなくて、これから就活をはじめる場合。

いろんな学生がいることに気づくこと。

22歳になって大学が卒業だから、とりあえず就活を、そんなのんびりとした学生もゼロではないのです。親が自営業であったり、専門学校、大学院に進もうかという具合に行政や企業に向けてする就活とは未だ無縁というポジションの22歳も存在するはずです。自ずとそういった学生も何もしてないように見えます。

とにかく調べること。

まずは自らのポジションを確認することが大切です。そして定職に就職しない無職である期間は避けるよう行動するのが基本です。働くということは人の為に動くと書きます。人の為に動けない人間は社会からタブー視されることに繋がりかねないのです。

就活そのものは解禁日などと話題されたりもしますが、それに拘らず4回生のクリスマス頃やバレンタインデー頃でも成功することもあります。もちろん23歳の4月が視野に入るので心中穏やかに活動できなくなってしまうので、なるべく早い段階で情報収集を行い、資料ファイル作成、スケジュール立てを行うことが大切です。

自分が生きる人生。何もしてない、そんな出遅れも長い人生の一部。

就活よりもむしろ就職後の方が大変です。無事に就活を終えても受験時代と異なり、企業に就職すると、習慣、慣習、ライフスタイルといったあらゆる面に影響が出つつ、仕事をこなします。まずは体が付いていけるように、先輩方と同じ仕事ができるようにと研修や自己研鑽を通じて社会人として成長していかねばならないのです。

そして就活の時には全く見かけたことのない人々との新たな出会いと縁との付き合いの始まりなのです。そんな出会い全てで失敗なく円滑に付き合う必要性があるのです。何もしてない状態など就職した社会人ではあり得ないのです。

ライフスタイルと仕事、豊かな仕事と人生を得る。

就活は就職する為に行う活動ですが、人生、それ一辺倒で終わりではありません。自らのライフスタイル、家族との関わり、いろいろな要素が人生には絡むのです。就活をする時に相手企業にいかに内定をもらうのかに腐心しますが、それはその時だけです。

無事に通過したとして、自らの将来、ライフスタイルへの影響、家族への影響と多角的に分析できることが重要です。就活を始める前に、自らの将来、過ごしている生活に思いしてみることが、就活を失敗しない為の要素になります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related