Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

就活で聞かれるキャッチコピーの作り方・具体例

就活で聞かれるキャッチコピーの作り方・具体例
希望の企業に受からない原因はキャッチコピーにあるかも?受かる人と受からない人では「伝え方」と「考え方」が違うことをご存知ですが?難しいことではなく、知っているか否かの違いで合否に大きな違いがでます。是非キャッチコピーの作り方の参考にしてみてください。

初回公開日:2017年10月10日

更新日:2017年10月10日

記事に記載されている内容は2017年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


就活で使えるキャッチコピーの作り方

就活のいろんなイベントは、学生生活とは少し違うので緊張してしまいます。OB,OG訪問は、気心知れているので話しやすいですが、いざ、就活の面接となると、学生の感覚で話題を持ち出しても、何が妥当なのかよくわかりません。

そこで、ここでは少しでも悩んでいる皆さんのお役に立てる「就活での自己PRの軸」が見いだせるようなキャッチコピーとして使えそうなキーワードを整理する方法をご紹介します。

就活での自己アピールに使うキャッチコピーって何がウケるのか?

就活で自分をアピールするためのキャッチコピーを整理するのはなかなか難しいものです。学校での指導も一定の方向性は提示してくれるものの、いざ、具体的に準備しようとしても自分の言葉で表現するって結構難しくて悩む方は少なくありません。そのような場合、どうしたらキャッチコピーが上手に整理できるのでしょうか。

就活に使われるキャッチコピーとして例に挙げられるキーワードです。

チームワーク、リーダーシップ、協調性、思いやり、笑顔、向上心、行動力、好奇心など

枚挙にいとまがありませんね。どういうキャッチコピーが自分のアピールに合致するのでしょう。それぞれのキャッチコピーの使い方を考えていきましょう。

就活のキャッチコピーをもう少し具体化してみる

よく就活での面接で強調される観点やキャッチコピーとしては、先ほども紹介しましたが、以下のようなものがあげられ、その使い方、考え方は以下のように分類することができます。

■ビジネスに直結する自分のスキルの面でのキャッチコピーは、
・チームワーク
・リーダーシップ
・協調性
・忍耐力、ストレス耐性
・行動力
などがあります。

■今後についての考えでのキャッチコピーは、
・願望、やりたいこと
・今までの経験で会社に役立てられること、貢献できること
・何かを成し遂げたい。これをやりたい。

また、人望という面では、
・思いやり
・笑顔
といった対人からの印象面もありますし、

■自己分析や経験からアピールするポイントとしてのキャッチコピーは、
・向上心
・好奇心
があげられます。

これらは、皆さんが良く使われるキャッチコピーの観点ですが、就活の場面での会社側の視点でキチンと説明できているのでしょうか。そのためにも会社側で求められていることをよく理解していないと、「自分はかなりうまく説明できているのに、どうも分かってもらえない」という結果になってしまいます。

よくある就活でのキャッチコピー

前述での例に挙げた、キャッチコピーについて、その就活の場面でどのように活用すれば会社側に伝わるか、その上手な組み立て方法をご紹介します。うまく話材として整理するためのキャッチコピーの作り方のコツを解説していきます。

思いやり

会社の中でも思いやりは必要です。例えば就活の面談の場面ではこんな使われ方があります。
「私は会社の周囲の人たちに思いやりをもって接したいと思います」いかがでしょうか。会社の方々への思いやりは大切ですね。でもその前に、社会人になって、会社に所属するということは、まずそのお客様を重要視しなければいけません。

就活で気を付けなければいけないことは、自分が会社に入ってどういう考え方で人と接する必要があるか、ということをまずは認識してキャッチコピーを準備しておく必要があります。

笑顔

会社で不機嫌な表情で過ごしていたら、周囲のメンバーから「取っつきにくい」って思われてしまいます。これは会社生活だけではないでしょう。笑顔は絶対必要です。ですが、これもお客様にむけてと、会社の仲間、上司に向けての考え方があります。

お客様へのサービスとしての笑顔と、ともには働く仲間への笑顔、それぞれシチュエーションの違いはあれど、「私は笑顔を大事にしたいと思います」というキャッチコピーは幅広く使えそうです。少し横道にそれますが、キャッチコピーで「笑顔」をアピールするのであれば、就活の面接の場面では、笑顔は欠かさないように気を付けましょう。

向上心

このキャッチコピーも就活の場面では非常によく使われます。でも、安易に「向上心」という言葉を使えばよいというものではないことに注意が必要だと思います。会社の仕事には、マニュアルに沿って、その指示通りに熟せる仕事と、技術とか、仕事の責任範囲とかで、その仕事を誰が従事するかが決まります。

がむしゃらに向上意欲をもって、いろんなことにチャレンジするという自己表現も大事ですが、社会的な価値観とか、組織のヒエラルキーというものも無視できるわけではありません。まずは、若い力を実践できる領域に絞って、向上心を持って、積極的に行動するという表現でキャッチコピーに据えることが望ましいのではないでしょうか。

行動力

行動には、積極性が求められることは言わずもがなです。当然、就活の面接などでは、どうしても積極的な自分を表現したくなります。それも決して間違いではありません。先の向上心で触れましたが、社会人として、会社に属した場合においては、行動力もその期待される領域の中で実行できるものです。

周囲の協調性、期待される範囲を超越、無視した勝手な行動は許されません。ましてや、最近ではコンプライアンスなど、行動の規範も社員一人一人に求められます。節度というものに配慮しながらも、若い力を如何なく発揮できる領域を認識した上で、行動力を発揮できることをアピールするキャッチコピーが求められるでしょう。

好奇心

キャッチコピーとしての好奇心については、あまり制約はないと思います。自分が社会人となって、目指すべきものはなにか、これを探求している自分を表現することは、就活においては、非常に重要なことであり、そのためには様々なことに常日頃から好奇心そのものを持つことが必要です。

昨今の多様化、多角化が進む時代においては、好奇心はいろんな範囲において重要な視点であり、キャッチコピーとして伝えることは有効です。これは、今、自分がどんなことに興味があるか、志望する企業の事業戦略などとよく整合させて、自分のアピールに使うことは非常に有効です。

就活で伝わりやすい自分の実体験=行動は?

就活の面接で、「私はチームの中で、リーダシップを発揮して、一定の成果を上げました。」とアピールする方は少なくありません。でも、聞き手側からそのスケールの大きさ、集約することの難しさなどが伝わらないケースが見受けられます。

少人数のチームでも、目指すところが高いレベルにあれば、難易度が高いでしょうし、人数が多いなど、規模が大きいチームにおいても、その集約という面で苦労するところも多いでしょう。

要するにあなたの苦労したこと、頑張ったこと、難易度のレベル、規模の大きさなど、相手にどう伝わるかをしっかりとストーリーとして、立体的に、整理されていることが就活の場面では重要です。

採用側=企業の期待をアピールするキャッチコピー

ここからは、就活の面接で多く使われるキーワード=キャッチコピーです。
・チームワーク
・リーダーシップ
・協調性
・忍耐力、ストレス耐性

これに加え、
・分析力
・影響力
といったキャッチコピーも就活の面接では耳にします。

チームワーク

企業に就職したのち、一人で仕事をこなすという仕事に就くことは殆どないといっても過言ではないです。ということは、企業の活動においては、そのほとんどがチームで取り組むことが多く、チームワークを重要視することは、まさに必須条件ともいえるでしょう。

ですから、就活においては、チームワークというキーワードは非常に有効といえます。では、企業において、チームワークをについて重要視するということはどういうことか考えてみます。

部活やサークル活動、アルバイトなどのチームと、企業でのチームとは基本的には同じでしょうが、大きく異なるのは、階層=ヒエラルキーがあることではないでしょうか。責任者がいて、その指示のもとで事業活動を行う。アルバイトの職場も同じかもしれませんが、大きくことなるのは、個人の責任ではなく、チームでその成果を生み出し、結果はその責任者が追うということです。

よって、個人での成果を上げることは望まれていないわけで、周囲との連携を重視することが求められます。ですから、これを踏まえて就活の場面でアピールすることはなかなか難しいことですが、それに近い活動の経験があれば、アピールすることはできると思います。

面接では、
・サークル活動の重要な役割を担って成果を上げた。
・バイトでの問題点に先輩、店長と一緒になって解決にあたり、改善することができた。
・ゼミの活動で、社外の方々に協力を要請して、垣根を超えた活動を実践できた。
などが企業側からは有益な行動と捉えられることができるでしょう。

リーダーシップ

前述のチームワークに関連しますが、チームの中ではリーダという役割が重要視されるのは皆さん、よくご理解いただいているかと思いますが、それに関して、リーダーシップを発揮して、チームをまとめた経験は、就活のなかで非常に有効なキャッチコピーとなります。

どういう活用方法があるか、例を挙げてみますと、
・サークルの部長と率先して引き受け、チームを大会で優秀な成績を収められるよう、メンバーをけん引した。
・ゼミの社会貢献活動を立ち上げ、そのゼミ長として、その活動計画と、メンバーの作業分担など、自ら策定して、大きな成果を上げた。
といった使われ方があります。

ですが、そういった経験のない方もいるかと思いますが、そういう方は、以下のようなアピール方法があります。「リーダ一人では、メンバー一人一人にケアが行き届かず、そこをフォローして、サポート役に徹した。」このように、リーダシップの重要性を理解しつつも、自分のパーソナリティを的確に捉え、行動したという経験も就活でのアピールとしては有効です。

忍耐力、ストレス耐性

仕事には、人間関係や、期限、難易度など、自分の力量以上の能力を求められることが少なくありません。そういう場合はストレスが溜まってしまいます。ストレスが溜まると本来の自分の実力を生かせなくなったり、ひどいケースでは、健康を害して仕事を休んでしまったり、日頃からケアしながら、上手にストレスと対峙することが必要です。

就活において、企業側からストレス耐性があるかを確認されるケースが増えてきているようです。よって、キャッチコピーとして、ストレス耐性に関する要素を関連させて考えることも必要でしょう。

でも、上手にストレスと付き合うとはどういうことでしょうか。まずは、ストレスとはどのような種類があり、それを乗り越えた結果として、どういう成果があったか、自分で整理できることが重要です。それを理解していることで、学生生活の中で経験したストレスを振り返り、どのようなレベルのストレスを、どういう手段で乗り越え、どのような結果を生み出したか、こういう整理を行っておくことが就活の準備としては重要です。

例えば、「バイトでのお客様の対応で、店長が不在の時にクレームが発生して、金銭トラブルになった。でも、そのクレームは、店長の日頃の考え方を参考にして、サービスの向上につながるという考え方でそのお客様に対応したところ、その場を穏便に済ますことができた。何より、お客様に最終的には、クレームも治めていただき、納得いただいたことで、お店の評判を下げることにならず、自分としての成果を感じることができた。」というケースなどです。

お店のピンチというストレスを感じつつ、日頃からのリスク管理に必要なスキルや考え方を捉えていたことで、ストレス耐性が養われている、こういう強みを持っている、というによってアピールができるのです。

協調性

協調性は、会社側で強く求められることの一つです。ですから、協調性についても、就活の準備として理解しておくことが望まれます。先に述べたチームワークにも共通しますが、仕事に就くということは、その企業で一定の成果を上げ、その対価を手にするという仕組みです。

それは当たり前のことですが、その仕組みにおいては、チームで成果を生み出す事業活動を行うことになりますから、個人行動、独りよがりの行動は到底認められるものではありません。至極当たり前のことですが、この協調性を少なからず意識していることを伝えられるように配慮しておきましょう。

しかし、あまり強調しすぎてアピールするよりも、チームワークの重要性などをキャッチコピーとして重ね合わせてアピールできれば、おのずと協調性を持っていることが伝わることと思います。注意することは、自己アピールを強調するあまり、協調性に欠けるという印象を与えないことに注意が必要です。就活において、自己中心的な人物像を植え付けてしまうことはかなりのマイナス要素ですので気を付けましょう。

分析力

分析力というと、少々広義すぎてわかりにくいかもしれませんが、この能力をアピールすることは、仕事をこなす能力に長けているということをアピールできるといっても言い過ぎではないくらい、就活のキャッチコピーとしては有効です。ですが、分析力というと具体的に適用範囲が難しいと思います。

一般的には、
・大量なデータを一定の条件、ロジックで整理して、一定の答えを導く。
・混沌とした状態から、様々な観点で論理的な整理を行い、一定のまとめを行う。
・今の具体的な状況から、何か新しい条件を組み合わせて、将来を推測する。
・単なる整理ではなく、明確な結論を導き出し、関連するメンバーに理解、納得を促す。
というようなケースがあると考えます。

ここに列挙しただけでも、これらが実際に行動できれば、高い能力を持っているというアピールになることが伝わるかと思います。このような表現にすると難しく伝わってしまいますが、この分析力につながる行動は、結構頻繁に使われていませんか?ちょっと整理してみましょう。

・試合がいま、負けそう。でも、もう少し攻め方変えたら逆転できるかもしれない。相手の弱点を探って、対策を考えてみよう。
・今、世の中が少子高齢化時代に突入しようとしている。これからどのようなことを目指せばよいか、就職事情や職種を改めて調べなおしてみよう。
・今、サークルの状態はあまり活発ではない。打開策を考えないといけない。立て直しメンバーを募って対策を考えていこうと思うが、少し自分でシナリオを考えてみよう。

こういったことは、皆さんの日常の中で行われているのではないでしょうか。単にそれを分析力として解釈していないだけかもしれません。大事なことは、上記の例に共通している問題意識を持つことです。そこから分析しなければ、という意識が芽生えるわけですから、自らが行動を起こすという意識が分析力を高める考え方かもしれません。

就活でアピールするキャッチコピーとして具体例をご自分で整理する際、こんな行動の経験があるか、振り返ってみるとよいかもしれません。

影響力

影響力を人に適用することはあまり馴染みが薄いかもしれませんが、こういう例を挙げると非常に就活に有利なキャッチコピーに使えそうなこととして伝わるのではないでしょうか。

・あの人が議論の中心にいるとなんか納得できてしまう。人の話をちゃんと傾聴するし、論旨が明解だ。
・あの人の持っているアイディアは常に先進的で実現性がある。常に多角的に視野を持って行動しているからだろう。あの人とは常に連携を密にしておくとメリットがありそう。

こういう方が影響力のある方と一般的に捉えることができるでしょう。では、就活のキャッチコピーとして”影響力”を表現するにはどのような経験、行動が適用できるのでしょうか。よく使われる例を以下に挙げてみます。

・テニスの大会がここ数年成績不振だった。ここで何とか私たちの世代で挽回したい。自分がこの立て直しのアイディアを整理して、中心メンバーとともに打開策を推進すれば、きっと結果が出せるはず。
・ゼミの活動を今年は社会的な貢献をテーマにしたいが、その活動のためには地域団体との連携が必須だ。ここはそのきっかけづくりから自分が行動して了解を得て、新しい成果を生み出せるように動き出そう。

こういった例が挙げられます。

キャッチコピーに使いやすい学生生活での経験

就活に使えそうなキャッチコピーを、学生生活の実体験から引用できそうな例を用いながらご紹介してきました。参考になったでしょうか。ここでは、もう一度、今までご紹介してきたキャッチコピーに引用できそうな経験を、整理してみます。これらを参考にさらにご自分のキャッチコピーの参考にしてみてください。

・サークル、ゼミなどでのリーダとしての活動:どんな場面でも発揮できるリーダシップ
・サークルなどでの裏方としての地道な活動:組織帰属意識を前提とした自己犠牲の行動理念
・ゼミ、サークルなど、他の団体、他校などの連携:既存の範囲、自分の限界に捉われない行動力

要するに、あまり実体験とかけ離れたことをいろいろと考えて、就活のキャッチコピーを整理するのではなく、まずは、どんな経験があって、それはどういう能力=アピールポイントに関連付けられるか、を整理してみるのが良いのではないでしょうか。

まずは、組み立ててみること

いろいろと整理の方法をご紹介してきました。さらに整理の上手な分かりやすい整理方法をここではご紹介します。

経験種別/キャッチコピー学業・ゼミサークルインターン・バイト
リーダシップゼミで新しい取り組みを進める時に自ら行動した大会で今までの成績を超える取り組みを行った店長に代わって業績を上げる改善活動を実践した
影響力新しい発想で新しい取り組みを提言して実践するに至ったモチベーションを上げるための練習方法などを自ら提言して取り組んだ事業の斬新さをオリジナルで提言した
ストレス耐性難しいテーマを与えられたがじっくり情報収集して打開策を見出した多数のグループで意見が全く集約できなくなったが、一人一人との対話を重要視し、分裂を回避したお客様のクレームに対して、感情を損ねることのない対処方法で問題を最小限にとどめられた
行動力受動的なメンバーが多い状況の中で自ら率先して教授等を説得した新しい取り組みに対して、自分が自ら手本を示し、理解納得を促した失敗することのリスクを恐れず、周囲への理解を求めながら新たな行動にチャレンジした

就活に使えるキャッチコピーの事例として、4つの観点でご紹介しましたが、すべての観点を上げなくても、整理の仕方としては十分に参考にしていただけるかと思います。ご自分の体験を自分の言葉でまずは整理してみてください。

伝わりやすい就活のキャッチコピーは練習が重要!

さて、ここまで、就活で使えるキャッチコピーについて、実体験からそのアピールポイントを整理する方法を例を示しながら紹介してきました。まずは、就活の準備として、何もないところから考え始めると、あまりネタが出てこないと思います。また、人の意見や、ネットでの就活対策サイトからの受け売りでは、面接の場ではしどろもどろになったり、良い成果が出せないケースが良くあります。

今回、ここで説明してきたのは、繰り返しますが、皆さんの今までの経験をもとに、自分の言葉で語れるキャッチコピーを作り上げることが重要です。さらに、整理ができてキャッチコピーが決まったら終わりではありません。そのキャッチコピーは、就活の面接の場で十分に企業側の方々に伝えられて成果が出るのです。

そのためにも、いったん整理した内容を、第三者にレビューしてもらうことが大事です。そのレビュアーも、同僚もよいのですが、もっと効果的な相手は、就職を経験してきた先輩、経験豊富な中堅社員などが望ましいでしょう。実は、ご両親は会社員の大先輩だったりしますので、ご両親に面接練習にお付き合いいただくのが非常に効果的だと思います。

それは、相当照れくさいと思いますが、就活の面接での緊張に比べたら、大した問題ではないと思います。そのように、あまり焦って準備不足のまま就活を進めるのではなく、まずは、事実を論理的に整理して、自分の言葉で整理することが大事です。

就活の面接の場面で、緊張してしまう、自分の思ったことがしゃべれず、まったく相手に自分のセールスポイントをアピールできなかったという方は、準備が不足している方が多いようです。事前の準備、アピールポイントの組み立て、整理をしないで、経験談に頼って、その事実だけを相手に押し付けてしまうというケースも多くみられます。何事にも準備、練習です。

自信をもって就活に臨み、満足できる希望に沿った就職ができることを心からお祈りしています。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related