Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

契約社員3年で雇い止め?|契約社員3年以上で正社員?

契約社員3年で雇い止め?|契約社員3年以上で正社員?
契約社員として以前働いていた方、現在働いてる方はたくさんいると思います。 ところで、働いている中で契約社員について考えた事ってありますか?正社員と何が違うの?等 気になりますよね。 今回は、自分は将来どうしようと悩む方必見の契約社員についてのご紹介です。

初回公開日:2017年9月6日

更新日:2017年9月6日

記事に記載されている内容は2017年9月6日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


契約社員などの非正規雇用の人が知っておく事

戦後の日本の高度経済成長の時代が終わり、終身雇用が崩壊しました。一人の人間が一つの会社に定年まで勤めるということ自体が難しくなり、契約社員、派遣社員、アルバイト、という働き方が増えた一方、収入の格差が広がり、貧富の差が大きくなりました。一方、技術的なテクノロジーが進み、お金持ちしかその波に乗れず、人の心や気持ちがテクノロジーに追いつかない、またそれが犯罪やテロ、国際情勢の悪化などに繋がっています。

日本の大企業では社員の3割が正社員で、残り7割が契約社員、派遣社員、アルバイトといった会社が増えてきました。最近では正社員や人員が足りずに企業自体が人員確保するのも大変な状態になっています。契約社員、派遣社員、アルバイトという働き方は個性を尊重する働き方とも言えますが、政府が契約社員については3年までという法案を通しました。契約社員について触れていきたいと思います

契約社員の待遇あれこれ

正社員ほどの待遇は契約社員には備えられてません。契約社員の場合3年間という雇用期間が設けられているので、退職金、賞与、昇進、昇給がありませんし、いつ解雇通告を受けることもできません。契約社員や派遣社員は3年や5年といった契約期間なので福利厚生も中途半端なものが多いのです。福利厚生などの待遇は会社ごとに違います。契約社員や派遣社員でも3年5年以上勤めている人は多いです。プライベートを優先する人や子育てをしながらの場合は契約社員という働き方は比較的自由度のある働き方といえます。

大手企業による非正規社員と正社員の比率

福利厚生などの待遇と同じで、大企業による正社員と契約社員(非正規社員)の比率は様々です。事業主にとって一番お金の掛かるのが人件費です。いかに人件費を抑えるかで生み出されたのが、非正規雇用という雇用形態です。会社の半分が非正規社員の会社もあれば、正社員が3割で、残り7割が契約社員、派遣社員、アルバイトという会社も少なくはないのです。

どこの会社でもそうですが、自分の頑張り次第で正社員へなれる可能性はあります。3年間と言う期間でも一生懸命働けば、3年後に正社員へなれる可能性があるのかもしれません。たとえ正社員になれなくとも、3年以上に契約を伸ばせる可能性もあるので、自分の仕事の取り組み方次第なのです。

契約社員から正社員へなれる人の条件

契約社員の期間に実績を作り、リーダーや責任者として活躍できる人、または今契約社員として働いている仕事がその人に合っていて存分に力を発揮できた場合はきちんと上司や上の人は見ています。上司にも、中間管理職の上司やその上の地位にいる方もいるので、自分の仕事の頑張りでアピールするべきです。

物事にきちんと責任を持って最後まで取り組めるか、どんな仕事でもやろうとする気概があるかが真の社員に求められます。会社というのは一人の人が歯車として会社を構成しており、組織の決まりや規則を守る事を第一に大切にします。契約社員の3年間という期限があっても諦めずに努力して働きましょう。

契約社員という雇用形態で3年以上仕事をする場合

契約社員も派遣社員も、新しい法案で3年または5年までと決まっていますが、期限は会社によってまちまちです。日本は少子化が進み、若い働き手が少なくなっています。若い働き手が少ないということは、今現在年金受給している世代を支えきれなくなるという問題がでてきます。

法案で3年または5年までと期限を決めた理由は、正社員にする人を増やすことを企業にもしてほしいという国の願いでもあります。規制緩和や請負が急速に進んだ15年程前から契約社員や非正規社員という働き方が増えていろいろなことが問題視されてきました。

3年以上同じ会社で働きたい場合は正社員になるつもりで仕事をこなすことです。一生懸命仕事をすれば責任ある仕事を任せられたり、上司の信頼も得て3年の契約が5年に伸びたり、はたまた正社員への門が拓けるようになります。

アルバイトと派遣社員との違い

2000年に入った頃から派遣社員という新しい働きかたができて、人材派遣の会社なども増えてきました。人材派遣会社で人材を派遣したり、育成したり管理するのは派遣会社の正社員です。大手の企業などに派遣される人は派遣社員という扱いになり、実際、派遣社員として働いている人が、自分が正社員だと勘違いをしている人も少なからずいます。

派遣社員は職場を点々とする雇用形態で職場への交通費も支給されない事が多いです。契約社員と比べると派遣社員の方が厳しい雇用形態といえます。アルバイトはパートと同じく普通の企業でも派遣社員、契約社員と一緒に多い雇用形態です。アルバイトは高校生、大学生など学生が踏み込める雇用形態であり、学生の期間アルバイトとして働き、そのままその会社へ就職する例も少なくないのです。契約社員、派遣社員と比べると自由度があり、責任が少ない働きかたですが、仕事にいかに真剣に取り組むかでその後の仕事の仕方が決まってくるので、仕事である以上しっかり取り組みましょう。

3年以上で契約解除となるのか?

3年という期間を迎えた時点で、企業は契約社員として雇った人を正社員として雇うか、辞めていただくかという選択肢を契約社員の人に選んでもらうようにします。派遣社員の場合は契約社員や正社員になれるチャンスをもらえます。まだ法案ができたばかりなので、そういった決め事を必ず守っている会社というのは少ない事も社会問題となっています。

もしそういうチャンスがあれば自分のライフスタイルや家族構成なども踏まえて、考えてみることも大切です。3年で契約解除となる会社もあれば、正社員になるかそのまま辞めるかを選べる会社もあるのでしっかりした会社を選び、今自分がしたい仕事なのかを考えましょう。好きな仕事ならば多少辛い事も我慢してチャンスを待つ事もできます。

契約社員で3年以上働けないのか

先ほども触れましたが、契約社員で3年以上勤めることは可能です。会社によってまちまちなので3年で正社員になることを勧めてくる会社もあれば、そのまま辞めさせられる場合もあります。企業にとって優秀な人材の確保が今一番の問題になっており、他の会社と争いながら人材の確保をしている程です。育休や産休を積極的に取り入れてる会社なのかなども最近は会社として重要になってきてます。

始めから契約社員という雇用形態で雇われても、正社員なみの責任感を持ち仕事をすることです。リーダーや職場の責任者の仕事を率先して頑張ったり、会社の規律や規則を守り責任感をもち仕事に取り組む事です。たとえ3年という期限が来ても正社員になれる可能性が高くなります。

契約社員で何年働けば正社員になれるのか

新しい法案では契約社員、派遣社員とも3年もしくは5年と期限を決められていますが、その期間中に実りのある仕事を成し遂げる事です。3年、5年の期限を迎えたときその後の進路を有利に進める為にも期間中にしっかり責任感のある仕事をできるかで正社員への道が拓けるかどうかが決まって来ます。

始めからしっかり仕事をして収入を安定させたい場合は、正社員の仕事を探してみて、見つからなかったら契約社員という働き方もあります。契約社員という働き方を選んだら、正社員の道を目指し、休みの日などは資格取得や自分磨きの時間になどにあてるとよいでしょう。また余暇を楽しむ事で新しい方面の仕事へ視野が広がります。契約社員という働き方は自分探しの時間を作り、自分を見つめ直すことができる素晴らしい働き方です。

実りのある仕事を成し遂げて正社員への道を拓こう!

契約社員や派遣社員の3年もしくは5年という期限の法案が国会を通過したのはつい最近です。法案決定前に契約社員、派遣社員として働いていた人で今現在も14年15年と仕事を続けている人は沢山います。その人達の共通点は、今自分の置かれている立場で最大限の努力をしてきた人たちが多いのです。以前正社員で事情があり派遣社員や契約社員になってしまった人も過去に戻ることはできませんが、過去から学ぶ事はできます。

人それぞれが自分の人生の会長であり、社長でもあります。自分の人生を豊かに楽しくするのも自分自身なので、契約社員という立場で仕事をする事になっても時間を有効活用して資格の取得や自分を見つめ直す時間にあてながら、社内ではリーダーや責任者という皆が嫌がる仕事を率先してやるようにして、契約延長または正社員への道を拓く努力をしてみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related