Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月20日

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

ドライバーの身だしなみについて解説しています。ドライバーが気を付けるべき身だしなみのポイントや身だしなみ以外に気を付けるべき点についても説明しています。ドライバーのどのような身だしなみや態度がお客様にいい印象を与えることができるのかヒントを得られるでしょう。


身だしなみはドライバーのイメージに影響する

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

ドライバーにとって身だしなみはイメージに影響する大切な要素です。

身だしなみを整えることは、社会人として常識です。洋服を整え、髪型をセットするだけでも大きく第一印象は変わります。

ドライバーは接客業です。身だしなみを整えることでお客さんにいいイメージをもってもらうことができ、また利用したいと思ってもらえます。

身だしなみを整えることは、お客さんにとってもドライバー自身にとってもメリットがあります。

ドライバーの身だしなみポイント7つ

ここでは、ドライバーが気を配るべき身だしなみのポイントを7つ紹介します。

身だしなみを少し整えるだけでもイメージが変わり、お客さんにいい印象を与えることができます。お客さんとの関わりは荷物を受け渡す数分間だけですが、そのわずかな間でもお客さんはドライバーを細かな点まで見ています。

身だしなみのポイントを押さえるだけで第一印象は変わり、いいイメージを与えることができます。

ドライバーの身だしなみポイント1:髪型や髪色

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

髪型や髪色は最初に目がいく場所です。髪型や髪色について、各会社で規定がある場合はそれに従いましょう。

規定がない場合でも、極端に明るい髪色やぼさぼさのヘアスタイルは、お客さんにいい印象を与えません。長い髪の毛は束ねてまとめるようにし、髪を染める場合は暗めの色を選ぶ方が無難です。

ドライバーの身だしなみポイント2:髭

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

髭も印象を大きく変えるポイントです。

髭をきれいに剃るだけでも清潔感が出ます。髭を伸ばしてはいけないということはありませんが、無精ひげはだらしないイメージを与えてしまうのでしっかりと剃りましょう。

ファッションとして髭を伸ばすときは、長さを切りそろえるだけでも清潔感を出すことができます。その場合でも、口が隠れないようにする方が明るい印象になります。

ドライバーの身だしなみポイント3:アクセサリー

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

派手なアクセサリーはやめましょう。

結婚指輪以外のアクセサリーは必要がなければ極力使わない方がいいでしょう。とくにピアスは年配の方にはいい印象を与えません。耳以外のピアスは論外です。

時計は必要であれば装着してもいいですが、派手な物や高級なものはあまりいいイメージを与えないので避けましょう。

ドライバーの身だしなみポイント4:制服や作業着

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

制服や作業着は汚れがないように注意しましょう。

制服や作業着はきれいな状態であるか、常に気をつけておきましょう。多少の汚れは仕方がありませんが、あまりに大きな汚れがある場合は新しいものと交換しましょう。

ズボンがずれていたり、ボタンをしっかりととめていないとだらしない印象を与えてしまいす。また、大きなしわがないかも気を付けてください。

ドライバーの身だしなみポイント5:靴

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

足先も気を抜いてはいけません。高級な靴を履く必要はありませんが、ぼろぼろの靴や極端に汚れた靴はやめましょう。

また、泥がついているとアパートの廊下や玄関を汚してしまう場合があるので特に雨の日やその翌日には注意しましょう。

ひもがほどけていると踏んで転倒する危険があるので、ひもはしっかりと結ばれているか確認しましょう。

ドライバーの身だしなみポイント6:ツメ

Bottom banner
ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

ついついケアを忘れがちなのがツメです。

荷物を受け渡すときに目がいく場所なので、ツメにも気を使いましょう。長すぎるツメは不潔な印象を与えるとともに、荷物を傷つけてしまう恐れもあります。

爪の間には汚れがたまりやすいので、しっかりと手洗いを行いましょう。また、あまりに派手なネイルや付け爪もしない方がいいでしょう。

ドライバーの身だしなみポイント7:汗や匂い

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

見た目だけでなく、匂いにも気を使いましょう。

汗をかいたときはこまめに拭くようにし、制汗剤などを使用して汗の匂いがきにならないように気を配りましょう。香水を使用するのもいいですが、強すぎるにおいは逆に不快感を与えることがあるので、つけすぎには注意しましょう。

また、たくさん汗をかいて服がひどく濡れた場合は着替える方が好ましいです。

身だしなみ以外にドライバーが気をつけるべきこと5つ

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

いい印象を与えるのはきれいな身だしなみだけではありません。

いい印象を持ってもらうためにドライバーにとって身だしなみは大切ですが、気を付けるべきことは身だしなみだけではありません。

どのような態度で業務を行うか、客さんと接するかも大切なポイントとなります。ここでは身だしなみ以外にドライバーが気を付けるべきことを5つ紹介します。

身だしなみ以外にドライバーが気をつけるべきこと1:挨拶

挨拶をしっかりすることはいい印象につながります。

極端に大きな声であいさつをする必要はありませんが、笑顔であいさつをすることは大切です。また、荷物を届けるお客さんだけでなくご近所の方にも会った場合は挨拶をすると、さらにドライバーの印象が良くなります。

しっかりと相手の目を見て、笑顔であいさつをすることが大切です。

身だしなみ以外にドライバーが気をつけるべきこと2:時間を守ること

時間は必ず守りましょう。

多くのお客さんは荷物が届くのを心待ちにしています。また、時間指定をした場合はスケジュールを調整して荷物を受け取るために家で待っていることもあります。時間内に届けられるように計画的に行動しましょう。

しかし、交通事情で時間通りに届けられないこともあります。時間に大幅に遅れそうなときは事前に連絡を入れるだけで安心してもらうことができます。

身だしなみ以外にドライバーが気をつけるべきこと3:言葉遣い

丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

敬語を使うのはもちろんですが、声のトーンや話し方にも注意しましょう。失礼な言い方をしないように明るく話すことで、ドライバーのイメージがよくなります。

身だしなみ以外にドライバーが気をつけるべきこと4:笑顔

笑顔を忘れないようにしましょう。

ドライバーにとって笑顔は大切です。いくら丁寧な言葉づかいであいさつをしっかりとしたとしても、暗い顔や怖い顔をしているとそれだけで印象が悪くなってしまいます。

最初に笑顔であいさつするだけで、ドライバーの第一印象がよくなるでしょう。

身だしなみ以外にドライバーが気をつけるべきこと5:安全運転

安全運転を心がけましょう。

法定速度を守ることは当たり前です。また、重たい荷物を運んでいるときや、各会社で速度制限が決まっているときはそれを守りましょう。スピードの出しすぎや荒い運転は、荷物を破損させてしまう恐れもあります。

時間に遅れそうだからと言って、スピードを出してはいけません。安全運転が一番です。高速道路などではできるだけ左車線や登坂車線を走行し、他の車両の妨げにならないように注意しましょう。

ドライバーとして身だしなみにも気を配ろう!

ドライバーの身だしなみポイント7つ|気をつけるべきこと5つ

ドライバーには関係なさそうな身だしなみと思われがちですが、接客業であるが上に、非常に大切です。

ただ単に荷物をお客さんのもとに届けるのがドライバーの仕事ではありません。ドライバーとして普段から身だしなみに気を配り、丁寧な態度でお客さんと接するように心がけましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related