Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

本記事では、効率的な道の覚え方14選・道を覚えるための目印5つについて紹介していきます。普段道を覚えるのが苦手だったり、仕事の外回りで運転する機会が増える方、方向音痴で困っている方におすすめです。道の覚え方で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

効率的な道の覚え方をしていますか?

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

道を覚えるのが苦手、という方は多いのではないでしょうか。とはいえ、外出をする場合は道を覚える必要があります。

道を覚えるにはどのような方法が良いのでしょうか。本記事では効率的な道の覚え方14選・道を覚えるための目印5つについて紹介していきます。

タクシー運転手の道の覚え方とは?

最近ではカーナビを搭載したタクシーも多くもなっていますが、ナビの最短ルートと現実の交通量からみた最短ルートは異なります。より早く目的地に着くには、裏道など多くの知識がある運転手のほうがカーナビ頼りにしている人よりも効率的に仕事をこなすことができるでしょう。

タクシー運転手の道の覚え方として、一番の道の覚え方は実際に走ることです。人間は、繰り返し行ったことはなかなか忘れず記憶として定着していきます。

カーナビでは道を覚えられない

道の覚え方で効率が悪い方法はカーナビを使うことです。カーナビでは道を覚えられない理由は、運転中にカーナビの地図情報ばかり意識してしまい、どこに大きなビルがあったか、通りの見晴らしはどうだったかなど景色を覚えようとしないためです。

道の覚え方として現地の景色が重要になります。景色を記憶して道を覚えるので、実際に運転をするよりも、助手席で景色を見ているほうが道の覚え方としては効率的です。

これで覚えられる!効率的な道の覚え方14選

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

ここでは効率的な道の覚え方14選について紹介していきます。道が覚えられないと、急いでいる時に目的地に着かなかったり、同じ道をぐるぐる回ってイライラしたりすることがあるでしょう。

これから紹介する14選で道の覚え方として行っていないことを行えば、今よりも道を覚えることが容易になってくるでしょう。道がうまく覚えられない、と苦戦している方はぜひ参考にしてみてください。

道の覚え方1:実際に車で走ってみる

効率的な道の覚え方として実際に車で走ってみることです。タクシー運転手の道の覚え方でも紹介しましたが、実際に車でその道を運転してみることで脳に道を記憶させることができます。

運転するときは、カーナビはつけずに景色を眺めながら運転してみましょう。カーナビを使って何度も走ってもナビをきくことに集中してしまい、道を覚えることとは遠ざかってしまいます。

道の覚え方2:さらに何度か通って復習する

物を覚えることで必要なことは反復練習ともいわれますが、効率的な道の覚え方としても何度か通って復習することは大事です。人間は忘れる動物といわれていますが、繰り返し通って復習することで道を記憶することができます。

何度か道を通って復習するときも大事になるのは、走っている景色や目印を見つけて意識することです。道を覚えることが苦手な人がカーナビを使ったり、なんとなく運転しても道を覚えることは難しいでしょう。

道の覚え方3:助手席に乗って景色をよく見る

助手席に乗って景色をよく見るのも効率的な道の覚え方として良いでしょう。運転していると、運転することだけに集中して景色などの情報に注意を払えないという人もいるでしょう。

車の運転は事故を起こしてしまう可能性もあるので、運転に余裕がない人は景色を見ようとしてしまうと危険です。助手席にのることで、運転から解放され緊張感も和らぎリラックスして景色をよく見ることができるでしょう。道を覚える効率がアップします。

道の覚え方4:車から降りて景色を見る

効率的な道の覚え方として車から降りて景色を見るという方法もあります。

車を停車するのが面倒と感じますが、道を覚えるには一度運転から離れて景色を観察することは大切です。車を降りて景色を見ることで運転していると見落としていた目印になる建物が、見つかりやすいことがあります。

きちんと目印を記憶していると、次に運転して通るときに記憶がよみがえり、自分がどこを通ったのか把握することができるでしょう。

道の覚え方5:自転車で走ってみる

自転車で走ってみるのも効率的な道の覚え方の一つです。休日など自転車で前日に通った道を再び走ってみると、復習にもなります。自転車で走ることは、車で運転している時よりも速度も緩やかなので余裕があり、景色にも気を配ることができるでしょう。

実際に何度も走ってみる、1度走った道を復習するという行動はより早く道を覚えるために必要な行動です。

道の覚え方6:道の名前を覚える

効率的な道の覚え方として道の名前を覚えるというのもおすすめです。道の名前は人によって認識が変わることがないものなので覚えておくと良いでしょう。運転でも「ここは○○通り」と意識しながら運転することで地盤となる地理感覚になります。

通りの名前は、事前に地図を見ておき予習をしておいたり、運転中に見ることになりますが、道路の青看板に記載されています。

道の覚え方7:建物や景色を覚える

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

効率的な道の覚え方で大事なことになるのが建物や景色を覚えることです。道だけでは方角を意識しにくいため、建物や景色を覚えることが大切です。建物は向きなどで方角を関連づけると意識しやすくなるでしょう。

「あのビルが近いから駅もすぐ近くだ」「この道の先は海だ」「あの建物は南を向いている」など、自分の方向感覚を補助する景色の情報はしっかりと集められるように意識しましょう。

道の覚え方8:ポストや消火栓など目印を覚える

効率的な道の覚え方としてポストや消火栓など目印を覚えることもポイントです。ポストや消火栓は赤い色をしているので、識別しやすく注意しやすいカラーです。

何気なく通りかかった時も赤は目立つので、記憶力に自信がない方でも赤い色を意識して景色を見るとポストや消火栓に気づくことができるでしょう。

「消火栓がある道を真っすぐに」「ポストがからすぐにある角を右に曲がって」など、運転するときの目印としておすすめです。

道の覚え方9:美味しい食べ物屋などを覚える

効率的な道の覚え方として、美味しい食べ物屋などを目印として道を覚えていくことも良いでしょう。美味しい食べ物屋さんであれば、「またこのお店に行きたい」という意識も働き、何度か足を運ぶことでそこまでの道は記憶することができるでしょう。

食べ物屋さんをいくつか覚えることで、目印になり、そこまでの道を把握していくことができます。興味がないものよりも興味が強く惹かれるもののほうが覚えやすいです。

道の覚え方10:徒歩で歩いて目印を見つける

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

効率的な道の覚え方として徒歩で歩いて目印を見つけるのも良いでしょう。車で運転しているとスピードが速いので、道を覚える目印となるものを見落としていることがあります。

車ではなく徒歩にすることによってスピードが落ち、見渡す余裕も生まれるので目印を見つけることができるでしょう。

また、適度な運動をすることで脳が刺激され記憶力を高めることができるといわれています。道を早く覚えるためには歩くことはおすすめです。

道の覚え方11:目印をメモする

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

効率的な道の覚え方として目印をメモするという行動もとっておくと、より早く道を覚えることができます。

ただ見ただけでは人間は忘れやすく、また景色全体のイメージなども記憶に入ってくると、覚えた目印が曖昧になっていくので、効率的に目印を覚えるためにはメモを取っておきましょう。

道の覚え方12:鳥瞰図的に道をとらえる

効率的な道の覚え方として鳥瞰図的に道をとらえる方法があります。鳥瞰図(ちょうかんず)的とは、飛ぶ鳥のように上空から斜めに見下ろしたような見方で、全体を広く見渡すことをいいます。

鳥瞰図的に道をとらえる方法は、建物の立体感や遠近感がよくわかり、街の広がりや地形などを把握するのに適しています。曲がる角を間違えてしまっても目的地の方向を把握しているので修正でき、慌てずに目的地に着くことができるでしょう。

道の覚え方13:地図を描いてみる

効率的な道の覚え方として地図を描いてみることです。実際に目的地までの地図を描いてみましょう。試験などでも「書いて覚える」勉強法があるように道を覚えるときも描いてみることは有効です。実際に運転してみて地図を描いてみると復習になり道を記憶しやすくなるでしょう。

道の覚え方14:地図でイメージトレーニング

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

地図でイメージトレーニングすることも効率的な道の覚え方です。運転する前に地図を見ながら目的地までの道順を頭の中にイメージしてみましょう。

今自分がどこにいるか、どの方向に向かうのか、どんな建物がでてくるのかなど地図を見るとわかります。地図を見て交差点、曲がる方向などイメージして目的地の情報を頭に記憶させましょう。

地図を読む力も必要ですがイメージトレーニングの癖をつけると道を早く覚えることができます。

道の覚える時にポイントとなる目印5つ

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

実際に道を覚えやすくするにはどんな目印が効果的なのか、と考える人もいるでしょう。最後に道を覚える時にポイントとなる目印5つについて紹介していきます。道の覚え方の大切なヒントになるのでしっかりと抑えておきましょう。

目印1:大きなビル

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

道を覚える時にポイントとなる目印は大きなビルです。大きなビルならば遠くからも目立つので、目指す方角としても覚えやすく道の覚え方に効果的な目印になります。

大きなビルといえば、オフィス街に入ってしまうと沢山立ち並んでしまいますが、その中でも特に目立つ大きなビルを目印としたり、特徴的な色の壁の大きなビル、など目印にすると良いでしょう。商店街であれば○○デパートのビル、などです。

目印2:駅

道を覚える時にポイントとなる目印として駅があります。駅は多くの人が利用するルートになるので、目印として覚えておく必要があります。どの方角に進んできたのか地図と見比べる時も駅はわかりやすいポイントになるでしょう。

目印3:ホテルなど宿泊施設

道を覚える時にポイントとなる目印としてホテルなど宿泊施設もおすすめです。ホテルや宿泊施設は看板が出ていることも多いので、比較的覚えやすい目印となるでしょう。「このホテルの道を進むと○○につく」など道の覚え方に利用できます。

目印4:観光地

道を覚える時にポイントとなる目印として観光地になっている場所を把握しておくと良いでしょう。ホテル同様、観光地は看板が出ていることも多いので場所を覚えやすいことも、目印として利用できるでしょう。

観光地を頭に入れておくと、そのほかの場所へ行く時も方角や位置など把握しやすくなります。

目印5:公園

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

道を覚える時にポイントとなる目印として公園があります。小さな公園でも大きな公園でも建物とは変わった風景が広がるので覚えやすい目印になります。

公園を見つけたら停車して、実際にどう運転してきたか位置の確認をしても良いでしょう。公園で一息ついて、道を覚える時のちょっとした気分転換になります。

効率的な道の覚え方をしよう!

効率的な道の覚え方14 選|道を覚えるための目印5つ

普段から運転でカーナビに頼っている方は、道を覚えることが苦手になってくるという人が多いといわれています。

一生懸命安全運転することはとても良いことなのですが、運転に集中しすぎてしまい、周囲の景色を意識できていない人は、目印になる建物などを意識できず道を覚えにくいでしょう。

道を覚えることが苦手な人は、この機会に道の覚え方のポイントを抑えて、効率的に道を覚えていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related