Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月17日

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

物事を進める際に何事にも前向きで積極的に取り組む「意欲的な人」がいると、チームが一致団結しやすくいい結果を招くことが多い傾向にあります。今回は会社や学校にいる「意欲的な人」とはどういった性格なのか、物事を意欲的に進める方法などについてご紹介いたします。

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

意欲的の意味と使い方

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

「意欲的」とは、物事を積極的に取り組むさまを意味します。

意欲的という言葉の使い方として例文を挙げると、「会社の創立50周年を記念して記念イベントを開催することになり、周年イベントの担当者としてAさんが抜擢されました。Aさんは関連会社とも連携を取りながら現在意欲的に取り組んでいます」のように使用します。意欲的はある事柄を率先し、前向きに物事を考え推し進める行動やことを表す言葉です。

類語

「意欲的」という言葉にはいくつかの類語が存在します。「意欲的」と同じような言葉として使いやすい類語の1つが「自発的」です。自発的とは、自ら率先して行動するさまを意味します。自発的以外にも物事を積極的に推し進めるという意味では「積極的」や「前向き」といった言葉も類義として値するといえるでしょう。

対義語

「意欲的」の対義語となる言葉の意味は、何事にもやる気がないさまやネガティブに物事を考えるなどの意味が含まれています。「意欲的」の対義語は、「消極的」という言葉が挙げられます。

どんな物事であっても控えめで自分の意見を言うことがなく、どちらかといえばやる気のないさまのことを意味します。物事を行う上で消極的な人ばかり集まると何も意見がでず、なかなか物事が進まないことが多い傾向にあります。

意欲的な姿勢の特徴

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

意欲的な人とは、その人の言動を通して周囲の人に自然と意欲的な人だと伝わる姿勢や特徴がいくつかあります。

たとえば、学校の文化祭やコンクールなど団体で何かに取り組む場合は特に意欲的な人の姿勢は目立つ傾向にあります。周囲の人たちを上手に引っ張ったり、メンバーの意志を団結させてまとめたりする力があります。では意欲的な人とはどのような姿勢や特徴があるのかを見ていきましょう。

ポジティブな性格

意欲的な人は何事にも前向きに取り組む姿勢を見せることが多く、ポジティブに物事を考える特性があります。たとえば、意欲的な人はこれまで経験のない新たなことやイベントでも恐れずに進み、行動する力があります。

意欲的な人の性格は基本的に楽観的なので、小さなことでくよくよ悩むことなく、万が一失敗したとしても成功には失敗がつきものと考え、失敗を踏まえて前に進む姿勢とポジティブな考えで突き進むことができます。

努力を惜しまない

どんなことでも前向き突き進む傾向のある意欲的な人には、何事に対しても日頃から努力を惜しまず情報収集する傾向があります。

たとえば、会社で新しい企画を立ち上げるとします。何か新しいアイデアがないか模索していると、意欲的な人はいくつかのアイデアをすぐに提案することができるでしょう。それは経験が豊富なことに踏まえて、日頃からさまざまな情報を蓄積しているからこそできることだといえます。

意欲的に取り組む方法

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

物事を意欲的に進める人が物事を取り組む場合はいくかの方法があり、取り組む方法や手法を理解することで誰でも同じような姿勢で物事をとらえることができます。

意欲的な人は物を考える際の「思考」や「考え方」に特徴があり、考え方に基づいた行動をすることで積極的に前に進むことができます。意欲的な人の取り組む方法を理解し、意欲的に物事を進めたいと感じた際の参考にしてみましょう。

物事を前向きにとらえる

意欲的に物事に取り組む場合は失敗を恐れず、何でも前向きにとらえることが1つの方法です。たとえば、異業種交流会に招待されましたが参加者は年配が多く、自分と話が合うかわからないような年上の世代が多いとします。人によって話が合わないから行きたくない、人見知りだから会場で浮いてしまうということを恐れる方もいるでしょう。

方法1:先を考えて行動する

このような場合でも意欲的な人は先を考え、何か自分にメリットがないかを考える傾向にあります。たとえば、仕事の付き合いで同じくらいの年代の人がいる可能性もあるからどんな話が好きなのかを把握しておこうとか、自分の知らない知識やネットワークを広げるために参加するなどを考えます。

意欲的な人はどんなことでも参加することへのメリットに注目し、前向きに取り組み傾向にあります。

自らが率先して行動する

周囲が嫌がることやはじめて挑戦するようなことでも、意欲的な人は率先して行動する傾向にあります。自分が経験したことがないことを挑戦する場合は、失敗への「恐れ」や「不安」という気持ちを抱くことも少なくありません。

何事にも意欲的に取り組むには、失敗を恐れず、何事にもわくわくするようなチャレンジ精神を持って取り組むことが大切です。恐れていては何も前に進まないので、一歩を踏み出す勇気を持ちましょう。

方法2:成功体験をイメージする

新しいことに前向きにチャレンジする方法の1つは、成功体験をイメージすることです。

たとえば、サーフィンを初めて挑戦する際に「岩にぶつかったら怪我をするかも」「ボードが体に当たったら痛いだろうな」などとネガティブなイメージを抱くと挑戦することを恐れ上手くいかないことも少なくありません。逆に「波にのれたらかっこいいから頑張ろう」などと前向きな考えで行動を起こすと挑戦する意欲が湧き成功しやすいでしょう。

意欲的と積極的・主体的の違い

意欲的と似たような言葉で「積極的」や「主体的」という言葉があります。「積極的」や「主体的」という言葉は「意欲的」と似たような意味を持ちますが少し意味が異なります。

ちょっとした意味の違いですが、これらの言葉の意味を正確に理解することで意欲的な人の意味や傾向を把握することができます。では「積極的」と「主体的」という言葉はどういった違いがあるのかをくわしく見てきましょう。

積極的とは

「積極的」とは、物事を進めることを意味する言葉です。意欲的な人の行動の中でも「積極的」という言葉はしばしば使われる言葉ですが、大きな違いは何かを行動する際の「意志」の違いです。

「積極的」という言葉は誰かに物事を依頼され行動するという場合もあります。しかし、「意欲的」という言葉には自分の意志が含まれており、自分で考えて行動する「意志」や「気持ち」に言葉の違いが生まれます。

主体的とは

「主体的」とは、自分の意志などによって状況を判断し行動することを意味する言葉です。「意欲的」という言葉と同じく自分の意志が含まれるますが、根本的に異なる点は自らのやる気があるかないかという点です。

主体的に行動する場合は、周囲の状況を判断しながら率先して行動しますが、その行動に対して自分のやる気があるかその人次第です。「意欲的」とは自分でやる気を出し自ら行動するという意味でやや意味は異なります。

自己PRで意欲的をアピールする方法

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

人間にはさまざまな性格の人が存在し、長所や短所などは人によって異なります。特に就職面接などでは自分の性格を上手にアピールし、相手先の企業にとって必要な人材と判断されるようにすることが重要なポイントです。

面接においては「意欲的な人」は魅力的に感じる企業も多く、成功体験などを踏まえながら上手に伝えるとより効果的です。ではどのように自己PRで意欲的な部分をアピールすればいいのかを見ていきましょう。

チームで取り組んだ成功体験

自己PRで意欲的な部分をアピールしたい場合は、チームで何かに取り組んだ成功体験を紹介するのがおすすめです。

この場合はチームリーダーという役割ではなかったとしても、チームという団体行動の中でもいかに周囲の状況を自ら判断し、チームのために何ができるかを考え行動できたかというのが重要です。団体で行う行動は自分の意志が強すぎると強引なイメージを与えかねないので注意も必要です。

成功体験の具体例

学生の場合は、これまで行ってきた部活動や学園祭、ゼミ活動などの学校行事などを例に挙げて紹介するといいでしょう。

たとえば、ゼミ活動の中でゼミ生を巻き込み取り組んだ新しい取り組みやサークル内での活動内容などでもいいでしょう。自分がどんな将来や先を見据えて取り組み、結果どのようなことを得られたのかを具体的に説明すると説得力が増すのでおすすめです。

個人プレーによる高い実績

意欲的な行動をアピールするには、自分の趣味や興味のあることを通して得た成功体験をアピールするのも効果的な方法です。

このような場合の重要なアピールポイントは、興味を持ったきっかけからどんなことに魅力を感じ、その先に何があると考え行動したという過程です。物事を色々な角度からとらえる視点や将来を見据える能力があることをアピールできるので、話をしっかり順序立てて紹介するのが大切です。

成功体験の具体例

自ら意欲的に行動した成功体験としては、何か貴重な体験や出会いがあったことや資格を取得したなどの結果に転じた内容がいいでしょう。

たとえば、趣味の海外旅行を通して各国における情勢や価値観の違いを学び、ビジネスにおいても国際的な情勢が理解できるようにビジネス英語も学びTOIEC900点を取得しました。このような場合は、グローバルな人材としてだけでなく、意欲的な姿勢も合わせてアピールすることができます。

意欲的な色

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

意欲的なイメージを表すには、身につける色などによる影響も少なくありません。色にはさまざまな色がありますが、色によっては情熱的で活動的な印象与える色もあれば、逆に控えめで大人しい印象を与える色もあります。

色を上手に利用すれば誰かに意欲的なマインドをアピールすることもできれば、色によって自分が意欲的になれることもあります。色による特徴や性質を理解し、TPOに合わせて色を使い分けてみましょう。

活発で情熱的な「赤」

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

「赤」という色は、活発的や情熱的な印象を与える色として有名な色です。闘牛などが赤い布に向かって興奮しながら走るように、赤という色は人間や動物にパワーを与える色だともいえます。たとえば、スポーツでどうしても勝ちたい、燃えるようなパワーが欲しいという方は赤の服やアクセサリーを身につけるといいでしょう。

エネルギッシュな「黄色」

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

「黄色」という色は、「明るさ」や「元気」などの印象を与えるカラーの1つです。黄色は太陽や光を連想させる色で、色の心理効果としては周囲の人を明るく楽しい気分にさせる効果も期待できます。黄色であれば普段のファッションに取り入れやすいカラーなので、明るく楽しいムードを作りたいときは黄色のものを身につけるといいでしょう。

意欲的なイメージをつける方法

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

周囲の人に意欲的な人というイメージを与えるにはいくかの方法があります。意欲的なイメージを与える1つの方法は、どんな人とでもコミュニケーションを取り、ネットワークや交友関係が広いというイメージを認識してもらうことです。

色々なところに人脈があると、自ずとどんなことでもスムーズかつ上手に物事を進めることができます。意欲的な人は一方でリスク管理も踏まえて状況を判断できる人ともいえるでしょう。

意欲的な性格や魅力を上手にアピールしよう

意欲的な姿勢の特徴・取り組む方法・積極的・主体的との違い

人間にはさまざまな性格の人がいますが、周囲の人に対して魅力を与える性格の1つといえば「意欲的な人」です。意欲的な人は、物事を積極的に進めることができる人で、状況に応じて判断することができ、ビジネスでも重宝される人材の一人です。

意欲的な人に見せる方法はいくつかありますが、意欲的な人の言動を理解し、行動パターンを真似することが意欲的な人になるための近道ともいえるでしょう。

Related