Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月17日

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

プレゼンテーションを行ったことはありますか。就職や成果発表などさまざまな場面で行われるプレゼンテーションですが、得意としておくことで有利になる場面は多いです。この記事では、プレゼンテーションの資料の作り方や発表の仕方のコツを紹介していきます。

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

プレゼンテーションとは

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

プレゼンテーションを行ったことはありますか。就職や成果発表などさまざまな場面で行われるプレゼンテーションですが、得意としておくことで有利になる場面は多いです。この記事では、プレゼンテーションの資料の作り方や発表の仕方のコツを紹介していきます。

プレゼンテーションとは相手に対して情報を提示し、理解を得るようにするための手段のことをいいます。視覚的に効果のあるスライドを使って行うことが多いです。

プレゼンテーションの流れ

プレゼンテーションは構成の決定・資料作成・発表という流れで行われます。上手いプレゼンテーションを仕上げるためにはどの工程もしっかり行う必要があります。

発表には自信があるけど資料作成は下手、資料作成は上手だけど構成が不十分など人によってプレゼンテーションにおける課題はさまざまです。自分の苦手な部分を補って良いプレゼンテーションができるように精進していきましょう。

プレゼンテーションのコツ

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

プレゼンテーションのコツを確認していきましょう。プレゼンテーションのコツを発表・話し方・構成・資料・作成や作り方の5つに分けて紹介していきます。

自分の苦手な部分やさらに向上させたいところに注目して学習していきましょう。コツをつかんでさらに良いプレゼンテーションになるように目指していきましょう。早速見ていきます。

発表

1つ目のプレゼンテーションのコツは「発表」に関してです。発表は堂々と自信を持って行うようにしましょう。

話し手の表情や態度で伝わり方は変わります。自信なさげに話している内容は頭に入ってきません。しっかりと発表の練習や資料の確認を事前に行って発表に臨みましょう。準備をしっかりすればするほど発表の成功に繋がります。

話し方

2つ目のプレゼンテーションのコツは「話し方」に関してです。大きな声でハキハキと、ジェスチャーを交えながら相手に伝える気持ちで話すようにしましょう。

資料を見ただけでは伝わらない部分や強調したい部分を発表では発言します。このプレゼンで最も伝えたいことが何なのかしっかりと明らかにし、身振り手振りを交えながらハキハキと発言するようにしましょう。

構成

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

3つ目のプレゼンテーションのコツは「構成」に関してです。構成がしっかりとしたプレゼンテーションはいいプレゼンテーションになりやすいです。

このプレゼンで伝えたいことを明確にし、どの順番で話すのか何を強調するのかを決定しましょう。「結局何が言いたいの」と相手に疑問に持たれないようにこのプレゼンの目的をしっかりと持つことが大切です。

資料

4つ目のプレゼンテーションのコツは「資料」に関してです。プレゼンの資料となるスライドを見やすさを意識して作成しましょう。

プレゼンテーションの資料作成のコツとして、図を使用してわかりやすくすることや文字を載せすぎないことを挙げます。より簡素的にスライドは作成し、発表の言葉の部分で補うように構成をしましょう。

作成・作り方

5つ目のプレゼンテーションのコツは「作成・作り方」に関してです。プレゼンテーションの作成は構成をもとにフォーマットに合わせて行いましょう。

構成をもとにスライドの数やプレゼンの流れを決めます。字体やデザインはプレゼンする状況にあったものを選び、それに合わせてスライドを作成していきます。第三者目線に立って見やすいものを作りましょう。

スラスラとプレゼンテーションをするコツ

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

スラスラとプレゼンテーションをするコツを確認していきましょう。プレゼンテーションをする本番についてさらに詳しくコツを紹介していきます。

プレゼンテーションは緊張してしまう人が多いため、前もって準備や対策が必要となります。落ち着いて本番に臨めるように工夫した資料の作成や発表の練習をすることをおすすめします。早速見ていきましょう。

文字を少なくする

1つ目のスラスラとプレゼンテーションをするコツは「文字を少なくする」です。作成するスライドに記載する文字の量は最小限にとどめましょう。

強調したい文字や言いたいことだけをスライドに載せるようにします。そして実際の発表の際にはスライドにあるその言葉を見ることで発言する言葉を思い出すようにしましょう。スライドに書いてあることを読むだけのプレゼンは聞き手を引き込むことはできません。

言いたいことをしっかり述べる

2つ目のスラスラとプレゼンテーションをするコツは「言いたいことをしっかり述べる」です。プレゼンにおいて最も伝えたいことが伝わるように表現方法を工夫しましょう。

何かを提案したいのか、どこかをアピールしたいのか、プレゼンをする目的を明確にします。そしてこれが聞き手に伝わるように構成を考えましょう。実際に周りの人に聞いてもらい、リハーサルすることをおすすめします。

繰り返し練習をする

3つ目のスラスラとプレゼンテーションをするコツは「繰り返し練習をする」です。プレゼンを成功させるには繰り返しの練習は欠かせません。

スライドと原稿を用意して練習を開始しましょう。原稿を見なくてもスラスラと言えるようになるまで練習をします。練習をしながら言いにくいところは変更したりスライドでわかりにくい点が見つかれば修正しましょう。誰かに見てもらうことをおすすめします。

シーン別プレゼンテーションのコツ

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

シーン別プレゼンテーションのコツを確認していきましょう。プレゼンテーションを行うシチュエーションは立場や境遇によってさまざまです。

社内での企画を提案するプレゼンもあれば、就職の際に自分の考えを示すために行うプレゼンもあります。どういった場面でどのようなプレゼンを行えばうまくいくのか考えながら学んでいきましょう。

大学入試

1つ目のプレゼンテーションを行うシーンは「大学入試」です。大学入試においてプレゼンテーションをする場合は、自分が大学で学びたいことや将来の展望について論理的に語りましょう。

大学入試においてプレゼンテーションをする目的は、この大学で学びたい理由やそれを将来活かすことのできるビジョンを相手に伝えることです。プレゼンテーションのコツを意識して臨みましょう。

高校

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

2つ目のプレゼンテーションを行うシーンは「高校」です。高校の授業などでプレゼンテーションを行う場合は構成をしっかりと練り、プレゼンテーションに慣れましょう。

高校のときに初めてプレゼンテーションを行ったという人も多いのではないでしょうか。自分の考えをスライドにまとめて論理的に伝えるという最初の経験として、しっかりと基礎を学びましょう。

就活

3つ目のプレゼンテーションを行うシーンは「就活」です。就活においてプレゼンテーションを行う場合は、一緒に働きたいと思えるようなプレゼンにしましょう。

テーマに関して自分がどのような考えで取り組み、結果を出したのかわかるように工夫しましょう。「考え」の部分に共感してもらえるかどうかが重要です。そこを重点的にアピールしましょう。

会社

4つ目のプレゼンテーションを行うシーンは「会社」です。会社内で企画・提案を行う場合にプレゼンテーションを行うときは、データや市場情報を交えながらハキハキと話します。

相手を納得させるためには論理的な根拠が必要です。過去の実績や市場の動向を事実として表示しましょう。

プレゼンテーションのコツをつかもう

プレゼンテーションのコツ|発表/話し方/構成/資料/作成・作り方

いかがでしたでしょうか。プレゼンテーションのコツや発表、話し方、構成、資料、作成、作り方それぞれのポイントについて紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

プレゼンテーションが上手い人は活躍できる人が多いです。また自分の考えや伝えたいことを話せるようになることは非常に重要なことです。プレゼンテーションのコツを掴んで成功させましょう。

Related