Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月12日

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

ブラック企業は最近でも問題となっていることの一つであり、就職活動の上でも避けなけれはなりません。ブラック企業の特徴は求人案内からもわかる点が多いので、しっかりとした情報収集で避けることができます。ここではブラック企業の特徴についていくつか紹介します。

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

ブラック企業の特徴

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

最近では、かなり改善されてきたとはいえ、いまだに「ブラック企業」と呼ばれる会社が数多く存在します。ブラック企業は近年になってかなり広く知られる単語になってきたのも、日本の雇用形態に変化が生じたことも要因の一つとして挙げられます。

特にインターネットの発達によって、就活生や求職している人にもブラック企業の実態が共有されてきたことも要因の一つとして挙げられます。そのためブラック企業に求人が入らず、さらにブラック企業化するというサイクルに陥ります。

また一度ブラック企業に入ってしまうと、その後の転職などにおいても苦労することがあるので、就活の段階でブラック企業に入らないようにすることが重要になります。

ここでは、ブラック企業に共通して存在する特徴について、例を挙げながら紹介します。

ブラック企業とは

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

そもそもブラック企業とは、どういった企業のことを指すのでしょうか。ブラック企業は、長時間の残業や出勤といった労働環境が悪い企業や、達成ノルマが非常に厳しい企業や、パワハラなどが横行する企業のことを指すケースが多いです。

こういった企業は飲食などの業界に多いともいえ、常に人手不足に悩まされることによって、既存の残っている社員がさらに負担を強いられることにもなるので、ブラック企業から抜け出せなくなるといったことも問題になります。

求人の特徴

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

ブラック企業の特徴はどういった点から見分けるのが良いのでしょうか。ブラック企業を見分ける上で手掛かりとなるのが、ブラック企業の求人広告が挙げられます。

ブラック企業の特徴には、人手不足であるという特徴があるので、常に求人が出ている場合ことが多いです。したがって、求人誌をみて、常に求人誌に掲載されている企業、もしくは何回も求人誌に掲載されている企業はよく見る必要があります。

またブラック企業の特徴として、休みや給料といった待遇面が良くないという点があるので要注意です。特に取得できる休暇に関しては、しっかりと確認しておくことが必要になるでしょう。

ブラック企業の待遇面の特徴1:休暇

ブラック企業を求人誌から見分ける上で、企業が掲載している休暇の日数が参考になる場合が多いです。例えば飲食店などの場合には、土日祝日に必ず休みを取ることができるとはかぎらず、たいていの場合は、シフト制で平日などに休みがある場合が多いです。

また週休二日制は毎週二日休みがあるという勤務形態だとは限らないという点についても注意が必要です。こういった誤解を避けるためにも、年間の休日の数を調べておくということが必要になります。

ブラック企業の場合には、休暇が週二日のペースを切ることも多いので、必然的に年間の休日が少なく記載されるので、ブラック企業を見分ける一つの指標としても使うことができます。

ブラック企業の待遇面の特徴2:給料

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

ブラック企業と呼ばれる企業は大抵の場合、給料の面においても、安い場合が多いです。また給料が高い場合においても、実際の労働時間が長く、給料と釣り合っていないという面もあります。

また給料が最初は高い場合でも、その後の昇給が無いといったケースもあるので、昇給ベースなどについても考慮することが必要になります。

さらに長時間労働の際に生じる残業に関してもブラック企業の場合には、正しく残業代が支払われるかの情報収集が必要になります。特に入社後に残業代が適切に支払われなかった場合には、しっかりと自分自身の労働時間がわかるように記録を残すようにしておきましょう。

ブラック企業の待遇面の特徴3:保険

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

ブラック企業の特徴としては、健康保険などの福利厚生がまったく充実していないという点が挙げられます。

特に健康保険の場合に、自分自身で国民健康保険に加入しなければならないという条件が入っている場合にはブラック企業である可能性が高く要注意であるといえます。なぜなら通常のホワイト企業では、健康保険組合の社会保険であるということが多いからです。

また雇用保険に関しても同じく、ブラック企業の場合には、雇用保険に加入していないことが多いという特徴があるので、保険に関する要綱に関してしては、求人の段階でしっかりと確認することが必要になるでしょう。

ブラック企業の待遇面の特徴4:年金

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

健康保険に加えて、年金という面においても、ブラック企業には特徴があります。通常のホワイト企業の場合には、年金は厚生年金であることが多いです。また規模が大きいホワイト企業の場合には、企業年金というものがある場合があります。

通常の正社員であれば、厚生年金に加入するのが普通ですが、ブラック企業の特徴としては、国民年金への加入をするように言われることがあるので要注意です。

そのため、求人を見る段階で、応募しようとしている企業でどういった年金制度を利用しているかについてはあらかじめ把握しておくようにしましょう。

ブラック企業の待遇面の特徴5:各種手当

ブラック企業の特徴として、年金や健康保険などの福利厚生が良くないだけではなく、通勤手当や住宅手当などといった各種手当が無い場合がある点が挙げられます。

一般的な住宅手当は2万円前後であることが多く、住宅手当の有無は意外とバカにならない金額になります。また通勤手当に関しても日々の交通費だけでも結構な金額になるのでこちらもあるに越したことはありません。

ブラック企業はただでさえ、基本給も低い場合が多いので、これらの手当てが無いとさらに貧困になってしまいます。

交通費や住宅手当に関しても求人に記載されていることが多いので、手当を含めた福利厚生については、しっかりと把握しておくようにしましょう。

面接の特徴

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

求人票を見た上で問題なさそうだと判断できたとしても、実際に面接の場面で「もしかしてブラック企業のような気がする」と感じる場面は多くあります。

特に実際に会社の人事の面接を受けたときに、違和感を感じた場合は、ブラック企業である可能性があります。

ここでは、面接に現れるブラック企業の特徴についていくつか例を挙げながら紹介します。

ブラック企業の面接の特徴1:待遇面の質問を敬遠する

ブラック企業の面接の特徴としてよく挙げられるのは、面接の際に、福利厚生や残業といった待遇面の質問に答えるの避けるといった点が挙げられます。

どうしてそういった待遇面の質問にブラック企業が答えられないのかというと、ブラック企業側に、待遇面のことで聞かれたくない事項があるからであるといった点が考えられます。

特に求人で記載されていた待遇面の内容と、実際の待遇面が異なるといったケースの場合にはそういった面接内容の特徴が現れることがありますので注意して聞いてみるとよいでしょう。

ブラック企業の面接の特徴2:圧迫面接

最近では、面接の際に圧迫面接をする企業は少なくなってきましたが、ブラック企業の場合には圧迫面接は健在であることが多く、ブラック企業の面接の特徴の一つとして挙げられます。

圧迫面接と取られるような高圧的な面接の場合には、社風自体がそういったパワハラ体質であることが多いので、面接の時点で自分に合わないと判断した場合には、面接の時点で避けた方が良い場合もあります。

元々圧迫面接は、応募者のストレス耐性や対応力を見るための手段として用いられてきた一面もありますが、ブラック企業ではそういったところを見ているとは限らず、だただた社風であることが多いので要注意です。

ブラック企業の面接の特徴3:適当な応対

ブラック企業は人手不足であることが多く、誰でもなりふり構ってない状況の場合もあり、ブラック企業たらしめる特徴の一つでもあります。そういった場合には、面接も簡素で適当に行われることがあります。

そのため、あまりにもあっさりと面接試験が終わってしまう企業にも注意が必要だといえるでしょう。就職した後に実際は人手不足で激務であるといった場合があります。

ブラック企業の面接の特徴4:人事が機能していない

人手不足のブラック企業の場合には、人事が機能していないことがあるのが特徴の一つです。そういった場合には、面接が複数名で行われたり、一次面接の時点でいきなり社長クラスの役職の人が出てくることがあります。

ブラック企業の面接の特徴5:雑談ばかりの面接

雑談ばかりの面接内容の場合についても、場合によってはブラック企業のことがありますので要注意です。

これまでのブラック企業の特徴でもよく挙げられているとおり、ブラック企業は常に人手不足であるという特徴があります。そのため面接で応募者の人柄などを見るわけではなく、形式的に面接を行うだけというケースも存在します。

ホームページの特徴

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

ブラック企業の特徴が求人票や面接内容にも現れるように、ブラック企業のホームページにおいてもその特徴がみられるケースも多く存在します。

ここでは、ブラック企業のホームページの特徴についていくつか例を挙げて紹介します。

ブラック企業のホームページの特徴1:同族経営である

企業のホームページには、大抵の場合社長以下重役の名前のリストが掲載されています。ブラック企業は同族経営であることが多いので、ホームページのリストに関しても、同じ苗字の名前が連なっていることが多いです。

そのためホームページに掲載されている経営者のリストは、ブラック企業を見分ける特徴の一つとして用いることができます。

ブラック企業のホームページの特徴2:常に人員を募集している

ホームページには採用情報を併記している場合があり、企業で人員を募集している場合には、そこに求人情報が掲載されています。

ブラック企業の場合には、ホームページ上に求人情報を掲載しても、決まらないことが多く常に求人情報が掲載されているという特徴があります。

そのためホームページの求人情報の欄の最終更新がいつなのかという点についてもブラック企業を見分ける特徴の一つとして用いることができます。

ブラック企業のホームページの特徴3:直近の業績が悪い

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

企業のホームページには、投資家などに向けた企業業績について記載されたページがあることが多いです。企業の業績が悪い場合には、当然社員の待遇に関してもあまり期待することができなく、ブラック企業であるケースがあります。

そのため、就活中に業界のリサーチをする上で、就活で応募予定の企業が決まっているのであれば、事前に企業の業績を調べておくのが良いでしょう。仮にブラック企業でなかった場合でも、その情報収集は役に立つことが多いです。

朝礼の特徴

企業では朝礼を行い、日や週ごとの目標や予定を社員で共有することが多いです。ブラック企業では朝礼がパワハラの温床であったりすることが多く、特徴的です。

ここではブラック企業における朝礼の特徴についていくつか例を挙げて紹介します。

ブラック企業の朝礼の特徴1:パワハラ

特に営業の場合には、ノルマに達成していない場合などには、朝礼は罵倒やパワハラの場になります。この特徴は、特に激務でノルマの厳しいブラック企業でみられる特徴の一つとして挙げられます。

ブラック企業の朝礼の特徴2:社訓などを音読させられる

社長のカリスマ性の強いブラック企業の場合には、朝礼の場で社訓を読まされたり、暗唱させられたりすることがあります。

特にブラック企業の新人研修でひたすら社訓を暗記させられたりといった内容がある場合には、要注意だといえ、ヘタするとブラック企業に洗脳される第一歩である可能性があります。

ブラック企業の社長の特徴

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

ブラック企業の社長にもいくつかの特徴があります。ブラック企業の社長は一代で会社を立ち上げたある意味カリスマ性の高い特徴があり、自分がいくら苦労してもなんとも思わないタイプがあります。

そういった社長の場合には、部下にも自分の苦労を強要することが多いので、要注意です。

また同族経営で会社の利益を親族だけで独り占めするといった社長もいるのが特徴の一つとして挙げられます。こういった会社は何代も続く小規模な会社でみられる特徴でもあるといえるでしょう。

新卒のブラック企業の特徴の見分け方

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

新卒の場合には大学三年の終わりあたりから就活がスタートします。就活は企業の求人情報や業界の情報収集から始まることが多いです。会社の業績や業界の忙しさなど、ブラック企業やブラック業界かを判断する材料はあらゆるところにあります。

そのため、情報収取の段階で、ブラック企業の特徴に当てはまる項目を片っ端から確認していくことが見分ける上で重要です。

中小企業の場合

就活で受けようと考えている企業が中小企業の場合には、情報が少なく、本当にブラック企業なのか分かりにくいといった特徴があります。

そのため、中小企業の場合には、面接などで企業の待遇面などについて直接聞いて自分自身で判断することが必要になります。あらかじめ面接で聞きたい内容に関しては事前にリストアップしておくことが必要になるでしょう。

ブラック企業に就職しないようにするためには

ブラック企業の特徴・社長の特徴・新卒の見分け方|求人/面接

ブラック企業は、労働者の労働力を使い潰してしまうので、就職しても良いことはあまりありません。そのため事前の情報収集でブラック企業に就職しないというのが必要になります。

ブラック企業は、人手不足なので、求人誌や求人サイトに常に存在します。ブラック企業に引っかからないためには自分自身でブラック企業かどうかを判断する能力が求められます。

Related