Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年12月12日

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50代になると社会的にも会社の中でも経験豊富となる頃ですが、そんなときに不安を感じることはないでしょうか。50代で転職する必要があった場合、未経験からの出発となります。そんな未経験からの出発である50代転職の成功を導く方法をご紹介します。


50代は人材の宝である年齢層なのか?

50代は、会社内でも家庭でもある程度の経験を積んでいる世代だといえます。会社内においては、若い社員を教え導く立場であり、家庭内では子育てが終わりかけていることでしょう。

そんなスキルと経験豊かな50代の人にとって、自分にあった仕事で活躍できることは幸せなことだといえます。

しかし、これまでのスキルや経験が将来的にも今の環境では発揮できないと思ったときは、転職という選択肢を考えてみられてはいかがでしょうか。

今回は50代の多様な働き方があり、未経験の職業でも挑戦ができる転職サイトをご紹介します。

50代のよくある悩み

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50代の年齢に突入すると、今までの環境がガラリと変わってきます。

例えば家庭内においては、育児も終わりそろそろ子どもたちは独立の道へといくことでしょう。そうすると今までの家族単位の行動パターンも変化していきます。

また、育児に変わって親世代の加齢による介護という問題もせまってきます。それと同時に、自分自身の老後の設計もしっかりしたものにしていかなければなりません。

悩み1:気力と記憶の保持

50代の人達の子供世代となると進学から就職へと移っていくにつれ、今まで家族に一生懸命に使っていた時間が自分の時間として戻ってくる反面、まだまだ子供たちや自分たちの老後の人生設計のためにも働かなければ経済的に成り立たにくいという世代でもあります。

特に女性に多い傾向としては、子育ての期間中は正社員としではなく、パートなどの短期での仕事しか時間的にできなかった方も多くおられることでしょう。

転職すること未経験となると、最初から職場のシステムなどを覚えなおさなければならないということも多くなります。

50代になると、そういった未経験の分野でのシステムを覚えたり、慣れない職場での環境のために心身ともに気力が保たれるかをより心配されることでしょう。

だからこそ、50代の転職は未経験であっても自分に合う仕事で、しかも長期間就労できる場所を探すという努力が必要となります。

悩み2:職場環境と人間関係

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

転職することで、これまでの職場内外においての人間関係がほとんどなくなります。

また転職したことにより会社が変わることで通勤時間やその他の環境も大幅に変わることでしょう。特に転職先の職場における人間関係の構築は最も重要な要素だといえます。

転職することで新しく入社した会社が異業種だった場合は、未経験からの出発となり、なおさら不安を覚えることでしょう。

50代の転職には、年収だけではなくさまざまな条件を精査する必要があるといえます。

50代の転職人数・平均転職回数

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

全体の世代の動きとして転職での採用は右肩上がりに上がってきています。

50代の転職で再就職を決定された人数は、平成21年度を1とするとき、平成29年度では約2倍の伸び率となっています。この転職による再就職の決定者の中には、未経験の分野から就任された方々がおられるのは言うまでもありません。

なお、50代での平均転職回数としては2.3回の転職が普通だと言われています。

50代からの転職満足度

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50代で未経験の分野の転職は、求人も限られ面接まで進むのも大変な場合が多いことでしょう。

また、採用されても給料面などの条件が悪くなったケースも少なくないのが現状です。

しかし、50代からの未経験の転職であっても成功している人も多くおられます。50代で転職して満足度を得られた人々は、未経験の分野も含めて転職が成功した人だといえます。

未経験の分野も含めて、50代の転職が成功した多くの例としては、日ごろ培った人脈を利用して転職したという人々です。

その他の例としては、長い実績と経験に裏付けされた専門分野や特定分野がある方が、そのスキルを利用して転職を成功させる例も多いことでしょう。

この場合、特定のスキルや専門的知識や経験を積んでいる50代の転職者には、その経験などを求めている企業に転職すると、転職しての満足度も得られやすくなります。

50代未経験女性の転職では

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

今まで結婚、出産、子育てを終え、介護などのさまざまな経験がある50代女性の転職では、パートや派遣などから働き始める傾向が多いといえます。

そのため、50代女性は50代男性と比べて転職の割合が高くなりがちとなっています。

50代女性は経験豊富な人が多いため、誰とでも気軽に話しやすいというコミュニケーション能力に長けている上に、子育てのために急に休むことが少ないという面が多いので確かな労働力となるため、企業にとっても雇用するメリットがある世代だといえます。

50代女性が転職を希望する際には、これらの要件は強みであるといってもよいでしょう。

転職の前に考えてほしいこと

50代に限らず転職を考えるとき、会社のグレードや提示されているサラリーはもちろん大事ですが、その他で考えたいのはなんといっても職場の雰囲気だといえます。

しかし、まだ就職していない職場の雰囲気を知るのは難しく、転職先が未経験の分野であるときは予想がしにくいので至難の業だといえます。

そこで転職する前に注意し、検討する必要がでてきます。それではどんなことを注意したらよいでしょうか。

注意点1:情報収集は大事

50代の転職は、そのまま現在の職場にいるならば定年退職までの期間がわずかとなってきているという点で検討する必要がでてきます。

50代に至るまでの経験を現在の会社では活かしきれないと感じたとおもっても、再就職の際にあなたの希望がどこまで通るかを客観的にみる必要がでてきます。

客観的に自分自身を冷静に見るというのは、本来むずかしい事ですので、会社の同僚や知人友人などを通じて、さまざまな情報を収集することをおすすめします。

注意点2:早期退職問題と社会保険

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50代の転職ならではの特徴といえるのが「早期退職」の問題です。

この早期退職の大抵の条件は、60歳までの定年退職とほぼ同じ退職金プラスαを会社から提示されたときに、その対象者となる50代会社員が直面する問題となります。

定年退職よりも早期退職のほうが、たとえ金額的に有利であっても、健康保険や年金などの社会保険も合わせて検討することをおすすめします。

現在のあなたが加入している健康保険には、疾病または負傷により就業できない場合に療養中の生活保障が給付されるという傷病手当金があります。

この傷病手当金は、健康保険や船員保険において要件が満たしている場合は保険者が絶対に給付しなければならないという絶対的必要給付となっています。

これに比べて国民健康保険や後期高齢者医療保険は、傷病手当金が任意給付となっています。社会保険を見ても、転職することで変化することも注意する必要があります。

50代で未経験職に転職できるのか?

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

今まで経験と技能をみがいてきた50代転職者にとって、人によっては新しい分野に挑戦するために未経験からの出発をされる方も少なくはないことでしょう。

なんとなく予想しているつもりでも実際に転職をした場合には、あまりにも難しいと思える場面に出くわす可能性もあります。

それが未経験の業種ならばなお更覚えることが多く、大変な思いをされることでしょう。未経験の業種に転職する場合の心構えなどもあわせて考えてみることにしましょう。

50代からの未経験職は最初が大変

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50代の方は、良くも悪くも今までの経験と要領で社会全般の分野で活躍されてきた方が多い世代です。

未経験分野の転職ともなると、転職先の会社の規則や仕事の段取りなどを覚えなければならず、企業によっては研修などのあとにもレポートなどの課題をかすところもあり、未経験ゆえに覚える量の多さにびっくりされることもあることでしょう。

どんな企業であっても未経験で転職すれば覚える量に苦労されるでしょうが、それを乗り越えることができれば、転職の成功も見えることになります。

50代はさまざまな経験を積んできた分、記憶する事が不得意になってきたという方もおられるでしょうが、人一倍の努力をすることを未経験の出発でも転職の成功を望むことは可能です。

50代だからこそ、新たな未経験分野の転職をチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

50代の転職者に企業が求めること

50代の転職者に対して企業が求めることは、なんといっても豊富な経験と知識、そして人脈さえも期待されることもあります。

このことは、未経験であっても50代転職者にもとめられることに変わりはないでしょう。

そんな企業が求めることに応えることができれば、50代からの転職はたとえ未経験であっても転職先の会社でのあなたの存在価値が上がります。

それでは、未経験者も含めた50代転職者に求める企業の要望とはどんなことでしょうか。

求めること1:丁寧な対応

50代は、それまでの世代に比べると全般的に熟練したスキルや一般常識を兼ね備えた人が多いため、仕事の内容も丁寧かつ充実した結果を導き出してくれるのではないかという期待が企業側にはあります。

加えて、それまでに子育てなどで家庭内にいた主婦(夫)の人が未経験で転職してきても、それなりの人脈をもっておられる事にも企業側は関心をもっていることでしょう。

そろそろ子育てが完全に離れる50代の転職においては、家庭生活も安定期であるため未経験であっても人材が確保しやすい世代だといえます。

重篤な親の介護がない限りは、子育て世代に起こり得る早退が少ないため、企業側からすれば未経験から出発の転職者であっても、業務シフトに組みやすい人材として期待されることでしょう。

求めること2:経験を生かす

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50代転職者には、豊富な経験と能力の持ち主が多い労働力だと企業が期待しています。現実に企業内での研修などでは、社員教育に多額の投資をされています。

50代転職者の豊富な知識は、若い世代の見本となり、教育などにも協力してもらいやすいと考える企業は少なくありません。

実際に40代、50代などの転職者を多く採用したことにより、それまでの業績を大幅に上げた企業もでてきています。求人市場では今までにない新たなニーズが生まれてきています。

50代の未経験転職におすすめの業界・職種

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

人生100年の時代と言われる現在では、以前の50代の転職とは違いさまざまな考えのもとで求人がだされています。

一方で50代未経験転職者だからこそ、プロフィールの段階で落とされてしまって面接までに行かないというジレンマを抱えることもあることでしょう。未経験の50代転職者を本気で採用したいという企業は必ずあります。

企業のイメージだけでなく、募集要項もく見ると意外とあなたに合った求人であったりする場合があります。まずは、未経験分野の転職を考えておられる50代の方に対して求人が比較的多い職種からご紹介します。

業界職種1:建築業

建築業の職種となると力仕事が主となり、50代の未経験の方にはハードルの高い職種のイメージがありますが、重たいものを運ぶ職種ばかりとは限りません。

建設工事全体の行程を見守り、管理するために50代の未経験者を求人される場合があります。

また同じような役割となりますが、警備会社においててトラックや歩行者を誘導するような警備員の仕事である場合は、50代の未経験者であっても採用される確率は高いことでしょう。

業界職種2:運送業

Bottom banner

物を乗せてお店や顧客に届けるという運送業は、最近では人手不足が深刻な問題となっています。

未経験での転職に、運送業界を検討されるならまずはハードルを低いものにされることをおすすめします。

例えば、企業向けの郵便物などの比較的軽いものを運ぶ企業などでも未経験の求人をされています。企業によっては、50代の未経験女性であっても容易に転職できることでしょう。

業界職種3:保育園など

少子高齢化が叫ばれ続けている現在、子供たちを預かる保育士などの業務に就労する人達が必要な数に達せず少なくなっています。

保育士となるとライセンスが必要な職種ですが、保育士さんを補助の職種であれば、特別なライセンスはいりません。

未経験の50代転職者にとって、馴染みやすい職場環境がある職種なので、このままの就労でもよいのですが、ライセンスがあればより有利な環境で働くことが可能となります。

業界職種4:デパート、モールなど

さまざまな企業や店舗が集まっているデパートやモールでの転職は、物流や事務系の職種が多いので、50代未経験者であっても職場環境に慣れやすい職種であるといえます。

また、デパートやモールではパートやアルバイト、派遣などさまざまな形態で転職されていおられる方が多い場所です。

就業形態の選択肢も多いので、一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

業界職種5:介護など

人は誰でも加齢により老化現象が起こります。少子高齢化社会を支える介護職は、就業される方の負担などが話題となり、徐々に給料の見直しをされてきている業界です。

この介護の業界も人手不足となっています。50代未経験者であっても転職しやすい業種となっています。

50代の未経験転職におすすめの転職サイト

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50代転職者の中には、今までの経験を活かしながらも新しい分野で自分らしく働ける仕事に挑んでみたいという方々も少なくないでしょう。

そういう未経験でも、自分にあったものを探したいという方にはいくつかのおすすめの転職サイトがあります。

リクナビNEXT

求人数★★★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

リクナビネクストは、社会人の転職情報としてリクルートが個人向けに転職を支援するサービスとして提供されています。

大手企業からベンチャー企業まで幅広い求人情報数を誇っています。
転職先の企業数は業界最大で、おすすめの転職サイトだといえます。

doda

求人数★★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★

dodaは、転職に関してわからないだらけの項目を、転職のプロアドバイザーがキャリアプランの提示などをしてくれます。

産休・育休取得の実績がある企業などの情報提供することで、転職先の定着率を目指すおすすめの転職サイトです。

from40

求人数★★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

40代、50代の中高年の転職サイトであるfrom40は、求人数3000件以上を誇っています。

from40にあなたの条件を登録することで、未経験であっても企業からの直接オファーが届くシステムになっています。

スカウトという形で、優良企業からのオファーがくる可能性があります。

50代の未経験転職におすすめの転職エージェント

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

50代に限らず未経験からの転職ともなれば、長年の仕事を通しての得手不得手が自分では判断が難しいと思う方もおられることでしょう。

大抵の場合、第三者が見たほうが個人の長所や短所が見えやすいという結果が多い傾向にありがちです。

だからこそ、転職エージェントを慎重に選択することが大事だといえます。

リクルートエージェント

求人数★★★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

リクルートエージェントは、非公開求人約10万件あり、転職支援サービスを申し込こみ、プロフィール情報と希望を入力することから気軽に始められます。

リクルートエージェントは、転職成功実績がナンバー1を誇っています。

dodaエージェント

求人数★★★★
サポート力★★★
満足度★★★★

dodaエージェントは、転職者が抱える疑問に充実のコンテンツをもって応え、サポートをしてくれます。

転職を成功に導くためのさまざまなサービスが展開されています。

ビズリーチ

求人数★★★
サポート力★★★★
満足度★★★★

あなたのこれまで培ってきたスキルを存分に発揮したいという思いでの転職には、おすすめの転職エージェントです。

管理職や海外事業案件も多数あり、高年収求人を探されている50代転職者にはおすすめだといえます。

50代の未経験転職におすすめの資格

50歳でも転職できる?未経験OKな仕事や使うべき転職サイトを紹介

未経験だからこそ、もっと自分らしく仕事をすすめていきたいと思う方は多いことでしょう。

それは、50代転職者にとっても同じことがいえます。資格があれば、転職にも有利となることでしょう。

では、50代の未経験転職者にとって、どんな資格があれば転職に有利となるでしょうか。

飲食業界に役立つおすすめの資格

今まで専業主婦(夫)をされてきた方のように未経験でも取得しやすいのが、フードコーディネーターです。

フードコーディネーターは、食品開発やプロデュースなどの食に関する情報を発信する専門家です。専業主婦(夫)の経験が活かしやすいおすすめの資格です。

また、実務経験を2年以上積むことができれば、調理師免許を習得できますので、挑戦されてみてはいかがでしょうか。

物流や製造業界に役立つおすすめの資格

物流や製造業界での求人は、アルバイトやパートを含めて求人数が最も多い業界だといえます。

資格があると資格手当などがつき、長く働ける機会が増えるという意味で、40代、50代の方々が資格にチャレンジされている方々が多い傾向にあります。

代表的な資格としては、第二種電気工事士やフォークリフト免許などで、ニーズが多く募集も多数あり、優遇される可能性の高い資格といえます。

介護や保育業界に役立つおすすめの資格

介護職員や保育士の人材は、人手不足の状態が常態化しています。需要が高まっているからこそ、50代の転職者にも注目の業界となっています。

介護職にあっては、仕事を始めるときに介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を持っていると未経験転職者であっても、すぐに転職先が見つかります。

経験を積めば、社会福祉士やケアマネジャーなどのスキルアップも可能となります。子供が好きな方には、保育士の資格を取得されることをおすすめします。

生活費と年収

早い方なら40代から老後の生活を考える方もおられますが、50代ともなるとほとんどの方が老後の設計を着手されておられることでしょう。

50代は、子育てから卒業しつつある世代ではありますが、代わりに親世代の介護が始まりつつある世代でもあります。

子供世代の就職問題などをサポートしつつ、親世代への介護などの問題を考えつつも、自分たちの退職したあとの老後の経済設計も予想しなければならない、50代の世代は独特の悩みをもつ世代であるといえます。

そんな50代だからこそ、今までの職場であっても、転職をすることを決めても、年収と生活費のバランスを考える必要があるのは言うまでもありません。

50代からの転職だからこそ、未経験となる転職となっても自分に合った仕事選びが重要となることでしょう。

50代の転職の動向

企業の中には、50代60代の転職者を積極的に受け入れるという文言をわざわざ入れているところもあります。

しかし、一部の企業では企業のイメージを上げるためだけで使っているというところもあります。つまり、募集人数以上ならば実際には若い世代を優先するところもあるということです。

しかしながら、50代転職者を本当に望む企業は必ずあります。年齢が若いだけの人の企業は成長しないと考える管理職がいる会社は、50代転職者にとっては居心地のよい会社で、将来有望となる会社です。

探し求めるのは大変ですが努力は必ず報われます。経験豊富でも未経験でも、まじめで丁寧な仕事をする50代転職者のニーズはこれからも増えていくことでしょう。

転職するならマイナビエージェントがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。大手転職サービスのマイナビエージェントは、知名度を最大限に生かした豊富な求人数に加え、転職成功に向かって並走してくれる優秀なキャリアアドバイザーのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひマイナビエージェントを利用して、あなたの可能性を広げましょう。

業界大手の信頼と安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人