Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

「せいさく」と同じ読みをする「制作」と「製作」ですが、どちらも作るという意味があります。皆さまは、同じ「作る」でもそれぞれの意味の違いを知っていますでしょうか。「制作」と「製作」それぞれの意味の違いや使い分けについてご紹介しています。

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

「制作」と「製作」の違い

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

「せいさく」と読む「制作」と「製作」、どちらも「つくる」という意味がありますが、2つの違いを皆さまは知っていますでしょうか。どのような使われ方をしているのでしょうか。

「制作」と「製作」の違いや、正しい使い方をご紹介いたします。

「制作」とは

「制」には「制度」や「制服」など取り決める、きまりなどの意味や、「制限」のおしとどめるの意味、「制御」「管制」など支配するという意味などがありますが、「制作」の「制」は切る、断ち切る、作るという意味があります。「制作」は、必要なものを切りとり、不要なものを断ち切り、品物を作るということ、と考えることができます。

芸術作品や番組などを作ること、展覧会に出す作品を作ったり、絵画や映画など作ることを「制作」といいます。「制作」は、クリエイティブなものであり、個人の能力や才能に依るものです。

「製作」とは

「製」はものをつくること、という意味があり、「製塩」「製菓」「製鉄」「製紙」「製図」「製造」「作製」「和製」「特性」などの使われ方をしています。

「製作」とは①機械や道具などを使って品物をつくること、②映画や演劇などを企画立案すること、プロデュース、の意味があります。

「製作」はマニュアル化できるものに使われ、裏方の仕事、ビジネス実務、物品などを作ることにあたります。

「制作」と「製作」の違い

つまり「制作」と「製作」の違いは、クリエイティブなものなのか、それとも機械的にマニュアル化して作ることができるものなのかということになります。「制作」は知的なもの、「製作」は物品、形のある物という違いがあります。

ただし、テレビ業界や映画業界では、「制作」と「製作」の違いは独特なものです。著作権法の関係で「制作」するための資金を用意する人のことを「製作者」と言い、現場で作品を作る人のことを「制作者」ということです。

脚本を書いたり、作品、映像を作ることはクリエイティブなことなので「制作」ですが、そのための企画をし資金調達をしたり、宣伝したりすることは「製作」にあたります。

制作者と製作者の違い

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

「制作者」と「製作者」の違いですが、「制作者」とは、クリエイティブな作業をするアーティスト、グラフィックデザイナー、エンジニア、クリエイターなどを指し、「製作者」とは、製品を作った人や工場などや、映画の世界では出資者や企画・販売している人や会社を指します。

「制作」と「製作」の違い、英語も違う?

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

「制作」と「製作」の違いは、英語で言う場合も違いがあるのでしょうか。

英語での言い方にも違いがあり、いくつかありますが、「produce」は「制作」も「製作」どちらにも使われます。

「制作」「produce」は、産する、生ずる、製造する、生産する、作り出す、描く、作る、という意味で使われます。制作した芸術作品は「work」を使い、「a work of art」のように使います。

「製作」は英語では、一般的に作るという意味では「make」 、工場などで大量に作ることを「manufacture」、映画・演劇などを作ることを「Produce」といいます。

和製英語に「プロデューサー」がありますが、これは「製作」の意味で使われ、映画やテレビ番組、ラジオ番組、ドラマ、アニメなどの製作者、演劇の演出者のことを言います。ポスターや看板などの広告、コンピューターゲームなどを作る際の予算を含めた責任者という意味となります。

「制作」と「製作」の類語

クリエイティブな要素の強い「制作」の類語には、「創造」「創作」「クリエーション」「著作」「発明」などが挙げられます。オリジナルに「創る」こと「生みだす」ことを意味するならば「設立」「建設」なども「制作」の類語と言えるでしょう。

機械的、流れ作業的に作る場合に使われる「製作」の類語には、「作製」「製造」「生産」などがあります。

制作」と「製作」の類語をみると「生産」「工作」などどちらにも共通している類語もありますが、「制作」の類語「創造・創作」と、「製作」の類語「作製・製造」などのように意味の違いがはっきりしたものもあります。

「制作」と「製作」「作成」と「作製」

類語の中でも特に似た意味でよく使われる「作成」「作製」の違いについても少しみてみます。

「作成」とは文章、書類、計画などを作ることを言い、「作製」とは機械、図面、芸術作品など製品を作る場合に使われ、「作成」も「作製」も「制作」「製作」の類語です。

例えば「ホームページ制作」「ホームページ作成」どちらも使われていますが、「ホームページ制作」はオリジナルのホームページを作ることですが、「ホームページ作成」になりますと、ジャンル別に用意されたテンプレートなどを選んだり、プロでなくても使うことができる作成ツールを使って作る意味となります。

芸術作品をつくることにも使われる「制作」の類語「作製」は、例えば標本や洋服など製品を作ることです。マニュアル化して作ることができる「製作」に似ている「作成」ですが、書類、例えば報告書やスケジュール、ウェブサイトなどを作ることは「作成」を使います。

「制作」と「製作」の違いと使い分け方法

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

「制作」と「製作」の違いはおわかりになりましたでしょうか。クリエイティブな「制作」と機械的な「製作」の違いが分かれば、どちらを使えば適切なのかも想像できるでしょう。「制作」と「製作」の違いに留意し、次の項目をみていきましょう。

保育

保育所や幼稚園、託児所など「保育」の場では、遊びや活動の一環として絵を描いたり、さまざまな材料を使い作品を作る「せいさく遊び」「せいさく活動」をしますが、一般的に保育の場では「製作」が使われています。

「制作」と「製作」の違いは、クリエイティブであるか否かですので、厳密に「制作」と「製作」使い分ける場合は、子ども一人ひとりが独創的に自由に作品を作る場合には「制作」、クラス全員が先生のお手本の通り同じものを作る場合には「製作」が適しています。

「制作」は自由に絵を描く「絵画制作」自由に創作する「ねんど制作」などのように使います。また、例えば「卒業制作」のようにクラス全体や、複数人でオリジナルのものを作るような場合にも「制作」とするとよいでしょう。

園によっては、「製作」と「制作」を使い分けるところもあれば、統一して「製作」とするところもあるようですので、上の先生に確認するようにしましょう。

アニメ

「アニメ制作」「アニメ製作」どちらも使われていますが、違いは何で、どのように使い分ければよいのでしょうか。

アニメも、映画やテレビ番組と同じく、脚本を書いたり原画を描くなど作品を実際に作る側が「制作者」、企画し出資したり、放映販売する側が「製作者」となります。

映画

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

映画の世界では「製作」と「制作」は独特に使い分けられています。「制作」と「製作」の違いと使い分けは次のようになります。

映画業界の「制作」

映画業界での「制作」は、映画の創作に関わる部分、脚本、アーティスト、撮影、演出、音楽などが当たります。

アーティストがいて、クリエイティブなものをつくる作業を「制作」と言います。

映画業界の「製作」

映画業界の「製作」は、制作の裏方、衣装やメイクの準備、小道具や撮影セットの準備をすることの他、資金調達、広告、マーケティング、配給などのことを言います。

映画業界での「製作」は「制作」する側を支えている側となり、物品をつくる「製作」とは意味に違いがあります。

デザイン

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

デザインもクリエイティブなものなので、デザインすることは「制作」を使い「デザイン制作」となりますが、「デザイン製作」もよく使われています。何が違うのでしょうか。

「デザイン製作」は「デザイン制作」にプラスして、企画立案、プロモーション販売なども含まれています。

デザイン制作会社、デザイン製作会社、どちらも見かけますが、会社の形態によって違います。デザインの制作だけに関わる会社なのか、デザインの製作つまり企画立案、プロモーション販売などにも関わっている会社なのかという違いがあります。

同じように、デザイン制作費は、クリエイティブなデザインを制作した費用となりますが、デザイン製作費は、デザイン制作の費用にプラスして、プロモーション販売、広告などその他の費用も含まれているということです。

会社によって、内容によらず「デザイン制作」「デザイン製作」と統一しているところもあるようです。

ホームページ

ホームページを作ることは、「ホームページ製作」は使われておらず、「ホームページ制作」または「ホームページ作成」が使われます。

「ホームページ制作」はオリジナルのホームページを作ることですが、「ホームページ作成」になりますと、ジャンル別に用意されたテンプレートなどを選んだり、プロでなくても使うことができる作成ツールを使って作る意味となります。

「ホームページ制作会社」「ホームページ制作費」「ホームページ作成会社」「ホームページ作成費用」などのように使われています。

ゲーム

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

「ゲーム制作」と「ゲーム製作」の違いとは何でしょうか。

「ゲームせいさく」においても、映画やテレビ番組と同じように、オリジナルのゲームを作ることはクリエイティブなことですので「ゲーム制作」とするのが適しており、制作費を出資する人や会社については「製作」が使われます。

ゲームを作っている会社には「ゲーム制作会社」「ゲーム製作会社」がありますが、違いは、ゲームのシナリオを書くなどクリエイターがゲームそのものを作る会社は「ゲーム制作会社」、ゲームの企画開発・販売なども関係する会社は「ゲーム製作会社」となります。

プログラム

「プログラム制作」「プログラム製作」どちらも目にしますが、何が違うのでしょうか。

「プログラム制作」は、演奏会や発表会などのプログラムの制作のことをいい、「プログラム製作」は、ウェブ用のプログラムを作ることをいいます。

デザイナーが、演奏会や発表会に適したデザインを施し、イメージに近いプログラムを作ることは「プログラム制作」で、「プログラム作成」としている場合もあるでしょう。

ウェブ用の「プログラム言語」を用いて、コンピューターを動かすためのプログラムを作ることを「プログラム製作」といい、「プログラム作成」としている場合もあります。

音楽

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

音楽を作曲したり、音楽を作ることはクリエイティブなことなので、「音楽制作」といい「制作」が使われます。

ピアノやギターなど楽器を使って作曲する場合だけでなく、「音楽制作ソフト」を使いPCで音楽を作る場合なども「音楽製作」とせず、「音楽制作」を使います。

「制作」と「製作」の違いと使い方

「制作」と「製作」の違い・使い分け方法|保育/アニメ/映画

「制作」と「製作」の違いや使い方をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

クリエイティブな作業で、アーティストやクリエイターなどが関わりオリジナルな知的なものを作ることを「制作」、マニュアル化することができ、機械的な作業で同じものを作ることを「製作」といいます。

保育の場面の「制作」と「製作」の違い、アニメ、映画の世界での「制作」と「製作」の違いなど、使い分けが必要な場面は多々ありますが、この記事をぜひ参考にしてください。

Related