Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年10月16日

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

「ちやほや」と聞くと取り巻きを連想しますが、ちやほやされたいと感じるのはなぜでしょう。この記事では、そこにはどんな心理があるのか解説しています。また、ちやほやされている人に対しての感情やその対処法についてもご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。


ちやほやされたい人の心理

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

「ちやほや」とは、相手の機嫌を取ったり大切に扱う様子です。機嫌を取られるのはさておき、大切にされて嫌な気はしません。ちやほやされているときは、自分に注目の目が集まっています。

「人気があるな」と感じることも多々あるでしょう。そのときのちやほやされたい人の心理には、「自分を認めて欲しい」「自分に関心を持って欲しい」など、自己顕示欲が強く出ています。

かまわれたい

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

かまわれたいのは寂しいからです。自分の中に満たされないものを抱えていると、周りに人がいることで寂しさを紛らわせようとします。ちやほやされている間は、自分に関心が向いているので一人じゃないと感じるからです。

しかし、これでは満たされない気持ちの解決にはならないので、自分と向き合う時間を作ることが大切です。どうしたら満たされるのか、自分の気持ちが楽になるのかを考えましょう。

また、ちやほやされてかまわれたいときには、モテたい気持ちも入っています。モテるために自分の外見や内面を磨くのも、満たされない気持ちの解決につながるでしょう。

自信がない

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

周りがちやほやしてくれるのは、自分の中に優れたものがあるからです。それは仕事であったり趣味であったりしますが、いつまでもちやほやされているわけではありません。そして、ちやほやされなくなると、途端に寂しくなり自信をなくします。

周りに人がいてほめられるからこそ自信につながるので、ちやほやされたいと考えます。しかし、周りの関心が逸れたからといって、自分の優れているものが消えるわけではありません。ちやほやされるのは「おまけ」として肩の力を抜きましょう。

ちやほやされたい男性の心理

男性は自分の縄張りを意識するので、自己顕示欲が強いです。周りからちやほやされることによって、「力」を感じることでしょう。また「子孫を残したい」という本能から、女性にモテたいという欲求も強いです。

ですから、特定の彼女がいても結婚していても、浮気心がチラついてちょっかいを出すケースも少なくありません。相手にかまわれていても、よそ見をしたくなるのは、モテることで自分に自信を持ちたいからです。

ちやほやされるたびに自信もついていきますが、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ということわざにもあるように、謙虚さを忘れないようにしましょう。

ちやほやされたい女性の心理

ちやほやされたい女性は、寂しがり屋で甘えっ子が多いです。寂しいから周りの関心を引きたいし、甘えたいから頼りなさをアピールしたりします。また、自分を認めて欲しい気持ちから、周りより優位に立ちたがります。そうすることで自信につなげるのです。

しかし、ちやほやされることで寂しさや甘えは満たされますが、根本的な解決にはなっていません。根拠のある自信をもつために、自分の内面を磨きましょう。

ちやほやされる人の特徴とは

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

ちやほやされる人にはどのような特徴があるのでしょうか。ちやほやされている人は、少なからず自分が注目されていることは分かっています。ですから、外見にも気を配っています。

しかし、他人からの評価が気になっていることは、自分でも理解していない方が多いです。「他人の目は気にしない」と言いつつも、「いま自分がどう見られているか」がいつも頭の中にあります。

学校でちやほやされる人の特徴

学校でちやほやされている人の特徴は、何かにつけて目立つということです。女子は、キラキラしたものや話題の小物を持っている子が多いでしょう。目新しさで周りの注目を引きます。自分がどう見られているかがとても気になります。

男子の場合も注目されたい気持ちは女子と同じですが、そこに支配力も加わってきます。自分の強さをアピールすべくケンカをするのは、ライバルの存在がとても気になるからでしょう。

ちやほやされる男子

男子はスポーツができて、リーダー的な子がちやほやされます。頼りになるし外見もよければ、学校のアイドル的存在とも言えるでしょう。他には、ケンカが強くて一目置かれている男子もいます。

しかし、そこには「逆らったら怖い」という気持ちも混ざっています。ですから、機嫌を取るために、周りはちやほやします。機嫌取りのちやほやは、友達とは言いがたく、ふとしたきっかけで孤立することもあります。力で誇示するのではなく、親しみをもたれるように周囲に優しく接しましょう。

ちやほやされる女子

ちやほやされる女子は、男子にちやほやされる場合と、女子にちやほやされる場合があります。男子にちやほやされる場合は、外見や仕草が可愛らしいとか、守りたくなるような頼りなさが可愛いなどです。女子からすると、ヤキモチのターゲットになるでしょう。同性からは「うざい」と思われることが多いです。

女子からちやほやされる場合は、目立つ存在であることが多いです。女子はグループでいることが多いので、自然とその中でもリーダー格が存在します。ちやほやされることが当たり前になると、ライバルが現れたときに蹴落としたい心理にかられ、いじめにつながることもあります。

そうなると、自分がいじめの対象になるのは嫌なので、周りもその子の機嫌取りを始めます。ほめられれば誰でも気持ちはいいですが、天狗にならないように気をつけましょう。

職場でちやほやされる人の特徴

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

職場でちやほやされるのは、学生時代と違って、実力者であることが多いです。ちやほやして機嫌を取ることで、仕事の成果につながることもあるでしょう。

しかし、機嫌を取るというのは、機嫌を取る側も気疲れします。その人から学ぶことがあれば別ですが、できれば一緒に仕事をしたくないと感じるでしょう。社会に出てからのちやほやは損得がついてまわります。

職場でちやほやされる男性

大人になって男性がちやほやされるというのは、あまり良いイメージにはつながりません。ちやほやされる上司は、仕事でもプライベートでも、自分の機嫌が第一です。自分に自信を持っているので、周りの意見をあまり聞き入れません。一緒にいると気疲れするので大変です。

部下にとっては、査定にも響きかねないので、正直なところ、面倒な上司に見えるでしょう。本当に慕われているとすれば、それはちやほやというより、モテるということです。モテる方が好意的で、一緒にいても疲れません。人を惹き付けるものがあるので、自然と取り巻きもできるでしょう。

職場でちやほやされる女性

Bottom banner

職場でちやほやされる女性といえば、若くて可愛い女性社員のイメージがあります。男性社員に人気があり、いつも明るく、服装はパステルカラーを取り入れて柔らかい雰囲気です。思わず守ってあげたくなるような頼りなさを感じるでしょう。それが他の女性社員の間でヤキモチの種になることもあります。

彼女は周りからどう見られているかを意識しているので、同性の反感を買ってしまうこともしばしばです。本当に守ってあげたいのであれば、ちやほやするのは控えましょう。それでなくとも目を引く女性は目立ちます。職場でいらぬ争いが起きないよう、配慮することが大切です。

ちやほやされて当たり前?

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

いつも人の中心にいて注目度が高いと、ちやほやされて当たり前という態度になりがちです。そして、ちやほやされている人は、自分に自信があるので、ライバルの出現にも敏感です。そのような人は、ちやほやされないと話題を自分の方へ向けようとするか、不機嫌な態度を露わにして関心を引こうとします。

このような行動は、自己中心的と言えるでしょう。人の話を聞くよりも自分の話をしたがり、自分の機嫌がよければそれで良しとする人が多いです。

ちやほやされている人に嫉妬してしまうときの対処法

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

「かまって欲しくない」と言いつつも、人から大切にされているのを見ると、羨ましさなどが出てきます。「自分を見ていて欲しい」「関心を持ってもらいたい」など、人気は無いよりあったほうが自分も楽しくなるからです。

また、それとは逆に、疎ましさを感じることがあります。嫉妬です。マイナスの気持ちほど自分自身を消耗させるものはありません。ここからは、自分を楽にしてあげるために、マイナスの気持ちにどう対処したらよいのかを解説していきます。

羨ましいと感じるとき

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

ちやほやされている人を見ると「羨ましい」と感じることがあります。ちやほやされている人が自分にとって好意的な人であれば、それは憧れに近いものがあるでしょう。「自分もああなれたら素敵だな」と感じ、素振りや話し方、持ち物などを参考にすることができます。

そのような人は、ちやほやされているというより、人気者だという認識になるでしょう。人気者であるためには努力も必要です。外見や他人へのマナーも心得ています。

そして、羨ましいと思われる人は、周りにも親切です。人の話に耳を傾け、いつも穏やかであろうとします。ですから、自然と周りに人が集まってくるでしょう。羨ましいと素直に感じ、良いところを参考にしていけば、自分磨きにもつながります。

うざいと感じるとき

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

ちやほやされている人を見て「うざい」と感じるなら、それは自分にとって疎ましい人と感じている場合です。ちやほやされている人もそうですが、周りにいる人に対しても、何だかわざとらしさを感じてしまいます。うざいと感じる場合は、周りが機嫌を取っているだけにしか見えません。

ちやほやされている本人も周りも滑稽に感じることでしょう。もし、ちやほやされているのを見て、自分がうざいと感じるなら、無理に合わせることはありません。嫌な気持ちになるなら、その場から離れましょう。マイナスの気持ちは自分自身を消耗させるだけです。

そこは我慢してまで自分がいなければならない場所なのかを考えてみましょう。付き合いなどもあり、どうしてもその場にいなければならない時は、いったん離れて気分転換してから戻ると良いです。おべっかを使って嘘っぽいと感じるなら、軽い相槌ですませてやり過ごしましょう。

嫉妬にかられるとき

ちやほやされたい人の心理・される人の特徴・嫉妬してしまうとき

嫉妬は自分に無いものを相手に認めているときに起きる感情です。すぐには自分の思いどおりにはならないので、とても苦しくなり、時として憎しみにも変わります。そのようなときは誰かに八つ当たりをしたり自暴自棄になりがちです。

ちやほやされている人を見て平常心を保っているつもりでも、気づかぬうちに態度に出たりします。では、どうしたらその嫉妬を抑えることができるでしょう。それは他の事に目を向けることです。仕事や趣味など、自分が没頭できるものに目を向けると、わずかな時間でも嫉妬から解放されます。

そうしているうちに、環境が変わったり相手のことが気にならなくなります。自分の時間を嫉妬に費やすのはもったいないことです。自分を磨くことに目を向けて、逆に相手に嫉妬されるくらいの素敵な時間に変えましょう。

ちやほやされるのはいつまでか

ちやほやされると気づくのは物心ついた頃です。「ほめられるとなんだか嬉しいな」「かまわれていると楽しいな」と感じます。成長するにしたがって意味合いも変わっていきますが、ちやほやされて嬉しい気持ちはそのままです。では、ちやほやされるのはいつまででしょうか。

幼少期のちやほや

ちやほやされることを意識し始めるのは、幼稚園や小学校など、集団生活を学ぶ頃からです。発表会や運動会など、たくさんの人に注目されるなかでほめられることに快感を覚えていきます。

また祖父母にとって孫は可愛いものですから、何かにつけてちやほやしたがります。叱るのは父母の役目ですから、多少の甘やかしも多めにみましょう。

学生時代のちやほや

思春期になると、他人の目が気になりだします。外見を気にし始めるのもこの頃でしょう。モテたいという欲求も芽生え、多感な時期なので、ちやほやされることに敏感になります。

優越感を感じたり、羨ましいと感じたり、時にはヤキモチを妬いたりするでしょう。「どうして自分は」と人と比べて悩むこともありますが、自分にしかない良さに気づけばそこを伸ばしていくことができます。自分らしさを大切にしていれば、ちやほやされなくても自然と人は集まるでしょう。

大人になってからのちやほや

大人になってからも、競争社会の中で注目を集めることは、自己評価の目安になります。機嫌を取るという意味でのちやほやは、年を取ってからもあります。機嫌を損ねると何かしら周りに影響を与えてしまう人に対してのちやほやです。

しかし、アイドルのように可愛がられてちやほやされるのは、30歳くらいまでと考えるのが妥当です。それ以降は、内面や実力などの本質が見られていきます。ちやほやされるより、人として慕われる魅力を身につけましょう。

自分も相手も気持ち良くちやほやされよう!

「ちやほやされたい」は言い換えれば「よいしょされたい」と同じです。それでも、ちやほやされるのは気持ちいいですし、かまわれたりほめられたりするのは嬉しいことです。周りにはいつも取り巻きがいて、自分に目を向けてくれています。

ちやほやされたいという気持ちは、人気のある人への憧れだったり、満たされない気持ちを埋めるためであったりします。しかし、ちやほやされるのは一時的です。それならば、機嫌取りのちやほやより、尊敬や親しみをもって接してもらう方が幸せです。

自分も相手も心地よく居られると疲れません。そうなるために、自分の内面を磨きましょう。自分磨きは、これからの自分にとってもプラスになります。ちやほやされているときも、天狗にならず、周りへの気配りを忘れないようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related