Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月08日

身内の不幸の連絡方法・返信の仕方・休みになるのか|シーン別

身内の不幸は誰にでも起こることです。その事実を知らせる場合にもマナーがあるので、最低限のことは覚えておきましょう。身内の不幸があれば生活環境が大きく変わります。もしもの時のために残された家族で決めるべきことを決めておくようにしましょう。

身内の不幸の連絡方法・返信の仕方・休みになるのか|シーン別

身内の不幸の連絡方法ってどんな方法があるの?

誰でも身近な人の死を経験することになります。その際には、どれだけ冷静にいられるかが問われるので、メールでも電話連絡でもパニックにならないようにしましょう。

職場に連絡する場合、連絡時間が深夜・早朝のときはメールで大丈夫ですが、基本的には電話で連絡を入れるようにします。その際は、誰が・いつ亡くなったのか・喪主・お通夜の日時などを連絡するようにしましょう。

たくさんの人に連絡することになるので、連絡内容はできるだけ簡潔にします。

メールの場合

身内の不幸があった場合の連絡方法は一般的には電話です。メールで連絡をするのはは深夜や早朝の場合のみと考えておきましょう。取引先に身内の不幸を知らせる場合はメールでも構わいません。

自分に身内の不幸があった場合、とりあえずの第一報はメールで済ませても大丈夫です。ただ、その場合でもその日うちに兄弟・親類、職場には電話で連絡を入れるようにします。その際も連絡内容は簡潔にしましょう。

身内の不幸はどんな人も必ず訪れることです。遺族への配慮はもちろんですが、亡くなった人を安心させるためにも冷静に対処しましょう。

電話の場合

通常、職場や兄弟・親類への報告は電話でします。メールで知らせた場合、いつ目を通すのかわからないので、電話を利用するようにしましょう。兄弟姉妹や親族に連絡する場合は、早朝・深夜であっても電話を使いましょう。

連絡に際しては、死亡の事実とともに、お通夜や葬式の手伝いをお願いすることも伝えておきましょう。中には危篤状態から不幸事に発展することもあります。親しい間柄の場合は、生前うちにの病気の状態を知らせておく必要があります。

身内の不幸があった際の返信の仕方とは

今回は、職場や取引先とのやりとりの最中に不幸があった場合を想定します。身内の不幸があったら、数日間は仕事が進められないことを伝えましょう。その際は、葬式が終わった後に再度仕事の話をするようにメールで伝えます。

本人に身内の不幸があってメールで数日間やりとりしていた場合は、メールで数日間は忌引休暇を取ることを伝えます。そして改めて電話で連絡するようにしましょう。

場面別に見た身内の不幸があった時の連絡方法とは

基本的な連絡方法は電話での口頭報告です。もしメールで連絡をしたとしても、その日うちに改めて電話で報告しましょう。メールの不達や読むまでのタイムラグを考慮して電話で伝えるようにします。

その際に誰がいつ亡くなったのかはもちろん、誰が法事に参加するのかも伝えておきましょう。

職場に連絡する場合

職場への連絡が深夜・早朝の場合、宿直や警備担当者しかいないことが多いのが現実です。円滑な連絡のためにも、職場には状態が悪いことをあらかじめ伝えておくことが必要になります。

自分で職場に連絡する場合は、電話で伝えるようにしましょう。もし亡くなった時間帯が深夜や早朝ならば始業時間以降に連絡してもよいです。身内の不幸があれば、家族としてすべきことが増えます、会社の仕事ができないことを早めに伝えることが必要になります。

結婚式の際に報告する場合

場合によっては結婚式などのおめでたい場に死亡の事実を報告をすることもあります。その際は場を混乱させないように披露宴会場の担当者に伝えます。新郎新婦の身内の不幸があった場合、新郎新婦の口からではなく、仲人らが亡くなった故人を偲ぶような形で報告するようにしましょう。

あくまで結婚式なので、来場者に報告するべきがよく考えましょう。亡くなった人の協力があって結婚に至った場合には「故人のご配慮やご尽力により私たちは結婚することができました」と報告することができます。

身内の不幸は休みを取れるのか?

身内の不幸の連絡方法・返信の仕方・休みになるのか|シーン別

本人に身内の不幸があれば忌引休暇を取得でき、休むことができます。その際は、葬儀執行後に忌引休暇取得の事後手続をしましょう。職場に連絡を入れておけば、手続きを後回しにできることがあります。

亡くなった方との続柄によって、忌引休暇の期間が変わってくるので、職場への報告はできるだけ詳しく、かつ簡潔に伝えるようにしましょう。また、自分が休んでいるときの仕事の引き継ぎなども必要になります。

どれぐらいの日数休めるのか

身内の不幸があった場合、亡くなった方が配偶者ならば10日、両親ならば7日から10日、子供は5日となります。これらの忌引休暇の日数はあくまでも目安です。遠方の実家での葬儀となる場合、さらに日数が増えることもあります。

葬式があったことが証明できる書類等を用意して、後日職場に行きます。そのときに忌引休暇の手続きをします。職場によって必要書類・証明書類は違うので、申請前に必要な書類を確認するようにしましょう。

身内の不幸の際かける言葉の例文とは

身内に不幸があった人には思いやりを持った言葉をかけるようにしましょう。遺族にかける言葉の例文としては「この度は、ご愁傷様です。職場のことは心配しないでください、また私たちにできることがあればなんでも言ってください。」があります。

身内の不幸は、残された方々にとっては大変辛いことです、もし自分にも同じことが起きたらと想定して言葉を選ぶようにしましょう。また、職場に復帰した際にかける言葉も相手の立場に立った言葉をかけるようにします。

身内の不幸があった際に使いたい香典袋とは

職場の上司や同僚や家族・親類に身内の不幸があった場合は、一般的でオーソドックスな香典袋を選ぶようにしましょう。一般的な香典袋は、コンビニや駅のキオスクなどでも買うことができます。

自分に身内の不幸があらかじめ予測されている場合や忙しくて買いにいけない場合はamazonなどで買っておくのも良いでしょう。購入のポイントとしては、金額を書く位置が適切か、個人の名前が書きやすいかなどがあります。

長井紙業 江戸長 ベーシック系

長井紙業が販売するベーシックな香典袋です。オーソドックスなデザインでありながら、高級感が溢れる香典袋になっています。そのため、受け取った人も不快に感じないでしょう。

身内の不幸があった人には品の良い香典袋を渡して、こちらからの哀悼の気持ちを伝えるようにします。この香典袋は名前も書きやすく、ベーシックなものなので、相手に渡してもはずかしい思いをしないでしょう。

「オーソドックスなデザインで使いやすい。」「作りも丁寧で十分満足する商品です。」

出典: https://www.amazon.co.jp/%E9%95%B7%E4%BA%95%E7%B4%99%E6%A... |

身内の不幸があった際に知らせる人を決めておこう

自分に身内の不幸があった場合の連絡先を決めておくことは大事です。故人がお世話になった方や兄弟姉妹・親類縁者への連絡はもちろんです。また、故人が働いていた会社・組織への連絡も必要になることがあります。

誰に連絡するかで迷うのは、疎遠になっている知り合いへの連絡です。故人となってしまった後では、迷いが生じてしまうので、本人が元気な内に誰に連絡するのかを決めておくことをおすすめします。

職場では周囲のサポートが必要になる

葬儀後、遺族の方は職場に復帰することになります。そのとき周囲の人は不幸があった人をサポートするようにしましょう。身内の不幸があった人には、残業をお願いしないこと、引き継ぎも必要最低限にすることなど、負担がかからないようにします。

どんな職場でも身内の不幸があれば、傷心中の人を気遣うのは当たり前の感情でしょう。必要以上に敏感になることはせずに思いやりを持って接するようにします。

また、上司は遺族である部下が精神的な辛さをと感じているとみた場合は早退させることも考えましょう。

仕事を無理して頑張らないようにする

身内の不幸があった本人も無理せずに周囲のサポートを受け入れましょう。不幸事はかならずあること、誰でも情緒不安定になるからです。辛い思いを抱え、無理に仕事をしても自分自身にとっても有害ですし、故人も喜ばないでしょう。精神的に無理だと感じたら、早退や有給を取るようにしましょう。

故人が配偶者だった場合の喪失感は想像以上です。生活のリズムや環境すべてが変化することになります。変化に対応するためにも精神面での健康は大事です。

身内の不幸があれば環境が変わることを覚えておく

身内の不幸の連絡方法・返信の仕方・休みになるのか|シーン別

大切な人が亡くなれば、生活自体が大きく変わっていきます。葬儀や相続、お寺での手続きなどが行われる中、いままで「普通」だった生活は確実に変わります。

相続手続きのために用意されていた書類があれば、兄弟や家族で話し合いが行われることになります。その際は、お互いの疑問点が解消できるよう、忌憚なく話し合いましょう。

自分に身内の不幸があれば、劇的に生活が変わります。生活のために貯蓄をしておいたり、生活費を稼ぐために働く場所を見つけることも必要になります。

人生は長いので故人の死を意味のあるものにするためにもしっかり生きていきましょう。

必要以上に気落ちしないようにする

身内の不幸があれば誰でも気落ちします。その場合は、なるべく気分転換をするようにして気持ちを楽にしていきましょう。親しい人との出会い、例えば孫や子供の顔を見る機会を増やすことでも悲しみは減らすことができます。

自分に身内の不幸があれば辛いですが、いつまで悲しんでも故人は戻ってくることはありません、ならば亡くなった人が安心して旅立てるようにしてあげましょう。今まで会わなかった人に会う機会を設けたり、できるだけ寂しさを感じないような日々を送るようにすることが大事です。

疎遠になっている人にも喪中ハガキを送るようにする

葬儀後には、疎遠になっている人や遠い親戚にも身内の不幸があったことを知らせるようにしましょう。年賀状だけの付き合いがあれば、喪中ハガキを送るようにします。

職場や取引先にも喪中ハガキを送るようにしましょう。葬儀への協力や普段から支えてくれていることへの感謝を示すことになります。

喪中ハガキの準備をしておく

喪中はがきの発送は12月中旬までに行えば年始早々に到着します。もし年賀状を発送してしまった後に身内の不幸があった場合にも、喪中ハガキを出すようにします。年賀状は元日に配られるので引き戻すことができます。

自分に身内の不幸があれば、喪中ハガキを送る必要があります。どのような文面にするか、誰に送付するかを決めましょう。

身内に不幸があっても落ち着いて対応しよう!

「身内の不幸」について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。身内の不幸は誰でも経験すること、避けることはできせん。

身内の不幸は、人間の死に関わることなのである程度のマナーがあります。マナーを守りつつ、亡くなった人を安心させて旅立たせてあげましょう。

自分の配偶者や親がなくなったとしても、残った家族で協力して対応すれば不安は解消されます。一人で悩んで、すべて抱え込まずに残った人の協力を得るようにしましょう。

Related