Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月10日

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

皆さんは、「過日」という言葉をご存知ですか。「過日」はビジネスシーンではとても使い勝手の良い言葉の1つです。「過日」の意味や使い方など、「過日」のあれこれを紹介しています。「過日」を使いこなせるスマートなビジネスマンへの一歩を踏み出しましょう。

「過日」の意味と使い方って?

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

皆さんは、「過日」という言葉をご存知ですか。

なかなか日々の生活の中では口にしない言葉ではあります。しかし、ビジネスシーンやフォーマルな言い回しとしては、意外に使われる言葉でもあり、知っておいて損はありません。「過日」の意味や使い方などを知り、いざというときにスマートに使えるようになりましょう。

使う頻度が低く、使い慣れない言葉であっても使わなくてはならないといった状況になることもあります。そんなときに誤った使い方をせずに済むよう、コツコツ知識を貯めておきましょう。

今回は、「過日」の意味や使い方とあわせて、類義語や対義語、ちょっとした疑問点についてもまとめて紹介しています。ぜひ、プラスアルファの部分も参考にしてみてください。

「過日」の意味って?

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」という言葉は、構成する文字のままに、「過ぎた日」という意味を持ちます。日常会話で口語として使われることはあまり多くはなく、ビジネス文書やフォーマルな言い回しの際に使われる言葉です。

過日は、直近のすでに経過した日々から遠い過去まで、過ぎ去った期間に影響せずに使うことができます。そのため、広い意味での過去を示して使われることもあります。

「過日」の使い方って?

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」は、日常会話よりもビジネスシーンやフォーマルな言い回しが必要なときによく使われます。そのため、日常会話で使うと相手に上手く意味が伝わらないことも考えられるため、使う場面は考えましょう。

ビジネスシーンでは、『過日はお忙しい中~』などの取引先との会話での言い回しや、フォーマルなシーンでの文章中で使われています。

「過日」の日常的な使われ方って?

「過日」はビジネスシーンでよく使われますが、日常の中で全く目にしないわけではありません。日常の場面で目にする過日の使い方には、例えば、TV番組のテロップの『この放送は過日放送です』があります。

このようなテロップは文字数の関係もあって、「過日」のように口語的には多様されなくとも、使い勝手のよい意味を持つ言葉が使われることがあります。TV番組によっては、地域によって放送日がずれている、再放送ではないものの過去に既に放送済みの番組であるということもあるので、よく見ているとこのようなテロップは意外に見つけることができます。

とはいっても、話し言葉として「過日」 が日常会話に登場することはやはり少ないと言えます。

「過日」はいつ頃?

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」の意味はわかりましたか。「過日」は意味としては、時間的なニュアンスでいうと非常に広い期間をカバーすることができます。

とはいえ、使われる際は、おおよそのニュアンスとなる期間があるので、使うときはそれを基準にすると良いでしょう。一般的に「過日」が使われる際は、概ね過去数ヶ月から半年程度の期間をさして用いられています。

「過日」の読み方って?

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」は、「かじつ」と読みます。

文脈で判断はできますが、「果実」や「佳日(嘉日)」と音が同じなので誤解されそうな場面では言い方を工夫しましょう。ちなみに、「佳日(嘉日)」は、良い日、縁起の良い日といった意味があります。

文書など文字で表すときは、音は気にしなくても良いので口で発音するときに気をつけてください。

実際にはどう使われるの?~「過日」を使った例文~

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」を使った例文を探すと、そのほとんどがビジネス文書などで使われる、いわゆる書き言葉や定型文です。これは、「過日」が話し言葉としてはあまり使われないため、例に挙げにくいことが要因の1つにあります。

以下に挙げた「過日」の例文は、基本的に書き言葉になるので、話し言葉として使うときは、言い回し工夫すると良いでしょう。

ビジネスシーンにおける「過日」の使い方って?

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」は、ビジネスシーンで多様される言葉です。ビジネスシーンといっても多岐に渡りますが、特に、文書やメールでの書き言葉として使われています。

次で例文を紹介しています。

「過日」を使った具体的な言い回しって?

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」を使ったビジネスシーンでの言い回しは、過去のことであることをおさえ、かつ、不自然のない言い回しに気をつけましょう。特に、「過日」はビジネス文書などの書き言葉での利用が多いので、文末表現がきちんと過去形であるかは確認すべきです。書いているうちに時系列があべこべになることがあります。

・過日は、遠くからお越しいただき誠にありがとうございました
・過日よりご連絡しておりました件についてですが~
・過日の人事異動により、○○支店に配属されることとなりました~
・過日は、貴重なご意見をうかがうことができ~

「過日」と「先日」の違い

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」と似た意味を持つ言葉として、「先日」という言葉があります。この2つの言葉の違いはどこにあるのでしょうか。

「過日」と「先日」の違いは、どの程度の過去の日を表したいのかという暗示したいできごとからの期間にあります。また、「過日」はよりフォーマルな言い回しでしようされる一方で、「先日」は口語としても馴染みのあるという点も異なる点です。

「過日」の意味や使い方はすでにまとめているので、「先日」の意味と使い方をおさえ、比較をしてみましょう。

「先日」の意味

「先日」も「過日」と同じように「過ぎた日」を意味します。

「過日」は、過去であればどの時点のできごとであっても「過ぎ去った日」として意味することができます。一方で、「先日」は比較的いまに近い過去やこの間などのニュアンスを持つ言葉です。

つまり、「過日」と表現することでイメージされる期間の方が、「先日」でイメージされる期間よりも長くなります。他のカジュアルな表現をするのであれば、「先日」は、「このあいだ」「数日前」などの表現が該当します。

「先日」の表すおおよその目安って?

「先日」は、「過日」と比較すると時間的なニュアンスではカバーできる期間が狭まります。では、具体的には、どの程度の期間をさして使うことができるのでしょうか。

明確な期間が決まっているわけでがありませんが、昨日や一昨日、1週間前、あるいは、長くて1ヶ月前程度の過去の日を示す場合は、「先日」が使われています。

「過日」の類語・類義語

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」は、今の時点よりも「過ぎた日」という意味です。「過日」は、広義の言葉であるが故に、「先日」のように類義語となる言葉が多く存在します。

「過日」は、話し言葉としてはあまり使われていません。日常会話で「過日」が利用されないのはそれに替わる類義語があるためです。類義語が数多くある分、それらのニュアンスも細かくあり、使う状況に即した言葉が選ばれてつかわれています。

では、具体的に、「過日」の類義語にはどのような言葉があるのでしょうか。

具体的な「過日」の類義語って?

「過日」は、「過ぎ去った日」という意味を持つため、類義語も当然、一貫して過去を意味する言葉です。

具体的には、以下のような言葉があります。
・先日
・先般
・過去
・以前

上記は一例ですが、「過日」の類義語には、日常生活でよく使う言葉が多くあります。意味をとっても、細かいニュアンスに違いはあっても、概ね同じです。むしろ、ニュアンスの違いを使い分けがることで、「過日」という言葉を使わずにスムーズに日常会話が成り立っています。

「先般」

「過日」の類義語のうち、「先般」はビジネスシーンでよく耳にする言葉の1つです。「先般」には、「近い過去の日」「このあいだ」といった意味を持ちます。

「近い過去の日」という意味であれば、「先日」も同様の意味を持ちます。両者の違いはどこにあるのでしょうか。

「先般」と「先日」の違いって?

「先般」と「先日」は、同じように「近い過去の日」という意味を持ちますが、両者はフォーマル度や厳密に意味することに違いがあります。

フォーマル度で比較すると、「先般」はかしこまったフォーマルな表現である一方、「先日」はくだけたカジュアルな表現だと言えます。厳密な意味の部分では、「先般」は主に「過去のできごと」のことを意味する一方、「先日」は主に「過去の日時」のことを意味しています。

「先般」は、「過去のできごと」に重点を置いた言葉です。これは、「できごとがあった日(日時)」ではないということがポイントとなります。

事細かに意味をとっていくと使い方が難しいように感じますが、基本的には「このあいだ」と同じ運用で構いません。覚えておき、ビジネスシーンで上手に使えるとスマートな印象を相手に持ってもらえるお役立ちの言葉です。

「過日」「先日」「先般」の使い分け方って?

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

ここまでで、「過日」「先日」「先日」のそれぞれの意味を確認しました。それぞれの違いはわかりましたか。

「過日」「先日」「先般」は、全て「過去」を意味する言葉であり、各々の違いは、指し示す期間や対象にあります。「過日」は今との時間的な遠近に関係なく過ぎ去ったある日を、「先日」は過ぎ去った今から近い過去の日のことを、「先般」は過ぎ去った比較的近い過去のできごとを意味しています。

この違いを具体的にすると、「先日」は一昨日~から長くても1ヶ月の期間での過去のある日を示し、「過日」は先日も含んだ今日よりも過去の日を示します。「先般」は、形式上は過去に起きた「できごと」を示すように定義されています。

「過日」の口語的な同義語って?

「過日」には、「先日」や「先般」のような熟語としての類義語の他により口語的な同義語も数多くあります。

「過日」という言葉そのものを日常会話の中で使うことは決して多くはありません。しかし、同義語として挙げられる表現はごくありふれた言い回しです。

「過日」という言葉には馴染みが薄くとも、意味だけを切り取って考えていくと意外と身近な意味を持つ言葉とも考えることができます。

「過日」の同義語って例えばどんな言葉?

「過日」には、口語的な同義語もあります。口語的な同義語とは、所謂、日常会話で使う話し言葉のことです。「過日」の口語的な同義語には、以下のような表現があります。

・前の日
・昔の日
・この間
・かつて
・少し前
・この前

口語的な同義語とは言っても、「過日」の意味の延長線上にあるカジュアルで少しくだけた表現です。日常会話で耳慣れた表現ばかりです。これらをみると、「過日」の表す意味そのものはとてもありふれた表現をまとめあげたように捉えることもできます。

「過日」の対義語

「過去」を意味する「過日」の類義語や同義語についてみてきました。では、「過日」の対義語はどのような言葉があるのでしょうか。

「過日」の対義語は、「現在」や「未来」を意味する言葉が該当します。「現在」を表す言葉であれば今や現在などがあり、「未来」を意味する言葉であれば未来や後日、以後などの言葉があります。「過日」は、過ぎ去った日を表すので、対義語としては「今日よりも後」を意味する言葉でなければならないためです。

「他日」の意味と使い方って?

「過日」の対義語の1つとして、「他日」があります。「他日」は、「いつか別の日」や「不確定ではあるけれども将来のある日』という意味を持ちます。

日常会話で使われることはそう多くなく、この「他日」も「過日」と同じようにビジネスシーンでの書き言葉やフォーマルな言い回しとして使われることが主です。

「後日」の意味と使い方って?

「後日」もまた「過日」の対義語となる言葉です。「後日」は、「その日(今日)よりあとの日」や「あるできごとが起きた日よりもあとの日」といった意味があります。

この「後日」は、日常会話でもビジネスシーンでもよく使われる言葉です。耳慣れた表現でいうと、「後日伺います」などがよく聞かれます。

今では、「ごじつ」と読まれていますが、昔は「ごにち」や「こうじつ」と読まれることが多かったとされています。

「他日」と「後日」の関係性って?

「過日」の対義語として「他日」と「後日」を挙げましたが、両者の関係は「過日」と「先日」にとても似通っています。

「他日」と「後日」は、互いに未来のある日を示す言葉です。ただし、気をつけておかなくてはならないのは、「他日」は「不確定の日」であることです。「後日」は、今日よりも後という意味を持ちますが、ニュアンス的には「近い将来の日」として使われます。

意味だけを切り取って考えていくと、「他日」は「後日」に含めて考えることができます。ですが、「他日」には具体性がありません。「いつかわからないけれどいつか」という意味では、使う場面によっては断り文句ともなります。

対義語であるからといって安易に使い回すのではなく、きちんと意味を知っておくことが肝要です。

「過日」は口語で使うのか

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

「過日」は、口語で使われることはほとんどありません。基本的には、ビジネスシーンなどで文書やメールの書き言葉でのとして使われることが一般的です。

ただ、畏まった場であったり、祝辞などの書き言葉を読み上げるシーンでは口にされることがあります。とはいっても、日常会話ではあまり使われることがないので、無理に日常会話に取り入れても相手にきちんと伝わるとは限りません。

先に挙げた、類義語や同義語を上手に使って伝わる言葉で話す方が良いでしょう。

言葉を上手に使おう!

「過日」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「先日」との違い

ここまで、「過日」の意味や使い方、「過日」の類義語や対義語など「過日」についてのあれこれをご紹介してきました。「過日」について理解できたでしょうか。

おさらいにはなりますが、「過日」とは過ぎてしまった日を意味する言葉です。基本的には、書き言葉として使われる言葉なので、話し言葉として使いたいときは、先日やこの間などのカジュアルで馴染みのある似た意味を持つ言葉も上手く使いましょう。ただし、それぞれの意味についてはきちんと確認して使い方を覚えておきましょう。

「過日」はビジネスシーンではとても使い勝手の良い言葉です。意味と使い方さえ理解していればスマートに使いこなすことができるでしょう。

言葉は、相手に気持ちや言いたいことを伝えるツールの1つです。言葉は上手く相手に意味が伝わらなくては意味がありません。適切な言葉を選んで使うことができるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related