Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

「期待・を寄せる」の類語・連想語・希望との違い|ビジネス

「期待・を寄せる」の類語・連想語・希望との違い|ビジネス

「期待」という言葉について知っていますか。普段から使ったり、耳にする方も多いでしょう。今回は、「期待」という言葉について、特に類語を中心に説明していきます。「期待」という言葉の類語の数や、関連する語の数は非常に多いです。是非、「期待して」読んでみてください。

初回公開日:2018年09月14日

更新日:2018年09月14日

記事に記載されている内容は2018年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


「期待」の読み方や意味や使い方は?

みなさんは、「期待」という言葉について詳しく知っていますか。多くの人は、「期待」という言葉を知っていて、使ったこともあるでしょう。また、「期待」という言葉は、さまざまな場面で使われているのを見聞きする機会も多いです。今回は、そんな「期待」という言葉について詳しく説明していきます。

ここではまず初めに、「期待」の読み方、意味、使い方について説明していきます。

「期待」の読み方は?

まずは、「期待」の読み方について確認します。「期待」の読み方は「きたい」です。特に変わった読み方はせず、そのまま音読みをします。

「期待」の意味は?

次は、「期待」の意味について説明します。「期待」の意味は、「そうあってほしい、そうなってほしいといった理想の結果や状態になることをあてにして、それが叶うことを心の中で願い待っていること」です。「期待」という字にあるように、「期を待つ」、つまり「良い結果や状態となるときを待っている」と考えるとわかりやすいでしょう。

「期待」の使い方は?

次は、「期待」の使い方について説明します。「期待」の品詞は「名詞」または「動詞」です。「動詞」の場合は、例えば「期待する」といったように使います。したがって、「期待」は文章中では「名詞」や「動詞」として使用されます。

「期待」の類語・連想語は?

ここでは、「期待」の類語・連想語についてとりあげます。

そもそも「連想語」とは?

まず初めに、そもそも「連想語」とはいったい何なのかについて説明します。

「連想」というのは、「何かのことがらがあったとして、それをもとにして、何か関係のあることがらを思い浮かべること」です。つまり、「元のことがらから、関係のある何かをイメージすること」です。例えば、「火」という言葉について、関係のある言葉として、「熱い」や「赤い」といった言葉をイメージできます。

したがって、「連想語」というのは、「連想する語」のことで、言い換えると、「何かの言葉からイメージできる言葉」ということになります。

「祈る」

「期待」には、「祈る」という類語が存在します。この「祈る」は、「祈(いの)る」と読み、「何かいいことが起きるように天に願う」あるいは「相手の幸福を望むこと」といった意味があります。

「思う」

「期待」には、「思う」という類語も存在します。「思う」は「思(おも)う」と読み、意味を説明するとかえって難しくなりますが、言い換えると、「自分がそう感じる」ということです。

「期待」の連想語は?

次は、「期待」の連想語にはどのようなものがあるか説明します。「期待」の連想語としては、「心意気」、「打算」、「思惑」、「願望」、「待望」といった言葉が挙げられます。このように、「期待」と聞いて連想する言葉は、必ずしも良いイメージの物だけではないということがわかります。

「期待」の類語の使い方は?

先ほど、「期待」の類語には、「祈る」や「思う」といった言葉があるということを説明しました。ここでは、これらの言葉がビジネスシーンでどのように使われるかについて説明していきます。

ビジネスでの使い方は?

Bottom banner

それでは、ビジネスシーンでの「祈る」や「思う」の使い方をそれぞれ分けて説明します。

「祈る」の使い方は?

まずは、ビジネスシーンでの「祈る」の使い方について説明します。「祈る」という言葉が使われる場面として多いのは、「就職希望者の不採用通知」や「書類選考の落選結果の通知」でしょう。これらの通知では、「(○○様の)今後のご健闘(ご活躍)をお祈り申し上げます」といった常套句のような使われ方をします。

したがって、ビジネスシーンでの「祈る」は、「ご健闘(ご活躍)をお祈り申し上げます」といったように使われます。

「思う」の使い方は?

次は、ビジネスシーンでの「思う」の使い方について説明します。「思う」という言葉の場合は、「存じる」や「存じ上げる」といった謙譲語の表現があります。したがって、ビジネスシーンでは「思う」を使って「○○かと思います」と使うよりも、「思う」の謙譲語の「存じる」や「存じ上げる」を使って「○○かと存じます」といったような使い方をするでしょう。

「期待を寄せる」の類語は?

「期待」を使った、「期待を寄せる」という言葉があります。ここでは、「期待を寄せる」という言葉の類語にはどのようなものがあるのかについて説明します。

「期待を寄せる」という言葉には、「楽しみにする」、「期待を膨らませる」、「熱望する」、「期す」、「待ち望む」、「待ち焦がれる」、「待ちわびる」、「切望する」といった類語があります。

このように、「期待を寄せる」という言葉には、複数の類語があるということがわかります。

「期待させる」の類語は?

「期待を寄せる」以外にも、「期待」を使った言葉には、「期待させる」というものがあります。ここでは、「期待させる」の類語にはどのようなものが存在するのかについて説明します。「期待させる」の類語には、「見込みがある」、「期待を持たせる」、「気を持たせる」といったものがあります。

このことから、「期待させる」の類語は、「期待を寄せる」の類語に比べると、数が少ないとわかります。

「期待」と「希望・楽しみ」の類語の違いは?

「期待」の類語には、「思う」や「祈る」の他にも、「希望」や「楽しみ」があります。ここでは、「希望」や「楽しみ」に関する類語にはどのようなものがあるのかということと、「希望」や「楽しみ」の類語と、「期待」の類語には違いがあるのかについて説明します。

「希望」の類語は?

まずは、「希望」の類語にはどのようなものがあるのかについて説明します。「希望」の類語には、「願望」、「求める」、「欲求」、「願う」、「念願」、「志望」、「望む」、「欲する」、「野望」、「志願」、「抱負」、「大志」、「見込み」、「祈る」、「思う」、「希求」、「要望」、「理想」、「光明」などがあります。

「希望」の類語の特徴は、「求める」、「望む」、「欲する」などの「ほしい、またはしたい」といった意味での類語があるということでしょう。

「楽しみ」の類語は?

次は、「楽しみ」の類語について説明します。「楽しみ」の類語には、「慰み」、「面白さ」、「興」、「遊び」、「愉快」、「快楽」、「気晴らし」、「憂晴し」、「リクリエーション」、「娯楽」、「思惑」、「所期」、「待望」、「アミューズメント」、「エンターテインメント」、「醍醐味」といったものがあります。

「楽しみ」の類語の特徴は、「興」、「遊び」、「愉快」、「快楽」、「エンターテインメント」のように、「楽しむこと自体や、楽しむための行動や活動や遊び」といった意味での類語があるということでしょう。

「期待」との違いは?

では、「期待」の類語と「希望」や「楽しみ」の類語との違いについて説明します。「希望」の類語にのみ見られたのは、「ほしい、またはしたい」という意味での類語で、「楽しみ」の類語のみに見られたのは、「楽しむこと自体や、楽しむための行動や活動や遊び」といった意味での類語だったので、上記ふたつが「期待」の類語との違いと言えるでしょう。

たくさんある「期待」の類語を使いこなそう

今回は、「期待」という言葉の読み方、意味、使い方に始まり、「期待」に関連する類語やその使い方などについて説明してきました。特に「期待」に関連する類語についてはたくさんとりあげました。この記事で、「期待」に関係する類語は想像以上にたくさんあると感じた方も多いでしょう。

たくさんある「期待」の類語にも、ひとつひとつ微妙なニュアンスの違いがあるので、使う際には注意が必要です。

また、今回詳しくとりあげた、「期待」の類語である「祈る」や「思う(使うときは「存じる」や「存じ上げる」の場合が多いでしょう)」は、ビジネスシーンでも使われる言葉なので、意味や用法をおさえて使いこなしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related