Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年08月21日

吐き気で仕事に行けないときの伝え方・原因・ストレスの場合の対処法

吐き気で仕事に行けないときの伝え方・原因・ストレスの場合の対処法

吐き気がして、仕事に行けない時ってありませんか。原因はいろいろありますが、どうしても行けそうにない時には、どのように伝えればいいのでしょうか。また、吐き気がする原因は一体何なのでしょうか。さらに、ストレスで吐き気がした時にはどう対処すればいいのでしょうか


吐き気で仕事に行けない時はどう伝える

吐き気で仕事に行けないときの伝え方・原因・ストレスの場合の対処法

突然の吐き気に襲われて、仕事に行けそうにないくらい辛い時は、どのように職場に伝えればいいのでしょうか。仕事をしていれば、必ず連絡を入れなければいけませんが、忙しい時期や人手不足の場合、連絡するのすらためらってしまう場合があります。ここでは、それぞれの状況について、どのように伝えればいいのか解説していきます。

朝起きて、吐き気がすると、そのまま眠っていたい気持ちになります。しかし、仕事の日であれば、出勤しなければいけません。無理して出勤するという手もありますが、どうしても駄目な時には、休みの連絡を入れ、病院へ行くようにしましょう。ただ疲れているだけのはずが、重大な病気の前兆だったということもあります。

また、電話をかける余力もない時には、とりあえず身体を休めておきましょう。本来なら、こちらから連絡しなければいけませんが、どうしようもないときには会社から連絡がくるのを待つのも一つの手です。その際は、身体がきつくても電話に出るように心がけましょう。また、話すのもつらい時は、メールなどを使って伝えるのも一つの方法です。

病院

吐き気がひどくて病院に行く時には、電話連絡もできる余裕があるでしょうし、頑張れば仕事ができる状況とも言えますが、診断内容によっては仕事を休まなければいけないこともありますので、診断書がもらえそうな時はもらっておきましょう。また、吐き気の原因は多岐に渡りますのでしっかり診察してもらい、早期治療を心がけましょう。

職場によっては、吐き気の原因が仕事にある場合もあり、辞めようとしてもなかなか辞めさせてくれない場合もありますので、病院の診断書を提出するなどして退職させてもらうのも一つの手段です。

通勤中

仕事の通勤中に吐き気に襲われた場合は、すぐに治りそうな時には仕事にいっても大丈夫でしょうが、吐き気が続くようでしたら、仕事に遅れる、もしくは休みの連絡を入れて病院へ行きましょう。また、通勤中の場合、第三者の匂いなどで気分が悪くなり、吐き気がしてしまうこともあります。臭いに敏感な人は、マスクなどを着用して対策しておきましょう。

状況によっては、一人で移動するのではなく誰か付き添ってくれる人に一緒にきてもらうのも一つの手段です。

仕事中の吐き気の原因

吐き気で仕事に行けないときの伝え方・原因・ストレスの場合の対処法

仕事中に、突然の吐き気に襲われてしまう事がありますが、仕事中の吐き気はどのような時にどのような状況でおこるのでしょうか。ここでは、状況ごとの吐き気についてまとめました。

つわり

妊娠した際に起こるつわりは、仕事中でも吐き気をもよおしてしまいます。特につわりがひどい時には、炊き立てご飯の香りやちょっとした匂いにも敏感になり、吐き気に襲われてしまいます。

妊娠した際には産休や有休をうまく使い、無理をせずに仕事が休める時には休むようにしましょう。自分の体はもちろんですが、お腹の中の赤ちゃんの健康も大切です。

また、職場に妊婦さんがいるときには、無理をさせずにできそうな仕事をやってもらい、無理をさせないようにしましょう。

風邪

風邪をひいて無理して仕事に来た時、仕事中に吐き気がしてしまう事があります。風邪を引いた時には無理せずに休んだ方がいいのですが、人手不足などで仕事をしなければいけない事もあります。その際は、他の人にうつさないようにマスクをしたり、休憩時間をもらって病院に行くなど早め早めの対処をして風邪を治しましょう。

また、風邪をひかないようにするためにも、日ごろからうがいや手洗いなどの予防対策も忘れないようにしましょう。

二日酔い

Bottom banner

お酒を飲み過ぎたことによる二日酔いも、仕事中に起こる吐き気の一つです。しかし、二日酔いは前日に飲み過ぎたという自己責任の部分が大きいので、仕事の前日に飲む機会がある時は、翌日に残らないような飲み方をするようにしましょう。また、二日酔いの際はなるべくたくさんの水を飲み、残っているお酒を排出しましょう。

時間が経てば回復してくる二日酔いですが、あまりにもひどいときには二日酔いの薬などを使って回復させましょう。

ストレス

仕事のストレスによって、吐き気がしてしまう事もあります。しかし、吐き気がするほどの仕事は、自分の身体に合っていない仕事の可能性もあります。

病院や心理カウンセラーに相談して仕事を続けていくのも一つの方法ですが、根本的な原因が仕事にある場合はそこを改善するか、転職を視野に入れておくようにしましょう。

また、社会人として、自分なりのストレス発散方法を見つけておくことも大切です。お酒を飲んだり、温泉にいったり、ゲームをしたり、旅行にいったりと、自分に合ったものを探しましょう。

吐き気がするほど仕事でストレスをかかえている時

吐き気で仕事に行けないときの伝え方・原因・ストレスの場合の対処法

仕事で、吐き気がするほどストレスをかかえている場合、仕事や人間関係で苦しんでいる事も多いです。では、実際どのような対処法があるのでしょうか。ここでは、吐き気やストレスを解消するための方法をいくつか紹介させていただきます。

休む

吐き気にしろストレスにしろ、身体の疲れから抵抗力がなくなり、悪化してしまう事も多いです。まずは、ゆっくり休息をとるようにしましょう。1日や2日くらいの休息では疲れが取れない時には、長期の休暇を取り、身体を休めてリフレッシュしましょう。気分転換に旅行に行くのも効果的です。

また、電車などを使った旅行で遠出をし、改めて自分を見つめ直せることもあります。自分と向き合う時間も作ってみましょう。

配置変え

いろいろな部署がある職場の場合、配置換えをお願いするのも一つの方法です。同じ部署の誰かからストレスを受けているときには、配置換えをすることでストレスが軽減されます。

また、机や椅子などの場所が決まっていない職場の場合は、時々方向を変えてみたりするだけでも気分転換になりますが、吐き気がするまでひどい時にはあまり効果がないこともあります。

転職

吐き気がするほどストレスがたまっている仕事は、身体が仕事を受つけていない場合があります。苦手分野だったり、どうしてもやりたくないのに強制されていたりしますので、転職を視野に入れるのも一つの方法です。

しかし、転職することで、さらにストレスがたまる仕事になってしまう事もありますので、面接の際、仕事条件をしっかり確認しましょう。

通院

吐き気がするほどストレスがたまっている場合、重大な精神の病気が潜んでいることもあります。ずっと症状が続くようでしたら、一度病院で診察してもらい、必要なときには薬を処方してもらいましょう。また、そんな状態になっても続けなければいけない仕事なのかどうか、しっかりと検討し、自分の体を第一に考えましょう。

相談

吐き気がするほどストレスがたまっている場合、誰かに相談するのも一つの手段です。職場で信頼できる同僚や先輩・上司、親兄弟・家族など、自分の苦しい状況を打ち明けることで、スッキリして、また仕事を頑張る気力が湧いてくることもあります。

また、会社によっては、心理カウンセラーを常駐させていたりすることもありますし、そのようなサロンもありますので、病院に行きづらい時には利用して心のケアをしましょう。

吐き気がするまで仕事するより健康を第一に考えよう

吐き気で仕事に行けないときの伝え方・原因・ストレスの場合の対処法

生活をしていくためには、仕事は大切です。仕事をして、お金を稼ぐことで生計が立てられます。しかし、仕事をすることで身体を壊してしまったり、心が疲れてしまっては意味がありません。お金も大切ですが、まずは自分の健康を第一にして仕事ができるようにしましょう。

そして、働いている仕事がどうしても自分に合わないと感じた時には、転職も視野に入れて働きやすい職場を探すようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人