Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月12日

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

手練手管という四字熟語をご存知ですか。人をあやつり騙すことを意味しますが、機嫌は遊女の花魁が使っていた恋愛テクニックであると言われています。花魁の手練手管テクニックは現代の恋愛に通じるものがあるので、試してみることをおすすめします。

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

「手練手管」とは

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

「手練手管」という四字熟語をご存知でしょうか。あまり聞きなれない言葉ですが、手練手管には深い歴史と奥深い意味が込められています。手練手管の意味や由来、使い方についてこの記事ではご紹介していきます。

手練手管は正しい使い方をしないと、意図せず相手に嫌味を言い放つことにも繋がるので、きちんと正しい知識を身につけて正しい使い方をしてください。

「手練手管」の読み方と意味

手練手管は、「てれんてくだ」または「しゅれんてくだ」と読みます。手練手管は、音読みと訓読みが混じった四字熟語で、「しゅれんしゅかん」や「てねりてくだ」と読み間違える人も多いので注意してください。

手練手管の意味は、思うままに人をあやつりだます方法や技術のことを言います。手練には偽りだますことや人をあやつる手段を意味し、手管には特に商売女が客を騙してあやつり駆け引きの手ぎわや技巧を意味します。

「手練手管」の使い方

次は、手練手管の具体的な使い方を例文にしてご紹介します。

彼女は、大好きな人を射止めるために手練手管を駆使した。
彼は昇進するために手練手管を使った。
手練手管を駆使した結果、母は父を禁煙させることに成功した。
彼女の手練手管に翻弄されて、財産を失ってしまった

このように、恋愛や仕事、家族や人生観において手練手管を使う場面があります。

「手練手管」の類語

手練手管はあまり聞きなれないですが、類語は聞き覚えのあるものがあります。知っている類語があれば、手練手管の意味やニュアンスが理解しやすいです。

四字熟語を3つと英語表記の手練手管についてご紹介していきます。英語で手練手管をいう場面は少ないですが、外国人に聞かれた時の説明や豆知識程度に覚えておくと良いです。

四字熟語

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

手練手管の類語となる四字熟語は「奸智術策」「権謀術策」「権謀術数」です。どれも日常生活であまり耳にすることのない四字熟語ですが、知っているものがあれば、手練手管について理解がしやすいでしょう。

「奸智術策」「権謀術策」「権謀術数」の意味や使い方についてご紹介していきます。手練手管の意味を理解するのに役立ててみてください。

奸智術策

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

奸智術策は「かんちじゅっさく」と読み、腹黒い策謀、悪知恵と陰謀、よこしまで邪悪な考えといった意味があります。

奸智術策を使った例は以下のとおりです。

あの人は奸智術策ばかり使うので、あまり好きになれない
正攻法が無理なら、奸智術策を使ってでも任務を遂行するしかない
あの人は奸智術策なことを企んでいることに違いない

意味のとおりあまり良い意味として使われる言葉ではないので、使う時には注意してください。

権謀術策

権謀術策は「けんぼうじゅっさく」と読み、社会や組織などの集団の中で他者を貶めて、自分の都合がいい状況に仕向け、地位や評価を上げる策略のことを意味します。他人を利用して自分が組織の上に立つといった意味です。

権謀術策を使った例は以下のとおりです。

後ろ盾のない人間は、権謀術策の駆使でもしないと出世することができない。
彼は周りを権謀術策で周りを巻き込んで、自分を売り出すのが上手い。

権謀術数

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

権謀術数は「けんぼうじゅっすう」と読み、意味は権謀術策と同じです。権謀術策と1文字異なる数という感じには計算という意味が込められており、巧妙巧みに人を騙すといった意味になります。権謀術数の使い方も権謀術策とほとんど同じです。

人があげた手柄を自分のものにして、上司からの評価を高めようとする行為や気に入らない人の悪口を言う時に誇張した言動で話し、その人の評価を落とそうとする行為です。

「手練手管」の英語表記

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

手練手管を英語表記すると「Wiles」になります。たくらみという意味を持った単語なので、手練手管にはぴったりです。

人によって態度の違う人や人を言葉巧みに騙そうとしている人が外国人の周りにいれば、この単語を伝えて相手に状況を伝えてあげると良いです。言葉巧みに人を騙すというのを英訳しようとすると混乱してしまうので、この単語を伝えれば彼も大体想像付くことができます。

「手練手管」の由来・語源

手練手管は、もともと遊女が客を騙す手段のことを指しており、吉原の遊女や花魁のテクニックの1つだと言われています。

もとは女性が男性客を魅了する時に使われていて、女性に向けて使うことの多い言葉でした。しかし、最近では会社でよこしまな考えを持って出世を企んでいる人や言葉巧みに人を騙す詐欺集団に使われることもあります。

花魁とは

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

花魁と聞くと最近は成人式に20歳を迎える女の子がする格好として認識されることが多いですが、本物は格式高い女性のことを指しています。成人式で着る花魁は着物をはだけさせ、肌を露出しているイメージが強いですが、実際はそのようなことはありません。

花魁を現代風に言い換えると高級娼婦や高級クラブママといった言葉が合います。当時の花魁は洗練された女性だけが名乗ることを許されたとされています。

花魁の手練手管テクニック

花魁はモテる女性の象徴と言われ、どんな男性も花魁に心を奪われていました。そんな花魁の手練手管なテクニックについてご紹介していきます。絶妙に男心をくすぐる手練手管テクニックは、18世紀中期に活躍した花魁とは思えないほどです。

口説

口説は「くぜつ」と読み、なかなか来てくれない太客に対して「そんなに来てくれないならもう知らない」と拗ねるようにみせることを言います美しい花魁にこんなことを言われた男性は、「ごめん。またすぐ来るから。怒らないで。」と言うしかありません。

現代でいうツンデレテクニックです。そっぽ向いたフリをして男性の気をひき、他の遊女のところへいかせないようにしています。

つねられ

つねられとは、「なかなか来てくれなかったけど、どこに行ってたの。」と少し嫉妬した言葉を使いながら男性客を少しつねることを言います。これをやられると男性は、「会えない時間が寂しかったんだ。この子には僕しかいない」とゾッコン状態になります。

つねって少し刺激を与えるところがポイントです。チクンと刺すような痛みが恋心を加速させていきます。

髪切り

髪切りは、自分の髪を男性客に切らせ「これを私の分身だと思って、大切に持っていてください」と言い、切った髪を渡すことです。当時の女性の長い髪は美しさの象徴で、その大切な髪を切らせて持たせるというのはとても重みのある行為です。

現代で同じことをしたら重いと思われてしまうのがオチですが、当時の男性は、この手練手管テクニックでいちころでした。

放爪

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

放爪は「ほうそう」と読み、自分の爪を剥がし男性客に持たせる行為を言います。髪切りと似ていますが、痛みはこちらの方が何倍も強いため、花魁の本気度が試されていると言えます。花魁も自分自身に傷が付くので生半可な気持ちで放爪を行うことはなく、最終手段とも言えます。

映画の世界では、よく歯や爪を忠誠心の証として献上することがありますが、放爪もそれに似た行為です。

分身

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

分身という手練手管テクニックは、男性客の名前を自分の体に入れ墨として掘ることを言います。ですが、実際には油性の墨で書いており、他の男性客にも同時に同じ手口を使っていました。同時進行で複数人の男性客を魅了していた花魁は、本当に高い恋愛テクニックを兼ね備えていたことでしょう。

現代も彼氏の名前を掘る女性もいますが、破局した後に残ってしまい痛い過去になります。この点からも花魁はとても賢いと言えます。

おさしみ

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

おさしみという手練手管テクニックは、キスをじらすテクニックのことを言います。当時の花魁が男性客にキスをすることはまれなことでした。なので、花魁からキスをされたい客は花魁に気に入られようと必死に通い詰めていました。

毎回キスをするようでは、一度のキスの価値が下がってしまうので、キスを特別な物にするために花魁はキスのじらしテクニックを活用していました。

起床精神

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

起請誓紙という手練手管テクニックは、3枚の紙に「私はあなたのものです」と書き、男性客と花魁が1枚ずつ、もう1枚を神社に預けるという行為です。現代でいう婚姻届に似た役割があり、男性客は強い絆で花魁と結ばれたと勘違いを起こします。

神社を神聖なものとして位置し、その神社に預けるとだけあって本気にする男性客はとても多かったです。

「手練手管」は現代に繋がる

花魁が男性客を魅了するために駆使していた手練手管テクニックは、現代の恋愛においても活用することができます。

時が経ち、どんなにテクノロジーが進化したとしても男性と女性の心はずっと変わりません。当時の花魁が現代に現れたら、多くの男性が花魁に魅了されるでしょう。そんな花魁の手練手管テクニックを活用しない手はありません。意中の男性を射止めるためにぜひ、活用してみてください。

現代の花魁はキャバクラ嬢

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

それでは、実際にどんな女性でも使える手練手管テクニックをご紹介していきます。女性目線からするととてもベタで、そんなことで騙される男性がいるのかと疑ってしまいますが、実際に男性はこの手練手管テクニックで魅了することができます。

人気キャバクラ嬢が書いた恋愛指南書が数多く出版されていますので、それらを参考にするのもおすすめです。

複数の男性に同じ仕草をすると軽い女と思われてしまうので、注意してください。

「手練手管」で恋愛テクニックをあげよう

花魁を現代の女性に置き換えると、キャバクラ嬢が1番近いです。花魁は格式高い遊女なので、現代でも超高級なクラブの女性と考えるのが良いです。

キャバクラ嬢は1日に何人もの男性客を相手にし魅了します。当然、顔が美しい女性が多いのですが、実際にハマる男性は見た目ではなく言葉遣いやしぐさに魅了されることが多いです。メールやLINEなど手段は進化しますが、やっていることは花魁の手練手管テクニックに似ています。

ツンデレ

現代の恋愛に使える手練手管テクニック1つ目は、ツンデレです。花魁の口説に近いテクニックで、男性に甘えるデレデレ期と手のひらを返したようなツンツン期を巧みに使いわけます。

好きな男性にツンツンとした態度を取ると嫌われてしまうのではないかと心配になる必要はありません。背中を向けられた男性は、女性を振り向かせるために必死になり、このギャップに男性の心は魅了されていきます。

ボディタッチ

現代の恋愛に使える手練手管テクニック2つ目は、ボディタッチです。ベタですが、男性は女性に触られるとドキッとします。特に日本人は挨拶でハグをする外国人とは違い、肌と肌が触れ合うことに敏感です。

洋服を褒める時に触ってみたり、声を掛ける時にトントンと肩を叩くのがさりげなくできるのでおすすめです。人混みではぐれないよう彼に洋服を掴むのも良いです。叩くような仕草は返って萎えさせてしまうので注意してください。

ペアルック

現代の恋愛に使える手練手管テクニック3つ目は、ペアルックです。最近ではペアルックの格好をするカップルはあまり見かけませんが、色違いのスニーカーやマフラーをするなどファッション小物で揃えるのがおすすめです。

黙って彼の私物と同じものを身につけるのは気色悪がられてしまうので、「この靴可愛いね。レディースもあるの」と聞くのが良いです。好きなファッションの趣味が同じというだけでも親近感がわくことがあります。

周りにアピール

現代の恋愛に使える手練手管テクニック4つ目は、周りにアピールです。これは女性が男性にするよりも男性が女性にするテクニックとして使うのがおすすめです。

周りの友達に彼女として紹介されると、自分は彼女として認められていると感じ、女性は嬉しく感じます。彼女の自信にも繋がるので、友達に積極的に紹介すると良いです。恥ずかしいからと紹介しないでいると、喧嘩にも繋がりかねないので、注意してください。

じらし

現代の恋愛に使える手練手管テクニック5つ目は、じらしテクニックです。花魁の手練れテクニックのおさしみに似たテクニックで、キス以外にも会う約束や連絡すらもじらすのが良いです。

男性は狩猟本能を兼ね備えているので、すぐ手に入れられる女性よりも自分の思うようにならない女性に惹かれる傾向にあります。「会いたい」と言われたらすぐ会いに行くのではなく、少し会うのをじらしてみると良いです。

男性にもおすすめ

手練手管を駆使した恋愛テクニックは男性にもおすすめです。人のキャラクターや性格の向き不向きもありますが、大抵の女性は同じテクニックで魅了されます。

最近では、年下彼氏年上彼女カップルが増えてきているので、女性本能をくすぐる手練手管テクニックは男性の恋愛にも有効であるといえます。

これらの女性の巧みな恋愛テクニックを知っていれば、自分自身が悪い女性にハマってしまうのを防ぐこともできます。

日常生活でも手練手管テクニックを取り入れてみよう

「手練手管」の意味と使い方・読み方・類語・由来と語源|四字熟語

18世紀中頃の花魁が起源となった手練手管ですが、花魁が当時の男性を魅了していた手練手管テクニックは現代でも活用することができます。意中の男性を射止めたい女性はもちろん、昇進を目指している会社員の方でも使えるテクニックです。

1点注意しておきたいのは、手練手管は人を騙して自分がのし上がるという意味ですが、人を騙すようなことはせず、相手の懐をくすぐるような技を真似するようにしましょう。

Related