Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

郵便局で新札に交換してもらう方法・交換可能時間・手数料相場

郵便局で新札に交換してもらう方法・交換可能時間・手数料相場

郵便局で新札に交換することができるのかご存知でしょうか。郵便局での新札への交換方法や時間帯、手数料の相場などをご紹介しますので、郵便局での交換の仕方を知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。新札を用意しておく事はお祝い事のお金のマナーにつながります。

初回公開日:2018年07月23日

更新日:2018年07月23日

記事に記載されている内容は2018年07月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

ドライバーの転職や就職するときに、福利厚生や給料が良い会社位に行きたいという人も多いでしょう。

今すぐ転職しないとしても、知識をつけておけば無駄になることはありません。


ドライバー転職専門のアドバイザーがいる『はこジョブ』なら今より好条件な企業に転職するためのノウハウを得られます!
ドライバーの転職や就職ノウハウを知るなら『はこジョブ』へ!

郵便局で新札に交換・両替してもらう方法

郵便局は全国のどのようなところにもあり、手紙やはがき、切手だけではなく、荷物を送るなど小包の配送などもおこなっています。荷物も郵便局ならではの配送システムを利用しているため、人々の信頼も厚く、お歳暮やお中元商品なども扱っています。

郵便局内での送金などは月に3回まで無料ですし、郵便局のインターネットバンキングは無料でできるサービスです。窓口やATMなどが閉まっているような深夜などの時間帯でも取引することができますし、パソコンだけではなくスマートフォンからもアクセスすることができます。

郵便局のATMは引き出し手数料が0円なので、無駄に手数料を支払ってお金を引き出すことがないので便利です。郵便局では持っているお札を新札に変えてくれるのでしょうか。郵便局で新札に変えてもらえる方法はどのようなものかなどをご紹介します。

新札が必要な理由

結婚式などのお祝い事がある場合は、お祝い金を渡します。その時に必要になるのが「新札」です。結婚式やお祝い事、入学祝いや出産祝いなどのような祝い事に使うお金は「新札」で渡すことがマナーとなっています。

「新札」と急に言われてもいつも財布に「新札」が入っているわけではありませんし、銀行などのATMから引き落としてきたお札がいつも「新札」というわけではないでしょう。そのような場合は、キレイな「新札」に交換してもらう必要があります。

キレイな「新札」を手に入れるためには、どのように交換してもらうのが良いのでしょうか。「新札」がどのような場所にあるのかを考えると、おのずと答えは見えてきます。本当に「新札」に交換してもらえるのかどうか心配という方のために、「新札」への交換方法をわかりやすくご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

新札に交換可能かどうか

財布に入っているお札は、銀行などの金融機関で新札に交換してもらえます。郵便局はゆうちょ銀行としての機能もあるため、新札に交換してくれますが、確実に新札になるように希望する場合、郵便局よりも銀行などの金融機関の方がおすすめです。

しかし、銀行は窓口業務が15:00までです。もし時間がないという方がいらっしゃれば、郵便局でも両替をすることが可能ですので試してみましょう。郵便局の窓口業務は店舗の営業時間にもよりますが、16:00まで開いているところが多いため、銀行よりも時間に余裕をもって訪れることができるのではないでしょうか。

2007年度に郵便局は郵政民営化されましたが、両替商ではないため、サービスの一環として両替を受け付けている店舗もあります。郵便局は銀行と違ってお金をメインで扱ってはいないため、店舗によっては新札を確保しているといったことは少ないと考えられます。

郵便局の窓口で交換

郵便局の窓口業務は16:00までのところが一般的で、銀行窓口は15:00までのため、銀行窓口での交換よりも時間に余裕を持つことができます。新札があるかどうかを確認してから出かけるのが一番ですが、それほど枚数を必要としない場合は大丈夫な場合もあります。

店舗によっては急に両替をしてほしいといってもできないと断られてしまう場合もありますので、注意しましょう。

銀行や信用金庫などのような両替業務ではないので、郵便局では新札と交換しても手数料は取られません。郵便局できちんと新札に交換したい場合は、訪れる郵便局の店舗に電話で両替の相談や対応を検討してもらえるよう確認してから出かけると良いでしょう。

郵便局のATMで交換・両替

郵便局での新札への両替業務は、窓口の場合、サービスの一環としておこなっていますが、ATMでできる範囲で両替を自由におこなう事が可能です。平日に銀行にいけないという方はATMでの新札交換もできます。

郵便局のATMでの新札への交換は、両替機のように新札に交換してくれるといったものではありませんので注意しましょう。

では、どのように郵便局のATMでお札をキレイな新札に交換するかというと、新札が出るまで何度も繰り返すといった方法になり、手間がかかりますが銀行などにいけないような場合にはおすすめです。

新札の必要枚数が出るまで繰り返さなくてはいけないというデメリットもありますが、どうしても郵便局のATMでしか両替ができない場合は、試してみる価値があります。郵便局のATMといっても小さな郵便局よりも、本店や支店内にあるATMを利用すると新札が出てくる割合が多くなります。

ATMでの交換の注意点

郵便局のATMで新札に交換する場合に、新札への交換ができないケースもありますので気をつけましょう。郵便局のATMで新札に交換できない場合とは、5千円札への両替です。5千円札に関しては、郵便局のATMだけではなく、その他の金融機関、例えば銀行や信用金庫などのATMでも両替することができませんので注意が必要です。

もし5千円札に両替したいという事であれば、銀行の「両替機」でおこなうことができます。ATMではないので気を付けてください。銀行などに備え付けてある両替機は、窓口業務と同じように15:00までとなっており、両替をおこなう銀行の口座がないと手数料がかかる場合や、土日には利用していない場合もありますので確認してから両替をおこなうと良いでしょう。

コンビニなどの提携ATMの注意点

コンビニなどに備え付けているATMは、郵便局の銀行業務である「ゆうちょ銀行」の取り扱いができますが、コンビニのATMは一般的に入出金手数料がかかります。取扱い時間や内容によっては、手数料の金額も違ってきますので注意が必要です。利用することができる近くのATMがどのようなものであるのかを確認しておくと良いでしょう。

2018年の1月15日から、郵便局のATM取引の入出金取引を手数料無料でおこなう事ができるゆうちょATMができています。コンビニのファミリーマートに設置されているゆうちょATMで、24時間無料なため、入出金を時間や手数料を気にすることなく使えて便利です。

新札の用途にはどのようなものがあるか

郵便局での「新札」への両替や交換についてご紹介しましたが、「新札」はいったいどのような場合に使うのかご存知でしょうか。「新札」は発行されてから未使用のものが「新札」と呼ばれ、「ピン札」とは使用されていてもシワや折り目などが付いていないキレイなお札の事をそう呼びます。

では、新札が必要な場合とはどのような事かというと、主に慶事に必要になるのが「新札」といわれています。ビジネスシーンや家族、親戚間の祝い事の際には「新札」で祝うのが一般的です。

「新札」を祝い事の際にあらかじめ用意しておくことによって、祝う準備をしていた気持ちを表すことにもつながりますし、喜ばしいことを心待ちにしていたという意味にも「新札」は使われます。受け取った人の気持ちを考える日本人ならではのお金のマナーといえるでしょう。

どのような場合に「新札」を使うのか、さまざまな祝い事のシーンをご紹介します。

結婚式

結婚式は前々から招待されるのが決まっている場合、新札を前もって用意しておくことが可能です。結婚式にはじめて呼ばれる方は、ご祝儀袋の選び方から金額の相場などといったものまで調べたり確認したりといった忙しさもありますが、喜ばしい祝いの事ですので、間違いのないようにしたいと考える方も多いでしょう。

新札は郵便局や銀行などで前もって用意しておきましょう。金額とご祝儀袋は、つりあうようにすることがおすすめです。友人などの場合は、ご祝儀袋のデザインは個性をあらわしたものを選んでも良いですが、上司や先輩などの結婚式の場合は白を基調としたものにすることが望ましいとされています。

出産祝い

友人や親戚の間で新しい命の誕生を祝う出産祝いも、新札でお祝いするのがマナーとなっています。前もって生まれてくる時期がわかっている場合は、新札を用意しておくことが可能ですので、郵便局や銀行などで両替しておくと良いでしょう。

出産祝いの場合気をつけなければいけないのは、新札に変える事だけではありません。出産祝いをもっていく時期や、タイミングなども気を付ける必要がありますので注意しましょう。一般的には、退院してから生後1カ月までとされています。相手への配慮を忘れず、お祝いを渡すタイミングを確認しておくと良いでしょう。

入学祝い

入学祝いは親戚のお子さまが入学や進学した際に贈るお祝いの事です。贈り物だけではなく、何かと入用になる時期でもありますので、お金を祝い金として渡すこともおすすめとなっています。その場合、やはりお祝い事ですので、郵便局や銀行などで新札をあらかじめ用意しておくことが大切です。

入学祝いの場合は、少なくとも入学の2週間から3週間前に贈るようにしましょう。贈る相手の付き合い方にもよりますが、5,000円から10,000円程度が相場となっています。5,000円の新札は郵便局のATMでは交換できませんので注意が必要です。

開店祝い

開業や開店、開院などのお祝いも喜ばしいことですので、お祝い金の場合は新札を用意します。開店は相手の人生において大切な場面なので、お祝いの気持ちや励ましの気持ちを十分伝えられるようにすると良いでしょう。

取引先などの開店にお祝い金を贈る場合は10,000円から30,000円程度で、重要な相手であればもう少し金額は大きい方がおすすめです。友人や知人などの場合は、5,000円から10,000円程度が良いのではないでしょうか。開店祝いもお祝い事ですので、新札の準備は忘れないようにしましょう。

新札が必要になる季節を考えておく

Bottom banner

郵便局や銀行などで新札に交換、または両替をする場合、必要になる季節で考えておくと便利です。入学祝いや進学祝いは春にある行事のため、3月に入ったら新札を用意しておくことがおすすめです。あらかじめ新札を用意しておけば慌てることなく余裕をもってお祝いができます。

他にはお正月で実家に帰省する際なども、親戚のお子さまにお年玉を上げる機会もあるのではないでしょうか。そのような場合も新札で渡してあげると喜ばれます。

キレイなお札は取っておくこともおすすめ

新札に両替や交換をしたいと考えていても、なかなか郵便局や銀行に行く暇がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合新札ではありませんが、ピン札としてあったお札を取っておくこともおすすめです。

一般的な買い物などで新札を手に入れることは難しいため、ATMなどで出金をした際にはあらかじめピン札が混じっていないかどうかを確認することをおすすめします。

新札を使ってはいけない場合

新札を用意するシーンと同じように気を付けなくてはいけないのが、新札を使ってはいけない場面です。新札はあらかじめ用意しておくものであることはご紹介しましたが、弔事などの場合は新札を使ってはいけません。不幸を待つ準備をしていたというイメージをもたれ、お金のマナー違反につながります。

新札やピン札しかないといった場合でも、折り目をつけることで旧札として見られるので、一度折り目をつけてから渡すと良いでしょう。しわしわなお札はかえって失礼に当たりますので、気を付けるようにします。気遣いや心遣いなど、マナーを大切にお金を扱えるようになると良いでしょう。

郵便局の新札への交換可能時間

郵便局で新札へ交換や両替をしたいと考えているの方のなかには、どの時間帯に行けば交換できるのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方のために、郵便局での交換可能時間をご紹介します。

何時から

郵便局は基本的には平日の9時から窓口業務がはじまります。休日などはカレンダーどおりですので気をつけましょう。郵便局によっては深夜でも営業している店舗や、一時間営業時間を後ろ倒ししている店舗などもありますので、確認しておくと良いでしょう。

何時まで

営業時間の終わりは17:00ですが、窓口での交換をしたい場合は15:00までとなっていますので気をつけましょう。貯金の窓口などは16:00まであいている場合があります。お近くの郵便局の営業時間帯は確認しておくと良いでしょう。

週末に郵便局で新札交換は可能なのか

週末でも郵便局で新札に交換が可能なのか、心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。土曜や日曜は窓口も開いていない郵便局は多くあります。

土曜や日曜日に郵便局で新札への交換ができるのかご紹介します。

土曜日

基本的に窓口業務が休みの所が多く、本社などであいている場合もありますので確認してみましょう。郵便局はATMだと、土曜日でも朝の9:00から夕方の12:30まで使用することができます。

日曜日

日曜日も土曜日とおなじように通常の窓口業務は開いていない店舗がほとんどです。ATMは9:00から17:00までは使用可能ですので、確認してから訪れるようにしましょう。

郵便局で新札に交換する際に必要な手数料相場

郵便局で新札に交換するための手数料は、実質0円です。基本的に両替商としての役割をもたないため、サービスとしておこなっているもので手数料はかかりません。

郵便局のATMで新札に交換できるのか

郵便局のATMでは新札に交換というのは難しいでしょう。しかし、新札のようなピン札であれば交換することは可能となっています。何度も入出金を繰り返しピン札を得る方法などがありますので、ぜひためしてみてください。

ねらい時

給料日やボーナスなどの際にはATMはお札を大量に用意しています。そのような時が新札に交換するねらい時ではないでしょうか。

郵便局での新札交換は確認してから行動しよう

郵便局での新札への交換方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。持っているお札を新札へ交換しておくことで、急なお祝い事などの際にも余裕をもって対処することができます。

郵便局での新札交換は、銀行などとは違って確認をしたほうが確実に交換することができますので、確認してから郵便局で交換するようにしましょう。

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related