Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

2018年07月06日

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

リーダーに向いていないタイプの人が周囲の人にあれこれと指図をすることがあります。このような人は周囲からの信用を得ずにリーダーのような立ち振る舞いをするため、嫌がられることが多いです。では、どうして周囲の人に指図をしてくるのでしょうか。

指図する人の特徴

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

仕事などで複数人が集まって作業をすることはよくあります。複数の人が集まった場合、人によってそれぞれ考えが違うため、スムーズな作業を行うためには協調性が大事です。また、優秀な人がいれば、リーターシップを取ってくれる場合もあります。

ですが、中には優秀ではなく、リーダーに向いていないタイプの人が、周囲の人にあれこれと指図をすることがあります。このような人は周囲からの信用を得ずにリーダーのような立ち振る舞いをするため、嫌がられることが多いです。

では、優秀ではないにも関わらず、どうして周囲の人に指図をしてくるのでしょうか。また、指図をしてくる人にはどのような特徴があるのでしょうか。

他人の意見を否定する

指図をする人は自分が指示を出したいという欲求が強かったり、自分の考えが正しいと思い込んでいるという特徴があります。そのため、自分の意見を押し通すために、他人が意見を、会話の早い段階で相手の言葉を否定します。

指図をする人以外の複数人で意見がまとまっていても、指図をする人は平気で意見を否定してくるので、周囲から面倒な人と思われることが多いです。

人の意見を聞かない

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

上記で述べた通り、指図をする人には自分が正しいと思い込んでいるという特徴を持つ人がいます。このようなタイプの人は、自分の意見が正しいと思い込んでいるため、他人が自分と違う意見を持っているときには、その他人の意見が間違いという前提で会話を進めます。

リーダーシップが取れる優秀な人であれば、他人が間違っていれば相手の気持ちや感情を配慮して、間違いを正そうとしたり、良い意見であれば取り入れたり、歩み寄ったりなどします。

しかし、単に指図をする人であれば、他人の意見を否定して自分の意見を押し付けるだけのため、周囲からの信頼を得ることがありません。

上から目線

指図をする人の大きな特徴として、上から目線があります。指図をする人には自分が正しいと思い込む癖があるため、他人に指図をするときには他人に正解を教えてあげているような感覚でいます。なので、本人は親切にアドバイスをしているつもりと錯覚していることが多いです。

しかし、指図をされた側は単に意見を押し付けられているだけなので、面倒と感じてしまっていることが多いです。

他人を評価する

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

指図する人は上から目線で他人と接します。なので、相手の方が立場が弱いと思い込んでいます。自分の立場が上と思い込んでいるため、会社の上司が部下を評価するかのように、いろいろな人を評価をします。

他人を評価はしますが、指図する人はそもそも優秀な人ではないため、その評価は相手の能力などを政党に評価したものではなく、単純に個人的な好き嫌いで評価を決めていることが多いです。

不満が多い

指図をする人は、いろいろな人に指図をします。しかし、周囲からは面倒に思われていることが多いため、その指図を素直に受け入れてもらえることが少ないです。そのため、指図をする人は親切にアドバイスをしているつもりなので、その親切を拒否されたと不満を感じます。

このようなことが頻繁に起こるため、指図をする人はいつも不満の言葉を口にしていたり、不満を態度に表したりするため、さらに周囲から面倒な人と思われてしまいます。

被害者意識を持つ

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

上記で述べた通り、指図をする人は周囲の人にその指図を受け入れてもらえないことが多いです。このとき、指図をする人は親切をしているつもりなので、親切に接しているにも関わらず相手から酷い態度を取られたと思ってしまいます。

すると、本来は面倒な指図を押し付けられている方が被害者のはずが、指図をした人がまるで被害者であるかのような態度を取ります。しかし、周囲は指図をする人が本当の被害者ではないとわかっているので、表面上だけ心配する素振りをしておくことも多いです。

よく嘘をつく

指図をする人は、他人に指図をするために相手よりも優位な立場でないといけません。ですが、指図をする人に優秀な人は少ないです。そのため、指図をする人は自分を大きく見せるため、よく嘘をつきます。また、話しを大きくすることもよくあります。

関係の浅い人であれば、この嘘によく引っかかります。しかし、しばらく付き合うとすぐに嘘がバレていくことが多いです。

自慢話が多い

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

指図をする人は周囲の人よりも優位な立場でないと、指図をすることができません。そのため、自分の力をアピールするために自慢話が多くなります。ただし、この自慢話も嘘であったり、話しを大きくしているということがよくあります。

弱い人に強い

指図をするには相手よりも優位な立場である必要があります。なので、相手より優位な立場を作るために、指図をする人は自慢話などで必死に周囲にアピールをします。

しかし、元から自分より弱い立場の人に対してはそのようなアピールをする必要がありません。そのため、指図する人にとっては苦労なく指図できる相手のため、大変な好物となってしまいます。

人に指図されない仕事

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

職場に1人くらいは指図をしてくる人がいます。うまく指図を回避できる人であれば良いですが、中には指図をされてイラッとした表情が出てしまたり、無理に指図を受け入れて心身が疲弊してしまう人もいます。

人と接する機会の少ない仕事を選ぶ

仕事をするうえで、全く人と関わらないということは難しいですが、できるだけ人と接する機会の少ない仕事を選ぶことで指図する人の被害を受けるリスクを減らすことはできます。

人と接する機会が少ない仕事には、工場のライン作業や検品、トラックの運転手や自販機の補充などがあります。

指図とアドバイスの違い

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

先に述べた通り、指図をする人は親切にアドバイスをしているつもりになっていることが多いです。しかし、アドバイスはその人にとって有益となる情報のことです。なので、単なる意見の押し付けである指図はアドバイスではありません。また、指図をする人は優秀な人とは違うため、その指図も謝りである場合もよくあります。

指図と指示の違い

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

指図と似たような言葉に指示という言葉があります。指示は上司が部下たちに仕事を頼むように、目的を達成するために必要な行動や方法、命令などを出すことです。優れたリーダーがいれば指示が的確なため、目的をスムーズに達成することができます。

しかし、指図は単純に意見を押し付けるだけのため、目的を達成するために必要なものではありません。むしろ、不必要な情報や行動を他人押し付けることによって全体がバラバラになってしまうことがあります。

指図とオーダーの違い

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

お店などでは注文することをオーダーと呼ぶことがあります。オーダーの際に、お店の人に細かく注文をすることもあります。しかし、細かく注文をするときにはサービスの範囲内である必要があります。

ですが、中にはお店の意向を無視してしまう人もいます。お店の人にいろいろと指図をして、自分が思う通りにしようとします。これはお店を利用する際のマナー違反となってしまうため、一緒にいる友人などが恥を感じてしまうことがあります。

指図する人との付き合い方や対処法

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

指図をする人が近くにいると、頻繁に自分の意見を押し付けてくるので心身が疲弊してしまいます。なので、指図をする人が近くにいる場合には付き合い方や対処法を考えておく必要があります。

指図してくる職場の人がうざい

指図をしていくる人が職場の人であれば、全く関わらないようにするということはできません。そのため、指図をしていくる人が不満な態度を取ったり、被害者意識を持たれると面倒なので、表面上は笑顔で接し、言うことに従っているふりをしているという人は多いです。

しかし、指図をする人と仲が良いふりをしてしまうと、周囲から面倒に思われていることが多いため、喜んで寄ってくるようになってしまいます。指図する人が近寄ってくると、より指図をする回数が増えてしまうため、うざいと感じてしまうようになってしまう危険性があります。

なので、職場では全く関わらないことは難しいですが、印象が悪くならない程度に、会話なども必要最低限はするようにしましょう。あまり突き放しすぎると、被害者意識を出されてしまうので、会話はするがそれほど仲が良いわけでもないという距離感を保ちましょう。

うるさい親

親がいろいろとうるさいと感じてしまうこともあります。子供や学生のうちは勉強や学校、休日の過ごし方についてあれこれと口を挟んでくることがあります。しかし、これは親として心配したり、気にかけたりすることは当然のことです。このような親の行動は大人になると理解できるようになるので、しばらくは我慢して聞くようにしましょう。

しかし、大人になってからも、仕事のことや結婚のことなどに口を挟もうとする親もいます。親であれば心配をすることも当然ですが、そのような場合は自分なりに考えていることを伝えて、場合や条件、状況によってはもうそのような話しをしないように伝えても良いでしょう。

イライラさせてくる彼氏

付き合う前は気がつかなかったが、付き合ってしばらくすると恋人が指示する人であったということはよくあります。付き合ってしばらくすると、話し方やファッション、連絡などいろいろと気にくわないことがあると、自分の思う通りにしようとして、指図をしてきます。

恋人に直して欲しいところがあれば、早めに言うようにしましょう。我慢はいつまでも続きません。直して欲しいと伝えて直らなかった場合は、恋愛は自由なので無理してまで付き合う必要はありません。そのまま付き合うか、別れを検討するか判断しましょう。

適度な距離を保とう

指図する人の特徴・指図とアドアバイスの違い・人に指図されない仕事

指図をする人は近くに1人くらいはいます。そのような人と毎日まとも向き合っていては、自分の心身が疲弊してしまいます。なので、指図をする人とは適度に距離を保って、自分の身を守るようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related