Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

イノベーター理論の例・おすすめの本・古いのか|仮想通貨/業界

イノベーター理論の例・おすすめの本・古いのか|仮想通貨/業界

イノベーター理論を知っていますか。イノベーター理論とは、現代のマーケティングに欠かせない経営の基盤にもなりうる理論です。こちらでは、イノベーター理論のおすすめの本や、仮想通貨についてのイノベーター理論、業界でのイノベーター理論の例などをご紹介します。

初回公開日:2018年08月15日

更新日:2018年08月15日

記事に記載されている内容は2018年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タイプ別イノベーター理論の例

イノベーター理論とは、1962年に社会学者ロジャースが、生活者の商品購入の動向を数種類に分けて考えたイノベーター普及の理論です。

その層は5種類あり、常に最新のものを購入する革新者(イノベーター)、次に新し物好きな初期採用者(アーリーアダプタ)、それを追う前期追随者(アーリーマジョリティ)人気が出たものを買う後期追随者(レイトマジョリティまたはフォロワー)、遅滞者(ラガード)があります。

市場では、その割合は下記のようなパーセンテージになっています。

イノベーター理論市場全体の割合(%)特徴
イノベーター革新者2.5%最新のものを購入する
アーリーアダプター初期採用者13.5%新しいものを購入する
アーリーマジョリティ前期追随者34.0%新しいものには慎重である
レイトマジョリティ後期追随者34.0%新しいものには懐疑的である
ラガード遅滞者16%保守的で新しいものを選ばない

アーリーアダプターがカギ

イノベーター理論では、好奇心旺盛で新し物好きなアーリーアダプターがカギだとされています。

イノベーターが推進する商品を、最初に購入したアーリーアダプタの人気を獲得することで、フォロワーが多く獲得でき、商品が売れるとみられているからです。

イノベーター理論が取り上げられる主な理由は、口コミという効果の高さ、マーケティングの経費を、対象者を絞ることで可能になる広告費の大幅な削減、が見込まれているからです。

イノベーター理論を重視するのは、大企業だけではありません。ヒット商品をすでに産出している大企業に打ち勝つ戦略として、小規模企業がこれを行っているとされています。

社会学者 エベレット・M・ロジャースの普及理論

イノベーター理論は、1962年にスタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が提唱した理論です。

イノベーター理論は、社会学者であるロジャースが、イノベーションの普及を目的とした理論です。商品購入者の態度を分析した結果、購入者の態度は5つの層に分類されることを発見しました。

ロジャースの普及理論については詳しくはリンク先がおすすめです。

キャズム

イノベーター理論でのアーリーマジョリティ(前期追随者)は、新しいものは慎重に取り入れる層であり、市場全体の34.0%を占めています。

それに輪をかけて難色を示すレイトマジョリティ(後期追随者)は、新しいものには慎重かつ懐疑的な面があるとされ、なかなか購入の選択に踏み切らない人たちの層であり、こちらも市場全体の34.0%だとされます。

ラガード(遅滞者)は、保守的であり、慣れないものや環境を、なかなか受け入れない層であり全体の16.0%います。

イノベーターとアーリーアダプターの段階から、アーリーマジョリティやレイトマジョリティまでにたどり着く段階には、簡単に乗り越えることのできない大きな溝があるのだといわれています。それがキャズムです。

キャズムとは、目新しい商品をターゲットに売り出すことに成功した後、ターゲット以外の消費者に受け入れられるまでの過程においての難所をあらわす溝のことを指す言葉です。

キャズム理論を基に販売戦略を練る

流行に敏感で、目新しいものに興味を示すアーリーアダプターへの販売が成功しても、商品が人気にならないと手を出さない傾向にあるアーリーマジョリティに、商品購入のきっかけを作るのが困難なことについてを、「キャズム理論」といいます。

そのキャズム理論に基づいた販売戦略は、話題作りに終わらないための新商品の生き残りをかけた勝負であるとされています。

その戦略は、アーリーマジョリティに向けてのキャンペーンや広告などで行われ、保守的なアーリーマジョリティに、商品購入のきっかけをつくるためのアプローチをしかけて行きます。

イノベーター理論では、アーリーアダプターに商品を買わせるための宣伝に力を注ぎすぎずに、最大の難関である、アーリーマジョリティ層に商品をどう売るかの宣伝こそが、勝負なのだとされています。その難所を指す理論がキャズム理論ということです。

アーリーアダプター

イノベーター理論では、イノベーターが積極的に目新しいものを溜める人たちの事であり、市場全体の2.5%存在するのだといわれています。

イノベーター理論でのアーリーアダプターとは、初期購入者として商品普及のカギとされる人たちのことであり、アーリーアダプター層は市場全体の13.5%いるといわれています。

イノベーターとアーリーアダプターに新商品が普及することで、新商品の販売戦略は成功に向かう見込みが予想されるので、経費が削減できるということです。

イノベーター理論に関するおすすめの本8冊

こちらでは、さまざまなイノベーター理論に関するおすすめの本をご紹介します。

イノベーター理論に関する本は多岐にわたります。こちらでは主に、アイディアを生み出すことに注目した本や、ハイテクをいかにブレイクさせるかに力を注ぐマーケティング理論、なりたい自分に変えるための行動イノベーションの方法論、発想法に着目しその方法を学ぶ実践本などをご紹介しています。ぜひお読みください。

イノベーションの普及

こちらは、イノベーター理論を提唱したエベレット・ロジャースの著書です。

初版刊行から、5回の改版を重ねた集大成である本書は、最新の研究を盛り込んだ、現在のマーケティングやコミュニケーションといった社会的利用にマッチした内容となっています。

過去の出来事はどのようにして起きてきたかを、イノベーター理論をもとに、話題も豊富にマーケティングから社会現象にいたるまでを、多方面から解明していきます。

製品やサービスのマーケティングだけでなく、社会思想、政治、宗教の普及などに関するアイデアの宝庫である。本書は、Diffusion of Innovation (Fifth Edition)の翻訳で、従来の日本語訳「イノベーション普及学」(第3版、1990年)が絶版になった後、永く待たれていたものである。新しい普及理論の応用分野として、インターネット、携帯電話の普及も取り上げられている。「クリティカルマス」の概念をキャズムと比較するのも面白い。本書の特徴は、マーケティングに限定されない、豊富な事例が取り上げられていることで、このことが様々な発想を刺激してくれる。マーケティングに囚われない視点からの本として、マーケティングに関心ある人にお勧めする。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2JHXR4SZRX9... |

キャズム

本書は、キャズム理論を元にして、実際の成功例や失敗例が紹介されています。

実際の自分たちの立ち位置を分かりやすく知る手掛かりになり、企業にとってもマーケティングの参考になるのではないかということです。

「キャズム」では、イノベーター理論についてもわかりやすく説明がなされています。イノベーター理論を詳しく知りたい人にもお勧めの一冊です。

本書では、ハイテクマーケットを、
1) イノベータ(ハイテクオタク)
2) アーリーアダプタ(ビジョン先行派)
3) アーリーマジョリティ(価格・品質重視派)
4) レイトマジョリティ(みんな使ってる派)
5) ラガード(ハイテク嫌い)
に分類し、それぞれに於いて、取るべき戦術を変える必要がある事を説明している。
特に2)と3)の間には大きな溝(キャズム)があり、ここを乗り越えられないために、多くのベンチャーが消えていったと解説している。

本書がすぐれているのは、論理構成が優れているからだけではなく、それぞれの事例について、「如何にして壁を乗り越えるか」という模範解答が提示されている点であろう。

今まで頭の中でぼんやりと感じていた事が、ここまで明確に、ロジカルに説明されると爽快である。

本書は、ハイテク業界についてのものだが、よく考えれば人間のタイプも1)-5)に分類可能であり、それぞれのタイプについてつきあい方を変える必要があるのだろう、と気づかされた。

久しぶりに大ヒットの本であった。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3SZ1KK3E3FL... |

イノベーターズ 革新的価値創造者たち

著書は、経営者こそイノベーションを進める方がいいと説いています。

イノベーションという革新が持続的に生まれる組織の法則を、イノベーター理論をもとにした心理学と組織論から解明していく、意気込みの感じられる意欲的な内容が語られています。

この「イノベーターズ」は、バブル崩壊後、リーマンショックや様々なグローバルリスクとの戦いに疲弊し、安定と安心を追い求めてきたサムライたちに「勇気」を与え、奮い立たせてくれる、まさに「至高の書」だと思います。

著者の吉村氏は、まるで孔子が「志」について説き、それを佐藤一斎が「生き方」として日本人に伝え、西郷隆盛が戦で、稲盛和夫氏がビジネス社会で実践してきた「魂」を継承するかの如く独自の感性で読者に熱く語りかけて来ます。

本書は、さまざまな企業の革新事例の示唆にも富んでいるが、一貫してイノベーションとは、単なる技術革新の域を超えた「革新的価値創造」であると強調し、それが生まれにくくなった組織の問題点を実にフランクで明快に表現しています。

特に、「理論や分析よりも、人が〝やりたい〟と思うことをやり抜くこと」や、「明確なミッション・少ないルール・異質の尊重」或いは、「困難を乗り越えるためには〈組織の存在意義〉と〈個人の人生の存在意義〉の両ミッションの一致が必要」といったイノベーションの条件について、歴史や企業事例、時には自身のキャリア経験と重ね合わせて解説してくれています。 

問題意識のあるビジネスマン必読の一冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1S5TFQVKOBS... |

世界で有数やさしい右脳型問題解決の授業

左脳をうまく活かして問題解決力をあげる手法を紹介した第一弾がベストセラーになっています。その第二弾が、本書の「右脳」を活かしたクリエイティブからの視点での問題解決案です。

こちらの著書は、問題解決するには右脳も必要であるとした、イノベーション力強化プロジェクトをデザインしており、マーケティングに生かすイノベーション理論の本質を、中高生にもわかりやすい文章で語っています。

いま流行りの「デザインシンキング」や「クリエイティブシンキング」などの本質を平易な言葉でわかりやすく紹介している本。
こういう本は得てして「で、結局どうしたらいいの?」という感想を持つことが多いが、この本では1つのストーリーで完結しているため、具体的に活用するイメージを持つことができ、明日から使ってみたいと思えた。

0から1を生み出す力や生産性高い働き方といった日本企業の課題を解決するヒントが詰まっており、ビジネスパーソンであれば誰もが参考になるであろう一冊。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RD5Y3BLE7H6R... |

本気で変わりたい人の行動イノベーション

こちらの本は、「たった一分間であなたの未来を変える方法」を書いた本だという一文から始まっています。

一分間で未来を変える方法とは何であるのか、それは、行動イノベーションの専門家である著者が「即決断し、即行動」できることに成功の加速実現ができるということを、経営者やベストセラー作家のサポートをすることにより新たに確信できたことにあるでしょう。

イノベーター理論を基盤にできあがった、こちらの書である「行動イノベーション」は、自分はなかなか行動ができないと思う人におすすめの一冊です。

いま流行りの「デザインシンキング」や「クリエイティブシンキング」などの本質を平易な言葉でわかりやすく紹介している本。
こういう本は得てして「で、結局どうしたらいいの?」という感想を持つことが多いが、この本では1つのストーリーで完結しているため、具体的に活用するイメージを持つことができ、明日から使ってみたいと思えた。

0から1を生み出す力や生産性高い働き方といった日本企業の課題を解決するヒントが詰まっており、ビジネスパーソンであれば誰もが参考になるであろう一冊。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3NHN0XM1N3I... |

「禅的」トゥルー・イノベーション

こちらの書は、まだイノベーター理論が日本に広まっていなかった時代の20年前から、製造におけるイノベーションを研究してきた、博士号を持つ著者の経験談をまとめた一冊です。

こちらの本がおすすめなのは、リーマンショックなどの時代背景や、リストラなどで思い悩んだ著者の20年に及ぶ体験などを、実際の経験であるかのように体感できる点にあります。

「座禅」に出会うことで、頭の中に新しい事業アイディアが湧き、より良い改革を生む源ができあがったということです。「ワクワクするモノづくりで世界が元気になる」を企業理念に掲げた著者は、日本の組織、人材の良さを活かす弾的思考プロセスで、日本から新しいイノベーター理論を語りかけます。

Bottom banner

ディベートではない、ファシリテーターが答えを持たない「禅的」対話と、簡易な瞑想により個人の「感じる力」を取り戻すという独自の手法を持ち、全国で実績を上げているzenschoolのノウハウが惜しみなく公開されている。ただ新領域で新商品を造るのではなく、個人の情熱を注ぎ込める何かを創り出すには、自分と対話し、感じたものを形にするしかない。そのためのメソッドというより、プロトコルを学べる一冊。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1LCXLSLAVJN... |

実践セット 発想法21のイノベーションポイント

発想法の父であるアレックス・オズボーンが提唱した発想法を参考にしたこちらの書は、イノベーションし続けることの大切さを説いています。

こちらの書は、アイディア考案シートを用いて、イノベーションのポイントや、アイディアを明確に振り分けて行く作業を、本を読みながら学んでいけます。

スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション

こちらの本は、スティーブ・ジョブズがイノベーションできた背景にも注目し、世の中にスティーブ・ジョブズの様なリーダーがたくさん必要とされていることについて語っています。

著書は、「イノベーションを進める気になる環境、イノベーションが成功する環境を作る必要がある」こう現代のイノベーションの難しさ、大切さを伝えています。

また、「顧客が仕事を進めやすくするには、どうすればよいかを知ることがイノベーションである」といった、多くのイノベーター理論を基にしたヒントをたくさん取り上げた、読みごたえのある一冊です。

最も気になった章は「大好きなことをやる」だ。お金に関係なく、自分が興味を持ち、情熱を持てること。朝日が登るのが楽しみになる様なこと。自分の心に従い大好きなことをやる。
見つかっていなければ探す。妥協はしない。

情熱を持って仕事をしている人は身の回りにいないか。その人と話してみよう。大好きなことへどう転換したかわかるかも。

創造力とはつなげる力。いつもと違うことをして経験すること。それがいつもとつながる。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1K5ZC7225CQ... |

イノベーター理論は古いのか

イノベーター理論は画期的なシステムとして現在も取り組まれています。

イノベーションとは、物事を良い方向に変化をもたらすための改革という特徴があります。そのため、倒産危機に陥った企業がチャンスを探す手掛かりに取り上げるのがイノベーター理論です。

また、売れ行きの悪くなった商品を、万人受けし、多くの人が望むものにするためは、戦略な新しいアイディアを考えて、商品の優れた面に価値を持ってもらうように、イノベーター理論は推進されています。

暮らしを良くするイノベーター理論

イノベーター理論は世の中のより良い発展に貢献する理論です。

人々が暮らしの中で研究し、創造的なアイディアを生むことで生活を過ごしやすく改善していくように、企業間の内容の向上により医療が発達し、経営が発展を遂げ、会社の存続を維持することが期待できるといわれています。

イノベーター理論はいつの時代にも必要とされる、企業理念になりうる基盤として用いられる新しい改革だといえます。

仮想通貨においてのイノベーター理論の例

仮想通貨においてのイノベーター理論は、どのようなものがあるのでしょうか。こちらでは、一般的な仮想通貨とは何か、電子マネーとの違い、ビットコインについてもご紹介します。

仮想通貨って何だろう

仮想通貨には種類が多いため、良く分からないという人もいるのではないでしょうか。こちらでは、仮想通貨とは何かについてご紹介します。

一般的な仮想通貨とは、ネット上のオンラインゲームなどで使われる通貨です。

仮想通貨をお金を支払って購入し、手に入れた仮想通貨でゲーム内のお店でアイテムなどを買うことができます。

WEBサイト内でも仮想通貨は使用されています。WEBサイト内で1000円分のポイントを購入し、購入したWEBサイト内でそのポイントを使って買い物ができます。使用期限を設けていることも多いでしょう。

どちらの仮想通貨も、ウェブサイトの運営会社が利用者を囲い込むことで利益を上げることを目的としています。

仮想通貨で有名なのが、昨年価格が20倍も値上がりしたビットコインです。上記の一般的な仮想通貨とは違い、ビットコインは世界中どこでも日常的に使用できることを目的として作られた通貨です。

ビットコインとは

ビットコインは、経済活動を円滑にするためにつくられた、発展途上の仮想通貨です。ビットコインを購入することで、実際のお金として電子的に決算ができます。

円やドルとの違いは、ビットコインには中央銀行が存在しないことです。そのため国によって通貨の単位が異なることもなく、個人で簡単にお金のやり取りが可能です。中央銀行が存在する電子マネーとは違います。

ビットコインは分散されたコンピューターネットワーク上で管理されていて、取引がスムーズに行えるように解決策が見つかったことで広がりを見せてきました。

ビットコインを使って、パソコンや携帯を使って買い物ができ、ビットコインの値段も購入者がビットコインを高く買えば、その購入された値段がビットコインの値段となります。

使用の際も、ネット上で国境を越えたやり取りが容易にでき、送金や決済時の手数料が安く済むことから、世界中で使用も容易と利便性の高さが注目されています。

イノベーター理論とビットコイン

イノベーター理論とは、革新的商品、最先端技術、目新しいサービス、新しい改革などが市場に登場した際、その普及率が16%超えれば爆発的に拡大すると説く理論です。仮想通貨(ビットコイン)をイノベーター理論で見るとどうなるのでしょうか。

一般的にはビットコインがアリーマジョリティに移行するころには、ビットコインの価格は高騰するのではないかと期待されています。

仮想通貨とキャズム理論

キャムズ理論とは、新商品やサービスが十分に売れる過程には、安易に超えられない溝があるという理論です。その溝を超えた時には大きな利益が得られることで知られています。

仮想通貨をキャズム理論で見た場合、市場規模は広がるのではないかと予想されています。

業界別イノベーター理論の例

売りあげの良い商品の持続する利益を保つためにも、多くの企業がイノベーションをし続けています。

イノベーションは、会社の存続の危機にこそ生まれ続けています。日本では、キッコーマン株式会社が商品を売り出す際に味をつけた豆乳飲料を販売し、商品提供の場所の確保に、常温保存ができることをアピールし、商品の売れ行きを伸ばすことに成功した事例がありました。

アパレル

アパレル業界のトレンドは移り変わりも激しく、アパレルでのイノベーションは研究され続けています。

例えば、20代を対象にし、目新しさ、ファッション性を重視したイノベーター商品が、若者に気に入られることで買われ、その「人気商品」として口コミが広がる事で、家族などの別の年代にも認識されてアーリーアダプタとなり、ゆくゆくはおしゃれであると認定されたヒット商品として注目した全年代に買われ、多くのフォロワーを獲得していきます。

アパレルでのイノベーションはリメイク

アパレル商品をある一定の消費者を対象にしてイノベートし、それに目を付けたアダプターが買い付けたあとが問題です。

一般的に売れ行きが伸びないアパレル商品は、キャズム理論を基盤として商品改革に挑み、策とアイディアを練り、デザインを別の年代に向けて新しくリメイクすることでヒット商品にしようと試みます。

医薬品

医薬品がイノベートされることにより、人類の寿命にも影響を与え続けているといいます。

イノベーションは暮らしを良くしていくという特徴があることから、人類の生存率も伸び続けている傾向にあります。病気に対しての新薬の発表を心待ちにする患者も後を絶たず、医薬品へのイノベーションは求め続けられています。

イノベーター理論と新薬開発

イノベーションにより医薬品が新開発され続けることにより、昔では救えなかった命に希望を見出すことができるようになってきて、世の中を明るくし続けていると言えるでしょう。

イノベーター理論は、世の中にも貢献しています。

イノベーター理論の本を読みマーケティングを学ぼう

イノベーター理論を理解するためには、イノベーター理論の本を読むことがおすすめです。

イノベーター理論での事例を多く知ることで、自分の方向性がわかる手立てになったり、自分の中からワクワクするイノベーションが湧きあがる可能性があります。

イノベーションが、周りの賛同を得ることで広がっていくように、たくさんの思考パターンを知ることは重要なポイントになることでしょう。改革に希望を抱く生活は、イノベーター理論の本を読むことでなお一層強化されるのではないでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人