Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年04月26日

自分の長所を診断できるチェック項目・見つけ方・例一覧

自分の長所を診断できるチェック項目・見つけ方・例一覧

自分の長所や短所は若いうちはなかなか分からないものです。自分の長所や短所を見直す機会あれば、普段の生活も見直してみましょう。自分の長所や短所から、次に何をするべきか分かる事もあります。履歴書などに長所を書く場合は具体的なエピソードを書くようにしましょう。


簡単にできる自分の長所のチェック項目とは

人それぞれさまざまな性格があります。若いうちは自分の長所をなかなか掴めない人も多いです。他人から長所を教わる事もないので、会社面接や学校での課題を行なう際に自分の長所を知っておく事が必要です。

まず、自分の短所と長所が言えるかということが大切です。その上で考えると他人と接する事が好きなのか、自分の性格を知って行動に移しているのか、自分の得意な事を知っていてそのことを伸ばすような努力をしているのか、この3つを自分に問いかけると自然と自分の得意なこととそうでないことがわかり、長所と短所が掴みやすくなります。

小学生でも自分の長所を知っているので、会社面接などをする際にはどうしても必要になってきます。

自分の長所と短所を知るにはどうすればいいのか

普段どう過ごしているのかを振り返ってみましょう。両親や友達に自分の長所と短所は何か聞いてみても良いでしょう。自分では長所と思っていても、他人にとっては長所に見えないこともあります。普段の生活を見直す事やしましている勉強や仕事、独自の活動から、長所を探す事はできます。

長所を知る事は短所を知る事でもあるので、長所を改めて見つける場合は普段の生活が夢や目標に向かって進んでいるのかを考えなおすこともできます。

意外と他人しか分からない長所があるので、自分の長所はと聞かれて、即答できる人はあまりいないでしょう。

長所を知る場合

長所は性格からくるものやそもそもの考え方からも人それぞれの長所になります。普段の生活を振り返っても自分の長所が見つからない場合は、今まで自分がしてきたことを振り返り、やってきたことから、自分の長所と短所を見つけても良いでしょう。

自分の長所は何だろうと普段から、考えて過ごしている人はあまりいません。毎日の生活で精一杯のこともあるので、勉強や恋愛、家族、友達とのふれあいの中で自分の長所を見つけるのも良いでしょう。

自分の長所は何があるのかというのは、普段考えないものです。面接やセミナーなどの参加で自分の長所と短所を探す時は、相手に自分の性格を説明しやすい長所と短所の探し方をしましょう。

短所を知る場合

人は自分の悪い面と言うのはあまり見なく、他人を不愉快にしている事も多々あります。短所を知るには普段の行動だけでなく、人との接し方や自分では長所と思っているつもりが相手にはそう感じていない場合もあるので、自分の長所を見つけるよりも短所を探す方が難しいでしょう。

人と言うのは良い面と悪い面を持っています。他人と接する際は悪い面ばかり見る事はやめてなるべく良い面を見て接する事でも、自分の長所と短所が見つけやすいでしょう。

ある程度、年齢を重ねたら、自分の長所と短所を知らないと常に周りに迷惑をかけて過ごしている事になるので、若い頃から長所と短所を知っておく事は大切な事になります。

よくある自分の長所の一覧

人の良い面と言うのは個性的な魅力ではなく、定番の性格の長所と言うものがあります。優しさや協調性の良さや、明るさ、人見知りをしない性格などどちらかというと長所も性格を中心にしたことが多いです。

会社面接やあらたまった場で自分の長所を相手に伝える場合は、性格的な特徴を話した方が相手にも分かりやすいでしょう。

自分の長所や短所を相手が知りたい場合は、その短所や長所を踏まえて、職場にふさわしいのかそうでないのかを決めるので、履歴書などに嘘を書いても面接での質問で上手く答えることはできないでしょう。事実に裏打ちされてことを自分の長所としましょう。

優しさの長所

自分の長所を話す時に優しさがあることを相手に伝える事があります。優しさは強さの裏返しでもあるので、長所として相手に伝える場合はちょっとした、エピソードなどを含めて話すと相手もイメージしやすいでしょう。

優しさというのは長所ではありがちの答えです。他の人とどう優しさが違うのかを説明するのもよいですし、優しさがあるのでよかったことなども話せれば、きちんと長所と向き合っている事が分かります。

自分の長所で優しさがあることを長所にする人はたくさんいるので、分かりやすい性格の表現だと言えます。自分の長所が見つからない場合は優しさがあるととりあえず相手に伝えても良いでしょう。

協調性の長所

協調性はコミュニケーション能力がないと協調性というのは養われません。組織で活動していく上で協調性というのはとても重要です。協調性の良さを自分の長所としている場合は、性格や行動が伴わないと協調性の良さというのはでてこないので、ただ単に優しさがありますというよりかは協調性があると言った方がより高度な長所になります。

協調性もそうですが、他人の意思や感情を含む長所は説得力があります。自分だけの感情では協調性の長所は成り立たないからです。

自分の長所を相手に伝える場合は、具体的なエピソードが話せるような長所の方が相手も分かりやすく、短所もそれとなく分かるのでチームワークなどで仕事をする場合は協調性があることを自分の長所にするのがよいでしょう。

強さの長所がある場合

強さを自分の長所にしている場合は、スポーツでのエピソードや辛かったことを具体的に話す方が良いでしょう。強さというのはなかなか自分で自覚している人はいません。

他人に指摘されて自分の強さに気づく場合もあるので、人に自分の長所が何かをディスカッションしても聞いても良いでしょう。強さは短所に繋がる事もあるので、自分本位の性格や考え方になっていないかも知っておきましょう。

もし、強さの裏返しで短所も見つかったら、普段からどう気を付けているのかをいつでも言えるようにしておきましょう。

自分の長所が見えない時の対処法は

Bottom banner

長所がない人はほとんどいないでしょう。冷たい人でもどんな悪人でも必ず良い面があります。自分の長所が見えない時は自分に自信がない場合もあるので、今まで自分が何をしてきたのか、また些細な事でも人に感謝された事があれば、それを自分の長所にしましょう。

若いうちはなかなか長所と短所が分かりにくいです。両親や友達に聞いてもよいですが、自分で見つける努力をする事で、自分がどのような仕事に向いているのか、何をしたいのかが分かりやすくなります。

幼い頃から長所と短所を分かっている人はあまりいないので、人前に出ても恥ずかしくない人になるには自分の長所と短所を早めに知っておく事はどうしても必要なことになります。

履歴書などに書く長所の例文とは

履歴書の長所の欄に自分の長所を書く場合は、面接で質問されても十分相手が納得できる答えを用意しておきましょう。

例文としては「私の長所は何事にも前向きに取り組む事です。前の職場でも仲間と協力して今までその会社になかった方法で、効率よく仕事をしてました。また常にチームワークで仕事をする事を忘れません。」といった例文でもよいです。複数の長所を組み合わせて長所をアピールしましょう。

また、今までその学校や職場ではなかったことを自分で始めた事や、物事にとらわれて考えない発想力などを長所としても良いでしょう。

自分の長所の書き方ってどうするの?

ただ単に優しさがありますと書くよりは具体的なエピソードを交えて自分の長所を紹介しましょう。自分の長所でどういう良い結果を生み出したのか、なぜそうすることにしたのかを書いても良いです。

仕事の成果や、学校での活動に長所を盛り込むような書き方でもよいでしょう。具体的なエピソードを交えると相手もどのような長所なのかイメージしやすいですし、そのエピソードから話も盛り上がりやすいです。

長所ばかり、強調して相手に伝えるのではなく、短所も交えて伝える事で自分がどのような人間なのかを相手がイメージして、どのような仕事に向いているのか考えやすいです。

履歴書に長所を書く場合

先程も述べましたが、優しさや協調性の良さと一言書くのではなく、具体的なエピソードを交えて書きましょう。また受ける会社がどのようなことに力を入れて重きを置いているのかを、あらかじめ調べておき、自分の長所が仕事にどう活かせるかを書いても良いでしょう。

即戦力というイメージを相手に持ってもらう事が必要になります。長所を履歴書に書く場合は、志望動機や学歴、職歴とリンクさせておかないと、いざという時の質問に答えるのが難しくなります。自分の長所と短所を知る事は、社会人として仕事をしていくにはどうしても必要になってきます。

小論文に長所を書く場合

長所を題材とした小論文を書く場合は、普段の生活でどのように長所が活かせているのか、また他人の自分への評価や、自分の長所でどう周囲や環境が変わったのかを書きましょう。

小論文は作文とほとんど変わらないですが、長所を客観的に捉えて書く事も求められます。長所自体が人にとってどのように関係してくるのかを書いてもよいでしょう。

極端に主観的に書く事は避けて、自分の長所でどう周りが変化したのかを書いたり、長所自体の哲学的な文章でも良いでしょう。

短所を補う努力をすることを忘れない

短所を書く場合、面接などで普段から短所を補うことに何をしているのかを、相手に伝えられるようにしましょう。長所のことばかりを自分で理解していても、自分の短所をどう捉えているのかを自分で分かっていないと嫌な事から逃げている人間と思われてしまいます。

短所を補うために普段している事を、書き、面接でも答えれるようにしておく事は大切です。

長所を見つける事は自分を見つめ直すこと

映画を見たり、友達とお酒を飲んだり、気分転換をすることができないと立派な社会人として働く事はできません。自分の感情をコントロールできるように普段からメンタルのメンテナンスをできないと長く同じ仕事をする事は難しいでしょう。

自分という人間が何が得意で何が不得意なのかを知る事は、大きな目標や大きなことを成し遂げるためにはどうしても必要になります。

自分を常に冷静に見つめ直すことができる精神力をつけることは、仕事でもプライベートでも役に立つので、挫折を経験するような事があっても慌てないような覚悟を持ちましょう。

自分の長所を伸ばす努力をしよう!

短所を補う事も必要ですが、自分の長所を伸ばす事ができれば、仕事や私生活を豊かなものにできます。自分の長所と短所を見直す場面があれば、自分を見つめ直す時間ができたと感謝して、普段の生活を振り返ってみることも必要です。

色々な引き出しを増やしておくことで、いざ窮地に追い込まれても学んだことを活かして辛い日々を有意義なものに変える事も可能です。長所や短所を知るだけでなく、そこから学べる事があれば学ぶようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人