Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年04月14日

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

家事手伝いは昭和のころは女性は仕事をしないのが普通だったので、学校を卒業したら結婚するか花嫁修業として家事手伝いになる女性が多かったです。家事手伝いは無職扱いされていますが、中には男性の家事手伝いもいます。この記事は家事手伝いを分析しています。


家事手伝いはニートなのか

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

最近家事手伝いという言葉をあまり見かけなくなりましたが、「家事手伝い」という言葉は昭和のことには当たり前にありました。昭和のころの家事手伝いは、主に女性の花嫁修業として扱われていました。昔の日本はお見合い結婚がほとんどなので、学校を卒業した女性たちは家事などの主婦がやることを、結婚相手が見つかるまで母親に教えてもらうことでした。

昭和初期のころは「女性が社会にでて働く」というのは、男尊女卑の時代だったので就職先がありませんでした。今はと違いボタン一つで終わる火事ではないので、覚えることがたくさんあり家事手伝いは花嫁修業と言われていました。特に農家の女性は家事・農家を手つだっていたので大変でした。

無職

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

家事手伝いは女性が働けるようになった現在では、働いていないので「無職」という扱いになります。現在も「あなたは今どこで働いてるのか」と聞かれたら、「家事手伝いをやっています」と答える方もいて、家事手伝いは無職ではないというイメージがある方もいます。

しかし、家事手伝いは家の家事をしているだけで給料は貰っていなく、給料を貰っていないのは無職と一緒です。中には結婚相手を探していて退職した方も稀にいますが、その方たちも花嫁修業ではなく無職と言われています。昔と違い、家事をしようとしてもボタン1つで終わることが多く、家事手伝いをしても午前中で終わってしまいます。

家事手伝いは婚活で不利になるのか

家事手伝いの方は婚活で不利になる場合もあり、花嫁修業という言葉がない現在の日本は無職ということになります。家事手伝いと同じことをしている専業主婦は、パートなど数時間でも給料がもらえる仕事をしています。逆に家事手伝いの方は給料を貰っていないので、無職という扱いをされてしまします。

現代社会では家事手伝いは無職という扱い方をしているので、婚活には向いていない場合もありますが、婚活をするために退職していて家事手伝いをしているならば、就職したことない家事手伝いさんよりは結果が違っていきます。相手の両親からも家事手伝いだとイメージが悪く、両親から断られる可能性もあります。

専業主婦には向いています

婚活で専業主婦を求めている男性がいたなら、就職している女性よりは家事手伝いの女性が勝てます。家事手伝いは無職というレッテルが張られていますが、メリット的に考えると家事能力が高いので、結婚したら家庭のことを任せられます。

最近は共働きする夫婦が増えていますが、共働きだと収入が増える分家事を分担しなければいけないので、専業主婦みたいな女性を求めている方もいて家事手伝いの女性はおすすめです。男性は専業主婦になって自分は何もしたくない方もいますので、家事手伝いの方は無職ではなくて家事手伝いという仕事をしていましたと、家事が完璧だということをアピールしましょう。

婚活で相手を見つける方法

婚活で家事手伝いの女性でも、自分で家事を完璧にできなければ相手を見つけることは難しいです。家事手伝いの方は母親と一緒に家事をする方がいて、家事手伝いにはなっていますが、結婚をしたら自分一人で家事全般をしなければいけません。

単に掃除が苦手という家事手伝いの女性は、「仕事をしたくないから家事手伝いに逃げている」というイメージがありますので、自分一人で家事ができるようにプロになる必要があります。事象家事手伝いの女性は無職扱いされてしまい、婚活に行っても相手を見つけることができなくなります。

家事手伝いをしているから家庭を任せられると結婚しても、家事もしないでだらしないでいると「コスパが悪い女性」になり、対象外になって浮気や離婚を言い渡されることがあります。昔も何もできない家事手伝いは、姑から嫌味を言われたりしていて、何もできない家事手伝いは無職と一緒もカコデリーになっています。

家事手伝いは女性のみなのか

昭和のころは女性はいくら頭が良くても家事ができないと立派な人間とは考えられていませんでした。女性は無職になっても家事手伝いという逃げ道がありました。

男性も働いていない方がたくさんいますが、男性は定年退職するまで独身・既婚でも働かなくてはいけなく、昭和の時代も病気がある以外の男性は就職していました。また、男性は結婚したら専業主婦になった妻の年金を払う必要があり、男性に家事手伝いという言葉は通じなくて、無職という扱いにされてしまいます。

男性の家事手伝いはあります

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

女性のように男性の家事手伝いはあまり聞きませんが、メディアが特集していないだけで存在しています。最近話題で問題になっている「介護」問題で、自分一人しかいない場合に介護が必要になることがあります。この場合は何も補助金がもらえないので、男性も家事手伝い扱いをされます。

施設に任せたくてもお金がない場合は、親の年金で暮らしながら子供は家事手伝いをしなくてはいけなくなります。この話しは特に独身の男性によくある話しで、身内がいない場合は男性でも退職をして家事手伝いをしなくてはいけません。ニュースで介護をしていた無職の息子が、両親を殺害してしまう事件が多くなりました。

男性の家事手伝いでも何もしない

男性も家庭の事情や病気で家事手伝いの方もいて、しっかりと家事手伝いをしている方は良いのですが、世間でニュースになるのは部屋に何十年もひきこもっているケースが多いです。そんな方は世間では「ニート」「無職」と言われていて、家事手伝いとは言われることがありません。

男性の無職は何もしないで過ごしている「無職」、家の家事を介護が必要な親に変わって行っているのは、「家事手伝い」をしっかりしているので違いがあります。介護していた親を殺害してしまった容疑者は、「家事手伝い」の扱いに本来はなっています。しかし、男性は就職するのが当たり前なので、家事手伝いでも病気もちでも世間の風当たりは厳しくなっています。

年代別家事手伝いの割合

Bottom banner

家事手伝いとして生きている割合は、年代別でわけてみると引きこもりになった世代・単に働きたくない世代があり、年代ごとに男女共通で家事手伝いになっている理由が違っています。この割合は家事手伝いというカコデリーになっていますので、何もしていない無職の方は数字に入っていません。

20代

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

20代は大学に進学した方は新社会人になりますが、中には就職せずに家にいる方も増えています。家事手伝いをしっかりしてる方もいますが、家事手伝いは無職扱いなのでyoutuberが多い年代の20代が当てはまります。

youtuberが流行りだした世代はちょうど20代の方が当てはまり、学生時代をyoutuberで過ごした方がほどんどです。youtuberは働いている方より収入が多いですが、お金を貰っていても家事手伝い扱いをされています。youtuberの方も家事手伝いにはいっているので、20代の家事手伝いの割合は5割と半分と言われています。

30代

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

30代の家事手伝いは一番多い世代と言われていて、7割と多い割合になっています。30代はバブル崩壊したときに就活をしていて、社会現象にもなった「就職氷河期世代」と言われています。バブル崩壊が原因で就職する会社が倒産したりして、働きたくても就職先が見つからず現在まで結婚せずに家事手伝いで過ごしている方たちです。

20代との違い

20代の楽して暮らしたいから家事手伝いでいるのとは違い、30代は働きたくても働けなかった家事手伝いが大勢いいます。最近の犯罪率が高いのは30代と言われていて、日本の政治に恨みを持っている世代と言われています。

40代

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

40代は家事手伝いをしている方が少なく、ほとんどが部屋に引きこもる無職の方が割合を示しています。家事手伝いは無職の方が含まれるので6割が家事手伝いをしています。40代はバブル全盛期が就活と重なっていたので、体験にいくだけでも数万円貰う・就職できるなど考えられない時代でした。

しかし、同じ時期に「いじめ」が流行りだしていたので、誰でも就職できる環境でもいじめが原因で外へでられずにいる方が多くて、家事手伝いをする方たちが増えてしまいました。40代の方に聞くと家事手伝いの方はほとんど、「いじめ」が原因でトラウマが今も治らず、怖くて働けない方が多い年代になっています。

また、40代はバブル時代に入社した方たちばかりなので、使えないと言われている年代でもあります。使えないのが原因でリストラされてしまうことが多く、強制的に家事手伝いにされてしまう方が多いです。転職しようとしても年齢的に難しいです。

家事手伝いの人におすすめの求人

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

家事手伝いの方が働こうと考えが変わった方におすすめな求人は、まずは簡単な作業から始めるのがおすすめで、「新聞配達」は介護をしている方にも数時間でお金がもらえますのでおすすめです。新聞配達は朝刊・夕刊がありますので、朝刊だと朝新聞を配達したらあとは介護に集中することができますし、夕刊は介護が必要な親が昼寝中の時間で配達することができるからです。

在宅の仕事

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

家事手伝いの方にはいじめられて外にでることが難しい方もいますので、家で仕事ができる「在宅」は家で作業するだけで給料がもらえます。自分の好きな時間に仕事ができますので身体が弱い方もおすすめです。いじめで人間不信の方でも、自分一人でする作業なので信頼できる仕事が在宅です。

在宅でも色んな種類があって、「コールセンター」の在宅ワーク・文字を打つ仕事のライティング系があり、olさんがしているような仕事を誰にも会わずできます。在宅は前からあって家を空けられない主婦が在宅をしていましたが、現在は主婦以外の方も在宅で仕事をしていて生きていて、色んな在宅の仕事が増えてきています。

家事手伝いの方は理由がたくさんあります

家事手伝いはニートなのか・就活で不利になるのか・年代別の割合

家事手伝いとして就職せずに暮らしている方たちの中では、ただ働きたくなくて無職になっているかたもいますが、ほとんどの方は病気がち・いじめが原因で、ひきこもりがちになっている方たちばかりです。皆さんはいじめが原因で人間不信になっている方を見かけたら、挨拶をすることから初めて、交流を持ち家事手伝いというカコデリーを理解してあげましょう。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人