Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2018年03月20日

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

年末の挨拶をメールで送ったことがありますか。年末の挨拶にはどういった内容の文章を書けば良いか迷います。ここでは、ビジネス上相手別の年末の挨拶メールの書き方、注意点をご紹介します。また、メール以外に手紙や訪問で年末の挨拶をする場合のやり方、時期もご紹介します。


ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

年末になると、ビジネス上の取引のある方に挨拶メールを送らなければなりません。多忙な中でも、要所要所の挨拶ができるかできないかで、ビジネスマンとしての優劣が変わってくる可能性があるからです。ここでは、ビジネス向けの年末の挨拶メールの送り方や、例文などをみていきましょう。

年末の挨拶メールを送るタイミング

年末の挨拶メールを送るタイミングは、送る相手によって変えなければなりません。同じ社内の上司や先輩であれば、年末の最終営業日の朝から昼頃までに送るようにすれば良いです。

また、取引先や社外の人向けの年末の挨拶メールは、先方の予定を把握していない場合であれば、年内の最終営業日を考えて自分の最終営業日よりも1週間~3日前くらいまでには送ると良いでしょう。取引先や社外の場合は、自分の会社と最終営業日が異なることがあります。

例え最終営業日が同じだったとしても、相手の都合によってはメールを見ないというパターンも考えられます。できれば、社外や取引先などにメールを送る場合は、相手の最終営業日も確認しておきましょう。

年末の挨拶メール:お客様

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

お客様宛の年末の挨拶メールは、今年一年のご愛顧に対する感謝と、来年もよろしくという内容を盛り込みます。また、一番重要なのは、年末年始の休業日の連絡です。いつからいつまでの休みとなり、来年のいつから営業開始となるのかを必ず明記します。

年末の挨拶メール例文:お客様

お客様各位 年末年始の営業日のご案内
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。年末年始休業日を下記のとおりご連絡申し上げます。

<年末年始休業日>平成○○年12月〇日(〇)~平成〇〇年1月〇日(〇)
なお、新年は、1月〇日(〇)○○時より営業開始となります。本年中のご愛顧にこころより感謝申し上げますとともに、来年も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

年末の挨拶メール:取引先

取引先に向けて年末の挨拶メールを送る場合には、自社の年内最終営業日の1週間~3日程度前に送るようにします。もし、取引先の最終営業日がわかれば、その数日前には届くように送りましょう。以下が取引先宛の年末の挨拶メール例文になります。

年末の挨拶メール例文:取引先

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

株式会社○○ ○○部○○様
いつもお世話になっております。株式会社○○の○○です。時間が経つのは早いもので、もう年末のご挨拶をさせていただく季節となりました。貴社のおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年は、○○様の多大なるご協力により無事○○を成功することができました。改めて、厚く御礼申し上げます。来年も、さらに努力を積み重ねていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。なお、年末年始の当社の休業期間は以下になります。

<年末年始休業期間>平成○○年12月〇日~平成○○年1月〇日
新年は、1月〇日(〇曜日)10:00より営業開始となります。時節柄、ご多忙のことと存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。来年も変わらぬご愛顧をお願い申し上げ、歳末のご挨拶とさせていただきます。

年末の挨拶メール:社外

社外向けの場合でも、年末の挨拶メールには、相手との共通の思い出などがあれば、それを入れて感謝の意を伝えましょう。そして、一番重要なことは、年末年始の休業期間と、年始の営業開始日(時間)がいつからかの表記です。

件名も、わかりやすいもの(「今年もお世話になりました」「年末のご挨拶」など)にして、カッコで自分の会社名と氏名を入れるようにしましょう。件名は、メール一覧で見たときに、すぐに誰からどんな内容かわかるようにすることが重要です。

年末の挨拶メール例文:社外

いつもお世話になっております。株式会社○○の○○です。年末のご挨拶をさせていただきたく、よろしくお願いいたします。貴社の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。本年は格別のご愛顧をいただきまして、厚く御礼申し上げます。

来年もさらにサービスの向上を図れるよう、誠心誠意努力していく所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう従業員一同よりお願い申し上げます。なお、当社の年末年始の休業期間は以下になります。

<年末年始休業期間>平成○○年12月〇日(〇曜日)~平成○○年1月〇日(〇曜日)

なお、新年は1月〇日(〇曜日)○○時より営業開始となります。来年も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

年末の挨拶メール:社内

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

社内向けの年末の挨拶は、今年あったことをちょっと入れたり、お世話になった方へのメッセージを入れたり、とオリジナルの一文を入れると相手に感謝の気持ちが伝わりやすくなる挨拶文となります。

社内向けですので、あまり堅苦しい、決まりきった定型句のみだと味気ないという気もします。そのため、自分の今年の抱負的なことを盛り込むと、ちょっと印象に残る良い年末の挨拶となるでしょう。また、社内向けの場合一斉送信で全員に送る場合もあるでしょうから、その場合は誰が読んでも失礼のない内容の文にしましょう。

年末の挨拶メール例文:社内

関係者各位 
○○年もあと残すところわずかとなりました。今年は、○○チームの皆様に大変お世話になり、おかげで担当していた○○プロジェクトを無事リリースにつなげることができました。深く感謝いたします。

来年も、引き続き、継続案件のプロジェクトに邁進していく所存ですので、どうぞ変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。新年には、また元気な皆様とお会いできることを楽しみにしております。良いお年をお過ごしください。

年末の挨拶メール:上司

上司への年末の挨拶メールでは、今年一年お世話になったことへの感謝を入れます。また、仕事として一緒に行った内容などを盛り込むと、独自のメールになって、より相手に気持ちが伝わりやすい挨拶文となります。

年末の挨拶メール例文:上司

今年も一年お世話になりました。○○さんとお仕事をご一緒させていただき、大変勉強になることが多かったです。その節は、資料などたくさんお借りしてありがとうございました。来年もご迷惑をおかけすることもあるとおもいますが、ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。それでは、来年もよろしくお願いいたします。

もし年末の挨拶メールを送り忘れてしまったら

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

ビジネス上の年末の挨拶メールは必須ですが、もし万一このメールを送り忘れてしまったという場合は、新年の挨拶メールで挽回するしかありません。

新年の挨拶メールといっても基本的な内容は年末の挨拶メールと同じで、できればそのメールを相手が見たときにちょっとホッとするような温かみのある内容を入れると、相手に気持ちが伝わりやすくなります。新年の挨拶メールを送る場合に気を付けるべきポイントが以下になります。

1.元旦は1月1日のみ

1月1日に届く場合のみ、「元旦」を使います。もし、既に1月1日を過ぎていた場合は「元旦」は使わないようにしましょう。

2.二文字、一文字の賀詞は使わない

Bottom banner

年始の挨拶では、「福」「賀正」などを使う場合がありますが、このような一文字、二文字の賀詞は目上の人に対して使うのは失礼にあたります。なぜなら「謹んで」という意味がないからです。もし、賀詞を使いたい場合は、「恭賀新年」「謹賀新年」「謹賀新春」と四文字のものを使うか、「謹んで新春のお慶びを申し上げます」という一文を使うようにしましょう。

3.新年の挨拶は松の内まで

新年の挨拶メールは、遅くとも松の内(1月7日)までに送るようにしましょう。ただし、松の内は関西では1月15日ですので、関西の方はもう少し遅くまで新年の挨拶メールを出すことができます。

種類別印象のいい年末の挨拶文の書き方

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

年末の挨拶は、メールや手紙で送る方が多いですが、メールと手紙では書き方が異なります。ここでは、種類別に、相手の印象が良くなるような年末の挨拶の書き方についてご紹介します。

メール

今ではビジネス上の年末の挨拶をするのはメールで行うことが一般的になってきています。はがきや手紙で丁寧に年末の挨拶をする場合もありますが、通常の連絡手段が現在はメールであることが多いため、年末の挨拶もメールで行う人が多いのでしょう。

メールの場合は、件名にも注意が必要です。件名としては、わかりやすく「年末のご挨拶」などシンプルに短めにして、誰からのメールかわかるように会社名と氏名も書いておきます。ここでは、メールによる年末の挨拶をご紹介します。

年末の挨拶文例文:メール

(例文)「件名:年末のご挨拶(○○課 ○○) 20XX年もあと残すところわずかとなりました。今年は、○○課を中心にさまざまな問題が発生し、対応に追われる日々でしたが、何とか乗り越えることができました。それも、この職場の皆さんの多大なるご支援のおかげです。

とても感謝しております。来年も、何かとご迷惑をおかけすることもあるでしょうが、一生懸命皆さんのお役に立てるよう、精進していく所存です。どうかご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。新年には、みなさまの元気なお姿を拝見できますことを楽しみにしております。良いお年をお過ごしください。」

手紙

年末の挨拶文は、より丁寧な印象を与えることができるため、メールではなく手紙で送る場合もあります。例えば、顧客宛や取引先に向けては手紙で送った方が、相手に丁寧な人だという良い印象を与えることができるでしょう。

ここでは、手紙で年末の挨拶をする場合の例文をご紹介します。取引先や顧客宛の年末の挨拶文には、今年一年お世話になったことへの感謝と、来年も引き続きご贔屓にしていただきたいという希望、そして年末年始の休業日の連絡と年始の営業開始日の連絡を行います。以下が、手紙の年末の挨拶文例文になります。

年末の挨拶文例文:手紙

手紙では、顧客宛の場合は、複数宛のため、一人一人名前を入れるのではなく「お客様各位」ということで文書を作りましょう。

(例文)「お客様各位 年末年始の営業日のご案内 平素は格別のご愛顧をいただき厚く御礼申し上げます。弊社の年末年始の営業日については下記のとおりとなります。なお、年内最終営業日である12月30日につきましては、15時までの営業となります。

<年末年始休業日>平成○○年12月31日(〇曜日)~平成○○年1月〇日(〇曜日)
なお、1月〇日(〇曜日)から通常営業開始となります。」

年末の挨拶の例文

年末の挨拶では、今年一年どういった年だったかを一言入れると、定型文とはちょっと違った挨拶文になるでしょう。

(例文)「今年も残すところあとわずかになりました。○○課長には、様々なシーンで力を貸していただき、大変お世話になりました。本当にありがとうございます。この職場に来て、ほぼ一年となりますが、無事一年過ごすことができたのも、皆さんのおかげです。

来年も、いろいろと教えていただきたいことがあるので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。年明けに元気な姿で皆様とお会いできるよう心より願っております。それでは、良いお年をお過ごしください。」

年末の挨拶に入れる簡単な文章表現

年末の挨拶では、よく使われる定番の言葉がいくつかあります。以下が、年末の挨拶でよく使われる定型句になります。

・「今年もお世話になりました」
・「おかげさまで」
・「お力添えもあり」

・「良いお年をお迎えください」
・「来年もどうぞよろしくお願い申し上げます」

年末の挨拶の正しい時期

年末の挨拶は、顧客や取引先の場合には、仕事納めの1週間前までには済ませましょう。顧客や取引先の場合は、あまりにギリギリの連絡になると相手がとても忙しく迷惑がかかる場合があるため、余裕をもった連絡が必要です。

また、年末の挨拶メールを送る時間帯としては、始業すぐや午後一時は忙しくしている場合が多いためできるだけ避けて、違う時間帯に送るようにしましょう。

年末の挨拶訪問回りをする際のマナー

年末の挨拶は、メールや手紙で済ませる人もいますが、ビジネス上はきちんと実際に会って挨拶した方が、相手へのインパクトの大きさが全く違ってきます。しかし、実際に会って年末の挨拶をするとなると、ビジネスマナーやルールを知っておかなければなりません。ここでは、年末の挨拶訪問回りをする際のマナーをご紹介します。

1.訪問前のアポイントメント

年末の忙しい時期にいきなり訪問されると相手も迷惑です。年末の挨拶回りをする場合には、必ず相手にアポイントメントを取ってから行くようにしましょう。また、そのアポイントメントを取る場合には「挨拶だけして、すぐにお暇させていただきますので、長い時間は結構です。」と気を利かせるようにします。

2.手土産に注意

手土産を渡しても問題ない会社であれば、何かしら相手が喜びそうなものを手土産に選びましょう。また、手土産は紙袋から出し、風呂敷に包んで持参します。

3.上座と下座を間違えないこと

会社回りをする場合は、上座と下座ということをきちんと考えて座る必要があります。例えば、狭い部屋の場合は、入り口から一番遠い席が上座になり、広い部屋に大きなテーブルがあって片側3名以上席があるときには、中央の席が上座となります。

また、挨拶回りをしていて応接室に通された場合に、相手から「どうぞおかけ下さい」と声をかけてもらってから座るようにしましょう。

年末の挨拶はビジネス上重要

ビジネス向け正しい年末の挨拶メールの送り方|お客様/社外

いかがでしたか。ビジネス上の年末の挨拶は、仕事上の信頼関係を築く上で重要な役割を担っていることがわかっていただけたでしょう。また、顧客宛や取引先、社外宛の場合は、年末のご挨拶の中に、必ず休業期間と来年の営業開始日を記載することもわかりました。

年末の挨拶は、定型文になりがちですが、自分がお世話になった人やこの一年がどんな年だったかについて一文加えることで、オリジナルな挨拶となり、相手にも気持ちが伝わりやすくなります。

ここにご紹介した例文はほんの一例ですので、ご自分のオリジナルな年末の挨拶をよく考えてみてください。年末の挨拶を丁寧にきちんと行い、年末の挨拶文を送った相手とより良い関係性を築いていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人