Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2017年11月07日

将来の不安をスッキリ解消する方法・不安解消に役立つ本/名言

将来の不安をスッキリ解消する方法・不安解消に役立つ本/名言

人間ならば誰しも将来への漠然とした不安を抱えて過ごしています。年代別や職種別にその理由と対処法を記しています。名言や、本、占いなど将来への不安を軽減するおすすめアイテムも紹介し、将来への不安が、いつしか将来への希望となることを願っています。


将来の不安をスッキリ解消する方法

これからの人生どうしよう、どうやって生きていこう。誰しもそのような将来への不安を抱えているのではないでしょうか。この記事ではそのような将来の不安に対して、職業別、年代別に理由を述べ、対処法をお伝えします。少しでも、将来への不安が薄れ、よりよい人生を送れることを願っています。

将来に不安をもつ原因と対処法について

さまざまな状況で将来に不安を感じるのではないでしょうか。仕事、お金、貯金などの項目を挙げ、原因と対処法を挙げてみます。

仕事

働いているキャリアや年数は別として、多くの人が仕事や職場に対して漠然とした不安な気持ちを抱えています。

・この先もこの仕事でやっていけるのかどうかという漠然とした不安
・賃金や労働条件に関しての不安・毎日が緊張とストレスの連続である
・リストラ、解雇などへの不安
・転職したくとも年齢などの理由で次の仕事場が見つけられないという不安
・子育て後に仕事に復帰したくとも、働き場が見つからない
・地方に住んでいるので働きたい職場が見つからない。
・賃金格差による不満
・職場の人間関係への不満

などの理由が挙げられます。対処法としては、

・現在、不安に感じる気持ちを紙に書き出し、整理する。
・書き出したものをジャンル分けし、悩みを分類する(賃金、人間関係、将来など)。
・思い切って、仕事に対しての不安感、将来についてなどを家族に打ち明ける。
・カウンセリングを利用する。
・転職について調べる。

仕事に関して将来的な不安を感じることがありますが、それは漠然としたものではっきりと見えてくるものではありません。それをあえてはっきりさせるという作業をすることで、

・自分が何に対して不安で、どんな将来を目指しているのか

ということを明確にしましょう。それは自分一人でもできますし、家族やカウンセラーなど、誰か相談相手を決めるのも効果的です。またネットなどで他の仕事を検索することも、簡単に現在の職場環境と比較することができるのでいろいろと示唆を与えられることもあります。

お金

お金の有無と、将来への不安な気持ちは非常に直結しやすい悩みです。現在、仕事やアルバイトをしていて生活をしていれば、月にどの程度、出費があるかは家計簿などをつけていなくてもわかります。もっとお金があれば、不安な気持ちが無くなるのにと思うことでしょう。

・この賃金で生活を続けることが厳しい
・自由に使えるお金がない
・子どもの将来を考えると、大学まで卒業させてあげられるかわからない
・老後の生活が不安
・貯金ができない

などという理由があげられます。お金に関する不安への対策としては、

・まず家計簿をきちんとつける
・将来どのくらい出費があるかを書き出す

お金は黙っていても増えることはありません。ですから現在、何にどれくらい使っているかを目に見える形にすることが効果的です。領収書などをとっておき、家計簿をつけましょう。パソコンで無料の家計簿のソフトもダウンロードできるので計算も簡単です。

また将来的に、何にどれくらいお金がかかるのかをきちんと把握することが大切です。家のローン、車の維持費、税金、年金、医療費など自分や家族に関する金銭的な出費の予想を考えることも効果的です。

金額的に目に見えるようにすることで、無駄な出費を抑えることができます。また明確化することで、将来への不安も小さくなります。まずは、目に見える数字を把握することで対策を考えるようにしましょう。

貯金

貯金がないことも将来への不安になります。いざという時に使えるお金があるかないかというのは本当に大きな問題です。なぜ、貯金の有無が将来への不安に繋がるかというと

・自分や家族が大きな病気や事故になった時どうするか
・旅行に行く計画などが立てられない
・いつも自転車操業で金銭面で追い立てられるような生活をせざるを得ない
・引き落とし日が怖い

などという理由があります。貯金がないことと将来的な不安は大きく結びついています。対策としては、

・5のつくお金を貯金する(5円、50円、500円、できれば5000円)
・貯金箱は開けられないものを選ぶ
・新しく口座を作り、それは絶対に使わないようにする
・給料の数%は貯金すると決めて実行する

上記のような具体的な方法を立てて行きましょう。チリも積もれば山となるという諺があるように、少しづつでも貯金を貯める努力をすることで、将来への不安も小さくなっていきます。まずは、小さな金額でも貯金をすることから始めましょう。

年金

年金に関しては大きく分けて二つの将来への不安があります。

・将来、自分の年金がもらえる年金はいくらだろうか
・年金を支払っていない場合、どうなるのだろうか

ということが大きな将来の不安となり得ます。実際にこれらのことは、少子化問題とも繋がっていて日本の将来に大きく関係します。自分だけの責任ではなく、社会的に大きな問題となります。対策としては、

・貯金をする
・不動産を持つ
・資産運用を考える

という、土地などの資産を持てるならば持つことも一つの手立てです。誰しもできる方法ではありませんが。

ならば、年金など払わない(あるいは払えない)という方もいるでしょう。できるなら、支払いをするようにしましょう。というもの老後だけでなく、何か大きな事故や病気になって、障がいを追ってしまった時に、障害者年金が提供されます。年金を支払っていなければ、支給されません。

そんないざという時のために、年金制度は重要です。

結婚できるか

結婚できるか、できないかという悩みは本当に切実です。結婚できなければ、生涯独身で、一人で過ごすことになります。それも大きな将来への不安を抱えることになります。

・一生独身だったら、寂しい
・いざという時、助けてくれる人がいないのでは
・孤独死する可能性が否めない
・助け合うパートナーがいない人生ほど不安なものはない

結婚はただ愛情だけでするものではなく、社会的なパートナーとして世の中に認められることでもあります。いろいろな生き方があるとはいえ、独身でいることは生活することすらも生きにくいという息苦しさを感じざるを得ません。対処法としては、

・結婚と言わずともパートナーを探す
・いざという時に頼れる友人や仲間を作る
・隣近所や地域共同体の連携を深める

結婚はしたくとも出会いがなければすることはできません。出会いを求める努力をしながら、結婚という枠だけに捉われない生き方を志すのも良い方法です。生涯、独身であったとしても、良い友情関係や仲間たちに出会えれば、いざという時に助けてくれることでしょう。つまり、人間関係のネットワークを広げていくことで、将来への不安が軽減します。

就職

自分がどんな仕事をするかということも、将来への大きな不安の要素になります。特に就職先を選択する時に大きな運命の分かれ道と感じることもあります。

・就職しても、会社が潰れないかどうか不安
・リストラ、解雇への不安
・将来的にこの賃金で生活できるかどうか

就職しても、将来的に会社がどうなるかは誰にもわかりません。また賃金や労働条件などにも不安や不満がつきまといます。では、どのように対策をすればいいでしょうか。

・思い切って転職する
・資格などを取得し、新しい技術を獲得する
・副業をする

今、就職先に対して不安を感じているならば、その不安はなくなることはありません。この会社、どこかおかしいのではないかという気持ちがあるからです。あなたが感じているその気持ちは間違いではありません。ならば、どのように自分が身を転じるかということに気持ちを向けることで解決策が生まれます。

副業は、クラウドファインディングなどパソコン一つでできるものもあります。

マンション

マンションに関しては・賃貸か・持ち家かということで大きく悩みが変わります。賃貸の場合の将来的不安としては

・家賃が高騰する可能性がある
・毎月の家賃が支払えるかどうか
・引っ越しをしても敷金・礼金などが高い
・近隣住民との問題

などが挙げられます。賃貸の契約年数によって、家賃も高くなることがあり、ずっと住み続けるのには限界があるということも理由の一つです。引っ越しをしても数ヶ月分の敷金や礼金を支払わなければならないなど、出費が重なります。対策法としては

・今の経済状況と家賃が見合っているかどうかを考える
・生活費にどれくらいかかるかを計算する
・数年後も住み続けられるかを十分に検討する

「収入から払える家賃の上限額は手取り額の30%ほど」というのが一般的な見解です。生活費にどのくらいかかるかを明確に計算した上で、数年後あるいは数十年後も住み続けることができるかどうかを十分に検討することで、将来的な不安は軽減します。

マンションが持ち家の場合の将来的な不安は、

・ローンの支払い
・管理費の問題
・所得税
・地域の開発などにより、将来取り壊しがないか
・地震や災害などにどれくらい強いか
・近隣との人間関係

マンションも持ち家の場合は、将来的な不安や悩みも大きく変わります。家賃がかからないと言っても、毎月の光熱費はもちろんのこと、管理費や税金がかかります。高層マンションの上階に住むことで、同じマンションであっても、管理費や税金が変わります。

また、地域の開発とも大きな関係があります。数十年後に、マンションの場所に大きな道路が建設されるなどの計画がないかどうかも調べる必要があります。せっかくマンションを購入しても、いつかは引っ越しをしなければならない状況も考えられます。

さらに、マンションの住民とのトラブルも考えられます。賃貸であれば、いざという時には引っ越すことも可能ですが、購入した場合では、引っ越したくとも簡単にできません。家に帰ってからもストレスが多い生活になることも考えられることです。

マンション購入の場合の将来の不安に対しての対策法は、

・購入する前に、マンションの建つ土地の環境を調べる
・購入する前に、マンションに住んでいる方々がどれくらいの年齢層でどのような世帯が多いか調べる
・ゴミ出しなどの規則なども調べる
・都市計画の有無を所轄庁で調べる

というように具体的に調べる必要性があります。しかし、具体的に調べれば調べるほど、将来への不安という気持ちは軽減します。自分や自分の家族が住む場所ですから、念入りにチェックをしましょう。

子供

将来の不安をスッキリ解消する方法・不安解消に役立つ本/名言

親であれば、自分の子どもに関しての将来的な不安は多かれ少なかれ感じるでしょう。子どもをもつ親御さんがどのような不安を抱えているのでしょうか。

・大きな怪我や事故、または後天的な障害を背負わないかどうか
・経済的な苦労を背負わせないかどうか
・他の子どもと比較し、発達段階が正常かどうか
・学校でのいじめなど
・親子のコミュニケーション不足
・愛情を持ってきちんと子どもに接しているかどうか

このように子どもを育てることには大きな不安がつきまといます。また子どもを愛すればこそ、幸せであってほしいとの願いがあります。子どもを育てる中での多くの不安や、将来の悩みに対しての対策法は、

・子育ては自分だけでするものではなく、さまざまな人々の手を借りる
・夫婦できちんと子どものことを話し合う
・子どもと向き合う

大きく3つのことを軸とすれば、将来への不安は軽減されるでしょう。子育ては親だけがするものではなく、祖父や祖母などの大きな家族単位の人間関係を形成することや、子どもと同学年の親同士の交流、または地域でのネットワークに積極的に参加するということで家庭だけではなく、社会そのもので子育てをするということです。

また親の責任として、夫婦やパートナーで子どものことをきちんと話し合うことが大切です。たとえ、離婚したとしても親である責任は変わりません。そこで、子どもに対してどのような対応をしていくのかということをきちんと話し合うことが何よりも必要になります。

そして子どもの成長というのは、親が考えるより早いスピードであることも忘れてはなりません。子どもといえども一人の人間です。子どもの主体性を育てる意味でも、親の意見を押し付けるのではなく、子どもがどうしたいのかということを聞き、子どもと話し合うことを大切にするといいでしょう。

親だけが子どもを育てるのではなく、周りの人々も含めて、愛情ある子育てをすることで子どもはすくすくと成長していきます。

世代・職業別将来不安に感じる事と払拭方法

将来の不安をスッキリ解消する方法・不安解消に役立つ本/名言

世代別や職業別に感じる将来への不安や、それに対する対策方法をご紹介します。

漠然とした将来の不安を抱える学生時代の場合

高校生

高校時代は思春期の真っただ中にあります。身体も大きく成長すれば、心も揺れ動きながら成長をする時期です。その時に、さまざまな不安や将来についておもいめぐらします。

・将来への夢がどんなものかわからない
・漠然とした不安がある
・やりたいことがわからない
・友人と比較して、自分が魅力がない、自信がないと不安になる
・大学に行けるかどうかという進学先への不安

高校時代はたった3年間です。大きく友人関係や異性関係も広がる中、今後大学へ行くのか就職をするのかという選択を決めなくてはなりません。しかし、自分がどんな道へ進めばいいのかわからない。将来への夢や希望がないという漠然とした不安を抱えています。対策方法としては

・信頼できる友人に思い切って不安な気持ちを話してみる
・バイトをして社会への見聞を広める
・何か好きなことなど習い事を始める
・部活に没頭する
・本を読んだり、いい映画を見て、自分自身にいい影響を与える

高校時代はたった3年間ですが、この時期は見たことや聞いたことをスポンジのように吸収できます。またどんなことが自分は好きなのかを探す時期です。何が自分が好きで、没頭できるのかをこの時期に見つけられるかどうかが、これからの人生を左右すると言ってもいいでしょう。

どんなことでも構いません。好きなことにどんどんチャレンジしていきましょう。たとえそれが自分に合わなくても、いくらでも軌道修正できる貴重な時期です。たくさんの経験をすればするほど、自分自身を形作る大切な力になります。

中学生

中学生は、もう子どもではないという近くに目覚める時期です。それは自分の自我が成長しているというしるしです。とても健康的に成長をしていますが、中学生の時期も将来への不安を抱えることは多いです。

・友人や先輩などの人間関係
・学校に対しての不満
・高校受験に対しての不安
・友人たちと比較して自分が変ではないかという不安

中学生時代に大きく影響を受けるのは、学校生活それ自体です。まだ高校生のようにバイトをすることはできません。また学校外の仲間を作ることも、高校受験が控えているために、積極的に活動することは難しいでしょう。自分の世界の全ては中学校生活という特殊な環境ならではの悩みがあります。

中学生時代に感じる将来への不安に対しての対策法

・信頼できる友達と楽しく過ごす
・信頼できる学校の先生に相談する
・部活が辛くなればやめてもいい
・親に悩む気持ちを相談する
・スクールカウンセラーに相談する

漠然とした将来への不安は中学生でも辛いことです。自分が高校生になれるのかどうか。
友人関係や部活の仲間と上手くやっていけるのかどうか。思春期特有のモヤモヤもあり、スッキリすない気分が続きます。どんな人間関係でも構いません。信頼できる人に、自分の気持ちを相談することが大切です。

将来への不安を抱えているということは、実は生きて行く上で、あなたを守ることにも繋がる大切な悩みです。そんな悩みに逃げずに真っ正面からぶつかって考えて行くことができるのは本当に素晴らしいことです。でも一人で考えていては辛いので、信頼できる誰かに相談しましょう。

大学生や20代の若者が感じる将来への不安

20代は成人式も迎え、れっきとした大人です。大学に行けば、自分の専門に打ち込み、それを生かした仕事を選ぶこともあるでしょう。また就職をし、若い力を十分に発揮する時期でもあります。そのような若い世代が感じる将来への不安とは、

・やりたいことがよくわからない
・就職したいと思わないが、就職活動しなければならないという矛盾
・周りと合わせるのが苦痛
・バイトであれ就職であれ、お金を稼ぐことで精一杯
・結婚できるのか

サークル活動に、バイトに、勉強にと大学生は大忙しです。その忙しい時期に、自分が本当にやりたい道を見つけるというのも本来は無理な話です。大学3年目にはリクルートスーツを着て、就職活動しなければならない。でも何がやりたいかわからない。

同じように、高校を卒業して就職した若者も同じような気持ちです。まだまだ若いので、どんな仕事も見習い期間です。上司や職場の人間関係にも気を使います。これが自分のやりたい仕事かどうかわからない。

そのような漠然とした先行きが見えない将来への不安を解決するには

・若い時代にたくさんの人と出会うようにする
・いろいろな話を聞く
・社会への関心を持つ
・思い切って旅に出る

若いからこそできることに目を向けましょう。わからないことは、「わかりません。教えてください」と素直に言えるのが若い世代の最大の強みと言ってもいいでしょう。この言葉を聞いて、いやという大人はほとんどいません。やる気のある若者に自分の経験を伝え、いろいろな形で継承したいのが大人です

どんどん質問し、どんどん聞いて、世の中が広いことを知る時期です。たくさんの人間と出会い、あるいは旅をすることで自分の知識や知恵を広めることをすれば、将来への漠然とした不安はなくなります。出会いの中で、自分がすべきことが必ず与えられるからです。

職種別・将来への不安とその対策方法

将来の不安をスッキリ解消する方法・不安解消に役立つ本/名言

職業別の将来への不安とその対策をご紹介します。

薬剤師

薬剤師は世間から見れば、国家資格取得者で、安定した仕事で、高い賃金をもらえるというイメージがあります。しかし、現実はとても厳しいでしょう。薬剤師が抱える将来の不安とは、

・新卒の年収が低い
・薬剤師の資格取得者は飽和状態で、仕事探しが難しい
・キャリアのビジョンが見えない

薬剤師の大きな悩みは、地域によって、職場と薬剤師の需要と供給の数があっていないことです。仕事先がなければ、安い労働条件で契約しなければなりません。どうすればいいのでしょうか。

・多くの経験スキルを身につける
・英語力を身につける
・会話力などコミュニケーション能力を高める
・在宅医療などの現場など、さまざまな分野への興味を持つ

他の薬剤師と差をつけるためには、これらのことが必要になります。英語は大学病院などで働くきっかけを作ることもできます。また、優しく会話ができる薬剤師さんは、どこにいても安心できて魅力的です。そのような人への優しさが、新たなキャリアを結ぶ可能性が大いにあります。学んだことを生かしてステップアップを目指しましょう。

理学療法士

Bottom banner

理学療法士の資格を取得する人は年々増加する傾向にありますが、将来的な不安を抱える人も多くいます。

・年収が低い
・体力的にきつい
・定年後の生活への不安
・結婚後の生活への不安

理学療法士の年収は徐々に減少傾向にあることで、自ずと結婚後や定年後の生活への不安とつながります。また一病院のスタッフとしての地位的な問題や人間関係もストレスとなり、ずっとここで働いていいのだろうかという職場への不安もあります。理学療法士が将来的な不安を感じない対策としては

・いろいろな知識を増やすために勉強をする・職場を変える・国家資格というプラス面をどう活かせるかを考える

漠然とした不安を払拭するためには、今、置かれた自分の環境や状況を冷静に見つめることで、可能性が開かれていくこともあります。国家資格を持っていることは、世の中では非常に信頼があることです。それをどのように生かすかは、それぞれの意志や向学心にかかっていると言ってもいいでしょう。

SE

SEとはシステムエンジニアの略です。IT業界の中でもプログラマーと並んでシステムエンジニアという職業はよく聞きますし、現代では非常に重要な仕事の一つです。そんな輝かしいイメージがあるSEにも将来の不安があります。

・朝、会社に行く気持ちが起こらないほど疲れている・変化が著しく、仕事について行くのが実は精一杯・生き残ることが厳しい職種である

というような理由が挙げられます。将来への不安を抱えながらも、仕事を続けるストレスは非常に大きなものでしょう。将来に不安を抱えるSEへの対処法は

・技術を磨く・コミュニケーション能力を身につける・とにかく現場で場数を踏む

ということが挙げられます。生き残ることが厳しい世界だからこそ、人より一歩先に出た技術やコミュニケーション能力や経験が必要になります。それらのことに目を向けることで経験と自信と信頼を得ることにより、将来への漠然とした不安が軽減することでしょう。

フリーランス

将来の不安をスッキリ解消する方法・不安解消に役立つ本/名言

フリーランスはまさしく自分で独立して仕事を探し、仕事を担うことです。会社の雇用によって守られている環境ではないので、自ずと将来への不安がつきまとうと言っても過言ではありません。

・この先どれくらいまで続けられるか
・会社の運営そのものが安定しない
・仕事の時間が読めない
・収入が安定しない

というようなことが挙げられます。またどこかに就職するか、このままフリーランスとして活動するかという選択が常に頭を悩まします。フリーランスは将来への不安がありますが、考えようによっては強みでもあります。

・今よりももっと向上するために努力することができる
・異業種間交流などに積極的に参加する
・他と比べて自分が何ができるのか、どんなオリジナリティーがあるのか追求する
・効果的な宣伝方法を考える

独立したからこそ、自分だけがもつオリジナリティーで勝負することができます。結果はゆっくりという場合もありますが、自分の感性そのもので勝負することができるので雇われることによって生まれるストレスとは無縁でもあります。どのように活動し、どのように自分の仕事が社会貢献できるのか見極めることが大切です

営業職

結果を上げることができるかどうかが営業職の成功の分かれ道です。コツさえ掴めば、マニュアルに従えばいいというだけではありません。何と言っても、クライアントありきの仕事です。しかし、常に緊張を強いられる仕事だからこそ、将来への不安があります。

・あまり向いていないのではないかと思う時がある
・ノルマをこなすことができない不安がある
・緊張の連続で精神的に辛い

これらのことが、将来への不安へとつながります。賃金は高いので、金銭面の苦労ということではなく、ノルマをこなすという緊張から強いられる問題を抱えています。

将来的な不安への対策方法は・コミュニケーションスキルを磨く・心理学などを学ぶのも効果的・転職にも強いのでいざとなれば転職を考える

営業は何と言っても、コミュニケーションが一番大切です。どのようなクライアントに対しても通じるようなワードセンス、魅力、人間力を兼ね備えれば、すぐに効果がみられます。行き詰ったと感じるからこそ、コミュニケーションを磨くことに目を向けましょう。

フリーター

手軽にお金は稼げても、保証がされないフリーター。若いうちは人生経験を積む意味でも有効的な職場ですが、年齢を重ねるほど将来への不安が大きくなります。

・保証がないのはきつい
・一生このままなのではないかという不安
・正規雇用ではない自分に負い目を感じる
・将来に先行きが見えない

などが大きな理由でしょう。フリーターが将来に不安を感じないようにするには、

・今、なんのためにこの仕事をしているのか自分の立ち位置をはっきりさせる。
・将来の目標があるかどうかを見極める。
・この仕事に自信と誇りが持てるか。

数少ない業種であれば、いずれは責任的な立場になることもあります。フリーターをしている理由がきちんとしていれば思い悩むことはありません。将来の夢のために、学費を稼ぐために、理由はなんでも構いません。また、今の自分に誇りを持てるかどうかも大きな鍵です。フリーターであっても、その仕事が好きでいれば悩むことはありません。自分の立ち位置を確認することから始めましょう。

年代別に感じる将来への不安とその対策

40代

もう若くはない中年期である40代だからこそ感じる将来への不安があります。・老いを感じる・これからの人生をどのように歩むのかを考えると暗い気分になる・社会への不安などが挙げられます。

自分だけのことではなく、職場や家族、あるいは社会の一員としてどのようにこれからの人生を歩むのかということがポイントになります。子育てもひと段落つきそうですが、まだまだ学費に手がかかるということもあるでしょう。

対策としては

・老いを受け入れる
・社会のために何ができるのかを考え、行動する
・本や映画などで見聞を広める

ということが挙げられます。受け入れがたい老いをどのように受け入れるかはそれぞれの人次第です。しかし抗うことに目を向けすぎると、自分を否定することにもなります。自分自身を受け入れ、無理せずに自然体であることを心がけましょう。

また社会貢献も大きな場です。40代だからこそできることを見つけましょう。まだまだ積極的に行動できる世代です。同じ志の仲間ともたくさん出会えます。

30代

仕事も家庭も大忙しで、バリバリ働き楽しめる30代です。もう子どもではなく、一人の大人としての人生が始まります。しかし将来への不安も少なくありません。どんな不安を抱えているのでしょうか。

・子育てそのものが不安・仕事や会社に対しての不安・夫婦関係そのものに対しての不安
・独身であれば、結婚できないという不安などがあります。社会に対して責任を追う世代でもあります。将来への不安も多くあります。

対策法としては

・何事も夫婦やパートナーと相談する
・独身であれば、友達や仲間に相談する

ということが挙げられます。いざとなれば転職も可能な世代です。不安を払拭するために積極的に行動もできます。しかし、親身になって相談してくれる人は必ず必要です。不安な気持ちをそのまま受け入れてくれて、いいアドバイスをくれる人を探しましょう。

20代

可能性に満ち溢れている20代だからこそ、将来への不安も大きくあります。

・結婚できるか
・就職できるか
・夢をどこまで追うことができるのか

など大きく分けると3つのことが挙げられます。

将来の不安の解消法は、

・悩むよりもまず行動してみる
・いろいろな人と出会うことで見聞を広める

ということで解決への糸口を見つけましょう。20代はたとえ失敗したとしても、やり直しが容易い世代です。どんどんいろいろなことにチャレンジしましょう。恐れることは何もありません。

将来への不安を感じるくらいなら、好きなことを見つけ、没頭するくらいの気持ちでいればいいです。

独身

人生、ずっと独身であることは寂しいことなのでしょうか。結婚したとしても、それは依存することではありません。協力しあってこそです。しかし、独身であることは社会的に将来の不安を抱えやすい傾向にあります。

・独身のままだと将来不安になるのでは
・老後に看取ってくれる人がいないのでは
・いざ、一人で倒れたとき誰も気づいてくれないのでは
・話し相手がいないかも

というような理由です。確かに、そういったリスクはあります。しかし、結婚だけが人間関係ではありません。独身だからこそできる人脈作りが大切です。

いざという時に連絡を取れる友人や仲間を作る、親戚との付き合いを密にする、親孝行も十分できるというプラスの面もあります。一人でいることをマイナスに捉えなければ独身であっても寂しくはありません。

主婦

主婦であることは将来への不安を考えやすいことといえるでしょう。

・子どもへの不安
・夫の収入への不安
・健康面の不安
・経済状況に対しての不安

などが挙げられます。対策法としては、

・可能なら何か社会奉仕をする
・仕事をしてお小遣い程度でも自分で稼ぐ

というように、自分の世界だけで悩まないようにするだけで、将来への不安が軽減します。また、趣味に没頭するということも効果的な方法でしょう。

将来の不安解消に役立つおすすめアイテム

将来の不安をスッキリ解消する方法・不安解消に役立つ本/名言

名言や本、占いなどの方法で、少しでもあなたの将来の不安を軽くしましょう。きっと探している言葉に出会えるはずです。

名言

将来に対しての不安は誰しも抱えています。しかし、それは自分だけではないということを、さまざまな名言から知ることができます。

『今ここにある希望』とは、『なりたい自分になる方法はすでに持っている・知っている』ということに気づくことです。

出典: http://www.hikiyose-life.info/entry/2016/06/01/225425 |

生きていれば悩み落ち込む時は必ず訪れます。だけどそれはあなたが弱いからではありません。問題に対処するノウハウを知らない、ただ世間知らずなだけ。人生経験が乏しくて、比べるものを何も持っていないから悩むのです。地球上のさまざまな知識を得る努力をすること。360度の中のたった一度の幅の中で考えていても答えなんて出ないのですから。美輪明宏

出典: http://kunisakishizuka.com/unbconscious/miwa-akihiro-subc... |

あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。

出典: http://seishonyumon.com/words/cat_words/emotional/%E5%B0%... |

人生はドンマイドンマイ

不安を感じている時ほど、励ましてくれる一冊と言えばこれです。書かれている一つ一つの言葉が自分に染み入り、思わず「うーん、そうか」と唸ってしまうほどです。

占い

将来に不安を感じる気持ちはなかなかおさまるものではありません。そんな時は無料の占いサイトなどを参考にするのも解決のための手立てとなります。

不安を取り除くために効果的な無料診断

出典: http://happy-kotodama.com/use/fuan.php |

今あなたが抱えている不安は解消するのか【無料占い】

出典: https://www.the-uranai.jp/fortune_telling/life/00281/ |

将来に対しての不安はいつかは希望につながる

漠然とした将来への不安は誰しも感じうることです。その気持ちを感じない人間などこの世に存在しません。今、あなたが悩んでいる気持ちは決しで無駄ではありません。人生の次なるページをめくる時がきたと考えることもできます。将来への不安をいかにして、将来への希望に繋げていくか。そのプロセスが大切です。

フランスの言葉に「ケ・セラ・セラ」という言葉があります。「なるようになるさ」という意味です。人生は、なるようにしかならない。これを諦めの言葉として受け取りますか。それとも希望の言葉として受け取りますか。それはあなた自身の意志と決断によって選ぶことができます。

将来や未来は見ることができません。その時の自分が、いろいろな課題を考えます。ならば先取りして今、それを考えることは全くありません。将来の自分がその時にいい決断ができるように、今を十分に生きることを目指すことが、将来の不安を、希望に変える大きな力となるはずです。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人