Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

頭をかく癖がある人の心理|ストレス/男女別/子供/年齢別

頭をかく癖がある人の心理|ストレス/男女別/子供/年齢別
人には良い習慣と悪い習慣がありますが、ストレスを感じるとある行動をしてしまう人がいます。例えば頭をかいたり、髪の毛を毟ったりすることが癖となり、その積み重なりが身体に悪影響を及ぼすことさえあります。癖になっている人はどのような心理があるのか探っていきましょう。

初回公開日:2019年2月25日

更新日:2019年2月25日

記事に記載されている内容は2019年2月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別頭をかく癖がある人の心理

頭をかく人はただ単に頭が痒いだけでかいているのでしょうか。フケや痒みのある人は別として、思わず頭をぽりぽりとかくしぐさをしてしまうことがあります。

皆さんはイライラしたり、恥ずかしかったりした時などには特に頭がむず痒くなった経験はありませんか。そのしぐさが癖になっている人は意外におり、感情が出るたびに頭をかく癖がついてしまっています。

頭をかく衝動が起きる原因と人の心理について探っていきましょう。

イライラ

事が上手くいかなかったり、待ち時間が長すぎたりした時イライラしますが、そういったシーンで頭をかく人を見かけることがありませんか。

イライラした気持ちはどこへも持って行きようがなく、感情を持て余してしまいます。癖になっている人は、そのどうにもできない感情を解消したいがために頭をかいてしまいます。

頭をかくのは特に男性に多い傾向にですが、ストレスを感じた時や心理状況が不安定である時に起こります。

恥ずかしい

恥ずかしくて頭をかくしぐさをする人は男性によくみられます。アニメなどで男性が照れて頭をかくシーンがありますが、世間では男性の「照れて頭をかくイメージ」が浸透していることが分かります。

女性の場合は顔を隠してしまうことが多いですが、これは顔が赤くなっているのをみられたくないことから瞬発的に起こすしぐさです。口を手で覆う女性もいます。

落ち着きなく髪をいじる人もおり、その延長で頭をかくこともあります。

緊張する

女性は体力的にも精神的にも弱く、プレッシャーを感じることで頭をかくこともあります。極度の緊張で逃げようがなく、自分が極地に立たせられている現状からの気休めとして頭をかくしぐさをしてしまいます。

男性にもそれは見られます。複雑思考の女性に比べ、男性は一直線に考えるので、一度緊張してしまうとそれを逃れようとして頭をかいてしまいます。

我慢している

我慢している状態でストレスが溜まり頭をかく人は女性に多いです。女性は見た目を気にすることからダイエットに励む人が多いですが、食べたい物を食べられないストレスから頭をかくしぐさをします。

また、言いたいことを言えない時にも頭をかく人がいます。それも我慢してストレスになっている証拠です。我慢することはストレスに繋がりますので、極力ストレスを溜めないようにすることが大切です。

不安

不安な時に頭をかくのは男性に多いです。心を落ち着かせたい一身で頭をかきむしる男性も見うけられます。

不安な時に頭をかくのは、不安で不安でしょうがない一方、男らしくしなければいけないというプレッシャーから気を紛らわせるためです。無意識のうちに起こす行動であるため、自然とやってしまいます。

女性も不安な時はありますが、女性は不安をすぐ口に出してしまうため、話すことで自然に気を紛らわせています。

不安定な精神状態

精神が不安定である時に頭をかく人がいます。つまり不安や焦り、気分の落ち込みがある状態です。

失恋したり、試験に不合格したり、就職先が見つからなかったり、原因はともあれ精神が落ち着かなくなることは人生には数多くあります。気晴らしするために、美味しいものを食べに行ったり、友人と遊びに行ったり、自分自身をハッピーにするのが大切です。

困っている

困難に直撃した時に頭をかかえるしぐさをしている人を見たことはありますか。それと同様、頭をかきむしる人もいます。試験勉強中に解けない問題があると頭をかきむしるしぐさをする受験生は、正に困っている証拠です。

特に仕事をしている男性は困難な場面に直面することがあり、頭をかくしぐさをしてしまいます。真面目な人ほどストレスを溜め込みやすいので、困難な場面に遭った時は人の協力を得たり休憩するなどしてみましょう。

悩みがある

悩みは人によってそれぞれですが、悩み過ぎて頭をかく衝動をしてしまう人もいます。酷くなると、肌や髪の毛をむしってしまうケースもあります。

まずは解決法を見つけることです。一人で解決しにくいことは友人や専門家に相談するのが先手です。人間関係・仕事・恋愛など、打ち明けられることは友人に打ち明けるのがベストです。心が軽くなります。

落ち込んでいる時は気晴らしをして上手く乗り切りましょう。

乾燥肌である

ストレスでも悩みでもなく、本当に頭が痒いケースがあります。頭皮が敏感であったり、乾燥肌な人は特に頭皮が痒くなることがあります。

あまりにかき過ぎて頭皮にダメージを与え、出血などを伴う場合は病院で診てもらうことをおすすめします。乾燥肌でなくても、ストレスによるかき過ぎで頭皮を傷つけた場合も同じです。

フケが出る時も乾燥している場合が多いので、フケ防止シャンプーなどを使ったケアをするようにしましょう。

頭をかく癖がある子供の心理

頭をかくのは大人だけに限りません。子供にもストレスがあり、感情を抑えるがために頭をかいてしまうことがあります。

子供は大人を恐れる理由から悩みを抱え込み、自分の殻に入ってしまいます。普段オープンに何でも話し合えるようであればともかく、子供は子供なりに悩み、不安になることは大人と同ようにあることを理解しましょう。

また、幼児・乳児であればストレス以外の理由が考えられますので注意が必要です。

ストレス

頭をかく癖がある子供のほとんどはストレスにあります。子供のストレスには親が関係していることが多いです。親の過干渉やイライラがストレスを招いている可能性があります。

勉強する気力のない子供に対して毎日うるさく言うとストレスがたまりますので、子供の性格に応じて過干渉を控えるか、少し離れてみる努力をしてみてください。

また、神経質な子供はイライラすることが多く、ストレスになりますので注意が必要です。

年齢別頭をかく癖がある子供の心理

頭をかく子供は幼児のみではなく、赤ちゃんも頭をかくことがあります。子供の頭をかく癖のほとんどはストレスにあると言いましたが、赤ちゃんにもストレスがあるというのでしょうか。

赤ちゃんは大人のように「我慢する」という心理状態がありません。泣いて言いたいことを伝えているため、ストレスが溜まることは無いにひとしいです。そのことから、赤ちゃんが頭をかくには他の理由があるからだといえます。

2ヵ月

眠くなると体温が上がり、目を擦ったり頭をかいたりします。大人でも目を擦る人はいます。例えば虫刺されの跡が突然就寝時に痒くなるのも同理由です。

また、汗をかく頭が痒くなる時もあります。それは子供だけでなく大人にも共通してあることです。赤ちゃんの頭にある汗腺は大人の数と同じですので、汗を多量にかきやすい状態です。

湿疹・脂漏性湿疹の場合もあります。頭皮に鱗のようなものができていると脂漏性湿疹と思われます。

3ヵ月

今までただの湿疹や発汗による痒みだと軽くおもっていたものが、アトピーであったと後で気づくケースもあります。早めの発見が早めの治療に繋がりますので、酷く痒がるようでしたら病院での検査をおすすめします。

生後3ヶ月頃はホルモンバランスの変化が大きいため、肌のトラブルを起こしやすい時期でもあります。ケアを怠らず、オイルや保湿クリームを塗るなどして乾燥を防ぐための対策はきちんとしておきましょう。

4ヵ月

生後4ヶ月を過ぎた頃から離乳食の準備期とされ、お茶やジュースを与えるようになりますが、ある特定の食物を与えた後に皮膚や頭皮をかくしぐさをするようでしたら、食物からの反応で痒みが出ている可能性があります。

上記のような症状が出た場合は、すぐに病院で見てもらいましょう。アナフィラキシー・ショックになることもありますので、離乳食の材料には十分の注意が必要です。

頭をかく癖を治すには

癖というのは怖いもので、やめたくてもそれに依存しているためやめられなくなります。「気がついたらやっていた」「人に指摘されて気づいた」ということが多くなったらそれは「癖」です。

癖は子供時代に作られるものと大人になってから癖になるものと時期はさまざまですが、癖になる前に未然に防ぐこともできます。

なってしまった癖を治すにはまず「自覚・認識」すること。そして「自己防衛」、「自己コントロール」です。

溜め込まない

イライラや不安を溜め込みやすい人は気をつけるべし。我慢強い人ほど感情を内側に溜め込んでしまうので、溜め込まずに少しでも解消できるよう努力してみましょう。

人間関係を損ないたくないばかりに、イライラを溜め込んでしまいがちです。かといって、即座に怒りをぶつけるのは良くありません。ですので、そこをぐっと堪えて、こみ上げてくるものを抑えます。

ひとまず深呼吸してみましょう。それだけでも心が落ち着きます。

家族や友人の協力を得る

癖を治すのはマインドコントロールでもなかなか難しいです。自らの力で無理なら周りの人を巻き込むしかありません。まずは癖を治すことを公言しておきましょう。

いつもすぐ近くにいる家族や友人であれば、あなたのことを良く知っているはずですので、いつどんな時に頭をかいてしまうかは大抵分かります。

ストレスを感じるような場面になったら、頭をかかないよう注意してもらいましょう。

頭をかく癖を認識するための記録をつける

頭をかくことを繰りかえすことで快感が生まれ、そうしていると心が落ち着きます。自分では分かっているつもりでも止めることができずにいます。

そこで、その日一日のうちどれだけの回数同じことを繰り返したのか後で見返すために記録を残しておきます。見返した時に回数が多いことに気がつき、確実に認識できます。

認識することである程度のマインドコントロールができるようになってきます。

ストレスレスで軽やかな毎日を!

ストレスは健やかなライフを蝕む大敵です。私達の健康を損ない、心を壊します。悪い癖はストレスが元で自然と身についてしまいますので、まずはストレスを溜めないようにすることから始めましょう。

友人とわいわい・がやがやしたり、恋人と長電話したり、ウォーキングや運動するのも効果があります。

自分が「嬉しい」と感じることがストレス発散になります。普段からストレス発散するのを習慣化できるように心がけましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related