Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

気立ての良い人の定義・特徴・モテないのか|男女別/気が利く

気立ての良い人の定義・特徴・モテないのか|男女別/気が利く
気立てが良いというのは、大きな意味で言うと性格が良いという意味です。しかし、性格が良いと思われるための要素はいくつもあります。なので、気立てが良い人にもいくつかのタイプがあります。その要素は気立ての良い人を観察することで、見分けることができます。

初回公開日:2019年1月15日

更新日:2019年1月15日

記事に記載されている内容は2019年1月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別気立ての良い人の定義

気立てが良いというのは、大きな意味で言うと性格が良いという意味です。しかし、性格が良いと思われるための要素はいくつもあります。なので、気立てが良い人にもいくつかのタイプがあります。

ですが、どのようなタイプの気立ての良い人であっても、他人に対して優しく接することができたり、他人に気遣いができたりなどするため、周囲から信頼されるということは共通しています。

気立ての良い彼女

気立てが良いと彼氏から自慢されることもあれば、周囲から気立てが良いと褒められる女性がいます。恋人と他人から気立てが良いと褒められるということは、相手との関係性に関わりなく、相手への気遣いをしながら接することができるということです。

また、相手との関係性を崩すことなく、多くの人と接することができるということでもあります。このような相手を立てる気配りができる女性は気立てが良いと言われることが多いです。

気立ての良い彼氏

男性の場合でも、女性と同様に周囲への気配りができれば、気立ての良い人と言われます。しかし、それだけではなく、男性の場合は周囲からの信頼感によって気立てが良いと言われることも多いです。

信頼感を得るためには能力が高かったり、実績があったり、経済力があったり、嘘をつかないなどの他人から信用されるための要素を持っておく必要があります。

これらの要素を持っていると、仕事で他人をフォローしたり、言動に説得力ができるため、信頼感を持つことができ、その信頼感から気立ての良い人という印象を受けることがあります。

気立ての良い人の特徴

気立ての良い人と思われるための要素はいくつかあり、気立ての良い人にはいくつもの要素を持つ人もいれば、1つの要素が非常に強いという人もいます。

それらの要素は気立ての良い人の行動を観察することで見分けることができます。なので、気立ての良い人になりたい場合には、まず気立ての良い人が持つ特徴にはどのようなものがあるか観察すると良いでしょう。

相手を立てる

先に述べた通り、気立ての良い人は相手への気遣いをしながら接することができます。そのため、相手が嫌な思いをしたり、恥をかいたりなどしないように、相手を立てならがら接することができます。

場面によっては、気立ての良い人である本人ではなく、立てた相手の評価を上げるように立ち回ることもあります。自分のことだけでなく、他人のことも配慮しながら行動ができるため、周囲から信頼を得ることができ、気立てが良いという印象を与えます。

気が利く

気立ての良い人は相手のことを立てながら接することができます。これは相手のことをよく理解しているためにできる行動です。

気立てが良い人は相手のことをよく理解できるため、相手から何も言われなくても、相手が望む行動や感情を先回りして、行動を起こすことができます。

相手は何も言わなくても、自分のことが伝わっているため、よく理解をしてもらっていると感じて信頼感を持つことができます。その信頼感から気立ての良い人という印象を与えます。

優しく接する

気立ての良い人は相手のことをよく理解できるため、相手が嫌に思うような言動を避けたり、相手の感情によって接し方を変えたりすることができます。

そのため、常に相手が望む接し方をすることができます。常に相手の望みを満たして、自分に合わせてくれているため、相手からは優しい接し方をしてもらっていると感じるようになります。優しい人には信頼感を持つことが多いため、気立ての良い印象を持つことも多いです。

相手の感情を察する

気立ての良い人は相手の感情を読み取ることができ、その感情に合わせた接し方をすることができます。そのため、相手が何も言わなくても、その感情を読み取って相手が望む行動をすることができます。

なので、相手が話しかけて欲しくない場合にはそっとしておいたり、会話の中で触れて欲しくないことがあるときにはそのことを表情から読み取ったりなどすることができます。

相手は自分の感情を常に察してくれるため、安心して接することができます。その安心感から気立ての良い人という印象を受けることもあります。

ネガティブな印象を与えない

気立てが良いとは大きな意味で、性格が良いという意味でもあります。そのため、いつも愚痴を言ったり、他人に配慮した言動ができないような周囲にネガティブな印象を与えてしまう人には気立ての良いという印象は持たれることがありません。

なので、気立ての良い人にはネガティブな発言をしない、明るい性格の人に多いです。

嘘をつかない

嘘はバレてしまうと周囲の人からの信頼感を大きく落としてしまうことになります。信頼感を落としてしまう嘘はたいていは自分の身を守るための嘘です。なので、嘘をつく人は自分の身を守るために他人のことを貶めるような嘘をついてしまうようなこともあります。

ですが、気立ての良い人は自分の身を守るために他人を貶めるような嘘をついたりはしません。気立ての良い人が嘘をつくときには、相応の必要性があります。そのため、もし気立ての良い人の嘘がバレたとしても、周囲は責められるような嘘ではないことが多いです。

相手を否定しない

気立ての良い人は相手が嫌な思いをしないように、状況に合わせて接することができます。会話で人が嫌な思いをする場面でよくあるのは、自分の意見や考えを否定された場合です。

ですが、もし気立ての良い人は相手と自分の意見や考えが異なっても、相手のことを否定せずに、まずは自分とは違った考え方や意見もあるとして、相手の考えや意見を受け入れます。

そして、相手の考えや意見を尊重しながら、自分の意見や考えとすり合わせを行っていきます。そのため、もし相手の意見や考えが間違っていたとしても、そのすべてを否定されるわけではないため、納得して引き下がることができます。

忍耐力が強い

気立ての良い人は相手に合わせた言動をしたり、相手の意見や考えを否定せずにまずは受け入れたりなどします。そのため、気立ての良い人の言動は自分の感情ではなく、他人に合わせてしまうことが多いです。

自分の感情を抑えて、他人に合わせるということは強いストレスとなってしまう場面も多いです。そのため、気立ての良い人はストレスへの耐性が強かったり、忍耐力があったりなどします。

ですが、中には無理に他人に合わせることで、人が見ていない場所で悩みを抱え込んでしまっていることもあります。

性格が素直

先に述べた通り、気立ての良い人は接しやすい人が多いです。気立ての良い人が接しやすいのは、性格が素直であることも多いです。

性格が素直なため、感情が表に出やすく、相手がその感情を読み取りやすく、どのように接すれば良いかわかりやすいためです。

ただし、単に表に感情が出やすいだけではなく、気立ての良い人は嬉しいことや、楽しいことなどのポジティブな感情が出やすいという条件があります。怒りや、悲しみなどのネガティブな感情が出やすい人では接しやすさは感じることができません。

頭の回転が早い

気立ての良い人は会話をしながらでも、相手の感情や考えに合わせて瞬時に適切な言動を選ぶことができます。

これは気立ての良い人は頭の回転が早いため、会話をしながら相手が望むことを何通りも考えることができるためです。中には間違った言動を選んでしまうこともありますが、瞬時に何通りもの対応の仕方を考えることができるため、すぐに別の言動に切り替えることができます。

気立ての良い人の中には、才能によって、この判断を無意識に行ってしまうことができる人もいます。

リーダーシップが取れる

気立ての良い人は、その場で瞬時に多くのことを判断できる能力があります。そのため、人と接する場面意外に、仕事やスポーツなどでもその判断能力が活きることは多いです。

多くのことが判断できるため、常に最善を選択できなくても、その場合の次の行動も瞬時に判断してフォローすることもできます。また、気立ての良いことで周囲からの信頼も厚いため、リーダーシップを取ることもよくあります。

気立ての良い人はモテないのか

気立ての良い人は人に合わせた接し方をすることができます。そのため、多くの人が気立ての良い人に対して好印象を持つことになります。

なので、気立ての良い人はモテることが多いです。しかし、中にはその気立ての良い性格が原因でモテなくなってしまう人もいます。

基本的にはモテる

上記で述べた通り、気立てが良いことが恋愛にとって邪魔な要素となってしまうことがあります。しかし、基本的には周囲に好印象を与えることができる気立ての良い人はモテます。

付き合ってからも、相手が望むことを察することができるため、相手に問題がなければ長く付き合うことができます。

また、気立ての良い人は恋人以外の人にも、優しく接することができるため、恋人だけでなく周囲からの評判も良いことが多いです。

気立ての良い人は結婚に向いている

気立ての良い人には他人と接する際のストレスに対して強いことが多く、忍耐力もあります。なので、気立ての良い人は恋人だけでなく、結婚にも向いています。

どれだけ仲が良くても、結婚生活では我慢が必要な場面は多々あります。そのため、忍耐力のない人と結婚をしてしまうと、生活内で衝突してしまうことが増えてしまいます。

気立ての良い人に我慢をしてもらうことを前提にしてしまうことはいけませんが、不意な生活面のストレスへの耐性があることは結婚生活を続けていくうえでは重要なことになります。

気立ての良いことで特別感がなくなる

気立ての良い人は基本的にはモテることが多いです。しかし、気立ての良い人は恋人ができても、他の人とも仲良く接することができます。

そのため、相手が恋人としての特別感を感じることができないこともあります。中には、恋人が他人と仲良くしている場面を見て嫉妬してしまうこともあります。なので、恋人になったときには相手からの特別感を実感したいという人は、気立ての良い人との相性が悪いです。

気立ての良い人になろう

気立ての良い人は人に合わせた接し方ができるため、周囲からの信頼を得ることができます。また、気立てが良いという要素が仕事などで役に立つことも多いです。

なので、気立ての良い人になるために、気立ての良いと言われている人の言動を観察して、真似をしてみましょう。気立ての良い人の特徴を把握することで、気立ての良い人に近づくことができます。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related