Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

鼻を鳴らす癖がある人の心理|男女別/年代別/シーン別/不満

鼻を鳴らす癖がある人の心理|男女別/年代別/シーン別/不満
浮かない表情をして、鼻を鳴らす人に会ったことはありませんか。どうしてこの人は面白くないような表情で鼻を鳴らすのだろうと感じた人に、鼻を鳴らす癖がある人の心理を年代別、シーン別にご紹介します。その人の心理を読み取り、上手く付き合える参考にしてみてください。

初回公開日:2019年1月15日

更新日:2019年1月15日

記事に記載されている内容は2019年1月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


鼻を鳴らす癖がある人の心理を男女別に紹介

鼻を鳴らす癖がある人に出会ったことはありませんか。会話中でもしきりに鼻を鳴らすのが気になり、話の内容が入ってこなくて困ってしまうでしょう。わざとやっているわけではなく、長年、癖になってしまっている鼻を鳴らす癖がある人の心理を男女別にご紹介します。

話を聞いてくれないことが不満で男性は鼻を鳴らす

女性が自分の話を聞いてくれないことが不満で、男性は鼻を鳴らします。とくに、好意のある女性が話を聞いてくれないとさらに感情的になり、男性は強い不満を持ちます。

その際に、イラッとした気持ちを表すために、鼻を鳴らしては自分の怒りを伝えます。それでも話を聞かない好きな女性にはさらに鼻を鳴らし、「特別な感情を持っている。しっかり俺の話を聞いてくれよ」という気持ちを伝えるでしょう。

会話が面白くないことが不満だから女性は鼻を鳴らす

会話が面白くないことが不満だから、女性は鼻を鳴らします。女性は話をすることが大好きですし、面白い話をしてくれるのも大好きです。ですが、ちっとも女性が楽しくなるような話をしてくれないは、つまらない話をずっとしているような人と話をしていると酷くイライラしてしまい、鼻を鳴らします。

もう少し相手の表情を見たり、気持ちに気付き、どのような話をしたら面白くなるのか考えてほしいと伝えるために鼻を鳴らすでしょう。

夫は妻が言うことを聞いてくれないから鼻を鳴らす

夫は妻が言うことを聞いてくれないから鼻を鳴らします。いつも妻の言うことを「はいはい」と聞き流し、聞き入れようとしないところに妻はイラッとする感情に包まれます。長年、連れ添ったというのに聞く努力もしない夫に限界を感じた妻は、とくにイラッとして鼻を鳴らすことが多くなるでしょう。

どこか妻なんてどうでもいいとの気持ちが伝わるように感じますから、悲しい気持ちにもなります。そんな悲しい気持ちになっている妻にも気付かないドンくさい夫に、さらにイラッとして鼻を鳴らします。

自分の好きなことに小言を言うから妻は鼻を鳴らす

自分の好きなことに小言を言うから妻は鼻を鳴らします。趣味のアクセサリー作りを楽しくしていれば夫が「そんなものを作る暇があるなら痩せろよ」と言います。

素敵な柄のカーテンにすれば「センスが悪い」と小言を言う夫に妻を気遣う気持ちや感謝の気持ちがないと感じ、嫌な人と鼻を鳴らすようになります。

そう感じても心の中でしまっておけばいいというのに、わざわざ口に出し、嫌味のような言葉を言うところが妻への配慮が感じられないと感じれば、なんて酷い夫と妻は鼻を鳴らすようになるでしょう。

兄は妹が生意気だから鼻を鳴らす

兄は妹が生意気だから鼻を鳴らすことが多くなります。年上の兄だというのに反抗してくるは、やることに対して文句をつけるでは可愛い妹とは感じません。

兄の言うことを否定せず、「そうだね」と共感してくれる妹であってほしいのに、共感どころか「はあ、意味わかんない」と最初から兄の存在すら否定するような妹は生意気と感じて鼻を鳴らします。

生意気な妹が勉強はできるし、友達が多い人気者であったとき、劣とう感を感じた兄はどうしようにも歯が立たないともどかしさを感じ、鼻を鳴らしてもどかしい気持ちを抑えることがあるでしょう。

妹は兄が鬱陶しいから鼻を鳴らす

妹は兄が厄介だからと鼻を鳴らすことが多いでしょう。一人になりたいのに、急にドアを開けてきては「なあ」と話し掛けてくるので鬱陶しいと感じます。

お風呂に入っているときはその前でウロウロしては髪の毛をいじったり、着替えているときにもそばに寄ってきてジロジロ見るのは厄介な兄と感じるでしょう。

また、彼氏と電話している後ろで騒いだり、電話に出ては妹のドジ話をするのでは、妹はどこかに行ってほしいほど鬱陶しいと感じて鼻を鳴らすようになります。

男の子は母親がいちいち煩いから鼻を鳴らす

男の子は母親がいちいち煩いから鼻を鳴らすことが多いです。誰よりも愛する母親であるというのに、子供の意見も聞かずにガミガミと頭ごなしに怒るところに反感を感じます。

また、成長した男の子は自分でやってみようと考えて実行しているというのに、「それでは駄目」と、やることを否定する母親に嫌悪感を感じ、鼻を鳴らすことが多いです。

女の子は父親が気持ち悪いと感じるから鼻を鳴らす

女の子は父親が気持ち悪いと感じて鼻を鳴らします。精神的にも成長が早い女の子は、異性の父親に対して裸を見られたり、寝顔を見られるのは恥ずかしいと父親を避けるでしょう。

ですが、父親はそんな恥ずかしい気持ちを理解せず、平気で裸を見るし、寝顔を覗いてはブチュッとキスをしてくるものですから、気持ち悪いと感じた女の子は鼻を鳴らすようになります。

鼻を鳴らすほどの嫌悪感を感じた女の子は、父親に触られたり、目が合うたびに近づかないでとの気持ちが強くなり、鼻を鳴らすことが多いです。

父親が鼻を鳴らすのは子供の態度が気に食わないから

父親が鼻を鳴らすのは子供の態度が気に食わないからです。愛情こめて育てたというのに、思春期に入った子供はちっとも言うことを聞こうとしません。それどころか、反抗的な態度を取っては父親に歯向かうのでは可愛くないと感じ、鼻を鳴らすでしょう。

気に食わないことがあるとすぐにイライラした態度を見せる子供がいつもムスッとした態度を見せるのも父親は気に食わないと、鼻を鳴らすようになります。

母親は女の子供がわがままだから鼻を鳴らす

母親は子供がわがままだから鼻を鳴らすことが多いでしょう。大事に育ててきたから素直に言うことを聞く可愛い子供になると考えていました。ですが、すぐに「嫌だ」「こっちがいい」と、母親が言うことに対してすぐ我侭な態度を取る子供は憎たらしいと感じ、鼻を鳴らすようになります。

また、母親には我侭な態度を見せることが多いのに、父親にはまったく我侭な態度を見せず、言うことをよくきき、従順な態度を見せてはご機嫌をとるようなマセた子供の姿を見て、鼻を鳴らすことが多いです。

鼻を鳴らす癖がある人の心理を年代別に紹介

鼻を鳴らす癖がある人は、年代によって心理が変わってくることがあります。どのように乳児、子供、大人が鼻を鳴らす時の心理が違ってくるのか、癖を見せる人の心理の違いを年代別にご紹介しましょう。

乳児は不安だから鼻を鳴らす

乳児は不安だから鼻を鳴らすでしょう。目を覚ましたら隣にいた母親がいなくなっていた場合、一人ぼっちにされてしまって不安になり、鼻を鳴らしながら鳴きます。

それでも親が戻ってこないときはさらに不安になり、激しく泣いては早く戻ってきてと泣くことが多いです。不安が限界に達すると乳児はさらに鼻を鳴らしながら大きな泣き声を出し、不安な気持ちを伝えます。

子供は怖かったから鼻を鳴らす

子供は怖かったから鼻を鳴らすことが多いです。怖いと感じたとき、子供はその気持ちを抑えるために泣きます。ですが、泣いてもなかなか怖い気持ちを抑えることができないでいると、鼻を鳴らして怖い気持ちを抑えるようになります。

「大丈夫」と大人や友人がなだめてくれると怖い気持ちを抑えることができ、「ああ、良かった」と、鼻を鳴らすことがあります。

大人は見下されてイラッとしたから鼻を鳴らす

大人は見下されてイラッとしたから鼻を鳴らすでしょう。きちんと仕事をしているし、人としてもしっかりしているのに、自分を否定するように上から目線で話されれば「何も知らないくせに馬鹿にして」と鼻を鳴らします。

そんな見下してきた人が仕事は上手くできないは、人としても未熟であったとき、「自分は何もできないじゃないか」との気持ちになり、馬鹿にする気持ちを表すため大人は鼻を鳴らすことが多いです。

鼻を鳴らす癖がある人の心理をシーン別に紹介

鼻を鳴らすときはシーンによって人の心理も変わってきます。では、どのシーンではどのような人の心理が働くのか、鼻を鳴らす癖がある人の心理とはどのようなものか、幾つかご紹介します。

深い眠りにつけないから寝ている時に鼻を鳴らす

深い眠りになかなかつけないから、寝ている時にイライラが限界に達して鼻を鳴らすでしょう。隣で寝ている夫のいびきが大きすぎてなかなか眠れないと、イラついて鼻を鳴らしますが、そのいびきがより大きくなるとイライラして、鼻を鳴らすことが多くなります。

やっと眠りにつけたというのに、いびきで起こされたとき、もう精神的にも落ち着かないし、おかしくなりそうと感じた人は「いびきが治らないのなら寝ないでほしい」「自分ばかり寝て」とイライラした心理が働くでしょう。

食事中に周囲が煩いと鼻を鳴らす

食事をしているとき煩いと鼻を鳴らすでしょう。せっかく美味しく食事をしているというのに、隣に座る人はぺちゃぺちゃといつまでも話しているし、前にいる子供は泣き出すでは、落ち着いて食事をすることができません。

せっかく遠い場所からきて、この日のために時間も作り、お腹のコンディションも整えてきたというのに煩いでは、「静かにして」とイラついた気持ちをだすために鼻を鳴らします。鼻を鳴らすことで周囲に静かにしてもらいたいと伝えますが、それでも静かにならないときはさらに何度も鼻を鳴らし、イラついた気持ちを伝えることが多いです。

働いている時に鼻を鳴らすのは上手く仕事ができない

働いている時に鼻を鳴らすのは上手く仕事ができないからです。できると張り切って仕事を任されたのはいいですが、ちっとも上手くできず、気がつけば時間ばかりが過ぎていたとき、焦りで鼻を鳴らすでしょう。

時間と戦いながら頑張って終わらせようと仕事をしていれば、周囲は帰り支度をしだしてさらに焦り、鼻を鳴らすようになります。そんな頑張っている自分に向かって「まだ終わんないの」と心無い言葉を言う人にやる気を失い、鼻を鳴らして怒りを伝えることが多いです。

遊んでいる時に鼻を鳴らすのは面白くないから

遊んでいる時に鼻を鳴らすのは面白くないからです。ちっとも面白い遊びを考えてくれないは、「こんな人と遊ぶんじゃなかった」と、面白くないと鼻を鳴らすことで気持ちを表します。

それでも遊んでいるうちに面白いことが起きるのではとの期待を持って遊びますが、結局はつまらないと感じれば、もう呆れて鼻を鳴らすでしょう。

そして、わざと鼻を鳴らすことで遊んでいる相手に「もう二度と遊ばないから」との気持ちを伝えます。

鼻を鳴らす人の気持ちを読み取ってみよう

鼻を鳴らす癖がある人の心理には相手への不満があったり、イラッとした気持ちになったときに警告の意味も込めて鼻を鳴らすことが多いです。また、不安に感じたり、寂しいとの心理が働いた時にも鼻を鳴らすことで気持ちを人に伝えることがあります。

そんな鼻を鳴らす人に出会ったら、どのような気持ちを伝えたいのか読み取ってあげれば、上手く付き合うことができるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related