Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

おおらかな人の長所・短所・性格・診断するチェック項目|男女別

おおらかな人の長所・短所・性格・診断するチェック項目|男女別
おおらかな人は細かいことを気にせず、笑顔で誰にでも接して場を和らげる能力を持っているため好かれます。おおらかな人はゆとりのある面を、心身両面に持っていて、時間の使い方もうまくまわりへの気配りにも優れています。おおらかな人を知るために、ぜひ読んでみてください。

初回公開日:2019年2月25日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年2月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


おおらかとは

人柄がおおらかとは、こせこせしないで、ゆったりとしたさまでいられることで、おおらかな人と言うと、「優しい人」、「心が広い人」、「怒らない人」というイメージがあります。

言葉として「おおらか」の意味は、「細かいことを気にしない余裕のある状態」のことです。ほかにも「度量が広い」という意味でも使われる言葉です。おおらかには、「優しい」の意味はありませんが、細かいことにとらわれないことが優しさにつながっています。

おおらかな人とは、自らが示しているのではなく、周りの人がおおらかな人だと感じるものなので、自分ではおおらかな人だと感じていなくても、他人から見るとおおらかな人に見られている場合があります。

そして、おおらかの意味を性格に当てはめると、基本的に良い性格をしています。おおらかな人は、寛容なため好かれる人が多いです。

おおらかの類義語

おおらかの類義語には、「おおまか」、「寛大」、「大きい」、「広い」、「惜しみない」がありますが、ほかにも「おっとり」、「マイペース」、「自然体」、「明瞭」があります。

混同しないように注意したいのは、おおらかな人は怒らない人であるということではありません。

男女別おおらかな人の長所・短所

男女ともおおらかな人には短所もありますが、長所の方が多いです。おおらかな男性には、包容力があり考え方もポジティブなため頼りになる存在といえます。また、明るくて感情表現が豊かな人なので人気もあります。

おおらかな女性には、おだやかな性格の方が多く一緒に居ても、機嫌が悪くなることがないため、おだてていなければならないような女性ではないので男性としても気楽に楽しく付き合えます。

ちなみに、夫婦として生活していくには、お互いを思いやることで成り立つ部分が大きいため、どちらか一方がおおらかな性格の場合には仲の良い夫婦になることが多いです。

おおらかな男性の長所

おおらかな男性と一緒にいると、和むうえ、相談をすると話を聞きアドバイスもしてくれます。女性からみれば頼もしく感じられて、一緒にいたいと思えるのがおおらかな男性です。

さらに、おおらかな男性は気持の切り替えが早いため、怒りや悩みが長引くことがないので落ち着いて見えます。また、おおらかな男性は困ったときに頼れる相談相手としても頼もしい存在です。

おおらかな男性の短所

おおらかな男性の短所はあまりなく、しいて言えばおおらかで人当たりのいい男性は、細かいことにこだわらないため、それがいい加減な性格からきている場合や、女性に対して執着心がない場合もあります。

特に女性から見ておおらかで好感が持てても、実はその女性には執着心が無く関心を寄せていないということもあるので注意が必要です。

おおらかさといい加減さには共通の部分があるため、見極めが必要です。おおらかであっても、行動に計画性があるところや、言葉に一貫性があるかなどで判断します。

おおらかな女性の長所

おおらかな女性は、おだやかなため男性から見ると落ち着いて付き合えて、同じように穏やかな気持ちなれます。

また、機嫌を損ねることも少ないので、気を使うこともなくのんびりと癒やされる関係が築けます。おおらかな女性には機嫌をとることもなく、一緒にいてもストレスのない生活が送れます。

おおらかな女性は、笑顔で相手のことを思いやることができるため、その場の空気を読んで楽しい雰囲気を作り出します。おおらかな女性には癒やし効果があり、一緒にいても細かいことを気にせずにすみます。

緊張状態に置かれた場合でも、おおらかな女性がいればその場の雰囲気が軽く明るくなります。おおらかな女性は笑顔でいることが多いため、周りも笑顔に引き込まれていい影響を受けます。

おおらかな女性の短所

いつも周りに笑顔を与えてくれるおおらかな女性ですが、おおらかな女性でも自分を抑え込んでストレスを抱えてしまうことがあります。

おおらかな女性は、ストレスを抱えにくいのですが過度なストレスは、おおらかな女性でも徐々にストレスをためてしまい。ストレスをなかなか発散できなくなってしまいます。

おおらか女性はほかの人から見ると、お人好しと感じてしまうこともあり、その性格が利用されて騙されることもあります。おおらかな女性は人を疑わないため、騙されないようにするのが難しいといえます。

おおらかな人の性格と特徴

おおらかな人には、人から嫌われないことや、人から尊敬されるという大きな特徴があります。

ほかにも明るい、表情が笑顔で柔らかい、常に落ち着いている、人を安心させるものを持っている、自分の感情をコントロールできる、空気が読めてその場に合わせて動く、視野が広い、客観的で冷静、柔軟な考え方で対応力がある、人を受け入れ否定しない、細かいことは気にしない、どこでもうまくやっていける、という特徴が挙げられます。

このように、素敵なおおらかな人になりたいのなら、おおらかな人の特徴を知り、その特徴に近づけるようにしましょう。そこで、見習うべきところがあるおおらかな人の性格をご紹介します。

明るい

おおらかな人の性格はいつも明るいという特徴があり、暗い雰囲気のイメージはありません。おおらかな人のそばにいると雰囲気が良くなり楽しく、明るくなります。

熟語に明朗という言葉のとおり、朗らかさと明るい性格は深い関係があります。おおらかな人になるためには、周囲の人を楽しくするような明るい性格が必要です。

表情が笑顔で柔らかく落ち着いている

おおらかな人の特徴には、表情が笑顔で柔らかく、そして落ち着いています。おおらかな人は、明るさが顔に出るためいつも笑顔でいます。その笑顔は柔らかく、温かさが感じられ、おおらかな人の優しい表情と笑顔で人を落ち着かせてくれます。

おおらかな人は周りを笑顔で落ち着かせてくれるとともに、本人も冷静で落ち着いているうえに、人の気持ちを考えてくれるため、おおらかな人により人は癒やされます。

人を安心させるものを持ち感情をコントロールできる

おおらかな人の特徴は、人を安心させるものを持っていて、自分の感情をコントロールできます。おおらかな人は、ふんわりと人を包み込む心を持ち、周りの人を安心させます。

おおらかな人は自分の感情をコントロールできるため、自分の気分に左右されることなく人と接することがないので、嫌なことがあっても表に出すことなく、常に平常心で人に接することができます。

空気が読めて視野も広い

おおらかな人には、空気が読めて、視野も広いという特徴があります。おおらかな人は、実は空気を読むのがとても上手で、自分がやるべきことや、何をしたら皆が助かるのかを読み取り、行動に移します。

また、おおらかな人は、視野が広く、まわりをよく見ていて、ふわふわしている癒やし系なだけでなく、現実的に物事を見られるため、人に対し的確な指示を出すことがあります。

客観的で冷静そして柔軟な考えができる

おおらかな人は、客観的で冷静そして柔軟な考えができます。おおらかな人は、自分も他人もどちらも客観的に見る目を持っていて、感情的になることがないため、理由もなく怒ることはありません。

また、おおらかな人は柔軟な考え方で対応力があり、頭が柔らかいため、自分の意見を持っていても、臨機応変に必要に応じて変更ができます。そのため、おおらかな人はどのようなシーンにも対応していけます。柔軟な思考で常にポジティブに受け取れるのはうらやましい素質といえます。

人を受け入れ細かいことは気にしない

おおらかな人の性格は、人を受け入れて否定せず、細かいことは気にしません。おおらかな人は、自分と違う人を否定せずに、共感できない場合でも違いを受け入れてくれます。

真っ向から否定するのではなく、何が自分に合わないのかを考えて、共感できるところは合わせてくれる良い性格の人です。

また、おおらかな人は細かいことは気にしないため、イライラすることが少ないです。そして、過ぎたことは思い出さないところもあるので、細かいことで立ち止まらずに、嫌なことがあっても受け流せます。

協調性があり人の気持ちに敏感

おおらかな人の性格には、協調性があって協力的であり、人の気持ちにも敏感です。おおらかな人は、ほかの人に協力していく懐の広さをもち、自分の能力の出し惜しみもしません。

そして、皆で作業をする際には協調性を発揮します。やるべきことをして、できない人のサポートをしますが、決してでしゃばることはありません。

さらに、おおらかな人は人の気持ちに敏感なので、のんびりしていますが人の気持ちに気づかないわけではなく人をよく見ています。人の気持ちを察知し、人の気持ちに気づいてくれるため、人の嫌がることは決してしません。

おおらかな人か診断できるチェック項目

おおらかな人は細かいことを気にせず、ゆったりした性格ですが、怠けているわけではありません。おおらかな人は常識もありルールを守れる人でもあります。

そのような、おおらかな人かを診断できるチェック項目として、相手の失敗や過失に寛容かどうか、感情をコントロールできているか否かなどがあります。

チェック項目1:相手の失敗や過失に寛容か

おおらかな人か診断できるチェック項目の一つには、相手の失敗や過失に寛容かどうかがあります。おおらかな性格の男性を見抜く方法で、ぜひ行ってほしいのは相手の失敗や過失などがあったときの対応の仕方です。

おおらかそうに見えても実はおおらかではない人は、相手に失敗などがあると批判的になる傾向があります。不測の事態や困難な状況になったときも同じで、そのようなときに人に対する批判や文句が多くなる人は見せかけだけのおおらかさであるため、よく観察することが大事です。

チェック項目2:感情をコントロールできているか

おおらかな性格の男性を見抜く方法には、感情をコントロールできているかで判断する方法もあります。怒りやすいなど感情の起伏が大きい部分は重要なチェックポイントで、イライラして怒りやすい人は、感情コントロールを上手にできないため、おおらかな性格の人ではありません。

また、おおらかでさっぱりした性格の人にはO型の人が多いので、血液型も多少参考になるチェックポイントです。

おおらかな人になる方法

おおらかな人になりたいと憧れますが、おおらかな人になるにためには簡単ではありません。

しかし、おおらかな人になれると、人間関係もさらに楽に楽しくできるため、おおらかな性格に憧れるのであれば、おおならか人になれるように努力しましょう。おおらかな人になる方法をいくつかご紹介していきます。

方法1:時間の使い方を工夫する

おおらかな人になりたいのであれば、心に余裕持つことです。心に余裕を持つためには、お金と時間の余裕を持つことです。

すべての人が平等に使えるのが時間ですが、人によって時間の使い方は大きく異なります。おおらかさを得るために、心に余裕を持つには普段から時間に余裕を持って生活していくことが大切です。

したがって、おおらかな人になるには、時間の使い方を工夫して、余裕のある生活をしましょう。

方法2:理想とするおおらかな人を想像する

おおらかな人になりたいと思った場合には、理想とするおおらかな人をイメージします。明るく元気な人をイメージして、毎日を明るく過ごしていきます。

おおらかな人であるかは、他人が評価するものですが、自分がなりたいと思うおおらかな人になるには、いつも自分が意識をして行動することで、他人からの評価が変わってきます。

人は習慣や環境によって変わることができるため、おおらかな人になるには理想とするおおらかな人をイメージして生活しましょう。

方法3:好き嫌いをしない

好きな人と嫌いな人は必ずいるものですが、好き嫌いをしないように心掛けることもおおらかな人になるには必要です。おおらかな人は敵が少ないですが、それは相手に対して不快感を与えないことで味方が多くなり、敵になりにくからです。

顔の表情やしぐさなど細かいところで、相手が自分を嫌っていることは感じ取ってしまうものなので、普段から好き嫌いをはっきりしてしまうと、おおらかな人ではなく好きな人にだけ優しい人に思われます。

おおらかな人であると皆から思われるためには、好き嫌いをなくして、すべての人に平等に接するようにしましょう。

方法4:おおらかな人に近づく

おおらかな性格の人になるためには、意識的におおらかな人に近づくための努力をします。自分がイメージするおおらかな人の特徴を心にとめて、それに近い行動を心掛けていけば、徐々におおらかな性格になっていきます。

人は環境により変われる生き物です。今まで時間に追われながら仕事をして余裕がなかった人も、時間に余裕を持つように工夫することで、おおらかな性格になれます。

おおらかな人に多い名前

おおらか人間に育ってほしいと、親が子供に名前をつけるときに願いを込めて付ける名前があります。やはり、親の願いや育て方でそのような名前の方には、おおらかな方が多く見られます。

おおらかな人間に育ってもらいたいと願って付けられる名前には、心和(しお)、心愛(ここあ)、和花(のどか)、和心(わこ)などのおおらかの意味を持つ名前が見られます。

おおらかな人のエピソード例

おおらかな人であることを仕事でアピールする例をエピソードとして紹介します。

「私の長所はおおらかな性格ですから、他の人に対しては悪い感情を持ちにくくなっています。そして、まわりの人には常にゆったりと優しく、礼儀正しく接しようと心がけています。小学校の頃にいじめられていた転校生と仲良くなったことで、今も交友が続く大親友となることができました。」

さらに、「その親友から『転入して困っていた自分に声をかけてもらって本当に助かった、感謝している』と言われたのがきっかけで、その後は自分が出会う人には一期一会の精神で丁重に優しく接するようにしています。そのおかげか人間関係のトラブルはありませんし、日頃から心が乱れることもなくなりました。」としたエピソードがあります。

おおらかな人の仕事での特徴

おおらかな人は礼儀正しく人間関係も良くコミュニケーションに優れていて仕事もうまく進められるのですが、ビジネスシーンではおおらかな人にも否定的な場合がみられます。

必要なときにミスした部下を指導することや、周囲の意見をまとめなければならないことはビジネスでは欠かせない部分ですが、おおらかさをアピールしすぎて、部下の失敗を気にしなさすぎや、部下の失敗を叱ることをしないのは欠点になります。

いくらおおらかであっても、けじめをつけなければ部署やグループのリーダー格を務める人にとってはまずいことになります。おおらかさをあまりにも強調することは、場合により相手に悪印象を与えてしまいかねません。

しかし、おおらかさを正しくアピールすれば仕事もうまく進められます。おおらかさを他人との打ち解けやすさとか、小さなことでは部下のミスを強く責めないことは円滑な業務を進めるうえで有効といえます。

おおらかな人の大きな特徴は

男性でも女性でも、おおらかな性格の人の大きな特徴として、細かなことを気にせずに、いつも笑顔であることが挙げられます。不自然に薄ら笑いをしているのではなく、優しい表情で見守ってあげている感じを与えてくれます。

いつも笑顔でいられるのは、マイナスなことを気にしすぎない心理によるもので、辛いことがあっても、笑顔であれば相手も気分が落ち着きます。おおらかな人は、笑顔で回りをいやす能力があります。

もう一つの大きな特徴は、おおらかな人にはゆとりがあるということです。仕事や生活面だけでなく、性格に関してもおなじで男性でも女性でも、その動きや言葉の1つ1つにゆとりが感じられます。

忙しいときでも、気を抜くタイミングを与えてくれるため、おおらかな人には、ゆとりを持つ時間をつくれるという特徴があります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related