Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

大器晩成な人の特徴・有名人・手相・診断するチェック項目|仕事

大器晩成な人の特徴・有名人・手相・診断するチェック項目|仕事
大器晩成型の人は、遅い時期に成功を収める人を指します。若い時からの努力が後半期になってから実り、仕事において成功したり、誰もが羨むような配偶者に巡り会えたりすることができるでしょう。大器晩成になりたい人は、今からでもコツコツと努力を続けることが大切です。

初回公開日:2019年2月25日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年2月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


「大器晩成」の読み方

四字熟語の項目で、中学受験の書き取り問題によく出題される「大器晩成」は「たいきばんせい」と読みます。「大」という字は「たい」と読むため、大きな器や器量を示す「大器」という言葉は「だいき」ではなく「たいき」と読みましょう。

大器には、大きな容器という意味だけでなく、大きな才能や器量という意味もあります。「未完の大器」という言葉がありますが、それは「現在はまだ努力が報われていないが、将来的に素晴らしい存在になる器量を見込まれている人」を表します。

大器晩成な人の特徴

大器晩成型とは、現状では成功しなくても若いうちからの努力次第で成功に近づけるという意味なので、良い意味としてほとんど用いられます。現状では成功とは程遠い生活でも、将来的には大物になる可能性が十分あるでしょう。

そのためには、まず大器晩成型の人のことをまずは理解しましょう。ここからは、どんな人が大器晩成型と定義付けられるかを紹介します。これから上げる項目を参考に、大器晩成型に当てはまっているかをチェックしましょう。

仕事

大器晩成の人は、基本的に努力家です。本人に自覚がなくても、踏ん張り時に頑張っている姿が見受けられる人は、大きな実力を備えているでしょう。チャンスに恵まれているだけで、努力を怠ってしまう人には実力が付きません。

過去に挫折を経験しているのも、大器晩成の人の特徴です。過去に困難にあった経験があるため、少しの困難にも立ち向かうことができます。大きな成功を収めるためには、過去に経験した失敗や苦労が大きく役に立つでしょう。

コツコツと努力している

大器晩成の人は、コツコツと努力ができる特徴があります。コツコツと努力することで、成功する人が世の中には多いからです。仕事の内容を変えても悪いことではなく、その仕事に乗り換えたことで元々備わっていた才能が開花される場合もあります。

仕事で悩んでいる方は、思い切って今の職場から身を引いて、自分が元々興味があることや好きことを追いかけるのも良いでしょう。それが大器晩成するきっかけになる場合があります。

後々になって才能が開花する

大器晩成の人は、才能が後になって開花されるという特徴があります。偉人で言えば夏目漱石が一番良い例で、最初は小説家とは違うお仕事をしていましたが、年齢を重ねた後に小説に関する仕事を始めて成功を収めました。

最初は違うことを行っていたとしても、後で違うことに挑戦するということも重要です。大器晩成型の人は、今やっていることが自分に合わないと感じたら仕事を思い切って変えてみましょう。

計画的に動ける

大器晩成の人には、計画的に動ける人が多いです。ゴールに向けて目標を立て、ゴールまで向かっていくビジョンが完成しているでしょう。大きな目標に向かってコツコツと努力を続け、小さな目標を少しずつクリアしていきます。

計画的に動ける人になりたい場合は、長期目標と短期目標の両方を立てることが効果的です。短期目標は長期目標の中に組まれている物で、長期目標を叶えるための道筋となっています。小さな目標を少しずつ達成し、最終的には長期目標を達成するというイメージです。

チャレンジ精神がある

チャレンジ精神とは、成し遂げられなさそうなことでもまずは取り組んでみようと感じる気持ちです。チャレンジ精神がある人は、やる気や熱意があると周りから評価を受けるでしょう。

どんなことにも挑戦するため、いつか成功するチャンスを手に入れる確率が一気に上がります。大器晩成型の人にはほとんどがチャレンジ精神があるため、大器晩成型になりたい場合は、無理だと考えずにとにかく挑戦し、大きなチャンス掴むことで成功を収めましょう。

諦めない

大器晩成型の人は、どんなときでも決して諦めません。失敗しても、諦めずに何度も挑戦し、いつかは成功すると信じて取り組めば、成功に必ず近付くでしょう。あと少しで手が届くはずなのに、すぐに諦める人はどんなことも達成できないでしょう。

大器晩成型になりたい場合は、まず一度決めたことはあきらめずに最後まで成し遂げましょう。

創造力に長けている

大器晩成型の人は、創造力に長けています。他の人とは考え方が違い、新しい物を作ることが得意です。頭が良い人が必ず創造力に長けている訳でなく、所属しているグループや性格、環境など色々な物に左右されるでしょう。

創造力を付けたい人は、色々な物事に興味を持ち、疑問を持つことが第一歩となります。その疑問を解決させることで、他人と考え方ができるようになるため、ビジネスにおいて成功をおさめるようになります。

何でも吸収しようとする

大器晩成型の人は、知識や技術力を問わず色々な物を吸収しようと努めます。どんな物も吸収できる人は技術力や情報力があり、興味があること以外に関しても、何かに役立たないかと興味を示し自分の力に変えることで役立てる情報にします。

役立てられる可能性を信じるため、吸収することを怠りません。大器晩成型になりたい場合は、まずは色々なことに興味を示し、技術力や知識を自分の力に変えます。何でも吸収することは、将来の成功に導くためにとても重要です。

好奇心旺盛

大器晩成型の人は、好奇心旺盛な傾向にあります。チャレンジ精神がある人と一緒で、どんなことにも興味を持ち、新しいことに積極的に挑戦しようとするでしょう。興味を持つだけでなく、そこから何かを学ぶために行動できる人が好奇心旺盛な人です。

好奇心がある人は、色々なことを始めてみたり、興味を持った場所にすぐ行けるため、色々な知識や技術力を身に付けることができるでしょう。大器晩成型になりたい場合は、幅広いことに興味を持って挑戦してみる心掛けが大切です。

「自分自身」をしっかり持っている

大器晩成型の人は、「自分自身」をしっかり持っているため芯が強い人が多いでしょう。自分の思いを最後まで貫き通す力があります。自分をしっかり持っている人は、自分で決めたことを諦めずに最後まで貫き通す特徴があるでしょう。

臨機応変に対応できる

大器晩成型の人は、臨機応変に動ける傾向にあります。臨機応変に動けるため柔軟性が身に付いているため、他人との立場や意見の違いを尊重できるでしょう。自分が決めたルールや進め方に固執せず、相手の立場や意見を聞き入れることができます。

他の人の意見が成功につながる鍵になる場合もあるため、臨機応変に動けるかどうかはとても大切です。臨機応変な人になりたい場合は、まずは周りの人の意見に耳を傾けることが大切で、そこから色々な発想が浮かぶきっかけになるでしょう。

人に好かれやすい

大器晩成型の人は、周りから愛されやすいでしょう。大器晩成型の人は、臨機応変に動いて周りの人の気持ちを尊重し、自分の意見をしっかりと伝える強さがあります。周りからの信頼が熱いのも特徴の一つです。

大器晩成型の人は真面目で誠実な人が多いため、多くの人に恵まれています。周りよりも人間性に秀でているため、誠実な人の周りには誠実な人が集まりやすいです。大器晩成型の人で付き合いにくい人は稀であるため、人間関係は常に良好でしょう。

影で努力している

大器晩成の人は、影で努力している人が多いです。周りの人が息抜きをしている間でも、一人で努力を続ける傾向にあるでしょう。大器晩成型の一番の長所で、努力を怠ることはありません。継続力も努力の一つで、一つの物事を続けるのはとても難しいことです。

大器晩成型の人が成功する理由は、勉強熱心である所にあります。物事にこだわらず成功するには知識が必要です。勉強熱心な人は、目標を達成するためには知識を身に付けるために長い時間をかけるため、遠回りになっても成功をする人が多いことが特徴的です。

大器晩成な有名人・偉人

上述では大器晩成型の人の特徴を紹介しましたが、どんな人が大器晩成型の人かがまだハッキリと理解していない人が多いでしょう。ここからは、大器晩成型の偉人や有名人を紹介するので、どんな人が大器晩成に当てはまるかを参考にしましょう。

国内にこだわらず、海外の有名人の中にも大器晩成型の人がたくさんいるので、世界中の歴史に深く刻まれた名前の人達は、どのように成功を収めたかを紹介します。

日本人

国内の大器晩成型の人には、有名所では夏目漱石、伊能忠敬、徳川家康の三人が上がるでしょう。漱石が「吾輩は猫である」を執筆したのは37歳を過ぎていた頃ですが、その後の活躍では成功を見事に収めているため、大器晩成型と言えます。

伊能忠敬が地図を描き始めたのは56歳を過ぎてからで、17年間で全国の地図を仕上げました。徳川家康も大器晩成型の戦国武将で、江戸幕府を築いたのは60歳を超えてからでした。幼少期は人質に出され、青年期は織田信長や豊臣秀吉に邪魔されていたのも理由の一つです。

エイブラハム=リンカーン

エイブラハム=リンカーンは第16代アメリカ合衆国大統領で、奴隷制反対論者として敵対勢力や中央政府から疎まれながらも、信念を貫く一心で政治活動に取り組み、「人民の人民による人民のための政治」という歴史に残る名言を残しました。

色々な職を点々としながら、20代の頃に選挙に2回立候補するも全て落選し、その後は勉強を頑張って弁護士になりました。弁護士になった後に選挙で当選を勝ち取ることができ、イリノイ州の議員として活躍します。

ハーランド=デーヴィッド=サンダース

ハーランド=デーヴィッド=サンダースはケンタッキー・フライド・チキン(通称KFC)の「カーネル=サンダース」と同一人物です。KFCが創業されたのは彼が65歳の時で、タイヤのセールスや鉄道修理工な色々な職業を転々とした末の起業でした。

ガソリンスタンド利用者の意見を参考にサンダースカフェというレストランも創業し、最初は6席程の小さなお店でしたが、少しずつ繁盛し100席を超える大規模なレストランに成長を遂げました。

ポール=セザンヌ

ポール=セザンヌは「近代絵画の父」として知られる有名な画家です。大学を中退して美術学校に入学しましたが、環境に馴染めず銀行員を勤める傍らで絵画を描き続けました。展覧会には何度も落選し、低評価ががずっと続きましたが絵画を諦めずに続けます。

色々な困難を乗り越え、セザンヌが最初に個展を開いたのは56歳の頃なので大器晩成型と言えるでしょう。

大器晩成の手相

運勢の浮き沈みは、人それぞれ違います。運勢が浮いたり沈んだりするのは不定期で、浮き沈みの時期によって「運の良し悪し」の不公平さを感じる人は少なくありません。

10代よりも30代に幸運が回ってきた方が、仕事も順調で素敵な配偶者に結ばれる可能性があります。ここからは、まだ幸運を掴み切れていない大器晩成の手相を紹介するため、興味がある人はぜひチェックしてみましょう。

運命線が生命線上から出ている

運命線が生命線上から出ている人は、努力次第で成功を掴める人に多い手相です。亀のように少しずつ前進し、確実に人生を積み上げていくのが特徴的です。成果が出るまでに時間がかかり、代わり成功した時点での実力は本物になっています。

努力家の人の手相は、コツコツ積み上げていくことが取柄となっているため、要領よく器用に動くことが苦手です。この手相の場合は努力と成功がセットになっている物なので、人生に近道はないと自分に言い聞かせ諦めずに努力を続けることが大切です。

運命線の始点が知能線の上にある

運命線が知能線より下に刻まれていないか、もしくは薄い状態で知能線より上に運命線が刻まれている場合は、30代後半に幸運が訪れるでしょう。運命線は知能線を境目として考え、知能線より下は30代前半までの、知能線より上は30代後半からの運勢と捉えられます。

知能線の上下にある運命線を比べ、上にある運命線がハッキリしていれば幸運が30代後半にやってくる証拠であるため、大器晩成型の手相と判断できるでしょう。

ますかけ線

マスカケ線は、大器晩成型の人の代表な手相と言われています。マスカケ線は本当にレアな手相で、百人に一人しかいなかったり天下取りの手相と言われています。徳川家康にもあったと言われています。

マスカケ線がある人は、若い頃に結果が出ることはほとんどありません。逆風に向かって辛抱強く逆走し続けることで、30代には逆風が追い風に代わり、若いうちから成功を収めた人を一気に追い抜き、有数を掴む可能性があるでしょう。

大器晩成型か診断するチェック項目

自分が大器晩成型かどうか、自分で診断してみましょう。6つ以上当てはまれば大器晩成型なので、焦らず努力を続けていくことが大事です。

・どんなことにも全力で取り組む方である
・大きな挫折を経験したことがあるが乗り越えた
・コツコツと努力を続けるのが得意である
・色々なことを想像することに興味がある
・初心を大事にしている
・夢や希望を持ち始めたのは大人になってからである
・あまり見返りを求めない
・趣味や仕事に関しては今でも勉強中である
・目標を高く持っている

大器晩成の本当の意味

「大器晩成」という言葉は、「器が大きければ大きいほど、完成まで程遠い」という意味です。人間を器に例えており、「偉大であればあるほど成功までに時間がかかる」ことを表しています。一人の人物を例える際の個性や、評価する際に使われるでしょう。

大器晩成とはいつまでか

誰かから大器晩成型だと言われても、何歳まで努力をすれば報われるかが気になる人がほとんどでしょう。世間的に見て、大器晩成とは何歳からだと気になる人もいる所です。人間の年齢の規準は国や時代で色々と定められており、いくつから老人という決まりもありません。

年齢は一般的に、20代は若者の扱いで、30代は壮年という言い方になり、40代は初老と呼ばれます。ここからは大器晩成はいくつからかを紹介するので、気になる方はぜひ参考にしましょう。

いくつ

大器晩成は、才能が開花するのに時間が掛かってしまう人や、時間をかけてやっと才能が開花した人を指して使われるため、実際にはいつ頃成功するのか気になるところです。成功する連例は個人の努力次第で、30代で成功を収める人、50代や60代で成功する人とバラバラです。

大器晩成するには若い頃からの努力が大事

「絶対に成功したい」という気持ちが強ければ、人間は努力を続けるでしょう。努力をしなくても成功するのはあり得ないため、目の前にある物に向かってコツコツと努力を続けることで、人間性が健やかに成長するでしょう。

特徴や性格が大器晩成型の人と一致しなくても、諦める必要はないでしょう。大器晩成型の性格や特徴に近づくために、この記事を読んでからでも遅くはないのでまずはチャレンジしてみことが大切です。時間はかかっても、最終的には成功を収めるのが大器晩成の特徴です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related