Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

目立つ人の特徴・仕事で目立つ方法・目立つ服を着る人の心理

目立つ人の特徴・仕事で目立つ方法・目立つ服を着る人の心理
集団や組織の中で、目立つ人にはいくつかの要素と特徴があり、その要素や特徴は目立つ人が意識している場合もあれば、無意識にその要素や特徴を持っている場合もあります。目立つ人には存在感があり、周囲から頼りにされることも多いです。

初回公開日:2019年2月25日

更新日:2019年2月25日

記事に記載されている内容は2019年2月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


目立つ人の特徴

複数の人が集まると、その集団のや組織の中で1人くらいは存在感があり、目立つ人がいます。良くない意味で目立つ人もいますが、たいてい目立つ人は周囲の人に頼りにされたり、信頼されたりなどしていることが多いです。

集団や組織の中で、目立つ人にはいくつかの要素と特徴があり、その要素や特徴は目立つ人が意識している場合もあれば、無意識にその要素や特徴を持っている場合もあります。

見た目

人の印象を決めるうえで、もっとも単純な要素が容姿です。顔の印象や体格などが目立つ要素となることは多いです。スマートな美人やイケメンであれば、その見た目だけで目立ってしまうこともあります。

また、背が高い、太っているなどの体格に、周囲の人よりも抜き出た特徴を持っている場合にも、目立つこともあります。

自信がある

自分の言動に自信を持っている人は、相手が誰であろうとその言動を曲げることがありません。そのため、どのような場面でも強気に攻めることができます。

周囲が臆してしまうような場面であっても、どんどんと前に進むため、周囲の人よりも一歩前に出ます。なので、周囲の人よりも常に前にいる存在となるので、何をしていても目立つ存在となります。

能力が高い

仕事やスポーツなどの場面で他人と比べられるような状況になったとき、高い能力を持っている人は常に上位に位置することになります。常に上位にいることで、その存在感を周囲の人に与えることができます。

また、常に上位に位置する場所にいることで、その能力に対しても信頼感を持つことができます。そのため、周囲の人は自分とは違う存在と感じてしまうことで目立つようになります。

意見や考え方が違う

能力が高い人は、周囲の人と意見と考え方が違ったり、価値観が違ったりなどすることがあります。そのため、周囲とは違った発想を生み出すことができ、他の人よりも高い能力を発揮することができます。

上記で述べた通り、高い能力があることは目立つ人の特徴の1つです。いつも周囲を驚かせるような発想ができることで、周囲の人たちは自分とは能力に差がある人と感じてしまうことで、目立つようになります。

ただし、このようなタイプの目立つ人は高い能力を持ってはいますが、多数派の意見や考えとは違うことで、変わった人と勘違いをされてしまい、その本領が発揮できていないこともあります。

コミュニケーション能力が高い

能力が高いと仕事やスポーツで大きな結果を出すことができ、その高い能力によって目立つことはよくあります。しかし、仕事やスポーツができない人でも、人とのコミュニケーションによって目立つということがあります。

コミュニケーション能力が高いと、多くの人と接することができたり、その接した人たちに好印象を与えることが多くなります。そのため、どのような場面でも気がつくと中心的存在となっていることがあります。

常に中心的存在となることで、多くの人がその人のことを認知するため、自然と目立つ存在となっていきます。このようなタイプの目立つ人は、初めから目立つ存在になるのではなく、時間をかけてゆっくりと目立つ存在へとなっていきます。

個性的である

多くの人は多数派に身を置くことで安心感を得ようとします。しかし、中には自分だけの独特な考え方をしたり、個性的なファッションなどをして、多数派から身を離している人もいます。

このような人は、周囲から自分たちとは違うという印象を与えるため、目立つ存在となります。このタイプの目立つ人は、他人に影響されないその個性的な存在感によって、羨ましがられることもあれば、はみ出し者として変な人という印象を持たれることもあります。

シーン別目立つ方法

目立つ要素を持っている人は、その目立つ要素を隠していたり、発揮できていなかったりすることなどがあります。そのため、普段は目立たない人であっても、場面によって目立つ存在となることもあります。

運動会

身体能力が高ければ、必ず運動が好きになるというわけではありません。そのため、普段はおとなしく、あまり活発に運動をしないという人が、意外と高い身体能力を持っているということはよくあります。

このような人は人前で運動することが普段はないため、運動会のような人前で運動するような場面で、その高い身体能力を見せることで目立つことがあります。また、普段の姿がおとなしいほど、その意外性が強くなるため、さらに目立つことになります。

仕事

仕事では常に高い能力を発揮している人が目立つことが多いです。しかし、常に高い能力を発揮していない人であっても、急に大きな結果を出すことで目立つこともあります。

急に大きな結果を出すことで、その意外性から注目度が上がります。ですが、運良く大きな結果を出すことができることということはあまりなく、たいていはその大きな結果を出すために人知れず努力をしているということが多いです。

なので、努力の過程を誰にも見せずに、徐々に能力を蓄えて高い能力を持ったことで目立つようになったということでもあります。

仕事で目立つ方法

仕事をしている人は、1日の多くの時間を仕事に使っています。そのため、職場にいる時間や、一緒にいる人などの環境が大きく変わるということがあまりありません。

なので、印象を変えるような出来事がなかなか起こらなかったり、周囲から持たれている印象も劇的に変えるということが難しいため、仕事で目立つことも難しいです。なので、仕事で目立つためには意外性を利用することが手早い方法となります。

隠れて努力をする

先に述べた通り、急に仕事で急に大きな結果を出すことで、周囲に意外性を与えることができ、目立つことができます。

しかし、急に仕事で大きな結果を出すことはできません。そのため、技術や知識などを身につけるなど、日常的に努力を積み重ねておく必要があります。

ですが、その努力している姿を周囲に見られていると、大きな結果を出しても、努力の結果と評価されます。それでも目立つことはできますが、意外性が薄いため、その努力の過程を隠して、溜めた努力の結果を一気に見せる方が印象が強くなります。

職場で見せない姿を見せる

仕事の結果で目立つためには時間もかかり、必ず目立てるようになるとは限りません。なので、仕事の結果で目立つのではなく、その仕事の場面では見せない姿を職場の人たちに見せて、意外性を与えるという方法もあります。

なので、職場の人と休日にフットサルなどの運動を一緒にしたり、作った料理やお菓子を職場に持っていくなど、普段は職場で見せない姿を周囲に見せると良いでしょう。

ただし、普段の印象を違う姿を見せることと、その見せる姿で好印象を与えるという条件を満たす必要はあります。

目立つ服を着る人の心理

多くの人は注目を集めすぎるように奇抜なファッションは避けようとすることが多いです。しかし、目立つ人の中には人の注目を集めるために、あえて派手なファッションや奇抜なファッションをする人もいます。

このようなファッションで人の注目を集めて目立とうとする人にはいくつかの心理が働いていることがあります。

流行を優先する

ファッションの流行は企業などの発信によって生まれることが多いため、自然と発生した流行ではなく、仕掛けられた流行である場合もあります。

仕掛けられた流行の場合は、企業が売り込みたいファッションが優先されることもあります。そのため、仕掛けられた流行の場合は、そのターゲットが絞られていることもあり、派手めなファッションが流行最先端となることもあります。

このような場合には、派手なファッションを好まないような人は流行を意識しないようにします。派手めなファッションが元から好みの人はその流行を取り入れます。

しかし、派手なファッションが好みでない人でも、流行を優先してしまうことで、普段はおとなしいファッションにも関わらず、急に派手なファッションとなって周囲の注目を集めてしまうことがあります。

コンプレックスを隠す

自分に自信のない部分がある人は、その自信のない部分を隠すために、他の部分を強調することがあります。自信のない部分を隠す方法として、派手なファッションを用いる方法があります。

派手なファッションをすることで、周囲の人の注目はファッションという表面上の特徴に集まります。別の部分に注目を集めることで、コンプレックスの部分に注目がいかないようにします。

目立つ職業

職業によっても、目立つことがあります。職業で目立つ場合には、弁護士や医者などのように就くことが難しいことで注目される場合や、放送業界や芸能界などの華やかな印象がある仕事をしていることで注目される場合や、社会貢献や事業規模が大きいなどの人の関心を集める場合などがあります。

これらの共通点は自分にはできないと思ってもらえるような仕事で、専門知識がなくても結果がわかりやすく、表舞台に立てる役割であるということです。

目立つメリット・デメリット

目立つということは人の注目を集めるということなので、基本的には能力が高かったり、信頼されていたりなどのメリットの部分が多いです。しかし、目立つことでデメリットが発生してしまうこともあります。

期待度が高まる

目立つ人には能力が高く、頼りにされていることが多いです。そのため、周囲からの期待が大きくなってしまうことがあります。

能力が高いために、結果を出して当然と思われてしまうため、小さな失敗でも、大きく評価を下げてしまう可能性があります。なので、常に良い結果を出し続けなければいけないというプレッシャーを感じてしまう人もいます。

いじめ

能力が高いことで目立つ人は多いです。しかし、能力が高いために、周囲の人からその能力を羨ましがられて、疎まれることもあります。

そのため、出る杭は打たれることがあり、仕事などで結果を出すたびに印象が悪くなってしまうことがあります。

また、人は多数派に身を置くことに安心感を得るため、数人が目立つ人に悪い印象を持ち始めると、連鎖を起こして他の人まで悪い印象を持つようになってしまうこともあります。

他人の目をは気にする必要はない

目立つ人は周囲の人にはない能力があったり、意見が違ったりなど、少数派に属してしまうことが多いです。人は少数派に属することで安心感を感じることが多いです。

目立つ人の中にも、その安心感を得るために、本来の自分の能力や意見を押さえつけてしまうことがあります。しかし、そのようなことをすれば、自分の力が発揮できていないことになります。

なので、自分の力を最大限に発揮するためにも、目立つことを恐れずに、他人の目を気にしないようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related