Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

過大評価は辛いのか・過大評価しすぎの原因・メリット・デメリット

過大評価は辛いのか・過大評価しすぎの原因・メリット・デメリット
本記事では、過大評価は辛いのか・過大評価しすぎの原因・メリット・デメリット・過大評価の偉人などについて紹介していきます。過大評価されすぎていて辛いという方、過大評価が嫌なときの対処法についても紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

初回公開日:2019年1月15日

更新日:2019年1月15日

記事に記載されている内容は2019年1月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


過大評価とは?

過大評価とは、物事の価値や人物の実力などを高く見積もったり評価したりすることをいいます。自分の周りに、そこまで結果を出しているわけでもないのに、なぜか周りからの評価が高い、という人はいませんか。

本記事では過大評価は辛いのか・過大評価しすぎの原因・メリット・デメリットについて紹介していきます。過大評価について疑問がある方はぜひ参考にしてみてください。

過大評価は辛いのか

実際には過大評価は辛いのでしょうか。自分が周りから過大評価されやすい事態に陥っている、という人もいるでしょう。

中には過大評価される方向に自分から話を持っていく人もいますが、実際に実力以上のことを期待され、何かを頼まれてしまうとプレッシャーになり、ストレスにもなるということも多いでしょう。

うざい

自分の中では当たり前のことをし、特に良く見せたいと張り切ってきたわけでもないのに周りから過大評価されると、うざいと感じることがあるでしょう。

過大評価されてしまうと、その通り行動しなければいけないという雰囲気になり、次に自分が起こす行動がその期待を裏切ってしまうといけないのではないか、という気持ちになります。

「頼りになる」「将来有望だ」など周りからもてはやされ、責任ある仕事を任されたり、役職に任命されてしまうことが多くなると、「毎回自分ばかり辛い役をしている」「たまには手を抜きたいのに」という感情が出てくることもあるでしょう。

落ち込む

評価があまりにも高くなると、期待されすぎることで辛くなり落ち込むことがあります。

過剰評価されることで「この人に任せたら大丈夫」「期待通りの結果をもたらしてくれる」など周りから言われてしまい、実際の自分はそこまでの力はないのにと本来の自分を出せず背伸びをしなければいけない事態に陥っていきます。

「過大評価でそのうち幻滅されてしまうんじゃないか」「評価に見合うようもっと努力していかないと」など不安に苛まれ、過大評価されるたびに落ち込みが激しくなってしまうでしょう。

過大評価しすぎになる原因

過大評価しすぎにつながってしまう原因は何だろうと悩む方もいるでしょう。過大評価しすぎの事態を招いている原因は、相手に良く見せよう、相手の期待に応えよう、としている行動にあります。

自分にとっては当たり前のことをしたつもりでも、相手の意向の的を得ていたり、相手の理想に叶う行動をとれば印象は良く、評価は上がっていきます。

仕事などでは、相手の期待を上回る働きぶりを見せたい、と思うことは自然に出てくる部分です。相手にとって期待値以上の働きができてしまう人は過剰評価となって返ってくる可能性が高いでしょう。

相手の期待に応えるということは良いことです。無理のない範囲であれば問題ないですが、あまりにも無理をしすぎてできる自分を作ってしまっているとストレスになってしまう、ので自分の中で自分の度量や限界を考えつつ見せていくと良いでしょう。

過大評価と過小評価のメリット・デメリット

過大評価の逆に過小評価というものがあります。過小評価とは実際の物事の価値や人物の実力などを低く見積もったり、評価したりすることをいいます。ここでは、過大評価と過小評価のメリット・デメリットについて紹介します。

過大評価のメリット・デメリット

過大評価のメリットは、自分を実際よりも大きく見せることではったりを利かせることができることでしょう。

例えば、人によっては必要異常に怒られたり、きつく意見されることがあっても、過大評価されていれば「この人なら任せておいても大丈夫」という印象になるので、不要な口を出しをされることが少なくなります。

過大評価のデメリットは、過大評価されている実績がそのまま自分の実力だと勘違いされていると、実際の能力との差に悩まされてしまうことでしょう。実力以上の力をあるように振る舞うのは、期待を裏切らないようにしなければ、など精神的に辛くなってくることがあります。

過小評価のメリット・デメリット

過小評価のメリットは「脳ある鷹は爪を隠す」という言葉のように謙遜でいられることでしょう。自分を不必要に大きくとらえないので、常に冷静で慎重な判断ができるというところも大きなメリットです。

また、自己評価が低いタイプの人は素直にほかの人の意見を受け入れる傾向にあります。「こんな小さな力の自分はまだまだ未熟だ」と、常に低姿勢で成長につなげていくこともできるでしょう。

過小評価のデメリットは良い評価が得られても「大したことではない」と、何事も卑屈になりやすいところがあるので、可能性を狭くしてしまう恐れがあることです。

過大評価する相手

過大評価する相手とはどのような人でしょうか。家族であったり、友達、会社の上司や同僚など、自分の周りにいる人であればどんな人でも、過大評価をしてくる傾向があればなりえます。

過大評価してくる傾向にある人は、自分に自信がない人や周りを気にする傾向が強い人、または人の良い面を大きく見ようとしている人に多いです。

一般的に日本人は実態以上に相手を過大評価する傾向があるといわれています。それは、日本は島国であり、古代においては中国、近代では西欧諸国からなど他国から文化を学んできた国でした。

基本的に自分より周りに憧れやすいところが歴史的に見ても日本人にはあるので、過大評価する部分は多くの日本人に備わっているといっても過言ではないでしょう。

過大評価の偉人

次は、過大評価されているのでは、といわれる偉人、坂本龍馬・真田幸村について紹介します。どちらの人物も大河ドラマなどで取り上げられるなど人気がある歴史上の人物ですが、一体どのようなところで過大評価されていたのでしょうか。

坂本龍馬

薩長同盟がなければ明治維新は成功しなかった、薩長同盟を締結させたのは坂本龍馬だったということで、歴史的に英雄として過大評価されているのが坂本龍馬です。しかし、実際にはただの武器商人だったともいわれています。

坂本龍馬は、薩摩と長州の金で外国から武器を購入し、それをまた高く売りつけるということをしていました。

薩摩と長州の武器の流れに絡んでいたからこそ、薩長同盟締結の場にいた人物になりましたが、明治政府への橋わたしをしたなど、英雄視されるような評価は高すぎるのでは、という疑問の声が多い人物です。

真田幸村

日本で有数の兵(つわもの)ともいわれ、武将の中でも大人気の真田幸村も過大評価されている偉人の一人ともいわれています。

真田幸村の偉業といえば、数で負けながらも伊達政宗の軍勢を押し返し、徳川家康を追い詰めた大阪の陣での活躍が有名です。しかし、実際に戦で勝利したわけでもなく、武将としての出番が生涯で少なかったので、大坂の陣で活躍しただけの一発屋という解釈もされています。

過大評価される人の共通点

次は過大評価される人の共通点について見ていきましょう。過大評価される人にはいくつかの共通点があります。

周りのある人が過大評価されているのではないか、自分がなぜか過大評価されている、と感じている人は、過大評価される共通点について当てはまるところがないかチェックしてみてください。

コミュニケーション能力が高い

過大評価される人の共通点としてコミュニケーション能力の高さがあります。話す・聴く・身振り手振りなど、コミュニケーション能力が高い人は人を惹きつける行動に長けています。

コミュニケーション能力が高く、いわゆる「できる人」のオーラが自然と出てくる動きをとれることで、実際の実力よりも高く評価がされることがあるでしょう。

特別に特技など、実力があるわけでなくても、周りからの評判が良ければ自然と評価が高くなります。誰とでも分け隔てなく接することができ、コミュニケーションをとっていくことがうまい人は誰からも良い印象を獲得しやすく、評価が低くなることはありません。

プレゼン能力が高い

はっきり自己主張することができる人は、おとなしく真面目、能力が高い人よりも印象に強く残るので人から高く評価されやすい傾向があります。他人の評価というのは、過去の功績を細かく見て決まるもののではなく、その人に対するイメージが大きな割合を占めます。

自分をうまくプレゼンできて、周囲に強いインパクトを与えることができる人は、どうしても印象に残りやすく過大評価されやすいでしょう。

過大評価が嫌なときの対処法

過大評価され、度が行き過ぎて英雄視されてしまうと、周りはどんどん理想をあてがっていきます。合わせようとしても不可能な地点にまで達してしまうことがあり、期待に応えようとすれば疲れてしまうでしょう。

過大評価が嫌なときは、周りの声を気にせずマイペースに生きれば楽になれるでしょう。「期待外れ」「手を抜いている」などと言われることがあっても、勝手に過大評価しているのは周囲なので気にする必要はありません。

非難されることを恐れても、いずれ本当の実力が期待値まで達していないということがばれる日はきます。それが今か、いつの日になるのかと怯えてその日を待つのかでストレスの量も変わってくるでしょう。

過大評価を好む人とは?

過大評価を好む人、というのも存在します。過大評価を好む人は、実際の実力がなくても自分をともかく大きく表現することが好きで、自分の評価を少しでもあげたいと考えています。

しかし、そのような人は実際は実力はなく、自分に自信もないため、理想的な姿を追っているにすぎません。だからこそ、その理想に自分を重ねたがり、課題評価を得ることによって理想に近づこうとします。

等身大の姿以上のものを周囲に見せようとし、小さなことでも大袈裟に言ったり自分をアピールしてくるところがあるでしょう。

自分を過大評価しない方法

過大評価していることを人から指摘されてしまった経験がある、という方も中にはいるのではないでしょう。では、自分を過大評価しない方法にはどのようなことに気を付けると良いでしょうか。次は自分を過大評価しない方法について紹介します。

自分の弱い部分を知る

自分を過大評価しない方法として「自分の弱い部分を知る」ということがあります。人間どんな人でも短所や苦手としていることはあります。

優れたところだけ人にアピールし周りから「すごい」と言われることが増えると、弱点を見せるのが怖くなっていきます。自然と弱点から目を背け「自分はできる人間だ」と暗示をかけてしまうことがあるでしょう。

「自分はできる人間だ」という暗示は、過大評価につながってしまう部分でもあるので、自分の弱い部分を知り、意識して、常に冷静な判断ができる目を持ちましょう。

周りの意見を聞く

周りの意見を聞くというのも過大評価しない方法の一つです。人にできる姿を見せたいと行動していくと、できる自分を演じることに必死になり、いつしか「自分は他人より優れている人間だ」など勘違いしていることがあります。

実際はそこまでの実力がないことを周りが感じていることもあるので、自分だけで「自分はすごい」など過大評価しないよう、周りの声にも耳を傾けましょう。

自分の実力を冷静に見よう!

過大評価は辛いのか・過大評価しすぎの原因・メリット・デメリットについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

どんな人でも「周囲から良く思われたい」と思う気持ちはあるでしょう。しかし、度が過ぎることで過大評価に繋がってしまうことがあります。過大評価という、実際の実力とは離れたところで話が進んでしまうと苦しむのは自分です。

逆に過小評価しすぎて、自分に自信を無くす必要はありませんが、実際に過大評価されることがあっても、自分の実力は冷静な目で判断するようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related