Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

上昇志向が強い人の特徴・ない人の特徴と心理・おすすめの本

上昇志向が強い人の特徴・ない人の特徴と心理・おすすめの本
昭和の時代が去り、平成も終わります。上昇志向自体は、時代は変わっても大切です。ますます進歩発展する電子社会になり、高度な利便性で生活環境の合理性が図られます。人の生きがいの変化も想定されます。ですが、人としての上昇志向の的を踏み外さない事が大切です。

初回公開日:2019年4月19日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年4月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


上昇志向はいつの時代になっても大切

「上昇志向」とは、目標に向かって取り組み実践している人のことなどを指します。最近、上昇志向の気持ちは持っているが、実行に際して躊躇する人が増えているといわれています。

昭和の時代は、戦後復興が要で何事も挑戦の時代といわれていました。平成においては、自然災害を別にすれば、生活は豊かになり安定した時代になりました。

安定した時代になった反面、昭和の強い上昇志向が薄れ、日々、いかに人間らしく、楽く暮らすかが重点思考になっている傾向があります。その結果、上昇志向を言葉に表すことが敬遠される風潮になっています。

人工頭脳などの発展で社会の仕組みは簡素化されていきます。しかしながら、人々の生きがいの選択は多様化します。

何を生きがいにするか、目的を持つ考えは一段と大切で、上昇志向を持つ必要性はいつの時代も大切になります。

生きがいと上昇志向の関係とは

人生の生きがいに上昇志向は大切でなくてはならないことです。昔の形の出世思考の形ではなく人として人生を歩むには上昇志向は不可欠です。上昇志向の教えは幼児期からのしつけにあります。

昭和の後期以降から徐々に進行した核家族化に比例し、子どもの出生率低下傾向に比例して一人っ子家族が増え、幼児期からの躾の多様化にあり、子どもの努力度の低下がいわれています。

小さい頃から生きがいを見つけやすい環境造りと、生きがいの目標や努力のやり方など、上昇志向の意味を育むことが大切です。

バランス感覚が必要とは

上昇志向が強いとは、人生に対し積極的に行動し、物事に対し前向きに考える事です。人は、楽しく生きること、周りに役立つこと、間接、直接的に社会に貢献できることに目標があります。

それには、自分が生きがいを持ち行動できることです。その結果楽しく生きることに繋がり、成功のためには、自立できる生活の糧を持たなければなりません。

しかしながら、最近のニュースには、上昇志向に疑問の意見や、議論がされていることを見聞きします。それは、上昇志向の理解の不足があります。

遊びや趣味のみに生きがいを持つのが悪いとは申しませんが、生活の自立があることが前提です。反面、上昇志向が強すぎると周囲に迷惑を掛けたり、反感を持たれたりします。

団体にしろ、個人にしろ、成功する上昇志向には、周囲に迷惑や恥ずかしくない正しいバランス感覚の上昇志向が必要で重要です。

上昇志向が強い人の特徴

上昇志向が強い人の特徴は、歴史上の多くの人物にあります。時代を動かした人は上昇志向の見本でありさまざまな特徴が言い伝えられています。

現在においても政治家、産業界、芸能界などの方々は上昇志向が強い人の集団といえます。

その大半の方々は、尊敬され、立派に成功された上昇志向の方々です。それぞれ特徴をお持ちです。ここに、上昇志向強い人の特徴のパターン5つを上げます。

・自分の将来に確固な考え方がある。
・人一倍努力し、目立たない努力をしている。
・機転が早く適切な場の空気を詠む。
・集団をまとめリーダシップ力が高い。
・少々のことではへこたれない。

上昇志向が高い人は将来を強く考えている

上昇志向が高い人は、過去のことにとらわれるのではなく、「将来こんなことがしたい、あんなことがしたい」と将来の事に確固な考えを持ち、話している時は目が輝いています。聞いている側には魅力的な人物に映ります。

上昇志向が強い人は理解力が高く、冷静な現状把握を行えます。根はポジティブで意外と楽天的な場合が多く「俺ならできる」という自信を持った考えでへこたれません。

上昇志向の高い人は将来を強く考え、大きな目標の実現のために努力は怠りません。

上昇志向が強い人は目立たない努力をしている

上昇志向が強い人は目立たない努力しています。その努力量も半端じゃありません。自分が決めた高い目標を達成するため多くの成功者の経験の姿から学びとっています。

着目すべき点は、上昇志向の強い人は、周囲と比較にならない努力対する認識に違いがあり、高い目標を掲げています。

上昇志向の強い人は周りの人が実践していると、例えば、読書や研修習熟するのは当然です。上昇志向の強い人はそれ意外に周りがやっていない独自の努力を怠りません。小さな努力も惜しまず、数年後は、結果となって目標の成功の源になっています。

上昇志向が強い人は決して公言せず地道な目立たない努力をされています。

上昇志向の強い人はリーダーシップがある

上昇志向の強い人はリーダーシップを持っています。上昇志向の強い人は、機転が早く場の空気を適切に読みます。リーダーシップ力を発揮している人です。

「統率力」と混同されがちですが、「リーダーシップ」と「統率力」は厳密には微妙な違いがあります。

「統率力」はリーダーシップに必要な1つの要素です。組織を率い、束ねる能力です。リーダーシップ」も同じ能力が必要ですが、さらに、マネジメントが必要です。

組織全体の従来の仕事に精通し、変化を模索し、新しいことへの挑戦の試行や実践することができる能力がマネジメントには必要です。

上昇志向の強い人は「リーダーシップ」に必要なさまざまな問題の対処能力を備える努力の人です。

上昇志向の強い人の成功の証とは

マネージメントには人望が必要です。組織やグループの仕事は一人では成功しません。上昇志向の強い人は、人望が不可欠です。

マネジメント能力とは、課題解決能力が高いことが必要です。リーダーシップを発揮し課題を克服せねばなりません。そのためには手足になって行動する多くの人が必要です。

上昇志向の強い人は、人望力向上に努めなければならず、上昇志向が成功できるかどうかの大きな要です。

課題解決には「マネジメント能力」「統率力」「コミュニケーション能力」の3つの能力が必要で、この3つ課題可決能力が上昇志向の強い人の成功の1つの証です。

上昇志向が強い人は撃たれ強い

上昇志向が強い人は打たれ強くなければ成功しません。打たれ強いとは、上昇志向の過程に人それぞれの考え方や思考の齟齬が生じます。

人の考えは諺にもありますが「十人十色」です。意をともにし活動しても、お互いの成長道程ですれ違いが生じ、場合によっては批判の的にされます。

あるいは、上昇志向が強い人は成功する場合、使い物にならないとなれば切り離します。つねに人のことを利用しようと考えているため、「ありがとう」などと言葉では言っても気持ちだけ表向きです。

上昇志向の強い人が成功するには、思ったままの発言をし、斟酌なしの行動をします。

その行動に批判や誹謗中傷があっても平然とし、人を踏み台にする、打たれ強い人となります。

上昇志向がない人の特徴

上昇志向のない人の特徴は、多岐に分かれ、上昇志向の強い人の反対の方々が大半です。

・上昇志向がないとは、地位など権力など目指さない気持ちが強い姿勢のこと
・上昇志向がない人の多くは、消極的な考え方が多く成り行き志向に向かった行動にある
・妥協や無視の気持ちがあり、自らは安定志向の考えでいます。

・世情に対し「さとり世代」と呼ばれて満足している。
・上昇志向がない人に多いのは、出世だけがサラリーマンの幸せではないという考え方を持っています。

上昇志向ない人の最近の傾向とは

上昇志向のない人の特徴に、上昇志向の強い人の考えや行動を目の当りに見たり聞いたりして嫌気がさした人が多くおられます。上昇志向の悪い形が出ているためです。

上昇志向が弱い人またはない人は、権力やお金に執着した方々の自己中心の振る舞いに自分に重ね、嫌気がさしています。

同時に、自分の能力限界の可能性知り、あきらめた人であり、自分が傷つくことに耐えられない人たちです。

最初からチャレンジして何も得られないよりは、最初から高望みをやめて、ほどほどの人生を送れればいいとした方々です。

上昇志向のない最近の傾向は、高望みを捨て、割り切った人生観の増加傾向があります。

上昇志向低下の要因とは

上昇志向の低下の要因の傾向は、年代感の差から2つの点が挙げられるといわれています。一つ目は、昭和の中期の中高年層が育った世情と平成前後の40代前の若者の考え方の変化からにあります。

中高年層は、激烈ともいえる、小さい頃からの進学、就職など競争社会の体験が身に染みています。平成では、「草食系男子」と呼ばれる、独身者が多い=元気がない「上昇志向」が低下したと中高年層は見ています。

一方、「草食系」と言われる若者側は「価値観の差」であり、生き方の違いと見ています。引きこもりの病症とし別にすれば、むしろ、「目立ちがり」が多い、彼と彼女の方が「上昇志向」が高いといえます。

「上昇志向」低下の要因は、「昭和」と「平成」時代背景にあり、詰め込み教育や受験競争と平成に始まったゆとり教育の要因があるといえます。

上昇志向を育てるおすすめの本

昔からの諺に「三つ子の魂」は、死ぬまで直らないといわれきています。成長期の健全な教え方は大切です。

小学生の頃までの人間の脳は、精神的組織の構成が未熟で何ら整っていない不完全です。どのように社会や技術が進歩発展しようとも上昇志向の努力は人生では不可欠です。

推奨しています本は、国際的サッカーの長友選手の本で、「幸せを感じるために大切なこと」のサブタイトルがついて、賢く、やさしい子に育てるための詳しい解説書で、読みやすく、期待以上の内容の本です。

上昇志向 長友 佑都

多感な、中学生や高校生におすすめするほんです。目標をもって諦めないことこの大切さを導く本です。

人生でいろいろと壁に遮られることが事が多くありますが、そこであきらめて、立ち止まったり、引き返したりしてのでは、それまでの努力がそこで終わります。

継続する事の大切さと、事にあったの途中で分岐点では最後自らの選択と決意が大切だと教えられます。

人生には「上昇志向」の継続性とその根底の基盤となっている大切なことは、「感謝の心」と説かれています。

上昇思考幸せを感じるために大切なこと 単行本 – 2012/5/25  長友 佑都 (著)
5つ星のうち 4.3

Kindle版
¥ 1,264
今すぐお読みいただけます: 無料アプリ
単行本  ¥ 1,404
・小学生には難しい字や言葉があるが、この年代(中高生含む)のスポーツをする子に読んで欲しいと思える良いものでした。
"努力に勝る天才なし"
自分の実力を判断するのは今ではない!
と思える一冊です。

中学や高校に進学する前に是非読んでください!人生を変える切っ掛けとなる子が増えることを願います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8A%E6%98%87%E6%80%9D%E8%8... |

人生の行き詰りに当たって女性を助ける推奨本

今の仕事や生活に楽しさや幸せ感が薄れて来た女性の方に向けての本です。13人の登場の方はそれなりに独立されている方からのメッセージです。

お勤めの会社を辞め、起業家に、調理師に、漫画家に、バーテンダーにご自分の特性に「上昇志向」を強く持ち活躍されています。

自分の特性や資格を十分に磨き上げ、プロとして努力され転身を遂げ、夢を叶えた女性の方です。現状から一歩を踏み出そうと決意の前にぜひ参考になる本です。

現状、不安やたくさん悩みながら、多くの女性が人生を過ごしています。自分の人生は自分で切り開く決意を持ち、幸せを目指す「上昇志向」を胸に抱き努力しましょう。

彼女が 会社を辞めた理由

ここにご紹介の「彼女が会社を辞めた理由」は、自分の居場所や立ち位置に悩み、閉塞感の環境から抜け出すについて勇気を貰える本です。

合理化や人口頭脳化が進む多様化し複雑になる仕事の中でやりがいや生きがいなど気持ちに迷いが多い時にどのように立ち向かうか導いてくれます。

閉塞感が生じた場合、その環境から夢を叶えるためにどのようにして一方踏み出し、困難に立ち向かうか教えてくれます。

(単行本)1620円
本著に出てくる方々は、あえて逆に舵を切ることも辞さないような積極的な行動によって
新しい仕事への道を拓いていった方、そして決して悪い意味ではなく、自然な流れに沿っていく
ようなかたちで、新たな仕事に向かわれた方・・・様々である。

が、同じように彼女達が口を揃えて言う言葉は、
「一歩前に進んでみること」。
会社を辞める辞めないという大局のみでの行動ではなく、日頃の小さな局面から、これを自然に
心がけていることがしのばれる。

彼女達の語るエピソードの中のそういった前向きの姿勢に、いくども微笑み、元気をもらった。

成功したからそう言えるという考え方もあるが、悩んだり、辛かったり、思うような成果が出なかった
過去の時期について「あの経験が大事だった」と声を揃えて言っているのも非常に印象的だった。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%BD%BC%E5%A5%B3%E3%81%8C%E4%B... |

上昇志向が疲れるときの対処法

上昇志向が疲れるときの対処法としては多くの方法があります。一番の方法は上昇志向から離れてみることです。どんな上昇志向にも躓きがあり、うまくいかない時があるのは当たり前です。

課せられたテーマや顧客からのさまざまな要求は休む間もなくあり、一つや二つではありません。しかも時間制限が付いています。ですから、優先順位や解決策を立てねばなりません。一人で抱え込むのが最も疲れる原因です。

そのために組織があり、グループがあります。上昇志向は忘れ、周りに丸投げします。考え方だけを周りに伝え離れます。

そうすれば評価が下がるとか、降格になるとかということは、それはあなたの責任ではありません。

疲れたときの対処方法は自分でなくてはだめと思うのが間違いで、疲れた状態でうまくいきません。

上昇志向の人が周りのことを気にするのは

上昇志向の強い人の多くは、他人からどう見られているかを気にする傾向にあります。そのため、常に頑張っていなくてはならないと自分でストレスをためています。

また、周りから常に会社貢献度が高く、優れているとみてもらわないと気が済まない気持ちに固まっていることにあります。

人の評価は千差萬別にあると考えねばなりません。自分で自分を評価するのはお門違いで間違っています。

周囲や会社は、旨くいって当然との評価が普通です。むしろ、一人で何もかもすることは独断専行と見なされ少しのミスも批判の対象になります。すべて、周囲から協力を得るのが最も優れた方法です。

上昇志向では周りの事を気にしてはだめで、上昇志向の結果は実践の後から付いてきます。

出来ない仕事を断るとは

できない仕事を断る事は上昇志向を捨てることではなく努力が不足しているかです。できないことを無理にして失敗するのが上昇志向を阻害することです。

できないことを断るのは場合によっては勇気が要りますが、その理由を明確にし次に生かすことが大事で重要です。

顧客からではかなり厳しい評価になります。ですが、真の取引先であれば期待します。期待は倍にして返す努力をします。

うざい

上昇志向の強い人のうざいとは、上昇志向が強くない周囲の中に多かれ、少なかれ、うざい人はいます。

上昇志向の強い人のうざい人は、極端ですが、見るだけでうざいと思われる人もいます。本人は意外と気づかない方もいます。むしろ、本人は、周りの人に気づかいし、面倒見ている意識の方がいます。

上昇志向が強い人のうざい人は、基本的に自己中心パターンの人です。周囲によく見れば、うざい女、うざい親、うざい上司、先輩、うざい恋人、うざい同僚、うざい友達など、いろいろ思い当たります。

代表的なうざい例を挙げます。

・人の話をとって、自分の話にもっていく
・相手の話をやたらと要約したがる
・すぐに質問を挟んで話の腰を折る
・同じ話を何度もしてくる

・「あなたのためを思い」と言って説教をする
・もったいぶって話す
・ネガティブな発言(悪口、批判)が多すぎる
・ほめると「そんなことないですよ」と否定する

上昇志向が迷惑な人は

上昇志向の強い人が迷惑な場合があります。本人は、いい結果を出したい、出世したいと懸命です。このような方が近くにいると、どう付き合えばいいのか困ります。

上昇志向は決して悪くはなく、大半はいいことです。しかし、度を越して貪欲さを向きに出し、何が何でも出たがる方がいます。

このような方の努力は並大抵ではないと思われますが、なぜか、独善的になり、周りへの振りまきに鼻息が荒く、上から目線の言動が高くなります。ですから、周囲の取り巻きも適当にし、賛同している振りします。

結果が出ない場合、周囲に責任転嫁する、上昇志向の強い人の迷惑な形です。

上昇志向が強い人は趣味が必要とは

上昇志向の強い人ほど趣味を持つことで疲れが癒されます。趣味には千差万別あります。基本は自分に合ったもの、お好みのものから選び見ます。

趣味には多くの利点があり、趣味を持つことのメリットは大きく3点があげられます。

・仕事と私生活にメリハリがつきます。趣味に熱中すると別の世界が味わえます。
・大げさですが、人間として豊かになるのではないでしょうか。別の方々と利害が越えた交流があります。
・仕事とは別の能力が養われ、自分の見直しに繋がります。

趣味を持ち熱中することが脳の切り替えができ、仕事の発想の転換にもなります。

上昇志向が強い人の心理

上昇志向が強い人の心理は男女の限らず、「自分を成長させたい」一心です。強い上昇志向で立派な成功者になりたい強い心理の方です。

上昇志向の強い心理は非常に大切で貴重な事です。問題は上昇志向に目指している的が何にあるかです。

上昇志向の強さがある彼、彼女らが持っているモチベーションとなっている原動力が社会的貢献欲求や金銭欲や名誉欲など、多くの選択肢があります。

その「自分が成りたい」という目標とその方法や手段と行動が大事です。そのため、敢えて
難しい仕事に取り組んだり、困難なプロジェクトに立候補したり、世界で有数周の一人旅に出たりします。経験値を貯めて「自分がなりたい」レベルを上げ、目標を定めます。

上昇志向の強い人は、自分自身のレベル上げる強い心理を自分に刻むことが重要です。

強すぎる上昇志向

強すぎる上昇志向が人の傾向に男女共通している要素があります。人の3つの本能「食欲・性欲・物欲」が上昇志向の強さに比例し、大きいといわれています。

上昇志向の強い女性は、頭脳が優秀で理性的と見なされるのはそのとおりですが、意外と真逆に本能が強い方はいます。

常に心理的に自己啓発に励み、優れた探究心を持って未知なるものへの探求が旺盛です。それと同じく本能的な部分も高く、旺盛な食欲、性欲の方が多くいます。

「英雄色を好む」という言葉は男性に限ったことではありません。エリート意識が高い女性は意外と恋愛に苦手な方が多く、独身者が多い傾向にあります。

男性のようにおおぴらに発散する場所がないこと、エリート意識が高い女性ほど簡単に結婚に適した相手に不足し独身が多くいます。

上昇志向の強い人の心理は、男女を問わず秘めたる欲求は高いです。

上昇志向と向上心の違い

上昇志向と向上心の違いは、向上心が技術や能力などを現状より優れたものしようと努力する心のことを言います。

上昇志向は、社会的に地位や収入を上げようと目指すことを考え、権力を勝ち取ろうと活動もします。

両方とも、自分が目指すところに向い努力をする傾向が強いのですが、その内容も異なっています。

端的に言えば、上昇志向の強い人は偉くなる、金持ちになる場合によっては権力目指し、向上心の強い人はえらくならずとも、己の満足がいく能力を得たいと思う事にあり、両者にはかなり違いがあります。

上昇志向と安定志向の違い

上昇志向と安定志向の違いとは、男性と女性では根本的に違いがあります。

男性の上昇志向には、限りない探究的な要素があり女性の場合は、子どもを持つことに主力があり、そのための物心両面の安定志向が強くあります。

学歴社会の仕組みでは、大会社、公務員を目指し、就職できれば安定的過ごす保証がされます。高学歴取得の受験に小学生から塾通いで就職戦線に勝ち抜くためです。

そのような意味の上昇志向は本来の意味から外れているのですが、現実的には我が子には上昇志向を叱咤激励しています。

そのような上昇志向では志向に歪が生じ、わずかな挫折では社会のルールから外れます。安定志向の賛同や転職増加の傾向が最近は増えています。

この背景に高度に発展する電子社会があり、生活環境の合理化に反比例し人生の生きがいの見直しがあるためです。

今後の上昇志向と安定志向のありようが問われ、変化するのではないでしょうか。

これからの上昇志向のあり方とは

これからの上昇志向のあり方に、2つの形があります。カリスマ性型と変革型リーダーシップです。

一つ目のカリスマ的リーダーシップは、「どんな行動をとれば、カリスマ的なリーダーと認知されるのか」に要素が必要です。

その要素とは、組織に「ビジョンを示す」「リスクをとり、模範となる行動をとる」「現状を正しく分析し、評価する」「メンバーの感情に訴えかける」「並外れた努力をする」などが挙げられます。

二つ目の変革型リーダーシップ は、変化する環境に「企業が変革をするためにどんな要素やあり方が必要なのか」に迅速性ある統率力で的を外さないことが要です。

いずれの時代も企業は変革を求められ、全社的にビジョンを共有し、社員の能力を引き出すことが最重要課題です。

カリスマ性型も変革型も組織のリーダーシップには、上昇志向のへこたれぬ努力が重要で、世の中のしくみが如何に合理的になろうがその根源には、上昇志向が必要です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related