Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

気性が荒い人の特徴・遺伝するのか・タイプを診断するチェック項目

気性が荒い人の特徴・遺伝するのか・タイプを診断するチェック項目
身の回りに気性が荒い人がいるという人も多いでしょう。気性が荒い人は感情が高ぶりやすく、それを表に出してしまうこともあります。気性とは生まれついての性格であり、家系で遺伝することもあります。気性が荒いかどうか判断するチェック項目をまとめました。

初回公開日:2019年2月25日

更新日:2019年2月25日

記事に記載されている内容は2019年2月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


気性が荒い人の特徴

仕事や学校で、身の回りに気性が荒い人がいるという人は多いでしょう。気性が荒い人は、年齢や性別、立場を問わず存在します。では気性が荒い人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

気性が荒いとは、感情の高ぶりが激しく荒々しい様子を表すのに使われる言葉です。気性が荒い人はちょっとしたことで感情が高ぶり、場合によっては制御ができなくなってしまうこともあります。

気性が荒い人の特徴としては、冷静な判断ができなくなることが挙げられます。考えてから行動したり発言することができなくなるため、間違った判断をしてしまうこともあります。

男性

男性で気性が荒い人は、行動や言葉に出やすい傾向にあります。大声で怒鳴ってしまったり、イライラを発散するために周囲に手を上げてしまうこともあります。熱しやすく冷めやすいのもポイントです。

気性が荒い男性同士が言い争いをしてしまうと、収拾がつかないことになってしまうことが多いです。気性が荒い人は感情が高ぶってしまうと立場などを気にせず振る舞ってしまうことも少なくありません。

気性が荒い男性は、言葉を発さずとも普段の佇まいで気性が荒いことがわかってしまうこともあります。舌打ちを打っていたり貧乏ゆすりをしている人は、気性が荒い人だと認識されることもあるでしょう。

女性

気性が荒い女性は、その行動の多くが自分を正当化させるためであると言えます。自分の正しい意見が通らなかったり、努力が報われずうまくいかなかったりすると、感情が高まり周囲に当たってしまうこともあります。

気性が荒い女性は、年下や立場が下の人に対して強く当たってしまう傾向にあります。自分の考えや意見をしっかりと持っている人が多いので、その考えを相手に伝えようと感情が高ぶってしまいます。

また女性は周りの環境や時期によって気性が荒くなってしまうこともあります。気性が荒い女性が周りにいるという人は、広い心で見守ってあげることをおすすめします。

年齢

気性は生まれ持ってのものであることが多いですが、年齢とともに変化することもあります。まず幼少期は「イヤイヤ期」とも呼ばれ自我が発達していくころなので、気性が荒くなってしまうことが多いです。

人の性格は幼少期の周りの環境によって左右されることがあります。幼少期に形成された気性の荒い性格は、大人になったとしても簡単には変わることはないと考えていいでしょう。

またいわゆる「更年期」と呼ばれる年齢の時には、感情のバランスがうまく取れなくなり気性が荒くなってしまうこともあります。あまり深刻に考えずに、心が落ち着くのを待つことをおすすめします。

職業

気性が荒い職業というものは存在しませんが、気性が荒そうというイメージを持たれている職業があります。例えば板前さんや大工さんなど活気がある職業の人は、気性が荒そうというイメージを持たれやすいです。

気性が荒いということは元気が良いということにも繋がり、接客業などで求められることもあります。「頑固店主」などの言葉があるように、気性が荒いことがセールスポイントになっていることもあります。

逆に医者やカウンセラーなど他人の痛みに寄り添う職業の人は、気性が荒くては務まりません。自分の感情よりも相手の感情を優先することができる優しさが必要不可欠です。

気性と性格・気質の違い

そもそも気性という言葉をうまく説明できるという人は少ないでしょう。「気性が荒い」「怒りっぽい性格」「感情が高ぶりやすい気質」の3つの言葉には、微妙なニュアンスの違いが存在します。

気性とは、本来は生まれついての性分を意味する言葉です。現在では性格などと同じような意味で使われることも多くなっています。家系などと深い関わりがある言葉として使われることもあります。

「気性が荒い」という言葉は、人はもちろん動物に使われることも多い言葉です。特に肉食の動物や獰猛な動物などは気性が荒いと紹介されることが多いです。

性格

性格とは、その人の考え方や感じ方の傾向を示す言葉です。先天的な影響と後天的な影響を受けて形成されるため、気性という言葉に比べて変わりやすいというニュアンスを含んだ言葉です。

例えば「怒りっぽい性格」であっても、それが両親や祖父母からの遺伝である場合もありますし、幼少期の周りの環境による場合もあります。また大人になってからも環境により性格が変わることもあります。

性格は気性よりは軟らかいニュアンスで使われることが多いです。性格診断や性格占いなど多くのコンテンツが存在し、世の中での関心も高いことがわかります。

気質

まず「気質」という言葉はなんと読むかわかるでしょうか。そのまま「きしつ」と読んでも間違いではありません。しかし「気質」は「かたぎ」という読み方をすることもあります。

「かたぎ」という言葉は「職人気質」というように使われることが多いです。性格の中でも、その立場や職業に特有なものを「気質」と言います。また「かたぎ」とはまともな職業に就いている人のことを指すこともあります。

気性は遺伝するのか

気性は生まれついての性分を意味する言葉なので、遺伝する可能性は十分にあると言っていいでしょう。激しい気性の父親と穏やかな気性の母親の間に生まれた子供は、どちらの気性にもなる可能性があります。

「先祖代々せっかちな家系」など、気性が遺伝することを表した言葉も存在します。性格はある程度気持ちで押さえ込むことができますが、ふとした瞬間に遺伝した気性が顔を出すこともあるでしょう。

恋人や結婚相手を探すときに、性格の一致を条件にする人も多いでしょう。子孫を残すために、本能的に自分にあった気性の人を探していると言えます。

気性のタイプを診断するチェック項目

気性のタイプを診断するチェック項目を作成しました。当てはまる項目が多いほど気性が荒く、少ないほど気性が穏やかと言っていいでしょう。

曲がった事が大嫌いだ。
周りの意見より自分の意見を優先させる。
リーダータイプだ。
好きなタイプ嫌いなタイプがはっきりしている。
考え方をしっかりと持っている方だ。
物事がうまくいかないとイライラすることが多い。
どちらかと言えばせっかちなほうだ。
負けず嫌いである。
グループ内で発言することが多い。
ストレスが溜まりやすい。

気性が荒い人の特徴と心理

気性が荒い人は何の理由もなく感情が高ぶったりするわけではありません。感情が高ぶるには理由があり、気性が荒い人の心理が関係しています。

気性が荒い人と気性が穏やかな人では心理が異なるため、同じことについて意見を述べていても噛み合わないことが多いでしょう。気性が荒い人の心理をデメリットとメリットにわけて考えてみましょう。

デメリット

気性が荒い人はデメリットが多いと考えられることが多いです。気性が荒い人は思考より本能で物事を判断してしまいがちなので、冷静な判断ができない可能性があります。

また気性が荒い人が感情が高ぶると、それが周りに影響を及ぼし雰囲気を悪くしてしまうこともあります。

メリット

気性が荒いことはデメリットだけではありません。気性が荒い人は感情表現が豊かなので、周りから見て感情を把握しやすいというメリットがあります。

いつも気性が荒い人が笑顔でいるときは、よほど機嫌がいいということを読み取ることができます。

荒い気性を抑える方法

荒い気性を抑える方法はいろいろなものがあります。精神的に落ちるかせる方法もありますが、簡単なのは何かを摂取する方法です。

イライラしたときに甘いものやコーヒーを摂取することで、気性を抑えることができる可能性があります。

気性が荒い人と上手に付き合おう!

「気性が荒い人」と聞くと、つい「付き合いにくい」と考えてしまう人も多いでしょう。しかし、気性が荒い人にも理由があり、デメリットだけでなくメリットも存在します。

気性が荒い人の特徴を理解して、上手に付き合っていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related