Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

嫌気がさす人・仕事の特徴と付き合い方|夫/彼氏/彼女/会社

嫌気がさす人・仕事の特徴と付き合い方|夫/彼氏/彼女/会社
嫌気がさす人・仕事の特徴と付き合い方についてご紹介していきますので、ぜひともご参考にしてください。人間関係は一緒にいればいるほど嫌な面がみえてきて、ついに嫌気がさすこともあります。嫌気をさされることのないように、自分自身で注意することも必要です。

初回公開日:2019年1月15日

更新日:2019年1月15日

記事に記載されている内容は2019年1月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


嫌気がさす仕事の特徴

嫌気がさす人や仕事の特徴と付き合い方についてご紹介していきますので、ぜひともご参考にしてください。嫌気がさすとは「いやな気持になること」を意味します。

嫌気がさすシチュエーションは仕事をするなかでも多く、テンションが下がってしまうことも多々あります。では、嫌気がさす仕事についてご紹介していきます。共感をえられるポイントも多いのではないでしょうか。

会社

会社で仕事をするなかで嫌気がさすこともあります。それは仕事の内容だけでなく人間関係にも多く見受けられます。例えば上司や部下や同僚など、仕事のやり方が合わないことや、何度いっても同じミスをする人などに対して、どうしても嫌気がさしてしまうことがあります。

人間関係だけでなく、会社のベネフィットの悪さや方針に嫌気がさすこともあります。

給料があがらない

仕事をする上でとても重要なポイントはお給料です。お給料をもらうために仕事をしているといっても過言ではないでしょう。一生懸命、努力をして仕事の成果を出すことで、お給料があがるとやる気もみなぎるものですが、お給料がアップしなければやる気を損なわれ、嫌気がさすこともあります。

仕事のやりがいを失うことは嫌気がさすことおニアリーイコールになるケースがとても多いです。

おもしろみがない

仕事は一生の時間の大半を占めるため、楽しみやおもしろみを感じながらできることが望ましいです。おもしろみを感じだすまでには下積みも必要なため、始めは感じなくとも段々と楽しくなってきたと感じるまではときには忍耐もいります。

しかし、一向におもしろみを感じらることがない場合、自分の人生は何なのかと自分自身にも仕事にも嫌気がさすことがあります。この場合、転職することも1つの解決策です。

男女別嫌気がさす人の特徴

男女ともに嫌気がさすことがありますが、男女では嫌気がさす瞬間は異なる部分が多々あります。男女別で嫌気がさすポイントをご紹介していきますので、ぜひともご参考にしてください。

男女では嫌気がさすことが多くなると別れてしまうこともあります。そうならないためにも嫌気がさすポイントをおさえておくことで、嫌気をさされることを回避できる可能性もあります。

嫌気がさす男性

男性は悪いとおもっていない行動であっても、女性にとっては男性に嫌気をさす瞬間があります。自分ではなかなか気が付かないことも多く、なんで相手の機嫌が悪いのかわからないケースもあります。

そんな部分も男女のおもしろいところでもありますが、やはり相手の心理や本音を知りたいと望むことも多いでしょう。女性が嫌気がさすことは些細なことから始まります。

ナルシスト

ナルシストは女性に好まれないことが多く、嫌気がさすポイントの1つです。過度なナルシストはそもそも相手にされないことが多く、親しい仲に発展することが少ないです。たまに、過度なナルシストはネタと感じられ受け入れられるケースもあります。

1番危ないナルシストは微妙なナルシストです。はなにつく感じに耐えられずに嫌気がさす女性が続出しています。

空気が読めない

空気が読めない男性は嫌気がさすという女性はとても多いです。空気が読める男性は立ち振る舞いもかっこよく、気が利くところに魅力を感じる女性が多いのですが、空気が読めないとなると女性からの評価は一気に下がりやすいです。

空気が読めないシーンが続くと嫌気がさすことが多くなり、最終的には女性が離れていってしまうこともしばしばあります。

時間にルーズ

デートに遅刻したりと時間にルーズなところも、女性が男性に嫌気がさすポイントの1つです。待っている側と待たされている側の時間の感覚は大きく異なることが多く、待たされている側にすると5分でもとても長く感じることが多いです。

例えば電話の取次でホールドした際、受話器の向こう側とこちら側では感じ方が異なります。待たしている側は少しの時間とおもっていても、待たされている側はとても長く感じることがあります。

俺様すぎる

亭主関白な男性に嫌気がさす女性が増えています。古き良き時代に日本は女性は男性よりも数歩下がるスタイルが一般的でしたが、現代では女性の社会進出や男女平等社会から、亭主関白という感覚は俺様男性という意識にかわりつつあります。

自分のお父さんがお母さんにしていた言動を女性にしているだけで、女性に嫌気がさされたということになりかねません。

ケチ

女性は男性のケチな一面をみると減滅したり嫌気がさすことが多いです。初めてデートに誘った女性との食事ぐらいはご馳走してほしいと望む女性が多く、常に割り勘だとケチと判断され嫌気がさすこともあります。高級レストランでなくても、女性は女性扱いの一環として最初ぐらいは支払ってもらいたいと感じがちです。

また、金額のことを表に出しすぎることも嫌な気持ちになることがあります。

嫌気がさす女性

男性の目線からして嫌気がさす女性についてご紹介していきますので、ぜひともご参考にしてください。

女性同士では日常会話であっても、男性からすると嫌気がさすコミュニケーションも多くあります。おしゃべりが大好きな女性はそうならないように気を付けましょう。悪気がないことでも男性にとっては嫌気がさす瞬間であることがあります。

自慢話が多い

本当にあったでき事を話しているだけであっても、男性にとっては自慢話と感じることもあり、知らぬ間に嫌気がさすポイントになってしまうことがあります。

自分にとっては嬉しいことや楽しかったことを話しているだけのつもりでも、相手にとってはおもしろくないと感じることもあるでしょう。相手の雰囲気や反応をみることで、嫌気がさす瞬間を察知することも可能です。

ネガティブ思考

ネガティブ思考な女性に対して、男性は嫌気がさすことが多く、一緒に居たいと考えられなくなります。。一緒に食事にでかけた際に、ここよりも別のレストランの方がおいしいとかいう発言をすると男性のテンションは一気に下がってしまいがちです。

ネガティブ思考な方は雰囲気にもでてしまうことが多く、楽しい雰囲気が損なってしまわれます。私なんてという考え方は謙遜ではなくネガティブ思考と捉えられます。

被害者ぶる

被害者ぶる女性も男性に嫌気がさされることが多めです。すべてのできごとに対して、自分は被害者・相手は加害者という発想自体が稚拙と感じられるからです。被害者ぶると同じくシンデレラガールや悲劇のヒロインなどもしんどいと思われがちです。

男性は辛いことがあっても前向きに頑張っている女性は支えてあげたい、守ってあげたいというおもいが強くなる傾向があります。被害者ぶっているだけでは何も解決がなく、最終的には嫌気がさすことになるでしょう。

気分屋さん

気分屋さんな女性は角度をかえるとわがままにもなりかねません。男性は気分屋さんの女性は扱いづらく感じ、嫌気がさす傾向が強いです。

気分屋さんな女性は、すぐに志向が変わったりついていけない男性が多発しています。始めは破天荒に見えて興味をひかれたとしても長期間となるとしんどくなってしまう可能性が高いです。

悪口が多い

友達の悪口を言いすぎる女性は感じが悪く嫌気をさされる可能性が高いです。たまに愚痴をこぼすぐらいであれば誰でも経験はあるとおもいますが、悪口が日常会話レベルに達すると自分のことも陰で言われているだうと感じさせてしまいます。

些細なことであっても悪口になりかねませんので他人のことを指摘しすぎることは十分に注意しましょう。

不満が多い

一緒にいても不満が多い女性は嫌気がさすという男性が多いです。男性からの提案にこれはいや、あれもいやなどと嫌々ばかりの女性は疲れます。

また、仕事の不満ばかりなど聞かされる男性の身にもなってみましょう。仕事に不満を抱く方は男女問わず多いですが、仕事のことは仕事場で解決することがベストです。仕事の相談をするのは悪いことではありませんが、不満ばかり続くと聞いてい側も最終的には嫌気をさしてしまいます。

嫌気がさす人との付き合い方

嫌気がさす人が周にいても上手に付き合っていかなければならないシチュエーションもあります。特に身近な人の場合、嫌気がさしたからといって簡単に離れることはできません。

嫌気がさしたときの対処法や付き合い方についてご紹介していきますので、ぜひともご参考にしてください。色んな人とうまく付き合っていくことは一種の才能でもあります。見方をかえることで気がおさまることもあります。

夫婦生活が始まるとどうしても嫌な一面を見てしまうこともあります。もともと他人である男女が一緒に住むとなると違った文化や習慣を発見することも十分に考えられます。

夫の場合、簡単に別れるわけにもいきませんので、嫌気がさすポイントを指摘することも上手に付き合う方法の1つです。夫は妻が嫌気をさしていることに全く気が付いていないだけで言えば改善される可能性も高いです。

彼氏

彼氏に嫌気がさした場合、嫌な部分もあって当然と受け入れようとすることも大切です。全て自分の理想に当てはめることの方が難しく、彼氏の長所をたくさん見つけることで嫌気がさした部分もトータル的に目をつぶれれることがあります。

自分自身のキャパシティーを広げることで嫌気がさすことに関して改善できることもあります。生理的に受け付けられない部分の場合、別れることも一種の手段です。

彼女

嫌気がさすことが彼女にあったとしても、出会ったときのラブラブなことを思い出し前向きに付き合うことも必要です。付き合うということは嫌なところも出てくることがあって当然です。

嫌気がさしたときには彼女と距離を取り、自分自身リセットしてまた彼女に接することも1つの手段です。一緒にいても話さないことがあっても不自然なことではありません。

恋人に嫌気がさすとき

世間ではどのようなことで恋人い嫌気がさすことがあるでしょうか。一般的に恋人に嫌気がさしたというあるある話をご紹介していきますので、ぜひともご参考にしてください。

共感できるシーンもあり、自分だけが感じていたことではないことも多いでしょう。恋人だからといって全て受け入れられることはなくて当然です。違った環境で育ったり、年齢や出身地など異なることでおもいもしない一面をみられることもあります。

趣味が多い

趣味が多い恋人を持つと、趣味ばかりを優先されてなかなか構ってもらえないこともあります。自分よりも趣味が大事なのかと嫌気を指してしまうことがあります。

趣味があることはとても素晴らしいことですが、うまく趣味と両立することも大切です。一緒にできる趣味であればチャレンジしてみることもおすすめです。始めは興味を持てないことでもやってみることで楽しさをえられることもあります。

ファストフードばかり

とても些細なことに感じる向きもありますが、毎回デートでの食事がファストフードばかりということは嫌気がさすことがあります。

ファストフードはおいしいですが、デートに最適な場所とはいいがたく、たまには少しおしゃれをしてレストランで雰囲気を楽しみながらいつもと違うお料理を楽しむことも必要です。

記念日を毎回忘れる

男性でも記念日を大切にする方はいますが、記念日を毎回忘れられることは相手にとっては悲しいことです。始めは悲しい感情が大きくとも毎回ともなると嫌気がさしてしまうこともあります。記念日を忘れないようにスケジュールに前もって追加しておきましょう。

謝らない・お礼を言わない

恋人といえども「親しき仲にも礼儀あり」の言葉が示すように、お礼を言うことは基本中の基本です。また、謝らないということもよくない行動の1つです。誰でも失敗や間違いをおこすことはありますが、そのあとの対応でその後の関係性が大きく左右されます。

ミスをしたらごめんなさいということは当たり前のことであり、していただいたことに関して感謝の気持ちをあらわすことは大切です。それがないとなると嫌気をさされてしまいます。

元恋人と比較される

今の恋人に前の恋人の話をだすことは基本的にタブーです。前の恋人と比較されてよい気分になる方は珍しく、嫌気をさされる可能性は非常に高いです。

前の彼女は料理がうまかったなどと前の彼女の方が勝る言い方はなおさら相手を傷つけてしまう可能性があります。前の彼女よりも料理が上手だと今の恋人を持ち上げる言い方をしたとしても比較されることに嫌なおもいをすることもありますので、比較しないことがベストです。

嫌気がさすのは一時の感情ということもある

嫌気がさす人・仕事の特徴と付き合い方についてご紹介はいかがでしたか。嫌気をさす瞬間は恋人でも配偶者でも会社でもたくさんありますが、一時の感情であることもあります。嫌気をさしたからといって、すぐに仕事を辞めたり、恋人と別れたりと早まった行動を取らずに冷静に考えることも大切です。

嫌気をさすシチュエーションはありますが、前向きに考えれば悪い見本と捉えて自分は同じことをしないようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related