Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

人を見下す人の特徴と心理・付き合い方|派遣/ニート/ママ友

人を見下す人の特徴と心理・付き合い方|派遣/ニート/ママ友
見下す人とはどういう人の事をいうのでしょうか。見下す人の特徴や心理などを紹介します。意外と身近にいる見下す人たちとの付き合い方についても紹介します。対応に困るなどがあるときに参考にしてみてください。嫌な気分にならず上手く付き合うコツをご説明していきます。

初回公開日:2019年3月11日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年3月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


人を見下す人の特徴

見下す人の特徴はどんな人のことをいうのでしょうか。本記事では、見下す人の特徴や心理などを紹介します。

見下す人の心理を理解し上手く付き合っていくための参考にしてください。

見下す人の目つき

他人の事を見下す人の目つきは鋭くツンツンした表情で、パッと見たときに性格がキツイだろうという印象を相手に与えるタイプの人が多いです。

目つきの悪さに男女の差はなく、見下す人の目つきは相手に威圧感を与えてしまいます。

ニコニコ穏やかな雰囲気の人には見下す考えを持った人は少ないといわれています。人生が充実している人は表情も穏やかになります。

人にいい印象を与えるためも、目つきには細心の注意を払うことを心がけましょう。

見下す人の態度

他人を見下す人の態度は、「自分の方が上にいる」と強く信じているので上から目線で話をしてきたり傲慢な態度をとったりします。

根拠もなく見下してくるという態度の特徴があります。態度を大きくみせ、自分の方が賢いと見せつける人も見下す人に多いです。大きな態度で人を見下し、できる限り自分を大きくみせようとして、自分の強さを周りにみせます。

自分が正しいと思う人は、他の人を見下す傾向があります。

人を見下す人の心理

見下す人の心理はどうなっているのでしょうか。高校や大学受験など激しい競争を勝ち抜いてきた人ほど、自分より劣っている人を見下す傾向があります。他人を見下すことで自分は優れていると優越感を得ようとします。見下された経験がある人も他人を見下す傾向があります。

見下す人は自分と同じレベルじゃない人には冷たく、人間関係もうわべだけの関係になりがちです。

自分は人とは違う

見下す人は自分は特別な存在で他の人とは違うのだと思い込んでいます。自分が大好きで、周りが自分より劣っていると感じています。勉強や運動なども努力せずにできてしまうひとは見下す傾向があります。自分は他の人と違うんだから他の人と同格に思われることを嫌がります。

小さい頃から叱られる経験が少ない人は、人を見下しやすいです。

自分=正解

見下す傾向がある人は自分の言っていることが正解だと思い込んでいる人です。自分の考えを押し付けることがあります。

自分は特別な人だと信じているので他人から見下されることはあってはならない事だと考えています。周りにも自分の方が上であることを示しておきたいので他人を見下します。

自分の考えを受け入れてくれない相手に対して見下したりバカにする行動をよくとります。

コンプレックスが強い

人を見下す人はコンプレックスが強く非常に敏感な人が多いです。コンプレックスが強い人は相手に対して、見下す行動をします。価値観は人それぞれですが、自分の基準を軸に人を選別してしまう傾向があります。

自分の弱みを見せない

見下す傾向が高い人はプライドが高いので、自分の弱みをみせません。逆に、他人の弱みを探すことに執着します。

他人に見下されたくないと考えていますので、他人に対して壁を作り心を開かないです。自分の弱みを見せないので、なかなか人と打ち解けることもできないです。

自分に自信がない

人を見下す人に多いのが自分に自信のない人です。常に誰かと自分を比較しているので自分に自信がない人ほど見下す傾向があります。そういう人は誰よりも自信がないけど他人よりも上になっていたいと常に考えています。自分に自信のある人は他人と比較しようなど考えていません。

誰よりも上にたっていたいというプライドが人を見下す行動をしてしまいます。

見下す人は嫉妬深い

幼いころから他人と比べられることが多く、褒められた経験が少ない人の中で周りを見下す人は、周りに嫉妬しています。

羨ましい気持ちが相手に対する嫌悪感に変わり、気に入らない相手をみつけては自分の方が上位置にいると思い見下します。羨ましいが嫉妬に変わり人を見下すことで自分を優位に立たせて満足します。

嫉妬しやすいのはコンプレックスの強さからきています。

プライドが高く心が弱い

人を見下す人は人一倍プライドが高いのに心がとても弱く、なんでもないような些細なことで、プライドを粉々にされてしまいます。このような人は、自分のプライドを補修するために人を見下します。相手に八つ当たりをすることで自分を保とうとします。

人を見下す人は自分が勝てそうな相手にしか見下すことをしません。自分より下の人を見つけて安心したいからです。

常に認められたい

人を見下す人は常に認められたい、愛されたいと願っています。周りが察して自分を褒めて持ち上げてくれるのを待っているので、自分から褒めて欲しいとはプライドが高く言えないからです。褒められる人になれればいいのですが素直じゃないので難しいと感じます。

だからこそ人を見下す人は、自分よりも目立つ人が嫌いです。目立つ人のせいで自分がないがしろにされていると考えています。

優越感を得てストレス発散

人を見下す人の特徴のひとつがストレスを溜め込むタイプの人です。考え方がネガティブなためストレスが溜まると人を見下すことで発散します。人を見下すことで自分がダメな存在ではないと優越感を得ることができます。ストレスの上手な発散方法がわからず、他人を見下すことで発散しようとします。

自分の存在を人を見下すことで相手より自分が上なんだと偉そうにして優越感をみたします。

勝ち負けで考える

人を見下す人は勝ち負けでしか物事を判断できません。相手に勝ったか負けたかという意識で行動しています。友達に対しても同様であの子には勝っているこの子には負けていると考えています。極端な考え方しかできないので少し厄介です。自分より劣っている人を好みます。

自分が生活しやすいように自分より劣っている人と付き合う人もいます。常に見下せる相手をそばにおく傾向もあります。

自分も見下されると思い込んでいる

人を見下す人は自分が見下すことをしているので、自分も誰かに見下されていると思い込んでいます。実際に見下された経験がある人に多い特徴です。見下された時の思いが見下す人にこれ以上見下されないようにしないとと思っており、常に不安感を感じています。

負けることが一番嫌いなので負ける前に相手を見下して自分が有利に立ち自分の方が上だと示します。

精神的に不安定

人を見下す人は、精神的に不安定な人が多いです。なぜ精神的に不安定な人は人を見下す傾向にあるのでしょうか。なぜなら常にイライラや不安感などのストレスを抱えているため、精神的に安定している幸せそうに見える人を見ると攻撃してしまいます。

精神的に不安定だと余計に周りが気になりイライラしてしまい他人を見下してしまいます。

人を見下す人との付き合い方

見下す人との付き合い方は難しいです。でも付き合わなければならない人が多いです。上手く付き合うコツは人を見下すことで自分の立場を確保しようとしていると見方をかえます。人を見下す人は他人の噂話や陰口が大好きな人が多いです。見下す人を常に探しているので気を付けましょう。

見下す人には同調しないことです。自分の意志をしっかり持っている人には見下すことをしません。

話半分にきく

他人を見下す人の話はとにかく真剣に聞かないことです。真剣に話を聞いても、人を見下す人の話は自慢話か他人を見下している話ばかりです。真剣に聞く話ではないので、話半分に聞いて聞き流してしまうぐらいの態度で聞いておきましょう。真面目に相手にしないのが一番です。

真剣に話を聞いて、一緒になって陰口を言っていたと思われたら困るので、同調しないように気をつけましょう。

見下す人には近づかない

人を見下す人にはできるだけ近づかないことが一番です。他人をバカにする人との接点をできるだけなくすことです。見下す人は同調を求めたり一緒になってバカにする人を好みます。自分の意志をしっかり持っている人を嫌うので、自己主張ができる人になるように心がけましょう。

自分から話かけずに話かけられたら少し話す程度の関係にするのがいいです。

些細なことで難癖をつける

些細なことで難癖をつける人には見下す人が多いです。仕事もできるのに難癖をつけてくる場合は相手をライバル視しています。見下す人は相手から追い抜かれることを恐れています。この人には追い抜かれそうで焦っているのだと思いましょう。

そんな人に見下されたら遠慮なく追い抜いて周りから認められる人になりましょう。周りから認められてる人には見下すことをしません。

反論しない

人を見下す人の意見に反論するとトラブルになるので反論するのはやめましょう。人を見下す人はプライドが高く自分が正しいと考えているので、反論すると大事になります。否定されることがプライドを傷つけられてと思い目の敵にされてしまいます。揉めると厄介なので気を付けたいです。

人を見下す人とは関わらないのが一番ですが関わってしまった場合はなるべく反論は避けた方がいいです。

かまってほしい

人を見下す人は、他人を批判して誰かと共感することを楽しんでいます。かまってほしいからという理由で人を見下す人もいます。かまって欲しいと素直に言えないのが人を見下す人です。バカにされても相手にしないことが一番です。

相手にしてしまうとかまっているのと同じになってしまうのでできるだけ相手にしないように心がけましょう。あまりにもしつこい場合は無視してしまいましょう。

見下す人には大人な対応を心がける

相手は人を見下すことで自分の欲求を満たしたいなどと考えているのですからあくまでも大人な対応をしましょう。相手はまだ未熟な子供だと思い冷静に対処しましょう。子供だと思えれば少しは可愛く見えてくるかも。不器用な人だなと思うのもいいでしょう。有意義に生活している人には見下す人はいません。

見下してきても大人な対応を心がけましょう。これが一番大事です。

ママ友

子どもも関わってくるため、ママ友の付き合いはできるだけ円満にしておきたいです。何かとライバル視してくるママ友もいるでしょう。自分が一番上にたっていたいタイプの人は、他人を小ばかにする態度をしたり何かと見下してきます。子供同士が仲がいい場合は深入りはしない事です。

自分自身の行動や子育てにも注意が必要です。見下すママ友とは深入りせず、適度な付き合いにしましょう。

見下す人をうまく扱う

人を見下す人はどこにでもいます。ストレスを溜めてはけ口として人を見下す人や、人を見下すことが快感になっていつまでもやめられない人もいます。自信がありすぎて他人と比較してしまう人など理由はまざまです。そうした見下す人たちと関わる時はどうしたらいいでしょうか。

見下されることにムカついても相手にしないことで相手も張り合いがなく見下すことをしなくなるでしょう。

対象別人を見下す人の心理

人を見下す人の心理は自分は周りとは違う人間だと思い込んでいる人が多いです。周囲の目を気にしてコンプレックス強いのも傾向のひとつで心の弱さを見下すことでプライドを保とうとします。人を見下すことでストレス発散をします。派遣社員やニートは自分より劣っていると思う人は多くて見下す人はたくさんいます。

派遣やニートに対する見下す人の心理はどうでしょうか。

派遣

正社員が派遣社員に対して見下す態度をとってしまう一番の原因は身分が違うと考えているためです。認識として派遣社員は外部の人と考える人も多く派遣社員に対して見下す態度をとる人がいます。仕事内容に対して差がなくても派遣社員だからと見下す人もいます。

見下す人を対処するには仕事を人一倍こなして正社員を見返してやるかどうしても我慢できない場合は派遣会社に相談しましょう。

ニート

ニートに対して見下す人は、満たされない生活を送っている人が多いです。日常に不満を持ちながら生きている人です。周りと自分を比べ負けたと感じている人などがいます。周りの人に嫉妬ている人もニートに対して見下す傾向があります。

充実した生活を送っている人は、ニートに関わっている暇もないのか、ニートがどうこうの概念がないのです。充実した生き方をしたいです。

見下されても自分が上にいると思えば大丈夫

見下されて気分が悪くなる人はこう考えてみてください。近くにいて邪魔だと感じてしまうくらい自分も頑張っているから言われるのかな。実は相手の方が下にいて、攻撃したいだけなんだろうなと思うと気持ちも楽になります。考え方を変えるだけで見方も変わります。

自分の方が上にいると思えば大丈夫です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related