Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

現実主義者の特徴・考え方・診断するチェック項目|恋愛/男女別

現実主義者の特徴・考え方・診断するチェック項目|恋愛/男女別
現実主義者とは、一体どのような人のことを指すのでしょうか。現実主義者の考え方や特徴、また自分が現実主義者なのかどうなのかを診断するチェック項目など、まとめてご紹介します。自分の考え方は現実主義者に近いのかどうなのか確かめてみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2019年2月25日

更新日:2019年2月25日

記事に記載されている内容は2019年2月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


現実主義者とは

近年、現実主義者という言葉をよく耳にすることでしょう。理想だけでは生きていけないと言われているためか、現実主義者が多くなっています。

現実主義者とは、現実を最重要とし理想や想像を追うことなく、現実的に可能かどうかで判断する人を指します。英語で言えば「リアリスト」です。

学校の先生や親から「そんな夢みたいなことを言ってないで、現実を見なさい」というセリフを子供の頃耳にした人も少なからずいるでしょう。夢や理想を追いかけすぎて、現実を直視できていないからこそ、受ける注意の言葉です。

また感情論で何かを言われても、そこに合理性が見出されない限り、納得しない人も現実主義者といえるでしょう。

現実主義者と理想主義者の違いとは

現実主義者とは、先ほどご紹介したとおり現実を最重要とし、行動をする人のことを言います。反対に理想主義者とは、夢や理想を追い求める人のことを言います。

もっと詳しく言えば、現実主義者は何か起こったとき、感情や主観では動きませんが、理想主義者は何か起こったときに感情や主観で動きます。どこで判断するかが真逆の存在です。そのため、2者が対立することも多いです。お互いに向けるベクトルが違うというだけです。

決して現実主義者が良い、悪いという話ではありません。現実主義者だと冷たいと感じられることもありますし、理想主義者だと能天気と勘違いされることも多いです。

現実主義者か診断できるチェック項目

現実主義者とは、一体どんな人なのでしょうか。現実主義者と言われても、ぼやっとしていて解りにくいでしょう。

今回は現実主義者か診断できるチェック項目を5つ用意しました。貴方が普段行っている行動が5つのうち3つ当てはまるのであれば、理想主義者ではなく現実主義者の可能性が高いでしょう。

1.感情に流されない

現実主義者の人で多いのは、感情に流されないというのは、何かが起こっても感情で左右されないことです。簡単に言えば冷静ということです。

たとえば、目の前で事故が起こったとしても、何が最善なのかを瞬時に判断します。そのため、仕事ではとても有能と思われることも多いです。

全く感情がないわけではありませんが、ただ自分自身を客観的に見る目を持ち合わせているため、どのように動けばいいのか悪いのかを理解する能力に長けています。

2.計画的

現実主義者の人に多いのは計画的な人です。物事には順序があり、流れていくことを把握して動く人のこといいます。

たとえば旅行を友達複数人で行くときに、必ずすべての時間をきっちり決める人は現実主義者の可能性が高いです。集合時間、次の目的地到着の時間などをこまめに表などに仕上げる人は、計画的といえるでしょう。

またこの計画を壊す人がいると、悪意を向けます。自分が練った計画を邪魔する人は絶対許せないとなってしまいます。逆に放浪などが好きな人は理想主義者に多いです。

3.事実と結果が全て

現実主義者の人で多いのが、事実と結果が全てだと考えている人です。現実で起きたことから最終行きついた場所までの道のりではなく、起きたことと最終の場所が全てだという考え方です。

たとえば、なぜ物を壊したのかという話の中で誰が最初にきっかけをつくったのか、そして最後どうなったのかを重要視します。そのため、その間にあった事柄は基本的に興味がありません。

理想主義者の人は、逆に事実と結果ではなく、その結果が導き出されるまでの間何があったのかを重要視します。どこで感情を揺さぶられるかというのは、理由です。結果はあとからついてくるものと考えています。

4.危険性のあるものに手を出さない

現実主義者の人は、基本的に危険を負うようなことはしません。危険があるもの=不確定なものと判断するので、手を出すことはしません。

たとえば、チャレンジ精神のある人でも2パターンあります。チャレンジする前に下準備をしっかりと行い、最終結果を計算して導き出した後にチャレンジする人と、チャレンジする前に下準備などは行わず、ぶっつけ本番の人です。この前者が現実主義者です。

結果の見えない不確定なものには手を出さず、失敗をしないという道を進もうとします。冷静でなおかつ判断力が長けているため、危険を冒すようなことはしません。

5.無駄なことが嫌い

無駄なことを嫌う人は現実主義者の可能性が高いでしょう。無駄なことが嫌いというのは、無駄な部分に重要性を感じられないために嫌います。

現実主義者の人は、危険を冒すようなことはしませんし、最短ルートで結果を欲します。そのため、無駄な時間やお金が嫌いです。

【男女別】現実主義者の特徴とは

現実主義者の特徴は男女では異なるのでしょうか。現実主義者といえば、現実を最重要視し、事実と結果を一番大切にする人です。

女性は特に感情的に物事を考える傾向があり、また男性は理論的に物事を考える傾向にあります。では男女での現実主義者としての差は一体どのようなものでしょうか。男女別での現実主義者の特徴をまとめてご紹介しましょう。

決断力

現実主義者の特徴のひとつで、何といっても決断力はかかせません。現実主義者は冷静に判断することができます。特に現実主義者の特徴としては、男性に多いです。

たとえば彼女がランチを食べに行こうと言ってきた場合「何にしようか」と話を広げますが、彼女が「何でもいい」や「OOとOOも食べたいけどXXも食べたい」など優柔不断な言動をされると、現実主義者の男性の場合「じゃぁ△△にしよう」とスパッと決めてしまいます。

彼女からすれば、相談するという時間も大切だと考えて発言していても、現実主義者の男性からすればただの優柔不断な応答でしかないと捉えてしまいます。そのため、冷たく感じられて、すれ違ってしまうこともあるでしょう。

真面目

男女共に言える現実主義者の特徴のひとつで、真面目があります。事実や結果が伴ってくることを的確に判断し、考え行動します。

その真面目さは、美徳でもありますが時として相手を傷つけることもあります。真面目な人に多いのは正直な人が多いです。つまり、悪意のない言葉で相手を傷つけてしまうこともしばしばあるでしょう。

現実主義者の人からすれば「なぜ泣いているのか解らない。本当のことをいっただけなのに」と思うことでしょう。

うざい

最初に言っておきますが、現実主義者の人がうざいというわけではありません。うざいと取られるのは、どんな些細なことにもおかしいと思えば指摘するところです。

簡単に言えば、細かいところです。ただその細かいところが、自分の部屋や自分のテリトリー内だけで収まっていれば問題ありませんが、話し合いや他愛ないトーク中、恋人の行動など色々なところで自分にとって「あれ?」と感じた部分があれば指摘します。

それが、たまになら現実主義者の特徴とまではいきませんが、幾度となく指摘をします。された側からすれば「私の勝手でしょ。そこまで言われる筋合いがない」と感じ、うざいと周りから認識されてしまいます。

このうざいと捉えられるのは、男女共にありますが女性の場合は男性から「出しゃばりな女」と捉えられることがあり、仕事では少し痛手となることでしょう。

現実主義者の特徴で、男性で最も多いのは夫となってから出てくるパターンです。結婚をしたということは、妻に対し優位なポジションに立ちたがります。

たとえば、付き合って同棲している時はそんなことなかったのに、結婚してから性格が一変したという男性は多いのではないでしょうか。DVなどは自分のいうことを聞かない妻に対して行うことが多いです。自分が思い描く未来を、邪魔する妻が憎く感じてしまうからです。ただ、愛情もあるので離婚という選択はあまりとりません。

臆病

現実主義者の特徴として、男女共にあるのが臆病なところです。現実を最重要視するので、危険を冒すようなことをしたくないため、行動に出ることが中々できません。

恋愛で、中々好きな人に告白できないや恋人の好きなことをしてあげたくてもできないという経験はありませんか。そういう人は、相手の反応が思っていたことと違うことを恐れ、臆病になっています。

決して悪いことではありませんが、時には決断力や判断力が長けている現実主義者として、スパッと動いてみることも大切です。

彼氏・彼女

現実主義者の場合、彼氏・彼女の立場になると相手の発言・行動の些細な部分まで気になってしまうのが特徴です。

現実主義者の彼氏の場合は、冷たく感じることがあるでしょう。たとえば、彼女の誕生日のディナーに、会計を割り勘と強いることもあります。また、結婚願望がある彼女が、将来のことを楽しそうに語っても、現実主義者の彼氏は今までの彼女との関係で起こった事象を計算し、結論をだすため、結婚はしないという判断に陥ることもあるでしょう。

現実主義者の彼女の場合だと、損得で基本動いているため、記念日の大げさな彼氏からの発言・行動に対して、「必要ない」と言われてしまうこともあります。嬉しくないわけではありませんが、どうしても損得が頭を過ってしまうため、突き放すような言い方になってしまいがちです。彼女を喜ばせたいのであれば場所や食事より、形に残るものをプレゼントするということが最適でしょう。

現実主義者の恋愛での特徴とは

今までご紹介した特徴などをみて、「現実主義者が恋愛をすることがない」と感じた人もいるでしょう。ですが、そんなことはありません。好きという感情は、現実的なものからかけ離れてはいますが、誰しも持っている感情です。

では、現実主義者の恋愛の特徴とはどのようなものなのか、まとめてご紹介します。

一歩踏み出すことが困難

現実主義者の恋愛の特徴は、現実主義者の特徴でもあった臆病さがさらに強まります。好きになったけれど、告白ができず眺めているだけで恋人を中々作れないという人が多いでしょう。

臆病になっているのは、告白したときに返される言葉が想像できないために一歩踏み出せません。そのため、男女共に婚期を逃すことも多いです。

「独身が楽」という言葉を常にいう人は、本当に思っている人もいれば周りから負け組と思われたくないという表われでもあります。

欲求を満たす

男性の現実主義者の恋愛の特徴で、多いのが「欲求を満たす」です。簡単に言えば性欲がメインです。

男性なら、いかがわしいお店を利用すればいいのではないかと考えるでしょうが、そのようなお店はお金が発生します。現実主義者はそのようなことにお金を使うことをためらう傾向があります。また、そのようなお店に行くことで、自身のプライドを傷つけると感じている人も中にはいます。

そのため、恋人をつくるとお金を払わなくていいと考えています。ですが、好きになった女性に限ります。誰でも良いわけではありません。

恋人をつくることで得る優越感

現実主義者の恋愛の特徴で、恋人をつくることで得る優越感というのは、周りからの注目度の違いです。特に女性に多く、周りが結婚しているから、自分も恋人を作って結婚しないと負け組だと感じています。

現実主義者の場合は、実際に恋愛からの結婚という人が少ないです。それはどうしても負け組になりたくないのと、自分の未来予想設計図を崩したくないという気持ちがあります。

本当に好きでもない人とお付き合いし、結婚した後にやってくる後悔は計り知れません。ですが、現実主義者は起こったことがない事象に関しては、未知のものなので、理解できません。

社会的に認められる

現実主義者の恋愛の特徴として、恋人を作る=社会的に認められるという考えがあります。社会とは、会社や友人関係などの世間の人たちから認められるということです。

特に社会人になると、そのような考えが頭を過ることが多くなるでしょう。それは、上司や友人が結婚していると恋人さえいない自分に対し、周りが「早く結婚したらいいのに」という言葉を投げかけるからです。

恋人をつくり、結婚することで周りの人たちに認めてもらえると考えています。また、周りがまだ結婚していない状況だと、自分が一番最初に結婚していればさらに優越感を感じるでしょう。

現実主義者の考え方とは

現実主義者の考え方は、至ってシンプルです。理論的であり、価値のあることが最優先事項と考えています。

つまり、無駄な時間や無駄なものを排除する傾向にあります。より現実主義者の考え方を深く知るために、2つの項目にまとめましたのでご紹介しましょう。

数字で物事を考える

現実主義者とは理論的に物事を考える傾向にあります。どんなことも数字に置き換えて考えます。

たとえば「この人たちに好かれるのは何パーセントだろうか」と今までの結果や事実からも基づき、導き出します。この方法で出された結果は、100%当たるわけではありませんが高い確率であることは、間違いありません。

また数字で物事を考えるということは、冷たいと周りから見られることもあります。

情報の確認を怠らない

現実主義者の考え方のひとつで常に情報の確認を怠りません。情報とは、自分にとっても事実であると同時に、可能性です。そのため、情報はこまめに収集しています。

数年前まではできなかったことが、今はできるようになっているという情報などは、現実主義者にとって大きな変化です。他の人からすれば「それが?」と思うようなことでも、現実主義者にとっては結果が大きく変化するものにとって、とても重要なことと捉えています。

現実主義者のメリット・デメリットとは

現実主義者の考え方になりたいと考えている人も中にはいます。そんな人には知っていてほしいのが、メリット・デメリットです。

メリットは、感情で流されず冷静な判断ができることです。感情だけで物事考えると長続きしません。その点、現実主義者は感情で考えるわけではないので、仕事や友人関係などは長続きします。

デメリットは、周りから冷たいと認識されることです。冷たいと認識されてしまうと、距離を置かれることもあります。そのため、自分が得たい情報が中々得られないということも起こり得ます。

現実主義者のメリット・デメリットと知ることで、いかにうまく付き合っていけるのかが解ります。冷たいと感じる人がいたらもしかすると、現実主義者の可能性があるので、本当に冷たい人間ではないということがわかるでしょう。

現実主義者の人を警戒する必要はない

現実主義者の人を、変に怖がったり警戒したりしてしまうのは、自分と違う人だと感じているからですが、現実主義者の人がどのような人なのか解ると、見る目も変わってきます。

現実主義者の人とうまく付き合っていくことは、自分の足りない部分を補助してくれる可能性が高まります。そのため、仕事上では欠かせない人材であると言えるでしょう。

数字で物事を考え、理解し把握する能力というのは身に着けようとしても中々身に付きません。そのような考えを持ち合わせている現実主義者の人が身近にいると、自分が慌てたとしても「落ち着いて」と言い、どのように動けば最適化を教えてくれるでしょう。

現実主義者の人は警戒をする必要はなく、むしろとても頼りがいのある人と言えるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related