Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

陰口を言われる人の心理・特徴・対処法・診断できるチェック項目

陰口を言われる人の心理・特徴・対処法・診断できるチェック項目
陰口を言われてしまった、ということはありませんか。陰口を言われてしまうと悲しい気持ちでいっぱいになってしまうでしょう。本記事では陰口を言われる人の心理・特徴・対処法・診断できるチェック項目について紹介していきます。陰口で悩んでいる人は参考にしてみてください。

初回公開日:2019年1月15日

更新日:2019年1月15日

記事に記載されている内容は2019年1月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


陰口とは?

陰口とは、その人のいない所で、他人のことを悪くいうことをいいます。なぜか陰口を言われてしまうことが多い、という人もいるのではないでしょうか。陰口に頭を悩ませることもあるでしょう。

本記事では、陰口を言われる人の心理・特徴・対処法・診断できるチェック項目について紹介していきます。陰口を言われたくないと思っている方、陰口を叩かれる性格を克服したいと願う方はぜひ参考にしてみてください。

シーン別陰口を言われる人の心理

学校や職場など、環境によって陰口を言われたときの気持ちなどにも差があるのではないでしょうか。

まずはじめにシーン別に陰口を言われる人の心理について、学校・職場について取り上げて紹介していきます。

学校

学校で陰口を言われる人の心理ですが、陰口によって複数の相手から無視をされたりしてしまうと教室の中での中で孤立気味になってしまい、「ここに自分がいてはいけないのではないか」という気持ちになってしまうでしょう。

特に辛いのが、休み時間です。休み時間は友達とおしゃべりをしたりする休憩タイムでもありますが陰口を言われていると人と目を合わすのが怖くなってしまい、目立った行動をとるとまた陰口を言われるのでは、という不安から一人で机に座って目立たない行動をとろうとします。

楽しそうに会話をしている周りに取り残されたような気持になり、教室にいるのが辛くなってしまうことがあるでしょう。毎朝学校に行くのが怖い、学校を休みたい、という心理が生まれてきます。

職場

職場で陰口を言われている人の心理ですが、学校のように友達がいないとつらい、つまらないというところから変わって、「職場は仕事をしている場だから人に嫌われようが仕事ができていれば関係ない」という人も出てきます。

学校生活のように人に好かれていないと不安と考える人もいますが、仕事は仕事と割り切って陰口を言われる事を覚悟している人もいるでしょう。

ただ、仕事は仕事といっても、陰口を言われず人に好かれているほうが仕事を円滑にしていく上でやりやすいというメリットがあります。

陰口を言われているかいないかで、上司からの評価などにも影響してくることがあるので、自分の評価を気にしている部分が強い人はできるだけ陰口の対象にならないよう周りの顔色をうかがいながら過ごしているでしょう。

陰口を言われたときの対処法

陰口を言われてしまうと、これから自分はどのように周りと接していけばいいか、どういう風に気持ちをもっていけばいいかなど悩んでしまう人は多いでしょう。次は陰口を言われたときの対処法について紹介します。

気にしない

陰口を言われたときの対処法として、気にしないというのがおすすめです。陰口をいう人はどこにでもいます。人間には短所と長所があり、見方によっては短所は長所に、長所は短所になります。

例えば、自分の意見がないという短所の人は協調性が豊かという長所になります。明るいと長所としてとらえられている人は、騒がしい、うるさい、落ち着かないという短所として想われることもあるでしょう。

短所と長所表裏一体なので陰口を一度も言われた事がないという人はまずいないので、いちいち気にしてしまうと精神的に疲れてしまい、身が持ちません。

自分に好意的な人と仲よくする

周囲の人に陰口を言われるのは、悲しく、つらいことです。集団の中で孤立気味になってしまうこともあるでしょう。気にしなければ良い、というのは簡単ですが実際は難しいと感じる人も多いです。

気にしないという選択肢が取れない人は、自分に好意的な人と仲よくするという対処法があります。陰口を言う人ばかりではなく、陰口が嫌いな人、平和主義な人、優しい人もいるので、自分に好感を持ってくれている人とだけ交流を持っていきましょう。

悪く言われている部分をなおす

陰口を言われているということは、悪くとらえられる部分があるということです。短所と長所はどちらにもとれるといっても、悪くしかとらえられない特徴もあるでしょう。

陰口を言われても気にしないでいると、どこにいっても陰口を言われてしまい同じ人に嫌われてしまう状況が生まれてしまいます。

どんなことを言われているか耳に入ったときは、自分のしたことを反省しましょう。態度を改めていけば、次第に陰口も減っていくことがあります。

訴訟

陰口は人に直接話をする以外にも、インターネットの掲示板やSNSなどに直接書き込んだなどもありますが、根も葉もないことで陰口を言われた場合、訴訟を起こすという対処法もあります。

陰口を言われたことによって、名誉や信用など人に対する社会的評価を低下させられたことが立証できれば陰口を言っていた人に対して慰謝料を取ることができるでしょう。

復讐

陰口を言われたときの対処法として復讐するという行動もあるでしょう。復讐とはひどい仕打ちを受けた者が相手に対してやり返す攻撃のことをいいますが、陰口の復讐とはどのような行動になるでしょうか。

同じように陰口を言い対抗すると考える人もいるでしょう。しかし、最高の復讐は、幸せになって見返すことです。仕事であれば相手の立場よりも上になることで、相手は何も言えなくなります。

例えば、会社の上司、同僚に陰口を言われていた場合、その人よりもずっと上の役職になって、こき使う立場になってしまえば復讐は果たせるでしょう。

陰口を言われる人か診断できるチェック項目

次は陰口を言われる人か診断できるチェック項目について紹介します。以下のチェック項目でチェックをつける部分が多いほど、陰口を言われる可能性が高いということになります。チェックを付ける箇所が多かった人は陰口を言われる要素が多いのかな、と注意しておきましょう。

陰口を言われる可能性が高いチェック項目
何でもはっきり言ったほうが良いと思っている
自分に甘く人に厳しい部分がある
気分にむらがある
ルールやマナーに詳しくない
人の話を聞くより自分の話をする方が好き
時間にルーズ
マイペース
我儘な部分を隠せない
食べ物の好き嫌いが多い
空気を読むのが苦手

男女別陰口を言われる人の特徴

男性と女性で嫌われるタイプの人というのは違うことがあります。人によって、同性とはうまくいかないけれど異性の友人は多いという人もいるでしょう。次は男女別陰口を言われる人の特徴について紹介します。

男性で陰口を言われる人の特徴とは?

男性で陰口を言われる人の特徴について紹介します。男性は女性に比べて陰口を言う性格の人が少ないと言われていますが、言われる場合はどのようなタイプの人が陰口を言われやすいのでしょうか。

ノリが悪い

男性で陰口を言われる人の特徴として、ノリが悪い人ということがあります。人付き合いにおいて大切とされているコミュニケーション能力はノリの良さが重要です。ノリが悪い人がいると空気が重くなってしまい、場の雰囲気が白けるということが起きるでしょう。

ノリが悪い人というのは一緒にいると楽しくないと感じられることが多く、「あいつノリが悪いよね、あいつがいると場がシラけてつまらなくなるよね」など言われてしまうことがあるでしょう。

借りたお金を返さない

借りたお金を返さないというのも男性で陰口を言われる人の特徴にあります。何事もルーズな人というのは印象が悪いですが、その中でもお金を返さないというのは最悪です。小銭など、ちょっとした細かいお金をよく借りている男性は注意しましょう。

いつも「ごめん、細かいのないから貸してくれる?」という言葉でちょくちょく借りている人はそのまま返さないでいると「あいつにお金を貸すと返ってこない」と、借りていたのが小銭であっても、大金を返していないと言わるような状態にもなりかねません。

女性で陰口を言われる人の特徴とは?

次は女性で陰口を言われる人の特徴について紹介します。女性は基本的に陰口が好きと言われているので女同士の場ではその時いない人が陰口の対象になってしまう、ということがあるでしょう。

嫉妬されやすい

何かと嫉妬されやすい人は妬みをかって陰口の対象になってしまうことがあります。人気がある、容姿が優れている、頭が良いなど自分よりも優れている嫉妬されやすい部分を持っていると相手よりも優位に立てるよう、評判を下げるために陰口を言われる可能性が高くなるでしょう。

幸せそう、楽をしている、自由に生きているなど、本人にとってはごく当たり前な部分でも嫉妬されてしまうことがあるので、幸福なことを人に話しすぎるのは注意が必要です。

陰口の発信者

女性で陰口を言われる人の特徴として、陰口を良く言い出す人、陰口の発信者が言われやすい状態に陥ることがあります。

因果応報という言葉通り、自分のしたことはかえってくる、などという言葉がありますが陰口を良くいう人はいずれ自分が陰口を叩かれる側になることがあるでしょう。

陰口が生まれる理由

陰口はなぜ生まれるのでしょうか。次は陰口が生まれる理由について紹介していきます。

自分に自信が無い

陰口が生まれてしまう一番の理由としては、陰口をいう人が自分に自信が無い、というところからきているでしょう。

陰口をいうことで悪い情報を流し相手の評判を下げていきます。そして、自分のほうが立場が上だと周りに思わせたい、というのが陰口の目的です。周りから評価が高い事で自分の自信につなげていきます。

面白い話として話している

陰口を面白い話として話しているというのも陰口が生まれる理由です。自分が人を悪く言っているという自覚がない人は、人の悪口を言うことがネタであり人から面白いと認識されると勘違いしている場合があります。

本人の知らないところで面白おかしく言って、場が盛り上がることを楽しんでいます。テレビの芸人がバラエティなどで誰かをイジることで笑いが生まれ、盛り上がったりしますが、それをリアルに実践しているような気持ちで陰口を言っているでしょう。

ストレス

ストレスが溜まって憂さ晴らしということで陰口を叩く人もいます。自分のストレスを下げるために誰かを悪く言ってスッキリする、というのは良くない行為ですが、実際にこのような理由で陰口に走る人もいます。

このタイプの人はストレス事態をためないようにしたり、ストレス発散方法を他に見つけるか、ストレスが溜まる環境が変わらなければ陰口をいう癖はなおらないでしょう。

暇な時間がある

時間にゆとりがある環境、暇な時間があるところでは陰口は生まれやすいでしょう。逆に誰かを悪く言う暇もないほど忙しい環境だと、面倒なことは極力なくなっていきます。

職場などでも暇な時間が多い仕事をしている人ほど、他人の悪い部分を見る機会が増え、陰口が多くなるでしょう。また、実際に暇な時間が多い仕事はだらけ気味になってしまう人が多いので、他人から悪く言われてしまう部分が出やすいともいえます。

陰口を言われない方法はあるのか?

陰口を言われない方法はあるのでしょうか。陰口を言われたくないと考えている人にとってはつらい現実ですが、人から陰口を言われない人間になる方法はありません。陰口は、言うほうがやめなければなくならないからです。

悪く言われる部分があり、その部分を気を付ければ陰口は減るということはありえますが、相手が陰口をやめてくれる確証はありません。

陰口を絶対に避ける方法としては、人付き合いをなくし、目立たないように生活することですが現実的ではないでしょう。

陰口を言われにくい人になるには?

次は陰口を言われにくい人になる方法について見ていきましょう。陰口を言われない人間になる方法はないといっても言われにくくなる方法があります。

特別な理由なく、陰口をいう人が単に目を付けただけで陰口の対象にされてしまうことはあるので、どんな環境でも通用するかは状況によりますが、陰口で辛い思いをしてきた人は参考にしてみてください。

陰口を言われにくい人とは?

陰口を言われにくい人になるには、陰口を言われにくい人の特徴を抑え自分にその要素を取り入れていくという方法が良いでしょう。では、どんな人が陰口を言われにくいのでしょうか。

目立たない

目立たない人は陰口を言われにくいでしょう。それは陰口を言う価値がないからです。陰口をいう人は陰口を言うことで誰かを見下し、自分の地位、評価を高くしようという気持ちがあります。

そのため、目立たない相手を陰口の対象としても特に目立たないので話題も膨らまず、自分の価値が高くなることが少ないでしょう。目立たない人は陰口をいう価値がないと判断されやすいので陰口を言われる対象から除外されます。

すぐに謝る

すぐに謝ったり下手に普段から出ている人も陰口を言われる確率は低いでしょう。最初から自分よりも下に位置するような態度でいる相手のため、陰口で評判を落とす必要がありません。

普段から下手に出ている人を悪く言うと、周囲から「あんなに気を使ってもらっているのに悪くいうなんて可哀想」「言いすぎじゃない?」と、同調を得られないでしょう。陰口は同調してもらう部分がないと話を含まらせることが難しいです。

陰口を言われてもあまり気にしすぎないように!

陰口を言われる人の心理・特徴・対処法・診断できるチェック項目について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

陰口を言われてしまうと人と、人の目を気にしすぎて人と付き合うのが怖くなってしまったりすることがあります。自分に非がある場合は、指摘されている行動は二度ととらないようにするなど気を付けていくと良いでしょう。

ただ、実際、どんな人にも好かれるようになるということは無理です。陰口を言うのが好きという人もいるので、陰口を言われてもあまり気にしすぎないようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related