Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

懐が深い人の特徴・付き合い方・エピソード|懐が大きい・広い

懐が深い人の特徴・付き合い方・エピソード|懐が大きい・広い
懐が深い人と聞くと、優しくて心が広い人というイメージがあります。一般的には懐が深いとは、人間として包容力があり大らかな人を言います。今回は懐が深い人の特徴や、付き合い方、懐が深い偉人のエピソード、また類語や英語での表現方法をご紹介します。

初回公開日:2019年2月25日

更新日:2019年2月25日

記事に記載されている内容は2019年2月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


「懐が深い」の意味と使い方

「懐が深い」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。懐が深い人と聞くと、何となく優しくて穏やかな人というイメージがあります。

懐が深いの読み方は「ふところがふかい」で、意味は「包容力がある」「人の考えや意見を受け入れる心の広さがある」ということになります。

それではなぜ、心の広い人のことを懐が深いと表現するようになったのでしょうか。ここでは、懐が深いという意味や使い方について詳しくチェックしていきます。

懐の意味

懐とは「着用した衣服(主に着物)の胸のあたりの内側の部分」のことになります。昔は和服だったので、大切なものを懐に入れて持ち歩く習慣がありましたが、現代では洋服を着ている人が多いので、この言葉を聞いてもすぐに思い浮かべるのは難しいでしょう。

懐を使った言葉には他にもたくさんあり、お金にまつわる言葉が多くなっています。例えば「懐が寒い」は経済的に困窮しているときに使用し、一方で「懐が暖かい」は、経済的に裕福であることを表現する言葉です。

同じ懐を使った言葉にも「度量や器量」のような心の状態を表すこともあれば、お金のことを意味する場合もあります。

さらに相撲の世界でも懐が深いという表現が使用されることがあります。

懐が深いの使い方

それでは、実際私たちの日常の中で「懐が深い」という言葉を使うときには、どんな場面で使用することができるでしょうか。

ここでは、「懐が深い」の使い方を例文をご紹介しながらチェックしていきましょう。

懐が深いの例文

懐が深いという言葉を使用した例文には以下のようなものがあります。

1.「私の上司は懐が深い人なので、とても信頼できます。」

懐の深い人は細かいことを気にしないリーダータイプが多いことが特徴です。そういう上司の場合、部下も働きやすくなり信頼も厚くなるでしょう。

2.「恋人にするなら、優しくて懐の深い人が理想です。」

懐が深い男性は心が広く、いつも気持ちにゆとりがあります。また、少しのことでは苛々したりしないので、そばにいると安心するため恋人としては理想的という意味です。

類語

懐が深いとは、一般的に人間として包容力があり、心が広い人を言います。それでは、よく似た使われ方をする表現には、どのようなものがあるでしょうか。

懐が深いの類語には以下のような言葉があります。

1.度量が広い
2.器が大きい
3.心が広い

これらは、たくさんのものを受け入れるスケールの大きな心を持っていることを指しています。

他にも似た表現をする言葉がたくさんありますので、以下をご参照ください。

懐が「深い」と「広い・大きい」の違い

懐が深いという表現のほかにも「懐が広い」「懐が大きい」と言う言葉も使われることがあります。同じ「懐」を使用したこの言葉には、どんな使い分けがされているのでしょうか。

まず懐が広いですが、心が広いと同じような意味合いで一般的に使用されています。懐が深いと同じニュアンスで使用して良いでしょう。

一方、懐が大きいは度量が大きい、太っ腹などからきている言葉だと考えられています。こちらも懐が深いと同じように、細かいことを気にしない大らかさを表現した言葉になるでしょう。

懐が深いを英語で表現する場合

日本語では細かなことをことを気にせずに度量が広い人を懐が深いと言いますが、この表現をそのまま英語で表すことはできません。

それでは懐が深いを英語で表現する場合はどうしたら良いでしょうか。ここでは、同じような意味になる言葉があるのでご紹介しましょう。

1:tolerant

英語には「寛大な」と言い換えられる表現が二つあります。その一つが「tolerant」です。

toleranceは、自分の本当の気持ちを我慢して相手に合わせるような状況の寛容さを表しています。toleranceには、他にも「大目に見る」や「我慢する」という意味もあります。

2:generous

英語には「寛大な」と言い換えられる表現が二つあり、もう一つは「generous」です。

toleranceと大きく違うところは、無理をしなくても相手を受け入れることができる点になります。「generous person」で「気前の良い人」や「寛大な人」という意味になるでしょう。

3:open-minded

英語には、この他にも「心が柔軟な」を意味する「open-minded」という形容詞があります。

「open-minded person」で心が広い人になり、場合によってはこちらを使用するほうがいいこともあります。open-mindedには他にも「偏見がない」「公平な」という意味もあります。

懐が深い人の特徴

懐が深い人は、些細なことには動じずいつもどっしりと落ち着いているので、そばにいるだけで安心できる存在になるでしょう。

それでは、実際に懐が深いにはどんな性格の特徴があるのでしょうか。ここでは、懐が深い人の特徴を7つご紹介していきます。

1:いつも余裕がある

懐の深い人にはいつも心に余裕があります。

時間管理もゆとりを持って組んでいるので、想定外の事態が起こっても慌てないと言う特徴があるでしょう。したがって、たとえ大切な洋服に子供がジュースをこぼしても、混雑している場所で人に足を踏まれても相手を許せる気持ちの余裕があります。

そのため、一緒にいると安心できる人だと思われていることが多いでしょう。

2:人の成功を一緒に喜べる

懐が深い人は、人の良い所を素直に認めることができます。したがって、ライバルが成功したとしても決して嫉妬したりせずにいっしょになって喜んだり、応援したりできるという特徴があります。

人は、何かにつけて優劣を争おうとしますが、懐が深い人は人と自分と他人を比較するということがありません。仮に相手に自分より優れている点があるとしても、自分には自分の良さがあることをきちんとわかっているのでしょう。

そんな人間としての丸さも懐が深い人の長所です。

3:人によって差別をしない

懐が深い人は誰にでも差別なく同じように接することができます。したがって、偏見を持たず個々の良さを見つけることができるでしょう。

懐の深い人は温かく思いやりのある人でもあります。その人のそばにいると、適度に緊張もしますがホッと安心できるようなそんな人です。

私たちの社会の中では色んな仕事があり、育った環境や価値観も異なります。しかし、懐が深い人は社会的地位や自分の好き嫌いで人に対する態度を変えることはないでしょう。それは、その人の表面ではなく人間としての本質を見ているからです。

4:困った時にさりげなく助けてくれる

懐が深い人は、誰かが窮地に追い込まれたときにさりげなく救いの手を差し伸べることができます。自分の目の前で誰かが困っていたり、落ち込んでいると放っておけない優しい人です。

普段はどちらかと言うと控え目で物静かですが、いざ困ったことがあると冷静になって一緒に考えてくれて、親身になってくれる包容力を持っている人だと言えるでしょう。

相手の困っている状況を察して、何も言わなくてもさりげなくそのように振舞えるのが懐が深い人の特徴です。

5:感謝の気持ちを素直に伝えることができる

懐が深い人は本質的に素直な人が多いです。したがって、物事をストレートに受け止めるため謙虚な人だと思われていることが多いでしょう。

懐が深い人は人から何かをしてもらったら「ありがとう」と素直に伝えることができます。また、自分が間違っていると感じた場合も、すぐに誠意を持って謝罪することができるでしょう。

それは、物事に対する執着がなく余計なプライドもないため、いつでも客観的にどうすれば良いのかを判断できるからです。

懐が深い人は視野も広く、誰とでも仲良くできる人でもあるでしょう。

6:細かいことを気にしない

懐が深い人は細かいことを気にしない人が多いでしょう。それはなぜかというと人間としてのスケールが大きいので、些細なことは気に留めないからです。

生きている以上、私たちには毎日いろいろなできごとがあります。しかし、懐が深い人は良いことも悪いことも人生の中の一部だと捉えているので、辛いことがあっても必要以上落ち込むことはなく、それをどんな風に生かせるか考えます。

懐が深い人は相手のミスを許すことができる寛容な人が多いため、周りからは厚く信頼されているでしょう。

7:相手の気持ちを察することができる

懐が深い人は、相手の立場になって物事を考えられる人が多いでしょう。したがって、もし必要だと感じれば1歩下がって相手を立てることもできます。

懐が深い人は、自分の立場よりも周囲の人がどうしたら気持ち良くいられるかを常に気配りしていますので、そばにいると安心できるタイプに多いでしょう。また、妬みや嫉みと言った感情もないので相手と良好な関係を築いていくことができます。

頭の回転が速く、必要に応じて適切に対応できるのも懐の深い人の大きな特徴です。

懐が深いエピソード

懐が深い人と聞いてどんな人物を思い浮かべるでしょうか。懐が深い人は他人に依存はしません。したがって他人のミスや起こってしまった問題に対して激怒するようなこともないでしょう。

ここでは懐が深い人のエピソードをご紹介します。

戦国武将秀吉のエピソード

戦国時代の武将、豊臣秀吉のエピソードに興味深いものがあります。

豊臣秀吉が関白に就任したあと、可愛がっていた鶴が逃げ出してしまうと言う事件が起こりました。飼育係が不注意で逃がしてしまったことを打ち首覚悟で秀吉に報告したところ、外国まで飛んで行ったわけではないなら、家にいるのと同じだと、笑って許したと言います。

晩年まで子供に恵まれなかった秀吉は、子供や若者には特に優しかったと伝えられています。

些細なミスにはこだわらずに、相手の気持ちを汲んで快く許した秀吉のエピソードから懐が深い人物像が浮かんで来るでしょう。

田中角栄のエピソード

田中角栄は大正7年新潟県生まれで、高等小学校卒業後に上京してその後田中土建工業を設立、自由民主党から衆議院選に立候補・当選しました。昭和47年自民党総裁となり首相に就任した、日本を代表する政治家の一人です。

田中角栄には、たくさんのエピソードがありますが、その中で一つご紹介しましょう。

ロッキード事件が始まった後、報道陣などがたくさん田中邸を取り囲んだとき、田中が言ったといいます。「怒鳴るな。連中も俺の所に来たくて来るわけじゃない。彼らも商売なんだから少しは愛想よくしてやれ」

何とも懐が深い田中らしいエピソードではないでしょうか。

お金

懐が深い人は、貰うよりも与えることに喜びを感じます。見返りは求めず、それどころか人にしてあげた親切は忘れてしまうことが多いでしょう。

また、懐が深い人はお金を使うべきところと締めるべきところをきちんと把握しています。
例えば飲み会などのときにも、先輩として後輩に気持ちよくおごってくれることもあります。

懐が深い人は大切な相手との付き合いの場でケチケチすることがないので、頼りがいのある男性と思われることが多いでしょう。

懐が深い人との付き合い方の注意点

「懐」には「懐を見透かす」という表現があり「心の中の考え。胸の中」といった意味もあります。

付き合うのなら懐が深い人がいいと感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、懐が深い人と付き合うときには、どんなところに気をつければ良いのでしょう。

ここでは、懐が深い人と付き合うときの注意点をご紹介します。

彼氏

懐が深い男性は、とにかく細かいことにはこだわらない器の大きな人に多いでしょう。また頭の回転も速く切り替えも早いので、臨機応変に付いて来てくれるような女性に惹かれます。

誠実なので、自分を信じてくれ応援してくれる女性には弱いです。そして何よりも、性格が明るくポジティブで、笑顔を絶やさない人に魅力を感じるでしょう。

女性の中には細かいことを気にしてしまうタイプも多いですが、懐が深い男性の場合はまずは信じることと、もし自分の気持ちが追いつかずに悩んでしまうときには素直に心の内を話すことが大切です。

彼女

懐が深い彼女には、その都度自分の気持ちをストレートに伝えることが大切でしょう。例えば「今日はありがとう」「楽しかった」など、きちんと言葉にして言うと気持ちが伝わりやすくなります。

懐が深い女性は、大雑把な人が多いので好意を寄せていることをちゃんと伝えないと、いつまでも進展しない可能性があるので注意しましょう。

懐が深い人と上手に付き合って行こう

最近では着物を日常的に着用することが減ってきているので「懐」の意味がよくわからないまま、何となくこの言葉を使用していた方も多いのではないでしょうか。

懐が深い人は、人間として魅力的で、キャパシティも広く優しく包容力があるタイプが多いでしょう。外見は洋服などで繕うことはできますが、内面は努力して磨いたその人の個性です。

そばにいるだけでも癒される懐の深い人と上手に付き合って、あなた自身の魅力度もアップさせませんか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related