Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

悪口を言う人の特徴・言わない方法・気にしない方法・言う人の心理

悪口を言う人の特徴・言わない方法・気にしない方法・言う人の心理
あなたの周りに、いつも悪口ばかりを言う人はいないでしょうか。悪口を言う人と付き合うのはストレスがたまるだけでなく、周囲からも同族とみなされてしまう恐れがあります。この記事では悪口を言う人の特徴や性質について特集しているので、ぜひ参考にしてみてください。

初回公開日:2019年1月15日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年1月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


悪口を言う人の特徴

あなたの周りに、暇さえあればいつも他人の悪口ばかりを言っている人はいないでしょうか。あるいは、いけないこととは思いつつもあなた自身がだれかの悪口を言ってしまってはいないでしょうか。

悪口を言う人は周囲から嫌われてしまいます。ここではまず、悪口を言う人に共通してみられる特徴についてチェックしていきましょう。

意地が悪い

悪口を言う人に共通してみられる特徴としてまず挙げられるのが、意地が悪いということです。

悪口を言う人は総じて意地が悪く、また粘着質な性格をしているため、日常生活の不満やストレスのはけ口として自分よりも弱い人をターゲットにし、その人に対する悪口を言うことでいびつな幸福感や満足感を味わっています。

ちなみに、本人には自分が意地の悪い性格をしているという自覚がない場合も少なくありません。

人が困っているのを見るのが好き

人が困っているのを見るのが好きということも、悪口を言う人に共通してみられる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

悪口を言う人は他人の喜んでいる笑顔よりも困っている顔や泣きそうな顔を見ることに幸福感を得るという性質をもっており、自分が悪口を言うことである人を精神的に追い込むことに快感を感じています。

人としての共感性に欠けており、サディスティックな性格をしているとも言えるでしょう。

暇を持て余している

悪口を言う人に共通してみられる特徴の一つとして、暇を持て余しているということも挙げられます。

多忙な人はとるに足りない人に関心を割く暇もなく、そのような人にわざわざ注目して悪口を言うような無駄なことはしませんが、暇を持て余していて、なおかつ底意地の悪い人は、その暇つぶしの娯楽として他人の悪口を言います。

つまり、有意義な時間の過ごし方ができない人であるとも言えるでしょう。

精神的に未熟

精神的に未熟であるということも、悪口を言う人に共通してみられる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

小さな子どもならば自分の感情を上手くコントロールできないため悪口をつい言ってしまうことも多いですが、多くの人は成長するにつれて悪口を言うことがみっともないことだと学び、それを控えるようになります。

大人になっても悪口ばかり言う人は、精神的に幼稚で未熟であると言えるでしょう。

自信がない

悪口を言う人に共通してみられる特徴の一つとして挙げられるのが、自分に自信がないということです。

自尊心が低く自分に自信がない人は他人からの評価や批判に対して過剰に敏感であり、自分の弱さを隠そうとして他人から何か言われる前に先制攻撃として悪口を言います。

つまり、悪口を言うことはその人にとっての自己防衛の手段であるとも言えるでしょう。

自分がなく周囲に流される

自分というものを持っておらず周囲に簡単に流されてしまうということも、悪口を言う人によく見られる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

確固たる自分を持っていない人は周囲に流されやすく、また人間関係の輪からはじかれないように周囲にとけこむための手段として人の悪口を言い、それを共有しようとします。

悪口を言わない方法

悪口を言う人の顔は醜く、意地の悪い表情をしているものです。悪口を言うことで本人は楽しかったとしても、それを聞かされる相手はストレスが溜まりますし、「陰険な性格をしているやつだ」と周囲から嫌われてしまうでしょう。

ここからは、悪口を言わないためのおすすめの方法をご紹介していきますので、悪口を言う自分に決別したいという方はぜひ参考になさってみてください。

悪口を言う人の醜さを反面教師にする

悪口を言わないための方法としてまず挙げられるのが、悪口を言う人の醜さを反面教師にするということです。

誰かの悪口を言っている時の人の顔はとても意地悪く醜いものですが、それを客観視して「自分はこうはなりたくない」と反面教師することによって、悪口を言わない状態に自分を持っていくことができるでしょう。

嫌な人のことを考えないようにする

嫌な人のことを考えないようにするということも、悪口を言わないための方法の一つとして挙げられるでしょう。

嫌な人のことばかり考えていると、怒りや恨みが湧き出てしまい、どうしてもその人の悪口を言いたくなります。

嫌な人のことを考えないようにし、もしその人の顔が頭に浮かんでしまった時には意識して楽しいことなど別のことを考えるようにすることで、悪口を言わずにすむ心理状態に自分をもっていくことができるでしょう。

悪口を言う人に近寄らない

悪口を言う人に近寄らないようにするということも、悪口を言わないためにおすすめの方法の一つとして挙げられるでしょう。

誰かの悪口ばかりを言う人の近くにいるとその人の負の感情に引けつけられ、自分も醜く他人の悪口を言う人間になってしまいやすいので、そのような人とは物理的に距離をとるということが大切です。

悪口を気にしない方法

誰からも好かれる人というのは存在しないと言っても過言ではないでしょう。どんなに性格がよく見た目もよい人であっても、その人に対して何かと文句をつけて悪口を言う人間は一定数存在します。

ここからは、悪口を言われても気にしない方法をご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

悪口を言う人は卑しいと考える

悪口を言われても気にしない方法としてまず挙げられるのが、悪口を言う人は卑しいのだから相手にしないと考えるということです。

悪口を言うということは意地が悪く精神的に未熟であるということの証ですので、そんな人と自分が同じレベルに立つ必要は決してなく、そのような卑しい人からの悪口なんて気にする価値もないと自分に言い聞かせましょう。

悪口を言われるほど注目されていると考える

悪口を言われるほど注目されていると考えるということも、悪口を言われても気にしない方法の一つとして挙げられるでしょう。

悪口を言われるということはそれだけ誰かから注目されているということですので、「人から注目される自分はそれだけ価値のある人間なんだ」「だからこそ悪口を言ってくる人のことなんて気にする必要はない」とポジティブに受け止めるのが大切です。

悪口を言われても死ぬわけではないと考える

悪口を言われても気にしない方法の一つとして、悪口を言われたところで別に死ぬわけではないと考えるということも挙げられます。

確かに悪口を言われるのは気分がいいことではありませんが、誰かに悪口を言われたからと言って生活に支障が出たり死ぬわけではありませんので、「そんな些細なことに気をとられてたまるか」とポジティブに開き直りましょう。

悪口を言う人から物理的に距離をとる

悪口を言ってくる人から物理的に距離をとるということも、悪口を言われても気にしない方法の一つとして挙げられるでしょう。

あなたに対して悪口をこそこそと、あるいは堂々と言ってくる人と一緒にいると精神的に疲弊してしまいますので、そのような人から物理的に距離を取るようにすることが自分の心を守るために必要です。

悪口を言う人の心理

そもそも、人はどうして悪口を言うのでしょうか。ここからは、悪口を言う人の心理についてチェックしていきましょう。

悪口を言う人の心理について学ぶことで、その人との距離の掴み方を学ぶこともできるでしょうし、また自分自身が悪口を言わないようにすることもできるでしょう。

自分に自信がないから他人を貶める

悪口を言う人の心理としてまず挙げられるのが、自分に自信がないからこそ他人を乏しめようとするということです。

自分に自信がない人は他人からの評価に人一倍敏感であり、誰かから悪口を言われてしまうことを過剰に恐れているので、悪口を言われる前に自分から先に悪口を言ってしまおうという弱い心を持っています。

悪口を言うということは、心の弱さや自身のコンプレックスの裏返しとも言えるでしょう。

同調圧力に弱い

同調圧力に弱いということも、悪口を言う人の心理の一つとして挙げられるでしょう。

気が弱い人は、悪口を一緒になって言わなければ自分も悪口を言われてしまうのではないかという不安や恐怖心から、集団になって特定の人に対する悪口を言い、それを共有しようとします。

というのも、だれかの悪口を共有している限りは、自分にその矛先が向けられることはないと考えているからです。

悪口を言われたときの対処法

学校や職場などで人間関係にお悩みの方も多いことでしょう。どんなに性格がよく見目麗しい人であっても、難癖をつけて批判をしたり陰で悪口を言ってくる人間はいます。

人とかかわる限り、悪口を言われることは避けられないとも言えるでしょう。ここからは悪口を言われてしまった時の対処法についてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

無視する

悪口を言われてしまった時の対処法としてまず挙げられるのが、無視するということです。

学校や職場などではあなたを気に入る人もいれば気に入らない人もおり、誰から悪口を言われてしまうことはどんな人であっても避けることはできない部分がありますので、無視して気にしないように努めるのが一番です。

悪口を言う人に直接抗議する

無視できる程度の悪口ならば気にせずに無視したほうがベターですが、無視できないほどの悪質な悪口を言われ続けた場合には、悪口を言う人に直接抗議するというのも一つの手です。

悪口を言う人に人気のないところで「もう自分にかかわらないでほしい」と伝えても、それをネタにしてさらに悪口を言う可能性もありますので、直接抗議をする場合には人目のある場所で、揚げ足を取られないように丁寧な言葉を使ってするとよいでしょう。

第三者に間に入ってもらう

第三者に間に入ってもらうということも、悪口を言われた時の対処法の一つとして挙げられるでしょう。

無視することができないほどの悪質な悪口を言われ続けた場合には精神的に疲弊してしまいますので、職場ならば信頼のおける上司や同僚、学校ならば先生や友人などに相談し、間に入ってもらうのが一番です。

悪口を言われている気がするときの対処法

確信はないけれど、周囲のそぶりなどからなんとなく悪口を言われている気がするということもあるでしょう。

悪口を言われている気がしても単に気のせいの場合もありますし、実害がないのに過剰に反応してもこちらに非があるように思われてしまいかねませんので、まずは無視して気にしないように努めるのが一番です。

ただし、悪口を言われていることがはっきりと明らかになり実害が出た場合には抗議をするなど行動に起こすべきです。

悪口の種類

悪口と一口に行っても、その種類はさまざまです。悪口の種類として、例えば対象者に何の落ち度もなく悪口を言う人(加害者)がストレス発散として言う悪口もあれば、妬みや嫉妬に起因する悪口もあります。

また、対象者に問題があるものの、それを本人に面と向かって指摘することができないため陰で悪口を言わざるを得ないというパターンもあるでしょう。

悪口に関する名言

悪口に関する名言として、イギリスを代表する劇作家であるシェイクスピアの「あなたがたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい」という言葉をご紹介します。

どんなに素晴らしい聖人君子であっても、難癖をつけて悪口を言ってくる人間は一定数存在するということです。

そんな悪口に傷つく必要性はないので、どんな人であっても悪口は言われるものだと気にしないようにしましょう。

悪口を聞きたくないときの対処法

職場や学校、あるいは近所づきあいなどであなたに一方的に悪口を聞かせてくる人はいませんか。ここからは、悪口を聞きたくないときの対処法をご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

悪口を言う人に近寄らない

悪口を聞きたくないときの対処法としてまず挙げられるのが、悪口を言う人から距離を取るということです。

誰かの悪口を持ち掛けてくる人がいるならば、その人とは最低限のあいさつ・会話程度に接触を留め、できるだけ近寄らないようにしましょう。

「この人なら一緒に悪口を言ってくれる」と相手に思わせないように、距離を取ることが大切です。

悪口を聞かされても反応しない

悪口を聞かされても反応しないということも、悪口を聞きたくない時におすすめの対処法の一つとして挙げられるでしょう。

悪口を聞かせられてもそれに対してリアクションしなければ、悪口を持ち掛けてきた人は「この人は悪口にのってくれない」と判断してそれ以上悪口を聞かせようとはしません。

「へー、なるほど」と気のない返答をして、あからさまに関心がないことをアピールしましょう。

悪口を言う人からは距離をとろう!

今回は悪口をテーマに、悪口を言う人の特徴や心理に加えて、悪口を言われても気にしない方法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

どんなに素晴らしい人であっても、その人に関する悪口を言う人間は必ず存在します。悪口を言われても「そんな低俗なことに気をとられる必要はない」と気にしないように努め、また悪口をもちかけてくる意地の悪い人とは距離を取って、心穏やかに過ごせるようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related