Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

冷静な人の特徴・冷静になる方法・付き合い方・長所なのか|妻/夫

冷静な人の特徴・冷静になる方法・付き合い方・長所なのか|妻/夫
想定外の出来事が起こった時に落ち着いて冷静に対処することはできますか。自分の感情をコントロールして冷静に物事に当たるのは社会人に必須のスキルです。この記事では冷静な人の特徴や冷静になる方法について解説しているので、ぜひご覧ください。

初回公開日:2019年3月7日

更新日:2019年3月7日

記事に記載されている内容は2019年3月7日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


冷静とは?

想定外のトラブルが起こっても冷静に対処できる人に憧れたことはありませんか。冷静さは社会人に必須のスキルです。

しかし、そもそも私たちは何をもって「冷静」と表現しているのでしょうか。ここではまずその意味について確認しておきましょう。

冷静とは、落ち着いていて理性的な様子やそのような性格の人を表す言葉です。つまり、精神的に成熟していて大人であるとも言えるでしょう。

冷静の反対語

それでは、冷静とは反対の様子や性格を表す言葉としてどのようなものがあるでしょうか。

落ち着いて理知的なさまを表す「冷静」の対義語としては、感情が高ぶったさまを表す「熱烈」や「興奮」といった言葉があります。「情熱」を対義語の仲間として位置づけることもできるでしょう。

また、人の性格を表す場合、冷静の反対語として「感情的」「ヒステリック」「怒りっぽい」「激情型」といった言葉も挙げられるでしょう。

冷静な人の特徴

以上では、「冷静」という言葉の意味や対義語について確認してきました。多くの場合、冷静な性格をしているということは長所であり、多くの人が「冷静な性格になりたいも」と考えています。

それでは、具体的にどのような特徴をもっていれば冷静な人であると言えるのでしょうか。ここからは冷静な人に共通してみられる特徴をご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

想定外に強い

冷静な人の特徴としてまず挙げられるのが、想定外に強いということです。多くの人は想定外の出来事が起きてしまった時、慌てふためいて適切な行動を取ることができません。

しかし、冷静な人は違います。冷静な人は未知のことに直面したり想定外のトラブルが起こった時でも、落ち着いて理性的に対処することができます。

取り乱して感情的になることもなく、慌てている周囲の人に的確な指示を出してトラブルを収束する力量ももっています。

経験豊かである

経験豊かであるということも、冷静な人に共通してみられる特徴の一つとして挙げられるでしょう。

冷静な人は、生まれつき冷静であるというよりはむしろ、これまでの経験を通して冷静さを身に着けています。これまで良いことも悪いこともさまざまな経験や失敗をしてきたからこそ、何かトラブルが起きた時でも慌てることなく、冷静に行動することができると言えます。

芯が強い

冷静な人によく見られる特徴の一つとして、芯が強いということも挙げられます。芯が強く確固たる自分をもっているからこそ、人から感情的に当たられたり理不尽なことをされても、落ち着いて対処できます。

つまり、精神的に強い人が冷静な人であるとも言えるでしょう。逆に言えば、精神的に弱く繊細で傷つきやすい人は簡単に周囲の状況に影響を受けるので、動揺しやすくなかなか冷静にはなれない傾向にあります。

冷静になる方法

冷静に物事に当たれる人は周囲から信頼されますし、職場でも出世しやすいと言えます。それでは、どのようにすれば冷静な人物になれるのでしょうか。

ここからは、自分の感情を適切にコントロールして冷静になる方法をご紹介していきます。「いつもちょっとしたことで感情的になってしまう」「すぐに動揺してしまう性格を直したい」という方は、ぜひ以下で取り上げる方法を実践してみてください。

他の異性と関係を持たれた時

愛する人に裏切られるということは、誰であってもつらく悲しいものでしょう。しかし、浮 気をされた時に取り乱して感情的になっても事態は好転しません。

他の異性と関係を持たれた時はまず、パートナーから一時的に距離を置きましょう。パートナーと冷静に話し合おうとしても、発覚直後ならばショックのあまり相手をなじったり怒鳴りつけてしまったりと、ちゃんとした話し合いはできないはずです。

まずは物理的にパートナーから離れ、他の異性と関係を許すのか、それとも許さずに別れる道を選ぶのかを落ち着いて考えましょう。自分の心に向き合い、今後の二人について決断をすることができた時に、ようやくパートナーと向き合って話し合いをするべきです。

不快なことをされた時

悪口を言われたり、イライラした人に当たり散らされたりすると誰しもムッとしてしまうものでしょう。しかし、誰かに不快なことをされたからと言って、いちいちそれに感情をかき乱されていては自分が損をするだけです。

不快なことをされた時は感情的に反応するのではなく、深呼吸をして心を落ち着け、「こういうことはやめてほしい」と短くはっきりと相手に伝えることが大切です。

ミスをしてしまった時

どんなに有能な人であっても、生きていれば少しはミスをしてしまうものです。ミスをしてしまった時、「どうしよう」とパニックになってしまっては適切な対応をとることができず、その傷跡がどんどん広がるだけです。

ミスをしてしまった時はまず迷惑をかけた相手にきちんと謝り、そのうえでこの後どうすればミスを挽回できるのかを考え、そのための行動を一つ一つ落ち着いて実行するようにしましょう。

このようにきちんと自分の間違いに向き合い、責任感をもって冷静に対処することができれば、大きなミスをしてしまったとしても周囲の人からの信頼を損ねることはないでしょう。

冷静な人との付き合い方

ここからは、いつも落ち着いていて冷静な人との付き合い方のノウハウについてご紹介していきます。冷静な人との接し方にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

冷静な妻

冷静な妻は夫に対しても自分と同様に理知的で冷静であることを求める傾向にあるため、感情的になったり子どもっぽい振る舞いをしないように心がけましょう。

いつも感情に任せた行動をしていると、「きちんとした話ができない」「幼稚だ」と愛想をつかされてしまう可能性があります。

冷静な夫

冷静な夫に何かリクエストする時には、「こうしてくれたら嬉しい」「こうされるのは悲しいからやめてほしい」ときちんと理由を説明しながら話をするとよいでしょう。

冷静であるということは合理的であるということですので、その理由が納得いくものであれば、あなたのリクエストに応じてくれるはずです。

冷静なのは長所なの?

「君は冷静な性格をしているね」と言われた時、それを褒め言葉と受け取ってよいのでしょうか。それとも嫌味として受け止めるべきでしょうか。

多くの場合、冷静であるとは自分の感情を適切にコントロールできるということですので、長所として誇ってよいと言えるでしょう。

ここからは、冷静な人ならではの長所についてご紹介していきます。

長所①:理性的である

冷静な人の長所としてまず挙げられるのが、理性的であるということです。一時の感情に流されることなく、理性にもとづいて適切な行動を取ることのできる人は、人間力が高く、周囲からの信頼も厚い人物であると言えるでしょう。

長所②:自分の感情をコントロールできる

自分の感情をコントロールできるという点も、冷静な人ならではの長所として挙げられます。

人間誰しも喜怒哀楽の感情をもっていますが、これらの感情の中でも怒りと悲しみには要注意です。この二つのネガティブな感情に身を委ねて行動してしまうと、取り返しのつかない事態を招いてしまいかねません。

その点、冷静な人は安心です。怒りや恨みといった負の感情に負けることなく、自分を律して感情をコントロールできる人は、それだけで尊敬に値すると言えるでしょう。

長所③:想定外の事態に適切に対処できる

冷静な人の長所の一つとして、想定外の事態に適切に対処できるということも挙げられるでしょう。

冷静な人は想定外のことが起こっても慌てず騒がず、きちんと対処することができるので、周囲から「頼りがいのある人だ」と尊敬を集めています。

長所④:信頼されやすい

信頼されやすいということも、冷静な人ならではの長所だと言えるでしょう。

冷静な人は一時の感情に動かされて理不尽なことや非合理的なことをしでかしたりしないので、周囲から信頼されますし、また上司から取り立てられて出世しやすいです。

仕事で出世をしたいのならば、周りにいる冷静な人をお手本にして理性的な振る舞いを心がけるとよいでしょう。

冷静が短所になってしまう場合とは?

以上でご紹介したように、多くの場合冷静な性格は人に良い印象を与える長所です。しかし、物事には必ず二つの側面があるものですので、時には冷静であることが短所となってしまうこともあります。

ここからは、冷静な性格が短所として捉えられてしまう場合について見ていきましょう。

短所①リアクションが薄い

冷静な性格の短所としてまず挙げられるのが、リアクションが薄いということです。人は、自分がした行動に相手が何らかのリアクションを取ってくれることを期待しています。

冷静な人は良く言えば理性的で、悪く言えばリアクションが悪いので、サプライズプレゼントをされてもあまり期待したようなリアクションをすることができず、相手をがっかりさせてしまうこともあります。

短所②親しみがもてない

親しみがもてないということも、冷静な人ならではの短所として挙げられるでしょう。

冷静でいつも落ち着き払っている人に対して、「すましている」「そっけない」とやっかみを感じたり、ネガティブなイメージをもつ人も残念ながら少なからずいます。

また、「面白味がないやつだ」と思われてしまうこともありえるでしょう。

短所③感情表現が乏しい

感情表現が乏しいということも、冷静な人の短所の一つとして挙げられます。

冷静な人は自分の感情を表に出さずに我慢することに長けているため、周囲の人からすると感情表現が乏しく、また適切な自己主張をしない人間だと誤解されてしまうこともあるでしょう。

そうならないように、内側に出さないようにするのは妬みや恨みといった負の感情だけにして、「嬉しい」「楽しい」といったプラスの感情は積極的に表現するようにしてみてはどうでしょうか。

冷静に話す方法

「ついつい感情的になって話してしまう」「相手と落ち着いて話をすることができない」とお悩みのビジネスパーソンの方も多いことでしょう。

また、あがり症な人にとっては、初対面の人と冷静に話すのはなかなか難しいことです。ここからは、どんな時でも落ち着いて冷静に話せる方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

あらかじめ話す内容を頭の中で組み立てる

冷静に話すための方法としてまず挙げられるのが、あらかじめ話す内容を頭の中で組み立ててから話をするということです。

何も考えずに話をすると頭が混乱して、つい感情に任せて話をしてしまいがちですが、事前に何を話すのかをシュミレーションしていれば、落ち着いて冷静に話をすることができるでしょう。

ゆっくりと話すようにする

ゆっくりと言葉をつむぐということも、冷静に話すための方法の一つとして挙げられるでしょう。

早口で話すとそれにつられて思考もアグレッシブになり、感情的になってしまいがちですが、意識してゆっくりと言葉をつむげば自然と心も落ち着き、冷静に話をできるようになります。

ゆっくりと話すことで次にどのような言葉を発すべきか考える時間ができるので、感情的な表現を使っしまったり相手を不快にさせるワードを出してしまう心配もないでしょう。

「あなた」ではなく「私」を主語にする

冷静に話をするための方法として、「あなた」ではなく「私」を主語にするということもおすすめです。

「あなたは〇〇だ」と「あなた」を主語にすると相手に対して決めつけているような感情的なニュアンスが出てしまいますので、「私はあなたが〇〇だと感じます」と「私」を主語にすることで、相手も自分も感情的にならずに冷静に話し合いができるようになりましょう。

人前で話す機会を増やす

人前で話す機会を増やすということも、冷静に話すための方法の一つです。

あがり症で人となかなかうまく話ができないという場合には、人前で話す機会を増やし、成功経験を積み重ねていくことで自信が生まれ、おのずと人の目を気にせずにリラックスして話をすることができるようになります。

返事をする前に一呼吸置く

冷静に話をするための方法の一つとして、返事をする前に一呼吸置くということも挙げられるでしょう。

相手から何か言われた時にすぐにレスポンスすると感情的な言葉を使ってしまいがちですが、一呼吸置き、言葉を選ぶ時間を設けることで、冷静に話をすることができるようになります。

話し合いが険悪な雰囲気になりそうな時は、何かを言い返す前に意識して一呼吸置くようにしましょう。

感情をコントロールして冷静に物事に当たろう!

今回は「冷静」をテーマに、冷静な人の特徴や冷静になる方法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

誰しも嫌なことやつらいことがあった時には感情的になってしまいがちです。しかし、そこを耐えて負の感情をやりすごし、落ち着いて冷静に振る舞ってみましょう。

自分の感情をコントロールして冷静に行動するようにすれば周囲から信頼してもらえるようになりますし、その結果物事もとんとん拍子にうまくいくようになるはずです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related