Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

様になる人の特徴|シーン別/ファッション/職業別/高身長

様になる人の特徴|シーン別/ファッション/職業別/高身長
どんな場所でも違和感のない「様になる人」を見かけることがあります。格好よく決まっており、憧れの対象にもなりますが、こうした「様になる人」には何か共通点があるのでしょうか。本記事では、様になる人にどのような特徴があるのか、シーン別にご紹介します。

初回公開日:2019年3月7日

更新日:2019年3月7日

記事に記載されている内容は2019年3月7日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


シーン別様になる人の特徴

「様になっているねえ」などと言われたことが、誰しも一度や二度はあるのではないでしょうか。「様になる」とは、「相応しい様子」や「格好がついている」ことを意味する言葉で、誉め言葉といえるでしょう。

ここでご紹介する「シーン別で様になっている人」とは、言い換えれば「その場の状況や雰囲気にマッチしている人」ということもできます。さらに「その姿が格好いい人」ともいえます。

自分の姿に置き換えて、自分が場に応じた佇まいとなっているか振り返ってみましょう。

タバコを吸う姿が様になる人の特徴

今では敬遠されることが多い喫煙者の「タバコを吸う姿」ですが、それでも思わず「格好いいな」と誰もが感じてしまう姿の喫煙者というのも存在します。

タバコを吸う姿が様になる人は、何をおいてもルールを守っていることが一番です。ただ格好つけているだけでは、「様になる姿だな」と感心されることはありません。

喫煙の許されたスペースにいる喫煙者の中でも「様になる」といわれる人は、立ち姿がきれいで、喫煙に執着せず、吸い終わったらすぐに立ち去れる、行動にメリハリのある人でしょう。

禁煙中であることが様になる人の特徴

喫煙する姿は、かつてはクールで格好いいとされている姿でした。逆にタバコをやめようと努力している人は、貧乏ゆすりが増えたりすることから格好悪い姿が目立ちました。

しかし、禁煙中の「吸いたい気持ちを我慢する」姿さえもが「様になる」という人もいます。タバコや禁煙フィルタ―を取り出しかけて戻す姿は、禁煙者として様になる姿にもなれば、格好悪い姿にもなります。

両者の違いは、タバコに対する執着心が見えすぎるか否かになります。諦めきれずに執着する姿が見えてしまうと、とても「様になる」とは言えない姿になってしまいます。

人を待つ様子が様になる人

ハチ公前など、待ち合わせスポットとして有名な場所には、人を待っている人がたくさにます。その中にも、人を待つ姿が格好良く、「様になっている」といいたくなる人もいれば、待ち人が来ない様子が気の毒に感じられる人もいます。

人を待つ様子が様になる人は、人を待つ姿に余裕を感じられる人です。人を待っていながらも、自分の時間を楽しんでいる人は、待っている場所になじみ、違和感がありません。

電話する姿が様になる人

電話をする姿も、人によって様になる人と、格好悪く感じる人とがいます。それぞれの違いを思い浮かべてみましょう。

格好悪い人は、場の空気を壊すような大声で電話していたり、電話をしながら動き回ったり、過度なアクションでメモを取っていたりしていることでしょう。

電話する姿が様になる人は、その場で電話していることが邪魔にならないように振る舞っています。本人は無意識の可能性もありますが、きちんと場になじむ振る舞いができているので、様になる姿に見えます。

ファッションで様になる人の特徴

同じ服を着ても、人によって格好良く見えたり、場違いなコーディネートになったりします。格好よく見える「何を着ても様になる人」というのも存在します。

こうした「何を着ても様になる人」というのは、それぞれの服装が様になる着こなしを身に付けています。あまり様になる着こなしに自信がないという人は、服のアイテムごとに「様になる」着こなしの特徴を少しずつ身に付けていきましょう。

Tシャツの着こなしが様になる人

Tシャツには様々な色やデザインのものがあります。着こなしに自信のない人は、まず、自分にあった色を見つけることから始めましょう。

似合う色は人それぞれの肌の色や雰囲気によって異なります。白なら誰もが似合うという思い込みも間違いで、黒の方が顔が映える人、青や赤などの原色が似合う人もいます。

自分にあう色のTシャツを着たら、ボトムスにはチェックやストライプ、花柄などの柄物を合わせると、「Tシャツ姿が様になる」といってもらえる可能性も高まります。

ジーンズの着こなしが様になる人

ジーンズ姿が様になるのは、自分に最も似合うジーンズのタイプを知っている人です。流行の色や形に流されず、自分にちょうどいい色、丈、スタイルを見つけ出しましょう。

背の高い人は、クラッシックなストレートやスリム、ブーツカットなどの形が様になる形といえます。背の低い人は、ロールアップして足首を見せ「かわいく」見えるスタイルの方が様になる着こなしといえます。

スーツの着こなしが様になる人

スーツは長い間、シングルかダブルかくらいの選択肢しかありませんでしたが、最近では「スリムタイプ」が主流になってきています。若い世代の多くがスリムタイプを着ていますが、これも誰もが様になるわけではありません。

自分の体形を考え、カラダの線にあったスーツを選ぶことが様になる着こなしの第一歩です。太っているから様になる着こなしができないというわけでもありません。

帽子が様になる着こなし

普段から帽子を愛用している人の着こなしは様になっていますが、帽子をかぶり慣れていない人は気後れしてしまうこともあるでしょう。

帽子も顔の形によって、似合うデザインと、どうしても似合わないデザインとがあります。まずは、帽子姿が様になる友人などを見つけ、帽子選びに助言してもらいましょう。

自分に似合う帽子を手に入れたら、帽子と同じテイストの色を着て、自信を持って出かけましょう。堂々としていれば、帽子姿が浮くこともなく、様になる着こなしとなるはずです。

眼鏡が様になる人

眼鏡は、視力の矯正目的でかけている人も、ファッションのひとつとしてかけている人もいますが、誰もが様になるかけ方をしているわけではありません。

眼鏡をかけて「様になる」とは、格好いいという意味もあるものの、「なじんでいる」という評価の部分が大きいといえます。さらに言い換えると「違和感がない」ともいえます。

眼鏡をかけて「様になっている」と評価されたい場合は、流行の形に固執せず、自分の顔や目の形にあった形状の眼鏡を購入しましょう。

職業別様になる人の特徴

職業によって、「様になる」と評価される外観は異なります。例えば、サラリーマンとして様になる人も、相撲取りの格好をしたら、とても様になっているとは言えない状態になります。

ここでは、職業ごとに「様になる」外観の特徴をご紹介します。

モデル

モデルとひとことで言っても、「何のモデルか」によって、様になる風貌は異なります。一般的には、モデルは顔が小さく、高身長、細身という印象がありますが、これらのイメージはファッションモデルとして様になる特徴です。

ファッションモデルでも、スポーツウェアなどのモデルは、パリコレモデルよりも肉付きの良い人が様になります。

女性の絵画モデルは、ファッションモデルに比べ、女性らしい丸みを帯びた体つきの人が様になるモデルといえます。

ビジネスマン

ビジネスマンとして、「様になっている」と感じられる人を思い浮かべてみましょう。スーツをパリッと着こなし、アタッシュケースを持ち、さっそうと街なかを闊歩する人や、クライアントの交渉をきびきびとこなす人などを思い浮かべる人も多いことでしょう。

昭和の時代に「サラリーマン」と呼ばれた会社員に比べ、「ビジネスマン」と呼ばれる現代の職業人の方がさっそうとしたイメージがあります。

ビジネスマンとして様になる人は、「頭が切れる」「主張ができる」といった内面を表すきびきびとした行動のとれる人です。

キャリアウーマン

キャリアウーマンとして様になる人は、一昔前だと堅いスーツに身を固め、高めのピンヒールを履き、冷たく見える眼鏡をかけた「クールビューティー」な女性でした。

最近は、ただきびきびと仕事をするだけでなく、女性らしさを活かした立ち振る舞いのできる人が、キャリアウーマンとして様になる行動のできる人と捉えられています。

医療関係者

医者や看護師など医療関係者は、一般の人たちが困ったときに頼みとする職業です。あいまいな言動をせず、清潔なたたずまいの人は、医療関係者として様になっているといえるでしょう。

逆に、あいまいなことしか言わず、患者に重要な決定を丸投げするような印象を受けてしまうと、とても医療関係者として様になっていると言うことはできません。

パイロットやCA

パイロットやCA、鉄道乗務員など、制服姿にあこがれを抱く人も多い職業で、「様になっている」人は、なんといっても制服が似合っているか否かで決まるといっても過言ではありません。

パッと見て「様になっている」と感じるのは、制服姿が板についているかどうかという、完全に外観依存の評価になります。制服姿は様になっているのに、実力は見掛け倒しだという人がいる可能性も否めません。

「様になる」といわれる人に共通する特徴

「様になる」というのは、内面からにじみ出るものを意味することもありますが、ほとんどの場合は外観から受ける印象になります。

「様になる」人の特徴は、外観が状況や景色などに相応しいといえ、その特徴はひとつではなく、状況や景色の数だけの特徴があるともいえます。

ここでは、色々な状況や景色の中で様になっているように見えやすい人の外観的特徴や特徴的な行動をご紹介します。

様になる外観を持つ人

多くの人に「様になる人だ」と評価される人には、どのような特徴があるのでしょう。ここでは、様になる人の外観的特徴の一部をピックアップして、様になる状況や場面と一緒にご紹介します。

高身長

高身長の人は、ファッション関係やスポーツシーンなどで見栄えがします。ただし、高身長ならば、誰でも様になるのかといえば、そういうわけではありません。

高身長で細身の人は、ファッションモデルのような場面で様になります。高身長で筋肉質な場合は、球技の会場などに現れると、スポーツ選手として様になっている印象を受けます。

高身長の人は、欧米の景色の中では様になりますが、日本の中では浮いた存在になることもあります。

白人

白人は、ファッションなど白人中心で考案されているものの着こなしなどが様になります。金髪が様になるのも白人です。

日本人に似合うように作られている着物や忍者の装束は、頭の中で考える限りでは白人が身に付けて様になる服装ではありませんが、実際には、白人が着ても案外様になるものです。

白人と呼ばれる人種の人々は、大航海時代に世界中に覇権を伸ばしたこともあり、世界各地、どこであっても存在に違和感がなく、景色に溶け込んで様になります。

黒人

黒人と呼ばれる民族の多くの人が、引き締まった筋肉を持ち、肌艶も良く見え、健康的なイメージがあります。そのため、スポーツシーンなどでは、どのような恰好をしても様になります。

もともと白人のものである金髪は、黒人にとっては違和感があるようでいながらも、バスケットボール選手などは、様になっています。

黒人と呼ばれる民族は、暖かい地域に住む人々が圧倒的に多いこともあり、暑さを感じる場所や服装、熱いスポーツシーンで様になる人々といえるでしょう。

内面から「様になる」雰囲気を醸し出す人

様になっていると評されるとき、人々はその外観でその評価を与えていることがほとんどです。外観として、似合っている、相応しい、格好いい、といった意味で使われています。

しかし、時には「内面からにじみ出る雰囲気」を見て「様になる」と評することもあります。先生になって数カ月の人に「すっかり先生という職業が様になってきたね」と評価する場合などです。

先生に成り立ての頃と、数か月後とでは、風貌としての外観は大きく違いませんが、仕事に対する自信が少しずつ出てくることで、先生としての風格が外観に感じられるようになります。

様になるといわれる行動とは

就職して初めて、お客様と交渉したり、大勢の前でプレゼンテーションをするときのことを考えてみましょう。初めてというだけで、ドギマギしてしまい、上手く言葉を発することも滑らかに進行することも難しい状態になります。

経験を重ねる中で、無駄な緊張はしなくなり、すべてが滑らかに進むようになります。この状態を周囲が見れば、「社会人として様になってきた」ということになります。

堂々とした行動をできるようになることで、周囲の人からは「状況に相応しい対応ができている」と受け止められます。物怖じすることなく、堂々と振る舞える人は、「様になる人だ」と評価されます。

様になる人の特徴を捉えて様になる振る舞いをしよう

色々な状況で「様になる人」というのは、周囲で見ていてとても格好よく感じられます。「様になるなあ」というのは、憧れを持っていわれる言葉です。

「様になる人」の特徴としては、高身長や白人/黒人といった、自分の努力で変えることのできない特徴もありますが、堂々とした振る舞いや、自信を持った行動など、自分の努力で実現できる特徴もあります。

自分がどう振る舞えば、その場にあった「様になる」人になれるのかを考え、どこにあってもその場に似合う「様になる人」となれるよう、研究してみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related