Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

判断力がない人か診断できるチェック項目・鍛える方法・特徴

判断力がない人か診断できるチェック項目・鍛える方法・特徴
判断力とは、たとえば周囲をよく観察し、「この場にはこういった会話がふさわしいなどと、物事を正しく認識できる能力のことをいいます。この記事では判断力の鍛え方についても紹介していますので、ぜひ最後まで読んで仕事や日常生活に役立ててください。

初回公開日:2019年4月19日

更新日:2019年4月19日

記事に記載されている内容は2019年4月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


判断力がない人が診断できるチェック項目

「判断力」とはよく聞く言葉ですが、この「判断力」とは、どういったことを意味するのかご存じでしょうか。仕事をするにあたって「判断力が大切」と話す人でも具体的にはどんなことをしたらよいのか分からない人が多いです。

「あの時ああしておけばよかった」などと後悔することが多い方は、どういった点を改善したらよいのか考えてみましょう。どういった人が「判断力がない」ないかは、次のチェック項目を参考にして下さい。

チェック項目

  1. 柔軟性がない
  2. 視野が狭い
  3. 目先のことだけ考える
  4. 過去の失敗にとらわれやすい
  5. 人の意見に流されやすい
  6. 人の目を気にする
  7. 心配性の傾向が強い
  8. 自分の意見を持っていない
  9. 失敗を極端に恐れるあまり積極性に欠ける

判断力の意味

「判断力」とはよく聞く言葉ですが、この「判断力」とは、どういったことを意味するのかご存じでしょうか。仕事をするにあたって「判断力が大切」と話す人でも具体的にはどんなことをしたらよいのか分からない人が多いです。

これから、どういった人が「判断力がない」とされるのか、具体的なチェック項目を紹介します。「あの時ああしておけばよかった」などと後悔することが多い方は、判断力について理解し、どういった点を改善したらよいのかについて考えてみましょう。

判断力とは

判断力とは、たとえば周囲をよく観察し、「この場にはこういった会話がふさわしい」などと、物事を正しく認識できる能力のことをいいます。そのほか、物事や人に対して正しい判断を下せる能力もまた、判断力といえます。

判断力とは、わかりやすくいうと「観察力があること」、「空気を読む力に優れていること」をいいます。一緒に行動していて疲れない人、または話しをしていて楽しい人、生活力のある人の中には判断力が高い人が多く見られます。

決断力との違い

判断力と似た言葉に決断力という言葉があります。どちらも何かを決める力に優れているという意味で使われますが、この二つの言葉は似ているようで異なります。決断力とは、何かを行動する力に優れていることをいい、何かを決めるための能力を意味しています。

そのため、たとえ間違った方向であっても行動に移す人は決断力があるといえます。それに対して、判断力がある人とは状況をよく観察し、どういった方法をとるのがベストであるのか分析する力に優れている人のことをいいます。

そのため、決断力があるだけでは人の先頭に立つべき人間とはいえません。判断力がある人こそリーダーとしてふさわしい人材といえます。

判断力を鍛える方法

判断力は、だれでも生まれつき持ち合わせている能力ではありません。判断力がある人は、実際に自分が経験したことから、どう対処するのが最も良い方法であるかが分かっています。そのため、判断力がないからと言ってあきらめることはありません。

判断力はだれでも鍛えることができます。例えば、ゲームやクイズなど遊びながらでも判断力を鍛えることができます。

ゲーム

判断力を鍛えるためには、イメージトレーニングが効果的です。例えば、何かをしているときに「こんな困ったことがあったらどう行動するか」と想像してみましょう。それだけでも判断力を鍛えることができます。

また、判断力を鍛えるゲームもたくさんあります。実際にトラブルに見舞われなくても、アクションゲームやロールプレーイングゲームでは、今の状況を正しく把握し、これからどういう状況になるかといった予測を立て、何をするべきかを判断する力を鍛えることができます。

クイズ

例えば、パズルなどのゲームやクイズは、記憶力や集中力を高める方法としても効果的です。ゲームやクイズは、アルツハイマーや認知症の症状を改善させるためにも役立つだけでなく、正しい決断をする判断力を鍛えることができます。

また、頭脳トレーニングのクイズには、判断力がどの程度のものか調べることができるものもありますので、一度チャレンジしてみるのも良いでしょう。

判断力がない人の仕事での特徴

判断力がない人は、仕事でも失敗してしまうことが多くあります。例えば、今やらなければならない仕事を後回しにするなど判断を誤り、損をしている人がいます。

そうならないためにも、判断力がない人の特徴について覚えておきましょう。次に紹介する判断力がない人の特徴について覚えておき、ご自分の行動と照らし合わせてみましょう。

特徴1:柔軟性がない

判断力がない方は、柔軟性がないため不測の事態になった時どう行動したらよいのか分からなくなってしまいます。自分の判断に自信がないため、何かの判断が必要になった時は常に人まかせにする傾向があります。

そのため、トラブルに見舞われた時は臨機応変に対処することができないという特徴を持っています。

特徴2:視野が狭い

視野が狭いというのも判断力がない人の特徴です。判断力がない人は、決められた選択肢の範囲内でしか物事を考えられません。例えば、取引き先の会社に損害を与えることになったとしても、自分の利益しか考えることができないため、会社全体の利益につながる選択をしません。

選択肢の多さは、そのまま知識や経験にも繋がります。選択肢が多ければ、多くの人が利益を受けられるよう考えることができ信頼も得られます。

ただし、選択肢だけを増やしたとしても、正しい判断ができなければどういった選択をするべきなのかが分からず、間違えてしまうこともあります。判断力がない人は、視野を広げるためにも多くの経験をし失敗を重ね教訓を得ることも重要です。

特徴3:目先のことだけ考える

判断力がない人は、目先の欲求にかられて誤った判断をしがちです。何か目標があるのであれば、目標達成するために努力をしなければなりませんが、例えば遊びの誘いなど、楽しいことが目の前にあると誘惑に負けてしまい、後々後悔するということが頻繁にあります。

目先のことに捕らわれて長期的に計画することができない人は多くいますが、何か目標があるのであればまずそちらを先に片づけなければいけません。

また、判断力には反射神経も必要ではありますが、問題に対処するべき能力がないのに慌てて行動しても、よい結果にはつながりません。例えば仕事を覚えるなど、はじめにやらなければならないことをすることで、仕事の成功にもつながります。

特徴4:過去の失敗にとらわれやすい

判断力がない人は過去の失敗にとらわれやすく、失敗したという結果だけにこだわりなぜ失敗したのかを考えません。また、状況を正しく把握せず、「前はこうだったから」と言ってやらなければならない仕事を放棄したり、同じミスを何度も繰り返す、といった特徴を持っています。

特徴5:人に意見に流されやすい

判断力がない人は自分で判断せず、それが間違った情報であっても人の話しを鵜呑みにしてしまいます。マニュアルに沿って仕事をしなければいけない内容であればそれでもかまいませんが、自分のアイデアや考えて行動する必要がある仕事の場合はそうもいきません。

例えば、接客業の場合は顧客に合わせて判断する必要がありますので、マニュアルに従って行動してもそのとおりに事が運ばないことがあります。また、人の成功例を参考にしても、その人だから成功した場合もありますので、それを自分に当てはめても成功するとは限りません。

人の意見を聞いただけでは正しい判断を下したとはいえない場合があり、ご自分の意見を取り入れることも必要であるということを頭に入れておきましょう。

特徴6:人の目を気にする

判断力がない人は、人の目を気にするあまり行動しなかったり、意見をいわないという特徴があります。また、人に批判されることを恐れて周りの顔色ばかりを伺い、行動に移さないという特徴を持っています。

正しい判断をするためには、なるべく感情を入れず、どう行動するとどういった結果に繋がるかについて考える必要があります。判断力を発揮して、正しい選択肢を選ぶことにより自ずと周囲の信頼が得られます。

周囲の反応を気にするのではなく、はじめに何をするべきか優先順位を決めて行動するよう心がけましょう。

特徴7:心配性の傾向が強い

判断力がない人は、なかなか行動に移せないという特徴がありますが、心配し過ぎる傾向が強いためです。もちろん成功するために努力するべきですが、たとえ失敗したとしてもそれが経験につながると考えることができれば、失敗を恐れず行動できます。

しかし、判断力がない人はこれができません。また、初めから失敗すると決めつけるのはよくありません。仕事で成功している人は、多くの失敗を重ね成功するためのプロセスを身につけています。余計なことは考えず成功に向けて努力しましょう。

特徴8:自分の意見を持っていない

日々の暮らしや仕事をするうえでは、さまざまな局面で選択を迫られることがあります。自分がどうありたいのか、どうするべきなのかが分かっている人であれば、正しい判断をすることができます。

しかし、判断力のない人は例え自分に関わることであっても、人に判断を委ねてしまいます。

それで何か失敗したとしても、判断力がない人は人のせいにする傾向があるため、本来であれば自分で判断しなければならないことでも、人任せにしてしまいます。いつも誰かが助けてくれるとは限りません。

いざという時のために自分がどうありたいのか、自分の考えをしっかりと持ち判断力を鍛えましょう。

特徴9:失敗を極端に恐れるあまり積極性に欠ける

判断力がない人は、恥ずかしい思いをしたくないという気持ちが強いため、失敗を極端に恐れる傾向にあります。失敗を恐れるあまり、積極的に行動することができない人が多く、時間をかけて考えても判断がつかず、周囲に「判断力がない人」という判定を下されてしまいます。

例えば、お買い物に出かけた時にどちらを選ぶのかというときにも、失敗したくないという気持ちが強いためなかなか決めることができず、他人の目には「頼りにならない」と映ることもあります。

判断力に関するおすすめの本

判断力を鍛えれば、日常生活のほかにも仕事にも役立てられます。本書ではインバスケット思考とよばれる、問題発見力や意思決定力、洞察力、分析力、退陣スキルを鍛えるための方法について書かれています。

シミュレーションゲームを行うことで、制限時間内にどう問題を処理するのか試すことができますので、判断力を鍛えて退陣スキルを向上させたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。一度目を通し、頭の片隅に置いておくだけでも意識して行動できるようになります。

問題に対して、誰もが同じ方向性のイメージをするのかと思います。
但し、思い浮かべるのではなく、言葉として出すためにはこの様な本を読んでトレーニングする事が重要なのかと考えます。
昇進試験をひかえ勉強になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2RZ8EPASBY8... |

判断力がない人におすすめのアプリ

ゲームアプリは、スマートフォンにダウンロードしておけば休憩時間など、いつでも試すことができ、楽しみながら判断力を鍛えることができる便利なアイテムです。

しかし、判断力がないとどのアプリを選べばよいのか分からないという人も少なくないでしょう。それでは次に、判断力を鍛えるためのおすすめのアプリを紹介します。

ソフニック

ソフニックは、脳を活性化させて記憶力と判断力、反射神経を鍛えるゲームアプリです。例えば、瞬間的に表れる を記憶したり、用意された表にランダムに現れる数字を記憶して、数字の小さい順にマスを選ぶといったゲームを行います。

非常にシンプルなゲームなので誰にでもできて、判断力のほかに反射神経や記憶力も鍛えることができますので、判断力のない人にはおすすめのゲームアプリです。

漢字間違い探し!脳トレ用

このゲームアプリは、たくさんの漢字の中から一つだけ別の漢字を見つけ出すというゲームアプリです。このゲームを行うことで、冷静さと判断力を身につけることができます。

落ち着いて画面を眺めなければたった一つだけ現れる別の漢字を見つけることが難しく、時間制限が設けられているためいかに効率よく客観的に物事が判断できるかといった能力を鍛えることができます。

判断力がない人の結婚の特徴

「この人こそ結婚相手としてふさわしい」と考えて結婚をしても、実際結婚生活を送ってみたら予想と違った、ということがあります。

判断力は結婚をする際にも必要になりますし、結婚後の生活にも必要な能力です。それでは、判断力がない人の結婚にはどのような特徴があるのでしょうか。

いざというとき頼れない

判断力がない人は、まずお金の管理ができず、計画的に物事を進めることができませんので、お金がないのに贅沢をしたり、貯金をしないという人が多く見られます。

た、判断力がない人は、育児や家事をするにも必要以上に時間がかかったり、手際よくできないという特徴があり、自分の意見もないため相手に頼りきりになり、いざというとき耐えることができません。

判断力がない原因とは?

もともと判断力が高い人というのはいません。経験を積み判断力を養っている人もいれば、何かが原因となって判断力が低い方もいます。

そこで次に、なぜ判断力がないのかその原因について紹介しましょう。判断力を鍛える前に、まず何がけ原因で判断力に乏しいのかを知り、判断力を鍛えるために役立てましょう。

原因1:経験不足

判断力の不足の原因は、経験不足にほかなりません。通常であれば、経験が不足していても早く仕事を覚えようなど、努力をしますが、判断力がない人が失敗を恐れたり、「損をしたくない」という気持ちが強いため、必要なことであっても、自分に不利になることは経験しようとしません。

しかし、何事も初めからできるという人はいませんので、失敗を恐れずどんどん経験を積みましょう。また、どうしたらよい結果を残せるのか、成功するのかという努力も必要です。

原因2:知識不足

判断力がないことの原因の一つとして挙げられるのは、知識不足です。仕事をする上でも日常生活でも、知識や経験がなくては判断するための選択肢がいつまでたっても増えません。

何のために役立てられるのか分からない知識であっても、意外な場面で役立つこともあります。そのため、本を読んだり、一見関係がなさそうなことであっても経験を積むことで、判断力を高めることができます。

原因3:責任感の不足

どうして判断できないのかというと、判断力がない人は責任感が不足しているためです。例えば、仕事をするうえで周囲の人のこと、または会社のことを考えるのであれば、それなりに努力をし、適切な判断しようと心がけます。

しかし、判断力のない人は責任感が不足しているため、周りがどんなに困っても判断しようとしません。判断力を鍛えたいのであれば、責任感をもつことです。一度任された仕事は自分で判断し、努力して解決する力を身につけましょう。

判断力は役に立つ!判断力を鍛えて信頼を勝ち取ろう

いかがでしたか。今回は判断力がない人の特徴や、判断力がないのはどうしてかといった原因について、判断力を鍛えるために役立つゲームやアプリを紹介しました。判断力を鍛えれば、日常生活だけでなく仕事や恋愛にも役立てられます。

周りをよく見て、どうすれば周囲の人の役に立つのかを考えられれば、自然に判断力が身に付きます。自分のことばかりではなく全体的なことを考える努力を積み重ね、判断力を鍛えて信頼を勝ち取りましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related