Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

仕事にやりがいがない人の対処法・原因|職種別/年代別/お金

仕事にやりがいがない人の対処法・原因|職種別/年代別/お金
この記事では、仕事へのやりがいをなくしてしまう理由や、そうなってしまったらどうやって対処したらいいのかを紹介していきます。仕事の種類や年代、原因ごとに書いていますので、自分の仕事にやりがいを見つけるためにぜひ役立ててください。

初回公開日:2019年3月11日

更新日:2020年1月29日

記事に記載されている内容は2019年3月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


職種別仕事にやりがいがない人の対処法

職業ごとに仕事へのやりがいを見失いそうになってしまっている人におすすめしたい対処法を紹介していきます。職業が変われば仕事の内容もまるっきり変わりますし、その中で感じられるやりがいもまた違ってきます。

将来を見据えて我慢をしたりすることもありますし、今の仕事を転職するつもりだという場合もあります。しかし、仕事をやる以上、我慢や苦労の中でやり続けるのではなく、自分の今の仕事に合わせたやりがいの見つけ方をするのはとても大切なことです。

これから紹介するいくつかの仕事は、やりがいを見失いやすい職業ですので、これらの職業ではない人にも使える対処法のヒントが隠れています。自分なりにヒントを見つけて、考える材料にしてみましょう。

総務

総務という仕事は、名前の文字から察するように、とても多くの業務に関係します。地味な仕事も多く、忙しい割りに達成感や活躍できているという実感が湧きにくい仕事でもあります。

しかし、総務の仕事というのはやり方や考え方をちゃんとまとめることで、会社を前進させたりレベルアップさせたりすることもできます。総務にやりがいを感じれない人の多くは、仕事を見つけて率先して動いていない場合が多いです。

総務の役割は庶務のような裏方もできますが、部署をまたいでの業務ができるなどの特権を生かして、自分から動くようにし始めると、とてもやりがいを感じられるようになります。

総務をやりきるには、受け身の考えを捨てることから始めましょう。

庶務

庶務の仕事というのは職場によって幅がありますが、多くの場合雑多な仕事に追われる大変な業務と言われています。そのため、ある程度庶務を続けた人には、大変だなと感じる人とやりがいを感じられる人に別れてきます。

コミュニケーション能力や、さまざまな仕事を臨機応変にこなすことが求められるため、庶務の仕事というのはやりがいを感じられるようになる部分が多いとも言えます。

大変だなという気持ちでやってしまうととても苦しい仕事ですが、なにか一つでも気に入った仕事や、こだわりをもってできる仕事を見つけることができれば、感じかたを変えることができます。庶務の仕事の多さは、こういった時には選択肢の多さとして利用することができます。

品質管理

品質管理の仕事というのは、はっきり言ってしまえば地味な仕事であったり、あまり表に出てこない仕事だと言えます。

品質を維持する事が最大の使命ですが、維持をしっかりするのがノルマで、それ以上の成果を得るというのは難しく、その割にはミスをすれば品質に直結してしまい問題になるという、かなりシビアな職業です。

仕事のノルマ以上の結果が出にくい事もあり、特に誉められたりすることも無いので、そういった環境に長く居てしまうと、モチベーションが下がってしまうという人もいます。

まず、こういった職業の場合は、誉められたり大活躍したりするというのはあまり考えずに、自分の仕事を確実にこなすことを喜べるようにするのがおすすめです。

やりきったという達成感を自分で見つけて喜べるように、もう一段階上の目標を掲げて頑張るとよいでしょう。

トラックドライバーなどの仕事

運転という行いは、居眠り運転などで事故が発生するように、続けていると慣れてきてしまう行動です。緊張感が無くなれば気持ちは楽になりますが、どうしても運転席に長時間座って運転を続けるだけとなると、退屈に感じてしまいます。

運転には細心の注意を払わなければいけませんので、運転しながらできることにというのはとても限られてしまいます。そのため、運転手が仕事にやりがいを感じられなくなってしまうと、とても苦しい仕事時間を過ごさなければいけなくなってしまいます。

運転手の仕事は運転することですので、その部分でやりがいを感じる事が最大の課題です。安全運転を極めるなど、運転で楽しみを作れるように考えてみましょう。

仕事にやりがいがない時の原因

仕事に対してやりがいを感じられなくなってしまった時には、まずは原因を探してみましょう。原因が見つかったら、どうにか改善できないかを考えてみたり、考え方をポジティブに変えられないか試行錯誤してみましょう。

仕事にやりがいを感じる部分や、逆にやりがいを感じられない部分というのは人によってばらつきがあります。ある人がやりがいと感じることも、他の人にとっては嫌なことだったりすることもあります。

ここからは、多くの人が共通してやりがいや、逆にやりがいを削がれてしまった理由に挙げるものをいくつか紹介します。

考え方をポジティブに変えたりするためのアイデアも一緒に紹介するので、もしこれから紹介する部分に重なるのであれば、考えるための材料にしてみてください。

お金

最も多くの人が仕事へのやりがいを感じる部分はお金です。仕事内容や経験など、さまざまな部分をお金に換算することで考えている人もいます。ほとんどの人が今の仕事が給料などといった受け取れるお金と比較して、高いか安いかで考えています。

その考えの結果、安いなと感じてしまったり、見合っていないと感じてしまうと、どうしてもやりがいを感じられなくなってしまいます。お金をどこまでの範囲で考えるかは人によって差がありますが、仕事の時間や内容といった仕事の質と給料のバランスはとても重要視されています。

通勤時間や休みの日程など、仕事をしていない時間の質も同じくらい重要です。職業によっては、来年やその先には給料が上がる可能性がある場合もあるので、今の事だけを考えて判断してしまわない方がいいこともあります。

お金でやりがいを作るには

給料が安くて仕事に見合ってないと感じてしまった時には、なにか自分の仕事に価値を見出だせないか考えてみるというのをおすすめします。

給料を貰って仕事をしていますが、それ以上に今の仕事での経験に価値を感じることができれば、給料が少ないなと感じにくくなる事ができます。

キャリアアップなどの先を見据えた人生設計などでの考え方が主な方法ですが、じゃあそれで今の給料は増えるのかというと、増えるわけではないので、実際の金額を見ても納得できるように自分に言い聞かせることが重要です。

キャリアアップ以外でもなんでもいいので、仕事から新しいなにかを得られるように考え方や見方を変えてみると、またやりがいが戻ってくるきっかけになります。

仕事外の時間

仕事というのはどうしても仕事をしていない時にも影響が出てきてしまいます。休日でも次の日が仕事となっていればできることに制限がありますし、通勤時間のように、仕事の前後にも拘束時間は存在します。

こういった仕事時間外だけれども仕事に拘束されている時間を考えてみると、どうしても自由な時間というのは限られてきてしまいます。完全に自由な時間を求めても限度はとても小さいため、通勤時間などの半分自由な時間をどう過ごすかを考えてみましょう。

こういった拘束時間を減らすことができれば日々効果が出ますが、職場や職業の変更や近い場所への引っ越し、通勤方法の変更など、人によっては難しい条件が多いので、できる場合に限りおすすめです。

通勤時間の有効利用してやりがいをアップ

最近はスマホでのゲームが大きな市場を形成しています。その理由は、通勤時間の電車内でも手軽にやることができるからです。通勤電車の混み具合にもよりますが、 余裕がある場合にはそういった手段を考えてみるのもおすすめです。

先ほど紹介したキャリアアップなどにも関係させると、聴くだけの英会話勉強など、手軽にできる勉強を通勤時間に行うのも素晴らしい考えです。

毎日一定量の時間を取られる通勤時間を、毎日一定量の勉強時間に変換させることができれば、とても有意義な時間を過ごすことができるようになります。

勉強のような頭を使う作業ではなく、リラックスできる音楽を楽しむことで、できるだけ長く疲れを癒す方向に考えるのも有効です。その日の気分などに合わせてどちらでもできるように用意しておくと最高です。

人間関係で困らずにやりがいをアップ

最近ではニュースにも頻繁に取り上げられるようになってきた職場の人間関係の話題ですが、これはどうしても難しい問題になりがちです。上司や部下、先輩や後輩といったさまざまな人間関係は多くの人の悩みの種です。

今の職場での人間関係を一新させるというのはほぼ無理な話ですし、相手がいなくなるというのは転職か転勤などといったイレギュラーな場合のみです。かといって自分が異動するとなるとまた行った先で新しい人間関係を構築しなければいけません。

転職や異動、それから新しい人間関係となるとそれはそれで大変な作業の連続ですので、効果的な改善策とは言い切れません。人間関係に関しては自分の考え方だけではどうしようもない、相手のある話ですのでお互いに上手くやることが重要になってきます。

人間関係を上手くやるには

仕事においてとても重要になってくるのが人間関係ですが、どうしても上手くいくことは難しいという人も少なくないです。職場の人間関係を劇的に改善するというのは難しいので、最低限悪くしないようにする心がけが重要です。

職場の人間関係は、仲良くした方がいい人もいれば、ビジネスライクな関係を求める人もいます。優しく接することで仲良くなれる人もいればそうでない人もいるなど、一概にこうすればいいという話ではないので難しいです。

相手がどういった考えなのかを知るためにも、自分の考えを相手に伝えるためにも、まずはお互いのことを理解しあう取り組みを進めた上で、どう接していいかを知り合うことが重要です。それができてない場合は、高い確率でこじれてしまいます。

家庭と仕事

仕事へのやりがいを見失いそうになった時こそ、家庭でのリラックスやそこからまた仕事のやりがいを作るなど、家庭の需要度が増してきます。家に帰ってからの生活に満足できるかどうかで、仕事以外の時間での休息の質に大きな差ができます。

子供や交際相手など、これからの生活を共にする存在の有無も大きな影響力があります。子供のためや、家を買いたいなどといった大きな目標が、仕事へのやりがいにつながるというのはよくある話です。

家に帰っても孤独でさみしいとなってしまうと、そのさみしさが少しずつ重なり、やりがいを阻害する大きな障害になってしまうこともあります。

人によっては、一人の方が気を遣わないから気持ちが楽になるということもあるので、一概に家庭を持てばいいとは限りませんが、家の生活が仕事に及ぼす影響というのはとても大きなものであることは間違いありません。

家庭を持つか持たないかは人それぞれ

先ほども紹介したように、家庭を持つことは必ずしも全員に良い影響を及ぼすとは限りません。

最近では独身の比率も低くないですし、一人暮らしのためのさまざまなサービスなども揃うようになってきているため、独身で居続けるという選択肢は、多くの人が選択する一般的なものとなっています。

しかし、愛する人との共同生活や、子どもとの休日の息抜きなど、家庭を持つことでしか得られない満足感や未来への活力というのはあります。一番重要なことは自分に合った選択をすることですので、家庭を持つ方がいいのか、持たない方がいいのかを自分で考えましょう。

職場の他の人や家族からの圧力などもありますが、そういった周りに流されるようにして選択してしまうのが最も悪い判断です。家庭を持つというのは人生においても大きな分かれ道ですので、慎重に決めるべきです。

お昼ご飯

ヨーロッパなどでは、ランチタイムに長時間かける国がいくつかあります。食事というのは本来は楽しくゆっくりと過ごす時間だという考え方が根強いからです。

日本の場合はそこまでお昼休憩を長くする職場というのは少なく、お昼ご飯は時間内に素早く済ませるものだ、という印象がある人も多いです。

しかし、食事というのは心も体もリフレッシュしたり休めたりする効果のある行いですので、できるだけ有意義に過ごすようにしたいという考えは納得できます。お昼ご飯を用意するのも苦労があります。

毎日弁当を作るのは大変ですし、買うとなると出費やその手間などが気になります。お昼ご飯の質に差ができると、毎日毎日差がつくことになります。できるだけ良いものにするように考えてみましょう。

お昼ご飯を有意義に過ごすには

お弁当に凝るという新しい趣味を作ることができれば最高です。お昼を楽しむだけでなく、作る段階から楽しめれば一石二鳥です。しかし、時間や手間のことを考えてしまうと、本当に料理が好きな人にしかその選択はできません。

たいして楽しくもないのに毎日弁当を作るのはとても辛いです。なので、コンビニなどで買って食べる場合には別の考え方をする必要があります。食事のメニューに変化をつけるというのはよくありがちですが、食事の時の感情というのがとても大切です。

美味しいものを食べていても、仕事のことを考えながらや、急いで食べてしまっては満足感は低くなってしまいます。できるだけ食事に集中できるような仕事のプランニングをして、お昼休憩をちゃんと休憩できる時間にすることがおすすめです。

睡眠の質

仕事へのやりがいを保つには、休めるときにしっかり休むことも大切です。日々の休息で最も重要なのは睡眠です。しっかりと睡眠をすることが、長い目で見ても仕事を有意義に続けるためには必要不可欠です。

睡眠には質と時間の二つのポイントがありますが、時間を急に増やすというのは難しいので、質を高めるようにするのが現実的です。睡眠の質が高まれば、同じ睡眠時間でも体力や気力の回復量に大きな差ができます。

目覚めが良くなることで、朝からシャキッとすることができます。通勤時間や仕事開始直後のクオリティが高まります。こういった睡眠が改善されたことによるさまざまな影響はとても大きいので、とことん突き詰めるくらいの意欲を持ちましょう。

睡眠の質を高めるには

睡眠の質に影響する事というのは意外とたくさんあります。しかし、大きな影響があるものから、そうでないものまであるので、まずは影響の大きなものから改善してみましょう。一番影響があるのは寝具です。

布団やベッドの買い換えは難しいですが、枕の高さや材質は、簡単に変化させれる上に効果も高いのでおすすめです。掛け布団は軽さや、暖かさ涼しさを重視しましょう。寝具以外に重要なのは食事です。

食べてから眠くなるまでの身体のサイクルを知り、寝付きやすいタイミングを狙って食事をすると効果的です。食べる内容にも気を遣いましょう。ついつい飲みたくなってしまうお酒も、睡眠の質に影響するので控えめにするのがおすすめです。

仕事に集中する

仕事へのやりがいを感じられていない人というのは、やる気を失っていると同時に、集中力においても不十分です。

仕事以外の物事からの誘惑や、他の仕事への興味など、人それぞれ集中力が落ちてしまう理由というのがありますが、目の前の仕事に集中することができなければ、仕事からやりがいを見つけ出すこともできません。

ここまでにいくつか原因や対処法を紹介してきましたが、それらをやったとしても、仕事への集中力が欠けていては効果は出ません。まずは気持ちを少し無理にでも奮い立たせて、もう一度集中力を高めて仕事に取り組む必要があります。

やりがいを感じられない時にそうするのは少し大変ですが、やりがいを見つけるまでの辛抱です。その後は楽になれると信じて頑張りましょう。

一時的に集中力を高めるには

やりがいを感じられない中、長時間集中力を高め続けるのは難しいです。そういった頑張って作る集中した時間は、できる限り短時間にしないと持ちませんので、計画を建てて行うようにしましょう。その計画というのは、やりがいを再確認するための計画です。

なにか明確な目標があれば、集中力は発揮しやすいですので、闇雲に頑張るのではなく、狙いをつけて頑張るのがおすすめです。

この記事に書いてある対処法や、自分なりに考えた対処法などをためしてみて、新しいやりがいを見つけるために、やる気や集中力を振り絞りましょう。

一度で答えが見つかるとは限りませんので、また集中力を戻してから再度挑戦しましょうを
ここで無理をしてしまうと、気持ちが完全に途切れてしまうこともあるので、焦らずにやるのが重要です。

年代別仕事にやりがいがない人の対処法

ここからは、年代別に合わせた仕事へのやりがいを見失ってしまった人の対処法を紹介していきます。

年齢というのは仕事においてとても重要なポイントで、若い20代とベテランになってきた40代とでは、やりがいに感じられることや将来の考えなど、仕事を取り巻く多くの事情が異なります。もちろんその間の30代や、もっと上の年代となってもそれぞれの事情があります。

自分の年齢に合わせた考え方をしないといけない場面もあれば、年齢が若かったり重ねていたりしたからこそできる選択があります。ここから紹介する話はら基本的に新卒で入社してその職場を続けている人を基本にしてしていきます。

最近では転職も活発になってきているため、そういった話題も入っていますので、参考にしてみてください。

20代

20代というのはまだまだ社会人になりたてですし、未来も広くあります。20代が仕事へのやりがいを手に入れて高いモチベーションを維持するには、その若さを利用した将来性を有効活用することが一番のポイントです。

20代で高いモチベーションを維持できると、さらに上の年代になったときにも助けになります。

キャリアアップや昇進といった先々の事のために日々の仕事を頑張るというのが重要ですが、どうしても気の長い話になってしまうため、逆にそれがやる気を無くしてしまう原因にもなってしまいます。

まずは将来の事を考えつつも、そう遠くない近い未来の事もバランスよく考えておくことで、モチベーションを維持しつつ少し先まで頑張ろうという気持ちを持つことができれば、それがやりがいに変わってきます。

30代

30代になってくると仕事や社会への慣れも多少出てきて、会社内でも中堅の役割を求められるようになり始めます。

年下や後輩の面倒を見つつも、上司との関係を保ったり別のキャリアなどへの意欲が湧いてきたりと、さまざまな方面からの圧力への対応など、バランスを求められる事が増えるのがこの年代の難しいところです。

30代はある程度自分の仕事での立場も確立されているので、まずはそこを維持するのか、上を目指したり別の会社などを目指すのかといった選択が大部分を占めます。順調にいっていれば会社内でも主力になりつつある年代ですので、その仕事を楽しめると有意義です。

転職などは、年を重ねると選択肢が狭まる場合もありますが、ベテランを求める場合もあるので、そういった道を選ぶ場合は、行き先の要求する年齢などと相談しながら選びましょう。

40代

40代まで一つの企業で仕事を続けてきた方は、ほとんどの会社でのできごとに新鮮味を感じられなくなりつつあることが多いです。

いわゆるベテランの域に入ってきているため、仕事の多くは手慣れたものになってきていて、部下も多く同期や少し上の先輩などとの付き合いもかなり長くなってきたという状況です。

こういった新鮮味のない日々に飽きてしまうという理由でやりがいを無くしてしまうこともあります。人によっては昇進をして、中間管理職などになったために、上と下と両方からの圧力を感じ続けて疲れてしまう。という話もよくあります。

仕事での新たな発見ややりがいを感じられるように、普段の慣れた仕事をもう一度初心に帰ってやってみるなど、気持ちを自分でリフレッシュしながらやってみることをおすすめします。

50代以降

50代やそれ以上の年代となってくると、若さとは無縁になり、逆に歳をとったなと感じるようになってきます。この年代となると転職やキャリアアップといった先を見据えた選択肢が少い、もしくはほとんど無くなってしまうこともあります。

もうすぐ定年という年代に近くなってくれば、むしろ定年の後の計画をしっかり練らなければいけなくなってきます。定年後の生活は、それまでに貯めれたお金や経験などが大きな要素になってくるので、まずは定年後の事を考えながら仕事をすることになります。

もうひとふんばりしてみるのも良いですし、定年を待ち望むようにして少し仕事のペース配分を落とすなど、若い頃と同じぐらい将来の事を考えならがら仕事をするようになるので、その将来のビジョンをできるだけ明るくしておくことでやりがいを手に入れれるようになります。

自分からやりがいを見つけていこう

仕事というのは決して楽なものではないです。好きなことを仕事にしていたとしても、辛いなと感じてしまうことはあります。先を見据えてとか、キャリアアップのためにいうのも、苦しい現実を我慢するための口実として使えない心境や場面というのも少なくありません。

しかし、生活や家庭のために仕事は続けなければ行けません。やりがいをなくしたままどうにか続けるのではなく、やりがいを見つけるための努力をしてみましょう。

やりがいは誰かや仕事が与えてくれるのではなく、自分から見つけるために動くものだという姿勢がとても重要になってきます。

自分に合ったやりがいを見つけることで、仕事や生活のクオリティを高めていくことは、気持ちが上向きになり、さまざまなところにいい影響が出てくるきっかけになります。きっかけを作るために、考えをまとめたり改めたりする機会を作ってみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related