Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

うんざりする人の特徴・心理|シーン別/仕事/相手別/飽きる

うんざりする人の特徴・心理|シーン別/仕事/相手別/飽きる
うんざりする人がいます。自分もその仲間にならないように注意をする必要があります。そのために、うんざりする人の特徴や心理を知っておきましょう。今回は、シーン別・仕事・相手別にうんざりする人について検証して、彼らの本音に迫ります。

初回公開日:2019年1月15日

更新日:2019年1月15日

記事に記載されている内容は2019年1月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


シーン別うんざりする人の特徴

シーン別うんざりする人の特徴をご紹介していきます。

うんざりする人は現状に不満があり、周りの空気を読まない人です。だから人に嫌な印象ばかり示してしまいます。うんざりする人はどこにでもいて、さまざまな特徴があります。

うんざりという言葉は、飽きがおびただしい・すっかり飽きるなどの語源からきています。周りを飽きさせてつまらなくさせる人が、うんざりする人です。

結婚生活

結婚生活にうんざりする人はたくさんいます。

結婚生活は最初は刺激がありますが、慣れれば同じことの繰り返しで毎日の平凡な生活を同じメンバーで一生過ごさねばなりません。たいへんな忍耐力が必要です。

うんざりしていては、結婚生活は成り立ちません。特に相手に愛されたいという願望が強い人は、与えるよろこびを修得しなければ、うんざりするような毎日になってしまいます。

家族

家族との関係でもうんざりする人がたくさんいます。

家族とは嫌でも毎日、顔を合わせなくてはいけない関係です。だから、家族の中にうんざりする人がいるとたいへんです。

特に自己主張が強く、自分を最優先してくれないと気がすまない人がいると家族中が迷惑をしてしまいます。誰かが我慢しなくてはならなくなり、家族の輪が乱れて一家離散・または家出や蒸発などの原因にもなります。

つわり

つわりは自分の力では治せない、たいへん辛い症状です。

特に仕事をしながら出産を迎える人は、毎日の辛いつわりにうんざりしています。こんなに辛いのは自分だけなのだろうか、無事に出産できるのかと不安でいっぱいになりますが、うんざりしていては体によくありません。

無理をせずに周りにつわりのことを相談して、出産まで気長に付き合うしかありません。

うんざりする人の特徴とは?

うんざりする人の特徴はいろいろあります。

うんざりする人はネガティブ思考の人が多いです。自己評価が低いため、集団のなかで自分が正当な評価をされていないと思い込みがちです。そのため、言動がネガティブになってしまいます。

うんざりする人はどうせが口癖で、くよくよしたり溜息を吐いたりと、はたから見ていても不快になる行動が多いです。愚痴や嫌味、陰口を言ってばかりで、周囲の人までうんざりさせてしまいます。

人の意見に黙り込む

うんざりする人は、人の意見に対して黙り込む特徴があります。

こちらの発した言葉を無視するでもなく黙ってやり過ごそうとする人は、相手をうんざりさせます。こちらの意見にむっつりと黙って沈黙されると、相手をイライラさせてしまいます。

何度も同じことを言われてうんざりしているなどの理由で黙り込んでいるのでしょうが、コミュニケーション手段としては最悪です。人間関係が悪くなる大きな要因となります。

同じ話を何度もする

うんざりする人は同じ内容の話を何度もするという大きな特徴があります。

うんざりするほど同じ話を何度もする人がいます。その場所にいる全員が知っている内容の話であっても、会うたびにします。

うんざりする人は人に聞かせるために話をするのではなく、自分がしたい話をします。その話をしている間は、自分が心地よくいられるからです。他者の気持ちや反応など一切気にしない、自己中心的な性格だからです。

人の話を聞かない

うんざりする人は人の話を聞きません。

うんざりする人は自分の話を聞いてほしい人なので、基本的に他人に興味がありません。人の話を聞こうという姿勢がまったくないので、会話も上手くかみ合わないのでうんざりさせられます。

すぐに人の話をさえぎり、自分のことばかり話したがります。大切な話も聴こうとしないので、誰もがうんざりしてしまいます。

うんざりする人は忘れっぽい

うんざりする人のなかに肝心な物事をすぐに忘れる人がいます。

うんざりする人は物事に飽きやすい人なので、大切な事でもすぐに忘れます。周りがそのことにうんざりしても、われ関せずで気にしません。

うんざりする人の忘れっぽさは、のちに大問題に発展するケースが多々見られます。特に仕事などでこの行為が発動すると、うんざりを通り越して失望感や嫌悪感を人々に印象付ける人間になってしまいます。

自分の苦労話をやたらにする

うんざりする人は自分がいかに苦労しているかをとうとうと語ります。

会うたびに苦労話をされたら大抵の人間はうんざりしてしまいます。誰にでも苦労はあるはずなのに、自分だけ特別たいへんだったと本気で考えているため、このような状態をくりかえします。

うんざりする人は同情や励ましの言葉を掛けてもらって、安心感や満足感を得ようとしています。少しの苦労も大袈裟に語るうんざりする人の苦労話は、くどくなるのが特徴です。

自慢をする

うんざりする人は自慢話が好きです。

少しでも自分がすごいと思われたいがために、友人や親せき・家族・知り合いなど、自分とは関係のない人のことまで自慢して満足感を得ようとしています。特に社会的地位の高い人の話が好きです。

自慢話ほど人をうんざりさせる行為はありません。特に他人のことばかり自慢する人は、自分に自信がなく誇れるものがないのにすごいと思われたい、うんざりする人物です。

プライベートなことを突っ込んで聞いてくる

うんざりする人は人の動向に興味があり、ずけずけとデリカシーのない質問をしてきます。

うんざりするほどプライベートなことをいろいろ突っ込んで聞いてくる人がいます。うんざりする人はデリカシーがないので、自分が失礼なことを質問しているという自覚がありません。

他人が隠しておきたい領域にまでずけずけと踏みこんでくるうんざりする人は、皆から迷惑がられていることに気づかないケースが多いです。

同じ質問を何度もする

うんざりする人は、何度も同じ質問をする人です。

うんざりする人は相手に関心がないので、前に聞いた質問で得られた答えを何も覚えていません。基本的に他人はどうでもいいと思っているので、同じ質問をして会話をつないでいるだけです。

うんざりする人の質問にまともに答えていると、毎回いらいらしてしまいます。気をつけましょう。

仕事でうんざりする人の特徴

仕事でうんざりする人は、本当にやりたい職業に就いていないケースが多いです。

仕事に慣れると、単調で退屈なことのくりかえしになります。辛く苦しく無味乾燥な毎日の仕事にうんざりすることも多いでしょう。その仕事が向いていないことが原因の場合もあるので、転職もうんざりする仕事の解消法のひとつです。

また、仕事場には話が長い・同じ話を何度もする・結論を言わない・すぐに呼ぶなど、うんざりする上司がたくさんいます。

相手別うんざりする人の特徴

相手別うんざりする人の特徴をご紹介していきます。

うんざりする人とは、嫌気がさしてもうたくさんだという気持ちになる人です。イライラすることが積み重なり、どうにも我慢できなくなる対象になる人です。付き合えば付き合うほど嫌いになられてしまう人たちです。

うんざりする人はデリカシーがなく、自分本位の言動が目立ちます。基本的に自分さえ気分がよければ他の人はどうなってもかまわないと思っている人たちです。

結婚生活は我慢の連続なので、夫に対する妻の不満が長年積み重なるケースは多いです。うんざりする夫の典型として、言い訳が多く結果的に何もやらない人間が挙げられます。

例えば共働きであれば、家事の分担は当たり前です。それを言い訳ばかりして一方的に妻に押しつけてくる夫は、うんざりする人です。言わないとやらない・言ってもいい加減にしかやらないでは、うんざりを通り越していつか妻の感情が爆発する日がくるでしょう。

夫から見た妻も、うんざりする人の要素をたくさんもちあわせています。

いくら注意しても家事をまったくやらない妻などもその典型ですが、嫉妬心が強すぎて束縛してくる妻もうんざりさせられます。女性もそうですが、男性は特に自由にふるまえないと社会生活が送れない部分があります。

過剰な愛はストレスです。相手をうんざりさせて愛情が消失する原因になります。

友達

友達の中にも、うんざりする人がいます。

典型的な例が、会うたびに愚痴や人の悪口、嫌味などを言ってくる友達です。いつもいつも会うたびにネガティブな発言ばかりされたら、うんざりしてしまいます。このような人は友達に不満を吐き出しているだけで、周りが見えていません。

他にも、人の話をすぐに忘れたり、SNSにばかり夢中で人の話を聞いていない・すぐに忘れる、損得勘定にばかりこだわる人も、うんざりする友達です。

うんざりする人の心理

うんざりする人は承認欲求が強い人間です。

自分に自信がないため、他者からの承認を過剰に得ようとしています。育ってくる環境に問題があります。批判ばかりでほめられる経験がなかったため、うんざりする人に成長してしまっています。

ほめられたいという欲求が、自慢話や同じ話を何度もするという、うんざりする性格につながっています。他人から称賛されないと、自分の存在価値に自信がもてないからです。

飽きる

人間には飽きるという心理があり、それが顕著にあらわれた例がうんざりする人です。

人間はどんなに過酷な環境に置かれても馴染もうとする性質があるため、同じ状態でいると周囲のできごとに鈍感になっていきます。飽きないためには刺激が必要です。

うんざりする人は忍耐力がない人です。常に刺激がないと生きていけない、飽きっぽい性格です。常にうんざりしているので、刺激を周りから得ようとして、うんざりさせられています。

うざい

うざいとは鬱陶しいやくどいという意味で、うんざりする人に共通した要素をあわせもつ言葉です。

うんざりする人はうざい言動をくりかえし、周囲に嫌がられています。人の話を聞かないで自分の自慢話ばかりするので、自分でうざい人間だと気づくことができません。自分は正しいと思いこんでいるからです。

なのにうんざりする人は、自分の現状に満足できていません。くどくどと暗い話を何度も繰り返し、うざい発言ばかりしています。

うんざりする人との付き合い方とは

うんざりする人と上手に付き合うには、ポイントがあります。

うんざりする人のいいところを褒めてみることも大切です。うんざりする人の良いところだけに着目すると、悪いところが気にならなくなります。うんざりする人にも良いところがあると気づければ、付き合いがラクになります。

他にも、たとえばプライベートの話ははっきりと拒否するなどの強硬な態度も、うんざりする人から自分を守る手段として有効です。

自分と相手を重ねない

うんざりする人に自分を投影するのは、いますぐやめましょう。

実はうんざりする相手というのは、自分に似た部分があるからだといわれています。だから一緒にいるとうんざりしてしまいます。自分の中の嫌な部分が明確に見えてしまうからです。

しかし、うんざりする人は自分とは別人格の持ち主です。自分の中でうんざりする人との線引きをしっかりおこなうことで、対策がとれます。

うんざりする人と長い時間一緒にいない

うんざりする人と長時間、2人だけで一緒にいるのはやめましょう。

うんざりする人の相手をしていると、その人に嫌悪感しか覚えなくなり、ますます嫌いになってしまいます。うんざりする人との関係がますます悪化していきます。

うんざりする人といるときは常に第三者を介在させるか、話を短時間で切り上げられるようにする工夫が必要です。うんざりする人に注目する時間を短縮させる努力が大切です。

相手の話を真剣に聴かない

うんざりする人の話は真剣に聴き過ぎないことです。

うんざりする人の話は重要な内容もありますが、ほとんど意味のない会話のほうが多いからです。間に受けてがっかりすると、よけいうんざりしてしまいます。また、うんざりする人の話の粗さがしは、極力しないことです。

うんざりする人との会話は、最小限にとどめることも大切です。深い話にならないように注意しましょう。うんざりする人に思いを傾け過ぎるのはやめることです。

ときにははっきりノーと言おう

うんざりする人に遠慮をしているとこちらが損をするので、はっきりと態度や言葉に出して拒否することも大切です。

うんざりする人は無意識に人に不快感を与えているケースが多いので、はっきり言葉に出してこちらの気持ちを伝えることも有効です。自分の話ばかりをするうんざりする人には、話はいつ終わるのか聞く・他の人の話も聞くように促す・理由をつけて席を立つなどの強硬策も有効です。

うんざりする人の心理を読み解こう!

うんざりする人の心理や特徴をつかんでいただくことができたでしょうか。

うんざりする人は、自分ではそうだと気づいていません。うんざりする人が相手にする人たちが、辛抱強く話を聞いたり、たのしそうなフリをするからです。うんざりする人は、自分の話を熱心に聴いてくれる人を選んで親しくする傾向があります。

うんざりする人の心理や本音がわかったところで、彼らに不快な思いをさせられないように、対処していきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related