Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

しつこい人の特徴・対処法・印象・デメリット|友達/ママ友

しつこい人の特徴・対処法・印象・デメリット|友達/ママ友
本記事ではしつこい人の特徴・対処法・印象・デメリットについて紹介していきます。自分のまわりにしつこい人がいて、日々ストレスを感じているという人はしつこい人の特徴を知り対処法をマスターしていきましょう。しつこい人はかわし方を覚えるとうまく対処できます。

初回公開日:2018年9月25日

更新日:2018年9月25日

記事に記載されている内容は2018年9月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


男女別しつこい人の特徴とは?

自分の周りに「しつこいなあ」と感じてしまう人はいませんか。または、自分がしつこいといわれるような性格だったりすることはないでしょうか。本記事ではしつこい人の特徴・対処法・印象・デメリットについて紹介していきます。

しつこい人と関わってしまうとストレスに感じることが多いでしょう。しつこい相手への対処法に悩んでいる方はしつこい人の特徴から知って、うまくかわしていきましょう。

まずはじめに男女別にしつこい人の特徴についてあげていきます。自分がしつこい人という自覚がある方は、相手からどのように思われてしまうかなど気にしながら本記事を参考に自分の性格を改善していく努力を始めましょう。

男性のしつこい人の特徴

男性のしつこい人の特徴を紹介していきます。男性は一般的に褒められることが好きで自分の力を周りに知らしめたいという気持ちがあります。そのため、自分ことを自慢することが好きな人が多く、しつこく何かをアピールしてくるときも自分の力を確認したい、周囲にも確認させたいという心理が見え隠れしています。

プライドが高い

しつこい男性の特徴としてプライドの高さがあるでしょう。実際、本心では自信がないことでもプライドの高さ故に「すごいだろ」など、相手が認めるまでしつこくアピールしてきます。

恋愛面では相手に振られてしまった場合「自分が相手に振られるなんてありえない」と考えるところがあるので、相手からOKをもらうまでしつこく引き下がりません。

相手の社交辞令がわからない

男性のしつこい人の特徴として、相手からの社交辞令で言われた言葉をそのまま受け取ってしまうということがあるでしょう。日本人は文化として社交辞令が多いところがあります。人への気遣いや空気を乱さないための一言で社交辞令を用いますが、しつこい男性は言葉を自分の都合の良いように解釈して受け取ってしまうことがあるでしょう。

例えば、飲み会の後、あまりその気はないものの「また機会があれば飲みましょう」と言われれば、しつこい男性は日をあけずすぐに次の約束を取り付けようと連絡します。ここで相手から断られれば「あの時のまた機会があれば、は社交辞令だったのかな」と感じ、次回の誘いはしにくくなるところです。

しかし、しつこい男性の場合は「いつがあいてるの」などと何度も誘いをかけるでしょう。しつこい男性は相手が嫌なことを「嫌です」「迷惑です」となかなか言えないことを理解できず、社交辞令が伝わらないことがあります。

しつこい自分の性格をマメだと思っている

男性のしつこい人の特徴として、自分のしつこい性格をマメだとプラスに感じていることがあります。心理として相手に「マメな性格の自分をほめてほしい」という気持ちもあるでしょう。

例えば、相手の気持ちをこまめに察して、都度相手の気持ちに寄り添うような対応をとれればマメということになりますが、ただ単に連絡を多くすることをマメだと考えている人がしつこい男性には見受けられるでしょう。相手にとって小うるさいだけで、迷惑になっていることがあります。

自分にとって相手を心配しているから連絡をたくさん取りたいという気持ちがあっても、相手が望んでいない場合は一人よがりになります。自分のことをマメだと勘違いしてしているところがあるので難しいですが、相手が嫌そうにしていることを感じ取れるかが、しつこい男性には必要な部分でしょう。

女性のしつこい人の特徴

次は女性のしつこい人の特徴を紹介します。女性の場合は、寂しさを抱えていたり、依存度の高さからしつこい性格が出てくることがあります。本当はそこまで困っていることはないのに、誰かにかまってほしいという気持ちからしつこい態度をとってきたりすることがあるでしょう。

自分のことをわかってほしい

女性のしつこい人の特徴として「自分のことをわかってほしい」という気持ちを強く持っていることがあります。相手に自分のことを深く知ってほしいとアピールするために、しつこく自分についての話題を振りまいたりします。

女性は話すことでストレス発散するというところがあるので、しつこい性格の場合特に強く自分の話ばかりする癖が出てくるでしょう。話を聞いてくれる人を見つけると何時間でも話をするということもあります。

重たい

女性のしつこい人の特徴として重たい性格ということがあります。何に対しても本気で取り組みます。特に恋愛面で重たい印象を持たれることがしつこい女性にはあり、恋愛で長続きしない、別れるときは振られてばかり、という悩みを抱えている人も多いです。

例えば、普段からメールや電話の頻度が多く、連絡がこないと不安になり不満を持ちます。男性は基本的に追われるよりも追うほうが夢中になるところがあるので、「大好き」「あなたしかいない」「結婚したいね」などばかり連呼している重い女は彼氏を冷めさせてしまことがあるでしょう。

しつこい人の印象とは?

次はしつこい人の印象について紹介していきます。しつこい人はどのような印象を持たれてしまうのでしょうか。親や友人から「しつこいよ」と指摘されたことがある方は、どのように周囲に思われやすいかあらためて気にしていきましょう。

気持ち悪い

しつこい人の印象として気持ち悪いと感じられてしまうことがあります。しつこい言動とは何度も同じことを言ってきたりすることをいいます。同じことを何度も言われれば「そのことはさっき言ったのになぜいうのだろう」と相手が変に感じることがあるでしょう。

なぜ同じことを何度も言うのか、言う必要があるのか、と相手が考えたとき、言っている内容が自慢的なものだったりすると「自分のことをそんなにしつこくアピールしてきて気持ち悪い」と感じられるでしょう。

怖い

しつこい人の印象として怖いという気持ちを周囲から持たれることもあります。例えば、嫌がっているのに相手をしつこく追い掛け回す男性、または女性をストーカーと呼ぶことがありますが、想われてしまった側としてはとても怖いことです。その様子を知った人もしつこい行動次第では怖いと感じるでしょう。

「この人は押しに弱いはずだ」と好きな相手に対して思い込んでしつこくアタックしている人は、周囲から怖いと思われてしまうことがあります。実際に押しに弱いという人もいますが、嫌がっているかどうか冷静に見極める必要があるでしょう。

迷惑

しつこい人の印象として迷惑と感じる人も多いです。例えば、世話好きな人でしつこくあれこれと意見をくれる人は、言っている本人にとっては親切でも聞いている相手からすると迷惑だったということがあります。

行動する前に注意点など細かく言われてしまうと、楽しみにしていたのにネタバレ的なことを言われることになり楽しみが半減してしまうことなどあるでしょう。しつこい人にとっては良かれと思って意見をしているので、話をされているほうも無下に嫌な顔もできず、しつこい人は迷惑行為をしている自覚のないまま話続けてしまうことがあります。

自己中心的

しつこい人の印象には自己中心的な人、と感じらることがあります。しつこい人は、実際に自分の欲求を満たしたいためにしつこい行動をとります。相手の都合や気持ちなど察していないところがありかなり自己中心的な行動がしつこさの原動力になっています。

例えば恋人などに「嫌だと言っているのにしつこい行動をなぜとるのか」と聞くと、「自分的には良かれと思って」という返答や「寂しかったから、わかってほしくて」など自分本位な返答が返ってくることは間違いないでしょう。

疲れる

しつこい人の印象として疲れると感じられていることがあるでしょう。こちらが乗り気ではなかったり、嫌そうな雰囲気を出してもお構いなしに何度も誘ってきたりされると誘われるほうはうんざりします。その都度断るのも億劫になってくるので「この人空気が読めなくて疲れる」と感じられるでしょう。

自慢話など、同じ話題を何度もしつこくされるとリアクションが面倒になってくることがあります。しつこい人は一緒にいて疲れるイメージを持たれていることが多いでしょう。

しつこい人への対処法とは?

「しつこいなあ」と感じる相手でもそれを表に出して言えないこともあるでしょう。無理のある付き合いはストレスをため込んでしまう原因になるのでうまくかわしていきたいところです。次はしつこい人への対処法について紹介します。

友達

しつこい性格の友達に対しての対処法を紹介します。友達といってもどのくらい親しいかで言える範囲が変わってくることもあるでしょう。自分ができる行動の範囲で、相手のしつこさを軽減していけるよう努力していきましょう。

甘えをさせない

しつこい友達との対処法としては、相手を自分に甘えさせないことです。甘えさせてしまうと「この人は自分を受け入れてくれる」と認識され、遠慮する部分が薄れてしまいしつこい態度をとられ続けてしまいます。

例えば、夜中に電話がきてしつこい友達に何時間も付き合ってあげたことがあり、それ以来何度も夜中に電話をされることになってしまった、などです。何度か付き合ってしまえばしつこい人は自分が迷惑がられているとは感じません。

「こんな時間に電話してごめん」と相手が言ってきた場合、社交辞令で「気にしないでいいよ」と言ってしまうとさらにエスカレートして夜中の電話の頻度があがってしまうことがあるでしょう。友達は友達であり甘えさせてあげたり面倒を見る必要はないので、迷惑だと感じたことはきちんと断るなどお互いの間にきちんと線引きをすることが必要です。

感情移入しない

しつこい友達への対処法として感情移入しないことが大切です。しつこい人は同情を誘おうとしてきます。少しでもかわいそうだと感じてしまったり、寄り添ってあげたいと思うとその気持ちを利用されしつこく依存されてしまうことがあるでしょう。

実際にかわいそうだと感じる要素があっても、感情移入してしまうと相手と自分の線引きが難しくなってしまい、しつこい友達に付き合うことが多くなってしまいます。感情移入せず、きちんと断ったり、冷静に対応するようになると、自分の期待どおりの行動をしてくれないとしつこい友達は気づき、関心をなくし離れていくでしょう。

ママ友

次はしつこいママ友の対処法について紹介します。ママ友との関係で悩みを抱えているという女性も多いのではないでしょうか。育児に対しての悩みを相談できるという点では頼もしい存在のママ友ですが、中にはしつこい性格の人もいて関係に苦労しているということもあるでしょう。

距離を保つ

しつこいママ友との対処法は距離感を保つことです。ただ、急に距離感をとるとしつこいママ友を怒らせてしまうこともあります。子供のためにもママ友を怒らせてしまうのは危険ということもあるので、いきなりLINEの返信をしなくなったり、会話をしないようにするなどの態度はとらないようにしましょう。

今まで交流を持っていた頻度を少しづつ減らしたり、忙しいことをアピールして予定が立てられないなど言い訳を用意しておきましょう。

連絡をすぐには返さない

しつこいママ友の対処法として連絡をすぐに返さないようにすることも大切です。レスポンスが早いと「この人は交流をたくさんとりたい人なんだ」としつこいママ友が解釈し、連絡の回数が多くなったりします。返答が遅い相手と認識させておけば、しつこくされることも軽減されるので必ず連絡はすぐには返さないようにしましょう。

LINEがきても開いてしまうと既読がついてしまうので、その日の夜になるまで見ないようにしたり連絡をすぐに返さないことを徹底しましょう。もし開いて既読がついてしまった場合は「今外出しているからまた後で連絡するね」など一言入れておくとよいでしょう。

相手に流されない

相手に流されない、という態度もしつこいママ友の対処法としておすすめです。流されやすい人はしつこい人にとって自分の都合に付き合わせやすい相手です。相手に合わせるという行動は相手と仲良くなるときに良いことでもありますが、しつこい人が相手の場合はそのしつこさに付き合っていかなければならずストレスになってしまうでしょう。

自分が嫌なこと、気乗りしないことはしっかりと断りましょう。しつこいママ友に「この人はこういうのが嫌なんだな」と感じとってもらうことは必要です。

話をうまく流す

しつこいママ友の対処法として話をうまく流すというのも手です。しつこいママ友と会うことが頻度が高い場合は特に、真剣にしつこいママ友の話を聞いてしまうと精神的にとても疲れてしまいます。話題をうまく流したり、適当に合槌を打ったりしてやり過ごしましょう。

話には乗らずあまりリアクションがないと、しつこいママ友も話していて盛り上がらないので、途中で切り上げてくれることもあるでしょう。聞いている側からも話を切り上げやすくなります。

しつこい営業のデメリットとは?

営業というと、相手と契約を取るために何度も赴いたり連絡をとったりする必要が出てくることがあります。確かに相手の心をつかむために何度も気持ちをぶつけることから、熱意のある営業をかけていくことはある程度必要でもあります。

しかし、ただしつこいだけの営業は「結局物を売りたいだけ、自分の成績にしたいだけだろう」と、相手の気持ちをしらけされてしまい購入意欲を損ねてしまうデメリットもあるでしょう。

相手のニーズとしてどんなものを欲しがっているか、相手が嫌そうにした瞬間などはうまく感じ取って、引くときは引く姿勢を入れていくことも営業には必要です。気持ちを汲んでくれると感じると、今回は遠慮しておくけれど次回は利用したい、など違う契約をとれることがあるでしょう。

しつこい人をうまくかわしていこう!

しつこい人の特徴・対処法・印象・しつこい営業のデメリットについてなど紹介していきましたが、しつこい人について理解できたでしょうか。

しつこい人というのは自分自身がしつこいと思われていることに気づいていないこともあります。自分がしつこいと気づいていない場合は、相手に悪いことをしている自覚がないので悪気なくしつこい行動を繰り返してしまうことがあるでしょう。

「そういうところがしつこいよ」といえる間柄の場合は伝えてもよいですが、ストレートにものを言えない関係の場合は、本記事でとりあげた『しつこい人の対処法』を参考に相手に深入りしないよう、うまく距離感をとっていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related