Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

博識な人の意味と使い方・逆の意味・博識な人の特徴・博学との違い

博識な人の意味と使い方・逆の意味・博識な人の特徴・博学との違い
博識な人と聞くと、どのようなイメージを持ちますか。この記事では、「博識な人の意味と使い方・逆の意味・博識な人の特徴・博学との違い」について解説します。知識はあればあるほどいろいろな場面で役に立ちます。あなたも博識な人を目指してみませんか。

初回公開日:2018年11月2日

更新日:2018年11月2日

記事に記載されている内容は2018年11月2日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


「博識」の意味と使い方は?

博識とは、さまざまな分野において幅広い知識を持っていることを意味します。「あの人は博識な人だ」「彼の博識ぶりにはいつも驚かされる」といった使い方をします。

豆知識や雑学、最近のニュースや流行のものなど、知識が多岐にわたることを意味します。雑談をしている時に知識の片鱗に触れると、博識な人だと感じられることでしょう。

また、難しくてわからない税制や政治のことなどについて質問した時に、優しく丁寧に答えてくれるのも、博識さを感じられる場面です。

「博識」の逆の意味は?

博識の逆の意味の言葉は、無知です。無知とは、知識がないことだけではなく、愚かであることや知恵がないことも意味します。無知を使う言葉として、「無知の知」という表現を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。この言葉について解説します。

「無知の知」の意味

「無知の知」の意味は、自分が無知であると自覚することには意味があるということです。自分が無知であることを知ることによって、無知の状態よりは一歩前に進んだ状態になることを意味します。これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスが提唱した考え方です。

自分が博識であると自認することによって、人としての成長が止まる場合もあります。自分にはまだまだ知らないことがあるという認識を持ち続けることが大切だ、という意味としても捉えられます。

「博識」と「博学」の意味の違いは?

博識と博学の意味の違いは、知識のある分野が学問に限られるかどうかという部分にあります。博学は、学問的知識が豊富であることを意味しています。これに対し、博識は学問的知識に限らず、幅広くいろいろな分野について知っていることを意味します。

豆知識の中には、学問的知識に分類されるものもありますが、そうでないものもあります。最近のニュースや流行のものなどは学問的知識ではありません。しかし、博識の意味の中には、そういったものも含まれます。

また博識は、知識として持っているという意味だけではなく、経験なども踏まえているという意味も含まれています。博識の意味の中には、博学の意味も含まれていると考えれば良いのではないでしょうか。

博識な人の特徴は?

博識な人の特徴には、どのようなものがあるでしょうか。仕事・恋愛・性格の特徴について見ていきます。

仕事

仕事においては、客観的な視点を持つことや他人の意見を馬鹿にしないという特徴が見られます。

職場に博識な人がいると、トラブルが起こった時に冷静な対応ができたり、知識をフル動員して解決策をひねり出してくれたりといったことが期待できます。上司など上の立場の人が博識だと、頼もしい限りだと言えるでしょう。

客観的な視点を持つ

仕事における博識な人の特徴1つ目は、客観的な視点を持つことが挙げられます。幅広い知識を持っているために、いろいろな角度から物事を見ることができます。

自分から見た見解だけではなく、他の人から見たらどのように見えるかなども考えることができます。客観的な視点を持ち、冷静な判断ができる博識な人は、仕事において信頼を得ることができるでしょう。

常に自分が正しいという思い込みはせず、自分の未熟さを自覚しているのも博識な人の特徴です。自分を正当化したり、責任転嫁したり、言い訳をすることが成長に繋がらないことをよく知っています。

自分が悪かった時には誠意を持って謝り、しっかりと反省し、次に活かすことができます。

他人の意見を馬鹿にしない

仕事における博識な人の特徴2つ目は、他人の意見を馬鹿にしないことが挙げられます。博識な人は、いろいろな意見を取り入れたい、さまざまな価値観を知りたいと考えているため、決して他人の意見を馬鹿にするようなことはしません。

どんな人の発想や意見からでも、何かしら学べるものがあるという常に謙虚な姿勢です。部下の意見であってもしっかりと耳を傾け、頭ごなしに否定はしません。採用できないとしても、今後に活かすことを考えます。

逆に他人の意見を馬鹿にして見下すような発言をする人は、博識なのではなく、知ったかぶりをしている可能性があります。自分の知識をひけらかすようなことをする人は、自分の無知を隠しているだけです。

恋愛

恋愛においては、知識が増えることを楽しめる相手が理想であり、同じレベルの会話を求める人もいます。

博識な人には憧れるけれども、付き合うのは難しそうと敬遠してしまう人もいるでしょう。基本的には博識な人は他人に教えることが好きな場合が多いので、自分に知識がないことを気にする必要はありません。笑顔で話を聞いてくれる人であれば、喜んで教えてくれるでしょう。

知識が増えることを楽しめる相手が理想

恋愛における博識な人の特徴1つ目は、知識が増えることを楽しめる人が理想の相手だということが挙げられます。博識な人は、知識がないことを馬鹿にはしないので、いろいろと教えてあげることも好きな傾向にあります。

ただ、知ることを楽しんでもらえないと、教えてあげる方も嫌になってきてしまいます。聞く方も、興味のない話ばかりでつまらないと感じるようになります。博識な人と付き合うのであれば、知識が豊富でなくても構いませんが、知識が増えることを楽しめる人である必要はあるでしょう。

同じレベルの会話を求める人もいる

恋愛における博識な人の特徴2つ目は、同じレベルの会話を求める人もいることが挙げられます。自分が教えるばかりではなく、相手からも学びたいと考えるタイプの人もいます。

自分と同等の知識とまではいかなくても、ある程度の知識があり、難しい会話にもついてこれるような人と恋愛をしたいと考えている場合もあります。自分が詳しいとは言えない分野に精通している人を求める場合もあります。

博識な人はどこに行っても人に説明する場面が多いので、プライベートな恋愛くらいは教えるばかりではなく教えられる立場になりたいと思うこともあるでしょう。

性格

性格は、好奇心旺盛で寛容であることが特徴と言えます。

好奇心旺盛

性格における博識な人の特徴1つ目は、好奇心旺盛であることが挙げられます。いろんなことに興味を持ち、知ろうとすることから自然と博識になっていきます。好奇心旺盛さがなければ、なかなか博識になることは難しいでしょう。特に、知的な好奇心が旺盛であると言えます。

また、本で読んだ知識や人から聞いた知識を自分の目で確かめてみたいと思うのも、博識な人の特徴です。勉強ばかりしているイメージを持つ人もいるでしょうが、案外行動力のある人が多いのにも、こういった理由があります。

寛容である

性格における博識な人の特徴2つ目は、寛容であることが挙げられます。世の中にはいろいろな人がいて、それぞれの考え方があり、多様な価値観があるということをしっかりと理解しているのが博識な人です。

博識になるまでにかなりの苦労をしてきた人もいますので、人のつらさがわかる寛容な人である場合が多いでしょう。知識だけではなく経験からもさまざまなことを学んでいるため、頭でっかちな人とは違って、ひとりひとりの良さを認めることができます。

博識な人を目指そう!

博識の意味や逆の意味である無知、博識な人の特徴について見てきましたが、いかがでしたか。博識な人について、知識をひけらかす人というイメージを持っている人もいるでしょうが、本当に博識な人は知識をひけらかすことはしないと知ることができたのではないでしょうか。

自分にどんなに知識があろうとも他人のことを馬鹿にせず、誰からでも学ぼうとする姿勢は尊敬に値します。好奇心旺盛になるのは難しくても、よく知らないことについては知ったかぶりをせず、興味を持つことから始めてみると良いのではないでしょうか。

博識な人の良い部分を少しずつでも自分に取り入れていきたいところです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related