Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

自分本位な人の特徴・生きる方法・自己勝手との違い|他人本位

自分本位な人の特徴・生きる方法・自己勝手との違い|他人本位
今回は「自分本位な人の特徴・生きる方法・自己勝手との違い|他人本位」と題して、「自分本位な人の特徴・生きる方法・自己勝手との違い|他人本位」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で見られる「自分本位」の用例をご紹介します。

初回公開日:2018年9月25日

更新日:2018年9月25日

記事に記載されている内容は2018年9月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


自分本位の意味と使い方

「自分本位な人」というのは世間でよく言われている言葉ですが、この「自分本位」は、「自分だけのことを考え、他人への配慮はほとんどしない人のこと」を主に意味します。

そのため「自分本位」の性質を持っている人というのは、だいたいどこへ行っても嫌われる・疎外されるという経験を多く持っています。

・あの人は十分自分本位な人です。
・その自分本位な考え方をやめてください。
・自分本位な考え方は嫌われます。

「自分本位」という言葉は基本的に名詞的扱いを受けるため、このように「自分本位な○○」という形で使われます。

対義語

日本語を覚える際には、その言葉の関連語を覚えておくことが大切です。そうすることによって、1つ1つの言葉を使う際に「いろいろな場面でスムーズに言葉の使い分け」が可能になるでしょう。

民主的/共和的/協力的/思いやりがある/優しい/連携/団結/共同/協調/協調性がある/コラボレーション/提携/協力し合う/

「自分本位」の対義語としては上記の言葉がまずあげられますが、その意味合いには「他人に対する思いやりがあること」や「誰かと協力して何かを行なえる能力があること」などを指します。

類語

先述に引き続き、次は「自分本位」の類語についてご紹介します。この類語を覚えることの方が対義語を覚える場合よりも「それぞれの場面で言葉を適切に使い分けることができる能力」が養われるため、必要な作業と心得ておいてよいでしょう。

自己中心/自己中心的/利己主義/自己中心主義/我田引水/唯我独尊/わがまま/独善/独善的/身勝手/自分中心/狭い考え/エゴイスト/エゴイスティック/我執/手前勝手/独りよがり/独裁/独裁主義

上記の言葉は「自分本位」の類義として一般的に認められる。どの言葉の意味合いにも「自分のことだけを考える、狭い視野を持つこと・その性質」という姿勢が含まれます。

自分本位な人の特徴

さて、先述では「自分本位」という言葉の意味合いや用法、その特質などについてご紹介しましたが、ここからはいよいよ「自分本位な人」に主に見られる特徴や性質についてご紹介していきます。

「自分本位・自己中心的な人」というのは一般的には嫌われるイメージがあり、どこへ行っても疎外されるイメージを持つ人として定着しています。

そのため、「自分本位な人の性格・性質・特徴」といったものがどんなものかをしっかり把握しておき、その性格・性質・特徴を持たないよう反省することが大切になるでしょう。

時間にルーズ

まず自分本位な人に多く見られる特徴が、この「時間にルーズ・約束の時間に遅れても平気」という自分勝手な行動パターンです。これはどんな場合にでも「その人との信頼関係を失う結果」が想定されるため、回避しておくことが大切です。

特に自分本位な人というのは、「自分さえよければそれでいい」とするきわめてエゴイスティックな側面が見えることから、この場合も「他人との約束を簡単に反故にできる無神経な性格」が備わっていることになります。

人の話を聞かない

次に「自分本位な人に多い特徴」として見られるのは、この「他人の話や考えをほとんど聞かない」という側面です。自分本位な人の多くは、主に「自分だけが可愛く、他人のことなどどうでもいい」とするきわめて「自分勝手な思考パターン」が目立つ傾向を持ちます。

そのため、他人が何か話し始めるとそれだけで嫌気が差してきて、他人が話しているそばから「もっと自分のことを聞いてほしい」とする焦燥に似た気持ちが芽生えがちになります。

自己中心的な行動が多い

先述の続きの内容になりますが、自分本位な人の行動パターンではこの「自己中心的な行動が非常に多い」という性質が見られます。

これはほとんどの人に備わるきわめて自然な行動とも言われますが、しかし、他人と何か特定の目的を持ちながら「それでも自分勝手な行動に走る」という場合に、この自己中心的な行動が見られることになります。

つまり、自分一人でいるときの行動は自己中心的な行動にはなりませんが、他人と何か協力して1つの物事をするときに「自分勝手な行動を取る」ということが、この場合の自己中心的な行動・自分本位な行動のパターンとなります。

保守的本能が強い

これは意外な側面として知られますが、自分本位な人の性質というのはこの「保守的本能・自己防衛気質」が異常に強いという性癖を持ち合わせます。これは主に「自分の考え方や思考方法を傷付けられることを恐れての保守的本能」となり、つまり「自分が傷付けられることへの自己防衛」となります。

他人を傷付けることは平気ですが、それでも自分だけは傷付けられたくないとする、極端に言えば「他人を蹴落としてでも自分だけは生き残るとした思考の持ち主」と言えます。

自己満足に執着する

自分本位な人の多くは、この「自己満足できることに執着する」というきわめて強い傾向を持ち合わせます。この場合も「他人はどうでもよく、自分だけが満足できる物事をすることができればそれでいい・満足」という、きわめて自分勝手な行動パターンになります。

極端な例で言うと、一本しかジュースがなくて二人とも喉が乾ききっているときに、自分本位な人はそのジュースをもう一人の友人と分け合わず、自分だけで全部飲み干してしまうという、そんな光景・情景を想定してもらえればよいでしょう。

他力本願である

「他力本願」という言葉の基本的な意味は「何でも他人任せにして、放っておいても誰かがしてくれる」という、自分は努力せずに、全部誰かに押し付けてしまうことを指します。この場合、「他人との協力面」において協調性がないことになるため、十分この場合も「自分本位な性格」が発揮されていることになります。

すぐに文句を言う

何か協力して物事・仕事・作業をしているときでも、自分の期待どおりにならないことがあるとすぐに当たり散らし、周りの人に迷惑を掛けてしまう性質・特徴が、この「自分本位の人の特徴」にはかなり多く見られます。

この場合でも「自分の意見を聞いてほしい・自分の期待する理想だけを周りの人に叶えてほしい」とする、きわめて幼稚・稚拙な考え方のなせる行動にあり、とにかく「自分の思惑から特定の目的が外れてしまうと、必ずそれに対して文句を言う」といったぞんざいな性格・特徴を指して言われます。

自分の主張が激しい

先述の内容に引き続く形になりますが、自分本位の人の特徴には「自分の思惑どおりにならないとキレる・文句を言う・当たり散らす」といった稚拙な性格面が備わっているため、その上で「自分の期待・理想だけを聞いてほしい・叶えてほしい」とするきわめて強いむずかり性が見え隠れします。

この性格・特徴は世間的に見て「自己主張がきわめて激しい・自分のことだけを考えている」と取られ、たいていマイナスイメージが付けられる典型的な例に見られます。

何事にも打算的

この場合の「打算的」というのは、「何か物事をするときでも、必ずそれに対する見返り・報酬を求める姿勢」のことを指して言われます。

つまり、「誰かに優しくして、他人の意見や気持ちに快く配慮しよう」とする姿勢を見せても、必ずその姿勢の裏には「それに対する見返り」を要求し、「こうしてあげたのだから、必ずあなたもそれに似た褒美をわたしに与えてくれ」という暗算が隠されていることになります。

あるいは「自分にとっての他の目的」がその優しい・思いやりのある行動の裏に隠れており、他人に優しくすることは結局「自分の目的を果たすための腰掛け程度の行動」となるパターンが多く見られます。

他人の心の痛みを考えない

これも「自分本位な人の特徴」に大いにピックアップされる性癖ですが、「自分のことに対してはものすごく執着して大事にするのに、他人の気持ちや心の痛みに対してはまったく鈍感になる」という、きわめて冷たい姿勢の持ち主のことを指して言われます。

特に先述の「打算的な行動パターン」と類似して「腹黒い性格の人」などと揶揄される場合もありますが、「他人の幸せよりも自分の幸せの方を優先させる傾向・特徴」として示されるため、この場合も多くの場面で嫌われてしまう典型的なパターンとなるでしょう。

自分の世界だけで生きている

先述までの「自分本位な人の特徴」を合わせて言えることになりますが、こうした「他人のことはどうでもよく、ただ自分のことだけを大事にする人の性癖・行動パターン」というのは、「自分の世界だけを何よりも大事にする」といった自己中心的な姿勢の持ち主となります。

このような自己中心的な性格の持ち主・自分本位な性格の人というのは、やはりどの場面でも友人・知人から嫌われるタイプとなってしまうため、極力避けておく必要があります。

ナルシストであること

「ナルシスト」という言葉の意味は基本的に「うぬぼれが強いこと・自己陶酔が強い人」のことを指し、この場合も平たく言えば先述の「自分の世界だけで生きている人」の典型的な性格の人を指して言われます。

まず「うぬぼれが強い」という点ですでに「自己中心的な人・自分本位な人の性格・特徴」を十分持ち合わせていることになり、「他人よりも自分の方が優れていること」を暗黙に示してしまう傾向が多く見られることになります。

ちょっとしたことに怒りやすい

この「ちょっとしたことに怒りやすい」というのも、先述しました「自分の思惑が叶わなければすぐにキレる・文句を言いふらす」といった、むずかり方の性癖の持ち主を指して言われる言葉になります。

この場合の「怒り」というのも「自分の期待どおりにいかなかった場合」や「自分の理想が叶わなかった場合」に湧き出てくる怒り・妬みなどが絡んできており、いわゆる「わがままな性格の持ち主」をそのまま指して言われる言葉・表現となります。

自分本位に生きる方法

自分本位に生きる方法というのは、これは実は誰でもすぐにそれができてしまう程に「全員がその方法を踏襲できる能力を秘めている」と言えます。つまり、「誰でも我が身可愛さ」があり、その性質・特徴によって「自分のことだけを考えること」は実に単純なことになります。

他人のことを考えず、いつでもただ自分の幸せだけを考え、自分の理想を叶えることだけに奔走する性癖を持ち合わせればこの「自分本位に生きること」ができてしまうため、社会人として生活していく場合は「常にこの方法を取ってしまわないよう十分配慮・注意しておくこと」が大切になるでしょう。

自分本位と自己勝手の違い

「自分本位と自己勝手の違い」についてですが、これは意味的にはほぼ同じ意味合いとして扱われる言葉になります。「自分勝手に振る舞う」というのは「常に相手や周りの人のことよりも自分の得することだけを考える姿勢」を指し、この傾向・特徴は同じく「自分本位な人」に見られます。

ただし、「自分本位」という言葉の根本的な意味合いには「他人・周りの人の有無に関わらず、常に自分を中心に行動する」という意味が含まれてくるため、この点において飽くまで「他人との協調性に問題・難点がある身勝手」の意味合いとは多少違ってきます。

つまり「自分が好きな方を純粋に選ぶこと」が自分本位の行動であり、「他人のことに配慮せず、その他人を犠牲にしてでも自分が得する方法を選ぶこと」が自分勝手な行動となります。そのため自分本位の行動をする場合には、結果的に他人に迷惑が掛かってしまう、という形になります。

自分本位の他人本位の違い

「自分本位の他人本位の違い」についてですが、これは言葉どおりに「自分のことだけを考える行動パターン」と「他人のことを優先して考える行動パターン」との違いに証明されます。つまり、他人を優先し、自分の希望・理想を犠牲にしてでも「他人のために何かをする」というのが「他人本位の行動」となり、自分本位の場合はこの逆になります。

「他人本位」という言葉の基本的な意味は、「自分の利益や理想を無視する形で、他人のために行動をする」という「自己犠牲型の行動パターン」を指します。

自分本位と言われたときに見直したいこと

たとえば誰かに「あなたは自分本位です」と言われた場合、まず見直す点は「日頃の友人・知人に対する自分のあり方」となります。その中でも特に「他人の話をどれだけ聞き入れているか・真剣に聞けているか」という点にポイントを置きましょう。

他人の話を聞くというのは、一見、簡単なようでいて、実は相当なエネルギーを使う行動になります。その場合に、「どれだけ自分の主張を挟まずに、ただ他人の意見だけを聞けているか」という点に注目することにより、その人が「どれだけ他人を大事にできているか」ということがわかります。

「自分本位」の英語表記と意味

「自分本位」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮した上で以下のようにピックアップされます。

・self-centered(自分本位、独裁的)
・self-righteousness(独裁的、独善的、自分本位)
・dictatorship(独裁、独裁主義、自分本位)
・tyranny(独裁、苛政、独善、自分本位)
・despotism(独裁制、独裁性、独善的、自分本位)
・totalitarianism(独善的、独裁、自分本位、利己主義)
・outrage(暴力、暴政、独裁的、自分本位)
・atrocity(独裁、暴虐、自分本位)
・self-centered(自己中心的、自分本位)
・own action(自分本位の行動、独裁的な行動)
・heartlessness(冷たい、心ない、自己中心的、自分本位)

「自分本位」の英語表現と意味(1)

先でご紹介しました「自分本位」の英語表記を参考にして、「自分本位」の意味合いを含めたいくつかの英語の例文をご紹介します。

・My own actions are disliked in every situation.
「自分本位の行動というのは、どの場面においても嫌われます。」
・My sense of self has a similar meaning to "selfishism".
「自分本位というのは「利己主義」と似た意味合いを持ち合わせます。」
・If you are told "self-centered", let's change our daily behavior.
「自分本位」と言われた場合は、日頃の行動を改めましょう。」

「自分本位」の英語表現と意味(2)

先述しました「自分本位」の英語表現に引き続き、いろいろな場面で使われる「自分本位」の例文をご紹介します。

・It is self-righteous action It is surely spared out of people, and it will be seen as a "childish behavior pattern" from a viewpoint of the world.
「自分本位な行動な必ず人から疎まれ、世間的には「稚拙な行動パターン」として見定められるでしょう。」
・Authoritarians have been ruined in any age, eventually democracy will come to power.
「自分本位な人はいつの時代でも破滅させられてきており、結局は、民主主義が政権を担うようになります。」

「自分本位」の正確な意味と用法を覚えましょう

いかがでしたか。今回は「自分本位な人の特徴・生きる方法・自己勝手との違い|他人本位」と題して、「自分本位な人の特徴・生きる方法・自己勝手との違い|他人本位」についての詳細情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で見られる「自分本位」の用例をご紹介しました。

「自分本位」という言葉は世間においてマイナスイメージを付けられる傾向があり、特にビジネスシーンではまず「その性格・性質の修正を図るように」と言われる典型となるでしょう。

しかし、この「自分本位」という言葉のそもそもの意味合いは、「他人を犠牲にして自分の利益を取る」という意味は含まれず、「純粋に自分がしたい行動をする人・その行動パターン」のことを指して言われます。このように、世間で使われている言葉の意味と本来の意味合いとが違う場合があるため、しっかり1つ1つの言葉を正確に把握しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Related