Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月12日

女性が一人で生きる決意をする方法・おすすめの本|立場別/不安

女性一人で生きていく、と聞くと寂しい印象を受ける人もいるのではないでしょうか。しかし、その決意をすることによって自分の人生をよりよく、さらに充実したものにできる可能性もあります。女性が一人で生きる決意をするための方法を、さまざまなな側面から分析してみましょう。

女性が一人で生きる決意をする方法・おすすめの本|立場別/不安

女性が一人で生きる決意をする方法

女性が一人で生きる決意をする方法・おすすめの本|立場別/不安

女性なら、結婚をして夫に養ってもらうことを夢見る人が多いのではないでしょうか。しかし、婚期を逃してしまったり離婚をしたりなど、それぞれの事情で一人で生きていくことを余儀なくされる場合もあるでしょう。

また、現代は女性が社会で活躍できる場が増え、あえて一人で生きていくことを選択する女性も増えています。しかし、女性が一人で生きていくということには、相当な決意が必要なのも現実です。

この記事では、女性が一人で生きていくことを決意する方法について解説して行きます。自分の行くべき道に迷っている方は、ぜひ参考にして下さい。

覚悟

女性が一人で生きるためには、この先何があっても、自分の力だけで生き抜くという覚悟が必要です。

そのためには、老後の生活までを見据えた貯蓄が必要ですし、病気や生活上でのトラブルなども自分で対処していかなければなりません。

女性が一人で生きていくことを決意する理由やタイミングは人それぞれですが、決意する時には現実をしっかりと見据え、冷静に覚悟を決めることが必要になるでしょう。

お金

女性が一人で生きていくには、老後までの全てのことを自分で賄うためのお金が必要です。まず初めに、当面の住居費・食費・光熱費・被服費などの生活費が必要になり、それに加えて老後のための貯蓄をしていく必要があります。

さらに、健康保険をはじめとする保険料なども必要ですし、一人で生きるとはいえ、交際費などのお金も必要になります。

自分のライフスタイルに合わせて、お金の使い方を見直すことから始めましょう。

生活力

一人で生きることを決意する時、自分自身に生活力があるのとないのでは状況が全く変わってきます。

一人で生きることを意識し始めた時点で、資格を取って安定した仕事に就いたり、好きな仕事を極めるなどし、生活の基盤を作るための積極的な行動を起こしましょう。

一人で生きるかどうかにかかわらず、いざという時には一人でも生きていける生活力を身につけておくことは、すべての女性にとって有利になります。

女性が一人で生きることのメリット・デメリット

女性が一人で生きる決意をする方法・おすすめの本|立場別/不安

何事にも同じことが言えますが、女性が一人で生きることにもメリット・デメリットがあります。その両面を理解しておくことは、一人で生きていく事を決意する上で重要なポイントとなります。

生涯の伴侶がいて幸せに暮らしている人でさえ、メリットばかりを感じているわけではありません。場合によっては、デメリットを感じる時の方が多いことさえあります。同じように、一人で生きることはデメリットばかりとは限らず、一人だからこそ味わえるメリットもあります。

次に、女性が一人で生きることにはどのようなメリット・デメリットがあるのかを以下に解説しましょう。

メリット

女性が一人で生きることの最大のメリットは、夫や子どもの世話に追われる必要がなく、自分の時間とお金を、すべて自分のために使えるということです。

一人で生きるということは、「独りぼっち」というわけではなく交友関係も自由なので、気の合う友人と自由な時間を過ごすこともできるでしょう。

自由だからといって勝手にふるまうことなく、人を気遣える人間性を身に着ければ、誰もが憧れる自立した女性になれることでしょう。

デメリット

女性が一人で生きることのデメリットは、ある程度の生活力がないと厳しい現実に直面するという事でしょう。一人で生きていくためには、一生分の生活費の工面や貯蓄を自分で行っていく必要があるからです。

特に、これまで一人で生きる事など考えもしなかった人が、いきなりその選択をせざるを得なくなった場合や、子どもを抱えて離婚する場合は、なおのこと生活力が必要となってきます。

万が一の時に備え、計画的に貯蓄をしておきましょう。

一人で生きる決意をした女性におすすめの仕事

女性が一人で生きる決意をする方法・おすすめの本|立場別/不安

一般的に、女性が一人で生きるのに適した職業には、看護師・公務員・介護職・事務職などがあげられます。その他、ネットビジネス・工場勤務・タクシー乗務員・トラック運転手などもありますが、どの仕事にも向き不向きがあるでしょう。

女性が一人で生きていくためには、生涯続けられる仕事が良いとされますが、自分がやりたいことをやるのが一番です。まずは、自分のやりたいことを見つけ、資格を取るなどして仕事を選びましょう。

一人で生きる決意をした女性におすすめの本

こちらの「無理せず楽に楽しく、好きな仕事で自立する方法」という本には、好きなことを仕事にし、自立した人生を歩む方法が具体的に示されています。

上記で紹介したような仕事を選ぶ場合、資格を取る必要のある職種もありますが、年齢制限などの事情で難しい場合もあるでしょう。

また、自分の得意分野を活かした仕事や、本当に好きなことを仕事としたいと考える人も多いのではないでしょうか。自立した生活の第一歩を踏み出す前の参考として、ぜひ一読してみて下さい。

理想ではなく現実的に何をしたらいいかが書かれているので、すぐに今できることから取り掛かることができます。いわゆるビジネス書とは違いやり方が詳しく書かれていてとても参考になりました。
コラムには心の整え方が書かれていて、スキルアップしながらメンタルも整えていける一冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E2%80%9C%E3%81%82%E3%81%AA%E3%8... |

一人で生きる決意をした女性の心理

女性が一人で生きる決意をする方法・おすすめの本|立場別/不安

一人で生きる決意をする時には、誰もが確固たる意思を持って決断する反面、そこには先の見えない不安や寂しさもあるのではないでしょうか。

不安や寂しさのもととなる感情を一つ一つ見つめ、ポジティブに考えて行きましょう。そうすることで、決意も新たに行動を起こしていくことに繋がるでしょう。

ここからは、一人で生きる決意をした時の心理状態について解説して行きます。

不安

一人で生きる決断をする時の不安材料は、主に金銭面・健康面という場合が多いです。

しかし、実際に一人で生きてみたら、「意外と大丈夫だった」という人もいれば、「後悔した」という人までさまざまです。つまり、不安が的中するかどうかは、自分自身の行動力にかかっていると言えます。

一人で生きることに不安を感じる時は、将来を見据えて自分の人生を再設計し、着実に行動していくことが不安の軽減につながるでしょう。

寂しい

「一人で生きる」という言葉だけを聞くと、一生孤独で寂しい思いをするのではないかと感じる人も多いことでしょう。しかし、一人で生きるといっても、友達やコミュニティ、趣味のサークルなどで人と繋がったりすることはできます。

家族の温かみとは違いますが、年を取った時に宝となるのは友人だという意見もあり、家族がいるから寂しくないとは限らないと言えます。

人とのつながりを大切にする気持ちがあれば、寂しさは軽減するのではないでしょうか。

立場別一人で生きる決意をした女性の心理

女性が一人で生きる決意をする方法・おすすめの本|立場別/不安

女性が一人で生きる決意をする場合、それぞれの立場や状況によっても心理状態が変わって来ます。婚期を逃してしまって、結果的に一人になる場合もありますし、結婚をしたものの、離婚して一人に戻る場合や、初めから一人で生きていくと決断して生きるという場合さえあるでしょう。

ここからは、一人で生きる決意をした女性の心理状態について、それぞれの立場別に解説して行きます。

シングルマザー

結婚して子どもを授かり、その後に何らかの事情で離婚し、自分1人で子どもを育てながら生きていくシングルマザーの場合は、相当な覚悟が必要だといえます。

子どもが自立するまでは、自分が大黒柱となって子どもを一人前に育てるための生活が続くことになるため、身の引き締まる思いでしょう。

しかし、さまざまな離婚の原因の中でも、特に夫の暴力や金銭問題などが原因の場合には、離婚して、子どもと一緒に生活する方が、生活環境が良くなることもあります。

守るべき子どもの存在が、自分一人で生きていくための活力になっているという方も多いのではないでしょうか。

婚期を逃した

結婚願望はあるものの、気が付いたら婚期を逃していたという人も少なくないでしょう。いつ出会えるかわからない結婚相手を、何もせずに待っていた場合は、一人で生きていくことに対する準備が整っていないので、相当な不安と寂しさを感じることになるでしょう。

しかし、普段から自立し、しっかりとした人生設計の上で生活を送っているのであれば、自信をもって一人で生きていく決断をすることができるのではないでしょうか。

女性だからこそ一人でも生きていけるようにしておこう

女性が一人で生きる決意をする方法・おすすめの本|立場別/不安

ここまで見てきたように、一人で生きていくと決意することは決して寂しいことではなく、今を輝かせるための有効な手段だとも言えます。

女性であっても誰かに依存することなく、精神的にも経済的にも自立しておくことは、自分の納得のできる人生を送ることができる方法の一つだからです。

一人で生きていくことを決意する時には、現実を冷静に見つめ、自分の人生を充実させるための一歩を踏み出すことから始めましょう。

Related