Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月12日

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

暗い表情や目つきをしていると人からよい印象をもたれませんし、敬遠されてしまいがちです。この記事では暗い人の特徴や暗い気持ちになる時の原因・対処法などについてご紹介しているので、自分にあった方法で暗い気持ちを払拭しましょう。

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

暗い人の特徴とは?

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

あなたのまわりに暗い人はいませんか。あるいは、あなた自身が「暗い人だね」と言われたことはないでしょうか。

私たちは何をもって「暗い人」や「明るい人」と判断しているのでしょうか。ここではまず、暗い人に共通してみられる特徴についてご紹介していきます。

以下で取り上げる暗い人ならではの特徴に、ご自身が当てはまっていないかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

暗い人の性格

暗い人に共通してみられる性格としてまず挙げられるのが、ネガティブであるということです。

明るい人が楽観的で物事をポジティブに捉えるのに対して、暗い人はとにかく悲観的で何に対してもネガティブな見方をしてしまいがちです。

また多くの場合、暗い人は他者とのコミュニケーションが苦手であり、無口だったりシャイだったりします。

暗い人の表情

それでは、暗い人に共通してみられる表情として具体的にどのようなものが挙げられるのでしょうか。

暗い人は笑顔がなく、どんよりと淀んだような表情をしています。明るい人の口元は口角がキュッと上がっているのに対して、暗い人は口角が下がり、どことなく不満げな表情をしていると言えるでしょう。

また、おどおどと落ち着かない不安げな表情をしているということも暗い人ならではの表情の特徴です。

暗い人の目

暗い人に共通してみられる目つきとしてどのようなものが挙げられるのでしょうか。暗い人の目には輝きや力がなく、まるで死んだ魚のように淀んでいます。

また、人と話す時に相手の目を真っすぐ見ることはなく、きょろきょろとどこか所在なさげに目線を動かしたり、不安そうな感情が目に表れていることが多いと言えるでしょう。

暗い気持ちになるときの対処法

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

どんなに明るく前向きな人であっても、生きていれば時には落ち込んで暗い気持ちになってしまうこともあるでしょう。

暗い気持ちでいることは心にも体にもよくありませんので、自分にあった方法で明るく幸せな感情を取り戻すことが大切だと言えるでしょう。

ここからは、暗い気持ちになってしまった時におすすめしたい対処法をご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

明るい音楽を聴く

暗い気持ちになってしまった時におすすめしたい対処法としてまず挙げられるのが、明るい音楽を聴くということです。

自分の好きな歌手やジャンルの明るく穏やかなメロディの曲を聴くことで、自然と暗い気持ちが晴れて明るい気持ちを取り戻すことができるでしょう。

また、曲に合わせて歌を口ずさんだり、カラオケで思いっきり明るい曲を熱唱するのもおすすめです。

コメディなどの明るい映画を観る

コメディなどの明るい映画を観るということも、暗い気持ちになってしまった時のおすすめの対処法の一つとして挙げられるでしょう。

何も考えずに頭を空っぽにした状態で楽しめるコメディ映画や、ロマンチックな恋愛映画を観ることで、自然と気分が高揚し「また明日から頑張ろう」という気持ちになることができるはずです。

反対に、失恋や戦争を描いた映画やミステリー、ホラー映画などはおすすめできません。

体を動かす

暗い気持ちになってしまった時におすすめの対処法の一つとして、体を動かすということも挙げられます。

心がどんよりと暗くなってしまった時には、部屋に閉じこもらずに意識して外に出かけ、散歩をしたりジョギングをしたりして体を動かすことが大切です。

体を動かせば自然と鬱屈した暗い気分も晴れ、すっきりとした気持ちになるでしょう。

いい香りをかぐ

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

いい香りをかぐということも、暗い気持ちになってしまった時におすすめの対処法の一つとして挙げられるでしょう。

自分にとって心地よいと感じるお気に入りの香りのアロマや入浴剤などを見つけ、暗い気持ちになってしまった時にはその香りをかいでみてはいかがでしょうか。

香りは心と体をリラックスさせる効果があるので、暗い気持ちを解消する上で効果的です。

美味しいものを食べる

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

暗い気持ちになった時におすすめしたい対処法の一つとして挙げられるのが、美味しいものを食べるということです。

美味しいものを食べれば自然と心も上向きになり、暗く悲しい気分も少しずつ解消されていくことでしょう。

一人でゆっくりと美味しいものを味わうのもいいですし、気の置けない友人や愛する家族・恋人と会話を楽しみながら食事をするのもおすすめです。

暗い雰囲気の人の原因

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

そもそも、どんよりとした表情を浮かべている人は何が原因でそのような暗い雰囲気をまとっているのでしょうか。

ここからは、暗い雰囲気になってしまう原因をご紹介していきます。「明るくなりたい」とお考えならば、暗くなってしまう以下の原因を避けたり解消することが大切です。

ネガティブな性格をしている

暗い雰囲気になってしまう原因としてまず挙げられるのが、ネガティブな性格をしているということです。

いいことがあってもそれを純粋に喜ぶことができず、マイナスの見方やうがった見方をしてしまう人は自分の力で楽しいことや嬉しいことをイメージしたり実現することができないので、どうしても暗い雰囲気になってしまいがちです。

シャイで自己表現が苦手

シャイで自己表現が苦手であるということも、暗い雰囲気になってしまう原因の一つとして挙げられるでしょう。

自分に自信がなく人とコミュニケーションを取るのが下手な人は、「周囲に変な人と思われたくない」というこじれた自意識ゆえに人との交流を避け、その結果無口で根暗な人だと思われてしまいがちです。

人生に疲れている

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

暗い雰囲気になってしまう原因の一つとして挙げられるのが、人生に疲れてしまっているということです。

昔は明るくてポジティブな性格をしていた人であっても、社会の荒波にもまれたり家族間のトラブルなどによって心がすさむと、人生に疲れ切ってしまい、活力やハッピーオーラを失って暗い人間になってしまいます。

自分や社会に不満を持っている

自分や社会に対して不満を持っているということも、暗い雰囲気になってしまう原因の一つとして挙げられるでしょう。

自分が嫌いで仕方がないという人や、社会に対して強い不満や憤りを持っている人はおのずと口角が下がって「への字」口になり、不満げで暗い雰囲気の人物になってしまいます。

将来に希望が見いだせない

暗い雰囲気になってしまう原因の一つとして、将来に希望が見いだせないということも挙げられます。

これからどうやって生きて行けばいいのか人生の指針を見失ってしまった時、人は負の感情に囚われ、暗くて近寄りがたい雰囲気を身にまとってしまいがちです。

暗い部屋の特徴

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

みなさんはどのような部屋に住んでいるでしょうか。たかが部屋、されど部屋です。暗くじめじめとした部屋に住んでいると、心まで暗くなってしまうでしょう。

ここからは、暗い部屋の特徴やその改善策について詳しく見ていきましょう。

カーテンやインテリアの色が寒色系

暗い部屋の特徴としてまず挙げられるのが、カーテンやインテリアの色が寒色系であるということです。

部屋の印象を大きく左右するカーテンだけではなく、カーペットやソファなどのインテリアも黒や紺、紫のような暗い寒色系で占められていれば、おのずと部屋全体の印象が寂し気でどことなく暗い雰囲気になってしまうでしょう。

窓がないか少ない

窓がないか、あったとしても小さくて数が少ないということも、暗い部屋の特徴の一つとして挙げられるでしょう。

窓がなかったり小さかったりすると日の光が十分に部屋に入ってこないため、どうしても暗くてじめじめとした印象のお部屋になってしまいがちです。

電球の明かりが弱い

暗い部屋の特徴の一つとして、電球の明かりが弱いということも挙げられます。

部屋の面積に対して小さめの電球を使用していたり、あるいはその明かりが弱いと部屋全体が暗く見えてしまうでしょう。

また、一般的に電球色のほうが昼光色よりも部屋の雰囲気が暗くて落ち着いた感じになりがちです。

暗い部屋を明るくする方法は?

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

以上では、お部屋が暗くなってしまう原因についてご紹介してきました。それでは、暗い部屋を明るくしたいという場合にはどうすればよいのでしょうか。

ここからは暗い部屋を明るくするための方法についてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

シーリングライトを強力なものに変える

暗い部屋を明るくするための方法としてまず挙げられるのが、シーリングライトを強力なものに変えるということです。

部屋の広さが6畳ならば、シーリングライトは部屋の畳数よりもやや広めのものを選ぶことで部屋全体を明るい雰囲気に変えることができます。

また、電球色だと落ち着いた雰囲気にはなりますが同時に暗い雰囲気にもなってしまうので、明るさを重視するのであれば昼白色の電球を使われることをおすすめします。

インテリアやカーテンに暖色系を取り入れる

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

インテリアやカーテンに暖色系を取り入れるということも、暗い部屋を明るくするための方法の一つとして挙げられるでしょう。

例えば、部屋の印象を大きく左右するカーテンやカーペットなど、面積の大きいインテリアに暖色系のものを取り入れるのがおすすめです。

暖色系が苦手という方は、寒色系であってもパステルブルーといった淡く優しいパステルカラーのものを選べば、お部屋の雰囲気を明るくすることができるでしょう。

明るい色の花を飾る

暗い部屋を明るい雰囲気に変えるための方法の一つとして、お花を飾るということも挙げられます。

花を飾ることで、お部屋の雰囲気がぱっと明るく華やかになりますし、生活に潤いが出ます。生花だと水遣りや交換が面倒くさいという場合には、プリザードフラワーや造花などを飾ってみてはいかがでしょうか。

壁に貼るタイプの鏡を使用する

壁に貼るタイプの鏡をインテリアとして使用するということも、暗い部屋を明るく変身させるための方法の一つとして挙げられるでしょう。

鏡を壁に貼ることで部屋全体の明るさがぐっとアップする上に、お部屋が広く快適に感じられるという効果もあるので、一石二鳥です。

特に窓がなくて暗い部屋こそ、壁に貼るタイプの鏡をインテリアとして取り入れるのがおすすめです。

自分に合った方法で暗い気持ちを追い払おう

暗い人の特徴・暗い気持ちになるときの対処法・暗い雰囲気の原因

今回は「暗い」をテーマに、暗い人の特徴や暗い気持ちになる時の原因・対処法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

誰しも生きていれば暗くネガティブな気持ちになってしまうこともありますが、そんな時には美味しいものを食べたり音楽を聴いたり、自分に合った方法で負の感情を払拭して明るい気持ちを取り戻しましょう。

Related